ミラージュF1のブルーグレー

ちょっと製作が止まってるので、投げていただいたテーマでまた間をつなぎます。

ミラージュF1のブルーグレーがかっこいいと言われてるkozさん。
ちなみにkozさん、休止からめでたく復帰して、1/144から1/48にスケールアップしてバリバリ作りこんでます。

初挑戦の1/48という割にすでに私なんかより”いっちゃって”て、このまま完成したらどうなるんだろ?っていうすごいの作ってます。
当ブログと合わせてご覧くださ~い。
Down to The 144 World

以上、kozさんの宣伝でした。


で、ミラージュF1のブルーグレーですが。

私は好きじゃない!っと言ってましたが、言われて改めてみてみたら・・・・まぁ・・・悪くないかも・・。

単純だな~!って?
いや、そもそもがミラージュF1好きだし!
飛行機は基本ポジティブに受け入れる方向で接してるから、好きなものが増えるのはいいんだし!

ってことで、肯定派になりつつあります。ま、それでもグレー&ダークグリーンのほうがいいのは譲りませんが。


私がミラージュF1、特にフランスのものを見てて感じるのが、”質感”なんですよね。

塗装に限らずフランスのミラージュF1って、なんか金属感がありませんか?

あの半艶具合のせいか、「金属の上に塗ってます」的な、微妙な光沢があるんですよ。
あの質感を何とか再現できないものかな~とか考えちゃいます。

これはミラージュF1以外でも、日本海軍機なんか見てても感じます。
こっちだと言わんとしてることがわかる人がいるんじゃないでしょうか。


人間の目って不思議なもので、なんとなく質感がわかっちゃいますよね。
同じように塗っても下地によって雰囲気が違うのがわかっちゃう。

見えないけどわかっちゃうところの表現をどうするのか、考えたりします。

プラスチックで出来てるのが前提のプラモではあの金属感をどう再現するか。
単純にツヤ具合で表現できるものじゃない部分。どうやったら人間の目をごまかせんですかね?

AFVとかはハゲやさびで金属感を表現しやすいですけど、飛行機だとそんな傷まないから難しい。

下地にシルバーを塗る?いや、そうじゃないんだな。(実験済み)
塗料を変えたり、塗り方を工夫するとかしてみないといけないですね。


複合素材全盛の中で感じる、ミラージュの金属感。
ぜひあれを表現していただきたい!
関連記事
素材感って。
私のブログを紹介頂いてありがとうございます。
その御礼に、濃いコメントを〜!

長くなると思うので、何回かに分けて、書かせていただきますね。


□人が感じる素材感:問題の切り分け
「人間の目って不思議なもので、なんとなく質感がわかっちゃいますよね」
これの答えとして考えられるのは2つあります。

1・積み重ねられた知識によるもの
プラモつくるくらいヒコーキが好きな人は、みんなきっと、塗装前の素材を知っているから、視覚から感知可能な差異を経験値として積み重ねて、塗膜の下の素材を推測できるようになっている。

2・形状による認知
面のわずかな歪みや、エッジがどの程度鋭く立っているかによって、人は経験的に、元となっている素材を推測可能です。
私は静物デッサンをやってたことがあるのですが、輪郭線の質と影の風合いによって、素材感を表現することを求められます。
[ 2017/03/08 16:52 ] [ 編集 ]
今のところ、答えは一つ?
□人が感じる素材感:論理組み立て間違い〜
さっきのコメントを読み直してみて、アタマの中を整理したら、全然問題を切り分けられてませんでした。

結局、現状では「積み重ねられた知識による、形状の認知から、素材の推測を行っているのではないか?」という、推論を提示したに過ぎませんでした。。。スミマセン。


□素材感の表現:金属感
上記推論から考察すると、方法論は2つに絞られるのではないかと思います。

1・形状
「金属を加工したような形状にすること」
形状をシャープにする、平面は歪みなく連続的であるように、薄いところは薄く。
このあたりが、多くの人が金属加工品から導かれる形状的な特徴ではないでしょうか?

2・塗装
・形状による塗装表現の方向性
 エッジを明確に

・金属表面の特徴による塗装表現の方向性
 ハイライトとシャドウを強めに
 環境の映り込みを意識して。
 グロス寄りに
(表面がツヤ消しであっても、均一な平面であれば、不連続な面と比べてツヤがあるように見える)
[ 2017/03/08 22:07 ] [ 編集 ]
結局答えはkurageさんが出してたんですね。
「あの半艶具合のせいか、「金属の上に塗ってます」的な、微妙な光沢があるんですよ。」と、書かれているんですものね。

絵画的な表現としては、それが答えなんだと思います。(僕のバックグラウンドから出せる答えとしては)
模型的には、、、わかりません。。。


それでですねー。話は戻りますが。
Mirage F.1が特集されている古い雑誌を引っ張り出して久々に読んで見て、私的には納得しました。

Mirage F.1は出自としても、時代背景としても、F-16に対抗し得る、軽戦闘機を基本設計とした、マルチロール機たりえたんです。しかし、Mirage2000の登場によって、攻撃機や偵察機としての任に追いやられ、空に溶け込むのではなく、地上に擬する(陸軍のものにも似た)迷彩を纏うことに。。。

という思い故、ブルーグレーがMirage F.1の本来の姿だと考えている私でした。


長々といろいろ書かせていただきました。
まだまだkurageさんのバックグラウンドを認知していない故、ご存知のことを高説するような点も多々といった内容ではあるかと思いますが、ご容赦くださいませ。
[ 2017/03/09 02:51 ] [ 編集 ]
kozさん
コメント欄なんかに書くには勿体ない内容ですね!
このテーマはまた改めて記事で取り上げましょう!

というか、ぜひkozさんのブログでもそういった話をしていただけたら勉強になります!

バックグラウンドが薄っぺらな私なので・・・。
[ 2017/03/09 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1073位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
137位
アクセスランキングを見る>>