FC2ブログ

デカールのシルバリングを直す :F-104スターファイター(ハセガワ1/72)

F-104スターファイター(ハセガワ1/72)もいよいよ完了です。

最後に困ったシルバリングについてご報告。

F-104(1/72)のシルバリング
イタリア空軍のF-104Sは問題なかったけど、ドイツ空軍のF-104Gのデカールは結構な量がシルバリングした。

表面は滑らかにしていたにもかかわらずなんで、これはデカールの質なのかな?

寒い時期に作業したから糊がちゃんとついてなかったってこともあるのかなぁ。


F104_141222b.jpg
こういう注意書きのクリア部分に起こると、ほんとに困っちゃう。

私はこういった場合はかなり薄めたクリアを多めに吹いちゃう。
クリアを薄めたってより、シンナーにクリアをちょっと足したってくらい。

それを表面が濡れる感じにブッと吹く。
やりすぎて塗装を犯さないようには気をつけて。


F104_141222c.jpg
そうするとデカールを侵してシルバリングは何とかおさまる。

そのせいかデカールがちょっと膨らんじゃう気がするけど、シルバリングしてるよりはいいかなと。


デカールのシルバリング直し方
ただこのシンナーがけが後々にどんな影響を及ぼすかは不明。
今のところこれまでの作品で問題がでたことはないけど、やられる方は自己責任でお願いします。

デカールのふくらみは最後のクリアのつや調整である程度なじませられるから、今のところシルバリング対策はこれが一番かな。
楽だし。


某老舗模型店の店長に相談したら、針等で所々つついて、マークセッターを流し込むのが良いと教えてくれた。
何か裏技あるかなと聞いたけど、いたってオーソドックスな方法が一番なんだな。

F104_141222e.jpg
最後にもう一点ポイントを。

このF-104は組み立て段階で主脚を取り付けるようになってる。
でもさすがにそれは後の作業で邪魔になるので取り付けず、最後にこの部分をカットして脚パーツを取り付け、パーツをつけなおして再塗装をしました。

リアルを求めたために生じた、やむを得ない作りなんでしょう。



と、これにてF-104スターファイター(ハセガワ1/72)の製作記は完了です!
長い間お付き合い頂きありがとうございます!

何かご質問等あれば何でも聞いてくださいね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL