FC2ブログ

すじ彫りの功罪

遅くなりましたが、いよいよこのテーマで。(お待たせしてすみません!)
詳しくはこちらのコメントをご覧頂くとして、簡単に言えばなんでもかんでもスジボリにするのは如何なものかということなのですが。

初めに私の立場を明確にしておきますと、私はすじ彫り至上主義です!
いや、”だった”というのが正しいんですが、いずれにせよ私はスジボリにはこだわりがあったので、このテーマを振って頂くには申し分ない人選だと思いますw

さて。私がプラモを本格的に始めたころはちょうどスジボリが一般化してきたころではないかと思います。キットもまだ凸モールドが多かったし、作例とかもまだ両方あったと思います。そしてスジボリの作例を見たときに「これはリアルだな!」と思い私も試行錯誤しつつするようになりました。

凸モールドのほうがそれらしいとのご意見もありましたが、私が航空祭などで見た機体はあまり凹凸もなく、あくまでもパネルの合わせ目であって、細い溝になってるほうがそれらしいと思ったためです。

凸モールドは古臭い。そもそもなぜ凸モールドだったのか。もしかしたら金型製作の都合とかでそうなってただけなんじゃないかと思っていました。
もし私が開発者なら凸にするかな?だって溶接してるわけじゃないし、あくまでパネルとパネルの合わせ目だからスジになってるのが自然だと思うのです。
もしかしたら木型を元にできた金型にスジを掘りこんでいったから結果的に凸モールドになっちゃったのではないかと。(金型技術のことはわからないのでいい加減な意見ですが)

だから凸モールドこそ私にとっては不自然・不完全な表現=凸モールドはダサい・古い=スジボリこそ正解!というのが長いこと私の認識でした。


しかしそのせいで私もスジボリにこだわりすぎてた部分があります。スジボリの効力を過信するあまり図面を見ながら出来るだけ正確にスジボリをすることにこだわってた時がありました。

でもそれは間違いだったんです。
図面だとどんなパネルの合わせ目も同じ線で表現されちゃうんですよ。
しかし実際はパネルが重なって段差になってたり、動く部分で深いスリットだったりと場所によって表情がいろいろあるんですよね。
だから何でもかんでもスジ彫れば良いというわけじゃないというのに最近気づきました(遅っ!)

ちゃんと場所によって表現を変えていく。スジボリが正しいとか凸がダメとかじゃなくて、その場所に合った表現をするべきなんですよね。
それがいいのはわかってるんですが、これが難しいんですよ~
その為には機体の形状がちゃんとわかっていないといけないわけで、そこまでの細かいリサーチをし、反映させていくのって大変!

そういえば最近出た造形村の屠龍は場所によってパネルラインが段差で表現されてたりしてましたっけ。
メーカー側でそこまでリサーチしてもらえれば助かりますが、そこまで求めてはいけませんな。

キ45改丁 二式複座戦闘機 屠龍(造形村 1/32)

ということで、パネルラインの表現にはもっといろんな方法があっていいように思います。ここに関しては飛行機プラモは止まっちゃってますよね。その辺の表現を考えながら何か作ってみたいと思っています。


ちょっと前に零戦始めようとしたのはその為だったんですよね。零戦は資料が山ほどあるし、表面の感じもわかるのでいいかな~と思ったのですが・・・肝心の零戦に気持ちが乗らず・・・別の機体でチャレンジしたいと思います。
関連記事
イイですね~、素晴らしい!

自分なりの考えがあってその表現を追い求めていったからこそ、今のスペシャルなkurage作品になってる訳ですな!
私なんかが見真似でやっても出来ない訳だわ…

たしかに機体表面は様々な凹凸や線によって構成されているから、それを縮尺された模型に落とし込む時はその人の個性が反映されますね。
あのパネルの重なりの凹凸どちらとも言えない微妙な雰囲気、出来れば表現したいけれど…たぶん完成するコトなく飽きるから私はやらないだろう…(笑)

時々展示会なんかで偉そうに語る輩がいるけれど…やっぱり作品見せて説明してくれないと分からんのですよ!
私みたいなヘッポコは特にね~♪
[ 2019/02/23 06:27 ] [ 編集 ]
モルモットさん

いや・・・怖いっすよ・・・そんなに褒めて・・・。
そうなんすよ、わかってはいても・かなり調べないとわからない・実際やるとなると面倒くさい というのでなかなかチャレンジできないんですよね。とりあえずわかる範囲のところで部分的にやっていってみようかなと。

モルモットさんはスジボリとか考えちゃダメ!A-10みたいなのも見たけど、やはりモルモットさんの真骨頂はグリペンのほうだと思う!そういうのが見たいっすよ!
[ 2019/02/23 11:56 ] [ 編集 ]
適確な考察です・
 私が知る創成期のプラモは全て凸モールドでした。
理由はkurageさんの考察通り金型にスジボリを直に入れていたため金型では
凹モールドでも製品では凸モールドになってしまうのです。

だったら凹モールドが正解となるのですがkurageさんもおっしゃるとおり、
スジボリにも深浅・太細だけでなく様々なバリエーションがあります。

今私が取り組んでいるキットの一つ、EMHARの1/72 F3Hデモンは凹彫りなのにスジボリがたるいだけでなく主翼上にあるべきエアーブレーキ(?)が全く無い!

単純な形態なら掘れば済みますが複雑なヒンジを持ち、とても単純な処理では追いつきません。

デモンは好きな機体でしかもEMHARしか1/72は出していないとなれば何とかするしかないでしょう。

kurageさんに負けず私も研究を重ねます。

誠実なお応えありがとうございました。

追伸 モルモットさんのお薦めでBLOGを始めました。 上記のURLです。もし良かったら覗いてやって下さい。
[ 2019/02/25 20:16 ] [ 編集 ]
プラモの古狸さん

問いかけへのご返答が遅くなってしまいすみませんでした。
本当はもうちょっと突っ込んだ過激な記事を書いたのですが、余計な波風を立てぬよう控えめな記事としておきました。ご納得いただけたでしょうか。
[ 2019/02/25 23:25 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/02/26 07:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL