筆塗りで仕上げました!・・・ふ~ん・・・。

久しぶりにじっくり読みましたよ。

モデルアート 2017年 07 月号 [雑誌]
気になってるテーマだったんですが、まぁこれくらいならアーマーモデリングのほうが参考になるかなぁ。


もう昔のことなんで強めの口調でぶっちゃけますが。
たまに作品のアピールポイントとかで見かける”筆塗りで仕上げました”っていうの、すんごい嫌いでした。

緑一色の日本機とかで、「うん、そうだろうねぇ」っていう作品に見られることが多くて、これは自慢になるのか?って思ってました。

そもそも手段をアピールするのってどうなの!?
これ言っていいなら”やすりやカッターを使わず爪切り一本で仕上げました”っていうのもアピ-ルポイントになったりするのかね?
どう作ったかはその次に語ることであって、アピールするポイントとはならない気がするんだけど。

昔何かで”技術を隠すことが芸術の完成である”みたいな言葉を聞いて、まさにその通りだと思った。
どうやったのかわからないっていうのが一番カッコいいと思うんだけど、下手の言い訳みたいに「筆で塗りました~」みたいにアピールするのってすごくカッコ悪いと思ったんだよね。
だからこの”筆で仕上げました”っていうの、すごい嫌いだったんです。

でも、そんな私の考えが変わったのが田中克自さんの作例を見たとき。
田中克自流飛行機模型筆塗り塗装術

あれは筆塗りの可能性っていうのを感じましたね。ここまでできるのか~ってすぐに真似してみたり。
筆塗り特有の雰囲気があって、ちゃんと筆塗りとしての良さが出てる作品だと思いました。

それをさらに進めたのが横山先生とかの作品。田中さんの作品以上に筆塗りとしての味わいっていうのが前面に出てて、これは面白いな~と思ったっけ。
でも同時にそこまで来ちゃうと、やっぱり筆になじんできた美術畑の人だからな~って、とても真似する気にならなかったですけど。

そんなわけで尖がってたころからすっかり筆塗りへの理解が出来てきて、さらに実際に筆塗りで仕上げた作品とか見せてもらって、これは嫌ってる場合じゃないなと思い始めました。

まぁ筆塗りの人が言う”筆塗りは楽しい”っていう領域まではコンプレックスのある私にはたどり着けそうもないけど、筆塗りの表現ていうのは技術の一つとして身に着けたいなと思ってます。
ただ、そういう実験的なことに作品作る余裕がない(本気で作りたいのが一杯!)こともあり、練習すらできてませんが、少しずつ筆塗りを増やしていきたいですね。


あとなんとなく筆塗りで仕上げたほうがすごいみたいな風潮もある感じがしますが、エアブラシ派の私からひねくれた意見を一つ。

エアブラシだってね、すごいんだよ!
技術的にいい感じに吹けるようになるのだってそれなりにテクニックがいるでしょ?
それに何といっても、環境整えるのが大変なんだって!高い機材買って、あんな臭い空気まき散らして、家族との兼ね合いも図りつつシューシューやるのってそりゃ~大変なんだから!
手入れもしないといけないし、トータルの難しさでは筆塗りに負けてないぞー!

いつか”6畳一間6人家族で嫁に蹴られながらエアブラシで仕上げました”ってアピールする作品出てこないかな。
そいつぁすげぇ・・・ってなるような気が・・・

しないか。
関連記事
kurageさんと話しててつくづく思うのは、プラモデル作っている人って「塗り絵」だと思っている人と「キャンバス」だと思っている人がいるよね。
[ 2017/06/06 15:38 ] [ 編集 ]
kozさん

え・・・塗り絵とキャンバス違うんすか・・・?
塗装に関しては本当に知識と技術のなさを実感してます。ちょっと絵の勉強も始めようかな・・・。
[ 2017/06/07 08:34 ] [ 編集 ]
塗り絵  :正解があって表現を目的としていない(創作意図がない)
キャンバス:表現をするための素地(創作意図がある)
という対比のための、実情を一部無視した例示です。
※もちろん、グラデーションしてると思う。

「絵の勉強」と言えば先日読んだミュシャ展のtwitterまとめは「精密に感じること」につながる内容でした。
https://togetter.com/li/1117210
[ 2017/06/08 00:23 ] [ 編集 ]
kozさん

ミュシャはいいですよね~。私も昔展覧会行ったことありますよ。
でも美術系の人が見るとこう見えるんですね。確かに画家というより商業デザイナーって感じですもんね。
あれでも手の抜き方を駆使してたのか。

コメントの簡単な分類でいえば、私は塗り絵感覚かな。
創作性を入れることなく実物という正解をいかに再現するかって感じですから。

そんな自分の出来ることがわかってる(創造性がない)から、写実的なものに目を引かれるのかな。

この前の「美の巨人たち」でやってた犬塚勉という画家の絵も恐ろしい書き込みで震えた。
http://inzk.net/dd/
「梅雨の晴れ間」という作品

写実の極地。ここまで描けるもんなんですね・・・。
[ 2017/06/08 08:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
81位
アクセスランキングを見る>>