FC2ブログ

インテイク工作続き:F-CK-1D(Freedom model 1/48)

接着して整形を続けておりました。

サフで整形するにもなかなか手の入りにくい形状なんで、ある程度合わせ目をならしたら、あとは塗装を厚く塗り重ねて綺麗に見えるようにしていきます。

fck1_170921a.jpg
やはり中はほとんど見えないね~・・・

fck1_170921b.jpg
勿体ないから奥のファンは使わず、黒塗りしたプラ板を貼っておいた。
いつか何かで使えるだろうという、貧乏性炸裂です!


こういう努力が報われないくせに面倒くさい作業ってのはさっさと片付けるに限る。

さぁて、ここからがスタートだ!
続いて楽しい(?)コクピットの製作に入りましょー。

F-CK-1Dチンクォ(Freedom model 1/48):始めます!

ジャギュア?スカイホーク??

・・・知らねぇなぁ・・・

始めたからにはしっかり完成させてから次に行きなさいってね。そんなお行儀よく出来るわけないじゃない!
あちこちフラフラ手を出してこその”kurage”じゃ!名前の通りフラフラするぜー!

ってことで、予言通り欲望の赴くままにチンクォを始めます!

全体的にしっかりとした出来なんで仕上がりに関しては期待できそうだけど、意外と細かく分割されててそれなりに手間はかかりそうです。

ではさっそくコクピットから!・・・といきたいところですが。
まずはパーツを減らすべく、一体にさせるパーツを組んじゃいます。

fck1_170912a.jpg
説明書無視して、いきなりインテイクの工作から!
結構面倒くさいところだよね。苦労のわりに大して見えないし・・・

それにしてもすごいカーブの形状だな。


fck1_170912b.jpg
前から覗くとほぼ見えない・・・。
ここまで急なカーブで吸引効率は大丈夫なんだろうか?


ガッツリと押し出しピンの跡があるんだけど、見ての通りほとんど中は見えませ~ん。
無駄な作業はカットすべく、整形は省略!接着後に見える部分の合わせ目だけはきれいにしようと思います。

fck1_170912c.jpg
とりあえず色を塗って接着!

ファンブレードもついてるけど、間違いなく見えない・・・。

勿体ないからプラ板で塞いで、ファンパーツは別の機体で使おう。



一体にすべきパーツをまとめちゃうとパーツ数が減ってちょっとは作れる気がしてくる。

インテイクの他、タイヤを貼り合わせたり、結構細かく分割されたコクピットをまとめたりするだけでもだいぶ精神的に楽になります。

F-CK-1Dチンクォ(Freedom model 1/48):キットレビュー!

来たよ!フリーダムモデルの経国!

このフリーダムモデルから出るって話の後、AFVクラブからも出るっていう情報があってそちらの方が大きく宣伝してたんで、まさかフリーダムモデルのチンクォはうやむやになっちゃうのか・・・?と心配しましたが、無事手に入れました!

AFVクラブのチンクォ(経国)は10月31日発売予定だそうで。
どういう裏事情があるんだかわかんないけど、中華系はこんなことばっかだね。
まぁそのうち1~2社に統合されてくのかな。・・・逆に変なメーカーが次々出てくるかもしれないけど・・・。

フリーダムモデルはまだたちあがったばかりの新興メーカー。
いきなり1/48でF-20なんか出して話題になりました。(複座型とかもやって遊びもあるね)

フリーダムモデルメーカーサイトへ

では、そんな気になるキット内容を見てみましょう!

fck1_170909i.jpg
冊子形式の説明書。分厚いな~と思ったら単座・複座まとまったものでした。

fck1_170909a.jpg
機体のサイズはホーネットくらいかな。
パキっとしたシャープさはないけど、脚やエンジンなどモールドは精密です。

fck1_170909b.jpg
機体表面も全面リベットが入ってる。
精密でも尾翼が厚かったりするキットがありますがこれは薄さも合格点。
主翼の動翼も別パーツ化で動きを出しやすいね。

fck1_170909c.jpg
インテイクダクトもパーツ化。ありがたい。
シートもそのまま使えそうなモールドです。

fck1_170909d.jpg
この機首周りのパーツが単座・複座で違うようだ。

fck1_170909e.jpg
サイドコンソール、計器板もモールド表現。デカールもついてます。

fck1_170909f.jpg
そしてウエポンパーツが2枚。このほかにも別キット(F-20?)のウエポンパーツが入ってる。
上パーツには天剣一型(AIM-9M?)がついてるけど、AIM-9P&Mk82のために入ってるようだ。贅沢だな。

fck1_170909g.jpg
そしてなんとあのコンフォーマルタンクも入ってる!
でもその為のデカールはついてないから、バリエーションで展開されるんだろう。

fck1_170909j.jpg
これはひどい!でも作りたい!
いや、これはダメだろ!冷静にならないと!

fck1_170909h.jpg
オリジナルのウエポンも開発してたんだね。
こういうのを付けるとマイナー感が出ていいんですよ♪


新しいメーカーなんで出来が心配だけど、最近は技術の発達でAモデルみたいなキットが出ることは逆に少ない。
まぁあれはあれで楽しいんだけど、作るのが楽なのは助かるからね。

特にチンクォみたいによくわかんない機体は自国できっちり開発してくれると、キット自体が資料性があってうれしいです。

パーツ構成もスタンダードでこれなら問題なく作れそう。
(パイロンにはポリキャップを仕込むようになってて差し替え出来るようだ!)
といっても作ってみるといろいろ出てくるもんだけどね・・・。

長年キット化を待ち望んでたので、とりあえず形が見てみたい!
欲望のままにいじってみるか!