FC2ブログ

ヨルダン空軍機の塗装について。

すでに完成品を掲載しているヨルダン空軍のF-104Aの塗装についてちょっと解説を。

といってもシルバー一色なんで・・・簡単に。

F104_141117b.jpg
HPで書いているように、シルバー塗装は綺麗にしたくなってしまうけど、実機写真見た感じだとちょっと焼けて?カサカサな感じでした。
まぁほとんどが使い込まれた時期のものだったり、オブジェとして飾られたりしてるものだったっていうのもあるんでしょうけど、日差しの強い砂漠の国だから、塗装には厳しい環境でしょう。

だから他の塗装と同様にシルバーでグラデーションを入れて、あまりキラキラしないようにしてみました。

F104_141117a.jpg
そして半つやで仕上げ。

ナチュラルメタルじゃなくて”アルミナイズド塗装"みたいなんで、パネルの塗りわけとかもなし。
だから塗装は簡単に終わりました。マスキングがないのはいいねぇ。

他のドイツ機、イタリア機とも下面はシルバーなんで、合わせて同じように塗ってしまってます。

一足お先に完成しました! :F-104スターファイター(ハセガワ1/72)

これから塗装編という段階のF-104スターファイターですが、先行してA型が完成しました!

シンプルを突き詰めて基本のシルバー塗装!
そしてヨルダン空軍!

これぞマルヨン本来の姿です!

F-104A Star Fighter(hasegawa1/72)

くらげの迷走>GALLERY>F-104Aスターファイター”ヨルダン空軍”
に掲載しています。

まとめて仕上げ! :F-104スターファイター(ハセガワ1/72)

3機とも基本工作を同時進行だったので、まとめて仕上げ作業を掲載です。

あまりディテールを調べてないので、ほぼ素組み。
それでもいいものが出来そうだからまとめて作ったわけなんでね。

F104_141020a.jpg
最後の大仕事、コクピット周り。シートはA型、S型で違うもの。
A型のものはパブラのアフターパーツを見つけたんだけど、・・・コクピットも作りこんでないし、なんか使うの勿体ない。

キットのパーツもちゃんと形になってるので、コレにベルトをつけて使うことにします。




F104_141020b.jpg
ごちゃごちゃ感があるS型のシートはちまちま塗ってこんな感じに。

なんかベルトの取り回しがややこしいね。

キャノピー越しに覗くだけだから、これで十分でしょ。


F104_141020c.jpg
コクピットの後部の色がよくわからない・・・

結構黒っぽく見えたから、暗めのダークグレー(Mr13+33)で塗っちゃった。正解は何色?

長いピトー管はさすがに金属線に変更。


F104_141020d.jpg
仕上げ工作が先行していた2機は何気にすでにサフ吹き完了段階。

仕様変更で遅れてたA型も形になったことで、これからまとめて塗装段階に突入!



結局面倒で全部キャノピー閉めちゃった。
ドイツ機はコクピットも丁寧に塗ったのにもったいないなぁ。

ちょっと気持ちも切れ始めてきたから、早めに塗装して仕上げてしまわないと。

とりあえず、進む道が見えたぞ。 :F-104スターファイター(ハセガワ1/72)

その後いろいろと調べてみましたが、どうやらF-104スターファイターのS型あたりはタイヤが太くなってるそうな。
確かに比べてみると使用するやつはもうひとつのやつより幅が太い。
(カバーも膨らんだやつ使うしね)

ということは初期のタイプならこのタイヤでいけるんじゃないかなということで、1機はA型にしてみることにした。

・・・でもそれほど外見上の違いがわからない。
唯一明らかに違ったのが垂直尾翼。S型は幅を広げてるようだ。

F104_141006a.jpg
世界の傑作機のF-104についてる図面と比べると、なるほど、広い。
左右張り合わせるところからカットすればちょうどよさそう。


そんなに安易でいいのかねぇ?


F-104のA型へ
カット!!

後はそれらしくラインが滑らかになるよう削って・・・


F104_141006c.jpg
こんな感じ。
まだちょっととんがってるかな?でもいいや。

後は図面を参考にすじ彫りを加えていく。



たぶんA型に改造するならこのへんやっとけばいいのかなぁ。
あまり調べてないからよくわからんが、とりあえずこれで。

何か見つけちゃったら直しましょ。

こういうのどうしてる? :F-104スターファイター(1/72)

スパホも終わったので、今度はこっちに注力しつつ、次なに作るか悩んでます。

F104_140929.jpg
こういう合わせ目の整形って、どうしてます?
ブスッ!っといっちゃうよね。

私はね

気をつけるだけ。
今回は成功。


よく乾燥させて、力加減に気をつけるだけで特に技をもちあわせてないんだなぁ

いつもドキドキ

何かいい方法ご存知なら、ぜひご教授を。