FC2ブログ

F-14Dトムキャット(1/144):機首周り その1

当然完成してからこの記事を書いているわけですが。

正直ちょっと一息ついて忘れたいところではあります。
・・・写真見返してて作業中を思い出してなんか憂鬱になってきました・・・。

さ、まずは機首周りの工作から。
ここは結構写真があったんでちゃんと解説できそうだな!

初めに取り掛かったのがこの機首左のパーツから。
でも実際は最後に完成させたのがここの機銃&ステップ。

いじり始めから完成まで一番時間を要したパーツでもあります。

f14_160726a.jpgまずは各部を開口。

プラが柔らかめなので助かります。
逆に削りすぎないように気を付けないとね!


f14_160726b.jpgそしたら現物合わせで壁を作る。
壁にはリブもつけてるけど、機銃とか入れたらほとんど見えない・・・。

各枠にも一段下げてねじ止めの枠を再現。
0.5ミリのプラストラップを接着後にさらに削って0.25ミリくらいに慎重に削る。

こんなでもあるとないとでは精密感が全然違うと思う。


f14_160726c.jpg他のパーツもほぼこんな作りです。

プラ棒の本体にコードや削りかすみたいなプラ棒を付けていく。

パーツ作るのにカットしたごみのほうが大きいなんてのは当たり前の世界。


f14_160726d.jpg青いのは0.3ミリより細くした伸ばしランナー。
わかるように色付きのランナーで作りました。

コードは0.14ミリと0.1ミリを2~3本束ねたものなんかを使用。
大体このどちらかのものでそれらしく太さを変えながら付けました。


f14_160726e.jpgそしたら着色。

点みたいな赤とかをちょっと入れるだけでもそれらしくなる。

それにしてもこんなひどい筆で良くやったもんだ・・・。


f14_160726f.jpgそしてできたのがここの内部!

機首の各開口部のパーツはほぼこんな調子で作ってます。


f14_160726j.jpgここは蓋もリブがゴツいので、そこもプラ棒で再現。

去年もA-7で似たようなパーツ作ったっけ・・・。


f14_160726k.jpg表側のラッチ(?)も開けた状態にしてるけど、キャノピーに干渉して見えないね・・・。

工作した本体だけじゃなくて、その周辺のパーツもちゃんと作りこむことが大事。



そして左側の主役である機銃は悩んだ挙句最後に着手。
他と共通点のないパーツなので、ちょっと慎重になっちゃいましたが、やってみたらそんなでもなかったです。

f14_160726g.jpg機銃の銃身は0.3ミリの金属線。

ちゃんと6本プラ棒に接着して作ったんですが、そんな綺麗にできるわけもなく。


f14_160726l.jpg場所によってはこんな風に歪んでます。

要は見える1点だけがちゃんと見えればいいわけで、6本も巻けば一か所くらいはちゃんと見えるところがあるわけです。

何も完璧にすることはないってことね。
見えるのはほんのちょっとだけだから。


f14_160726i.jpgで、製作中はここまでで、できたのがこちら。
何せ完成間際の作業でかなり切羽詰まってました・・・。

後ろの弾倉もプラ棒から製作。
この後それぞれに弾帯ベルトを付けたしてます。


機銃もコードやらを這わせたんだけど、黒いからほとんどわかんないんです・・。

f14_160726h.jpg機銃のカバー裏もリブがしっかり入ってるので再現してるけど、写真で撮れなかった・・・。

ステップもプラ棒の組み合わせ。
小さいので金属線をわざわざ使わなくても、強度的な問題はないと思います。

ただし、触ったら一発アウト!



とまぁ最初のとっかかりである機首部分はこんな感じで作りました。

去年のコルセアでもちょっと試してたので、この手の細々した作業は悩むことはなく、ひたすら集中して作業するのみです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL