F-14Dトムキャット(1/144):エンジン部

さぁ、F-14の解説もようやく終了です!
最後の見せ場、エンジン周りの解説を。

まずはねぇ、ここ、最後までやるかどうかすご〜く悩んだんですよね。
たしかに重要な見せ場ではあるけど、見せづらいし、作るにしてもよくわからない!

でもね、他のところをとことんやってきて、ここをやってないとなんか”やり切った感”が無いような気がしたんです。
もう締め切り3週間前。いい加減胴体組み立てて塗装しないと間に合わない最終的なタイミングで、だいぶ悩みました。

始めたら間に合わなくなるかもしれない・・・他にも作らないといけないところは沢山残ってるのに・・・

考えぬいた末、心残りを残さないよう、やってやることにしました。
まぁやり切った感はあるけど、やっぱりあんまりよく見えないんだなぁ・・・。

f14_160805a.jpgまず前段階として、インテイク内にファンを付けてます。

たしかスパホのパーツだったかな?

このときはエンジン開ける気もなかったので特に考えずにただ貼っただけでしたが。


f14_160805b.jpgエンジン本体はあとから組み込めるようにして、とりあえず機体側をカット。
他と同じようにふちを薄くして・・・と思ったところで問題が。

ここでさっきのファンが邪魔して深く掘り込めないのね!

仕方ないので大外のふちだけを深くほり込んで、あとは色でごまかすことに。



f14_160805c.jpg反対側は特に問題ないので、エンジン本体はあとから差し込めるように。

見えないけど一応底の部分をプラ板で覆って下準備。


f14_160805d.jpgエンジン本体のベースはプラパイプ。

実際はもっと細かいメッシュ状になってるので、どう再現しようか悩んだんだけど、思いつかず・・・。

”わかんないくらいパイピングしちゃえばいいや!”って開き直って大まかなメッシュを工作。


f14_160805e.jpg写真を参考に主要なパーツをまず取り付け。

あとは隙間を埋めるようにそれらしくコードを這わしていきました。
大体3層くらいの構造に重ねています。



f14_160805f.jpg様子見ながら密度を出していく。

見ての通り使っているコード類はほとんど同じです。
いや、それしか手持ちがなかっただけだけど。


f14_160805g.jpgそして焼き鉄色をベースにして色を加えていく。

実際もコードはカラフルなものも使われてて、結構見栄えがするんですよね。

カバーをぶら下げるつもりだったんで、どうせ見えるのは円の四分の一くらいだろうと思っていたんですが、半円くらいは見えちゃうのね。


f14_160805h.jpg取り付けるとこんな感じに。

コードを這わせるたびに機体にはめてみて様子を見ながら進めていくんだけど、いつの間にか膨らんじゃって、これじゃあカバーができないじゃんってなることも。

せっかくつけたコードを剥がしたり、剥がしたついでに他のとこも取れちゃったり・・・。ここだけでも2時間ドラマができるくらいいろいろありました・・・(遠い目・・・)


最終的に解決しなかった問題があって、カバーをどうやって留めてるのかなってこと。
下のはダラ〜ンとさせてるけど、上の2枚はどうなってんだろ?
一応しちゅうがついてるのはわかったんだけど、どう留めてるのかがわかんなかった。

後ろの大きい方はベルトのようなもので留めてるのも見られました。そのやり方で再現したら面白そう。帰ってきたらやってみよう。

f14_160805i.jpg何気に大変だったエアブレーキ。ここは上下一体の形状になってるので、一度カットしてから中を組み込むってことが出来ないのです!
仕方ないので替えたての刃のカッターで慎重にちょっとずつほり込んでいきました。

もうね、気の利いたやり方とか裏ワザとか一切ないんです!ひたすら慎重に、原始的にカリカリ削っていくのみ!


当然エアブレーキ本体は削りとってしまったので、プラバンで作りなおすことになります。
ただ、このエアブレーキが微妙なうねりがあって、いやぁな形なのね。

なのでちょっと厚めのプラバン(0.5ミリ)でつくって、表面をこれまたちょっとずつヤスっていく。
気の利いた方法考えるより手を動かしたほうが早いんだな。
そして、やればなんとなるもんだ!

なんなかったら?何とかなるまでやり直す!エアブレーキも2個作ったよ!

f14_160805j.jpgエンジンノズルもキットパーツはちゃんと2層重なった構造を再現してるけど、厚みが気になる。

内側の方は削り落としちゃって薄く整形。削ったぶんは極薄プラバンで再現。
内部も奥行きを出すためにストローでアフターバーナー部を追加。よく見えないし、写真もとれない・・・。

あ、エンジンもうちょっと塗るの忘れてた。


大体の部分はこれで解説できたかな?
まぁ隠さずお見せしたとおり、本当に基本的なパーツだけで作りました。

そりゃアフターパーツあるなら使いたいけど、あるわけないから作るしかないわな。

とにかく失敗と紛失の連続でした。とにかく無くなる!よく飛ぶんだな〜。そして床は無限の宇宙だ・・・まず見つからない。
と思うと意外なところから出てきたり。時空もゆがんでいるようだったよ。

瞬間がピンセットに流れてきちゃう。ピンセットと一体になっちゃうのはよくありすぎて怒る気にもならなくなるのさ!

だから細かいのは2〜3個余計に作るようにしてました。

一応これでトムキャットの解説は終了としますが、なにかご質問がアレば遠慮なくコメントでもメールでもください。
お役に立てれば何よりうれしいです。

お付き合いいただきありがとうございました!
さぁ。次はナナニイのF-14だ!

F-14D TOMCAT(TRUMPETER 1/144)


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
102位
アクセスランキングを見る>>