FC2ブログ

毎度のことながら細かいところを:F-20 Tigershark (hasegawa 1/72)製作記

昔作った時は直すところがなくて作りやすくて最高のキットって印象だったんだけど、今の目で見てみると結構気になるところがあります。

f20_200203a.jpg
まずは基本の”うすうす攻撃”
こんなに厚かったっけ?ってくらい水平尾翼も厚い。

面倒ではあるがすじ彫りもほとんどないし、ひたすら削り込んでいく。


f20_200203b.jpg
インテイク周りも結構段差が出来てそのままじゃ汚い。

表はもちろん裏も気になったので真面目にパテなんか使って綺麗に整形中。


せっかくAFVモデラーさんと交流して「見えないところは作らなくていい!」というありがたい教えを頂いたのに、やっぱり癖は抜けないね~・・・
今回はジオラマにするつもりだから固定するとこんなとこ見えないんだけど、気になってしまって余計な作業をシコシコしております。


「もし見つかったら・・・」というこのビビり体質は抜けそうもないなぁ
関連記事
やはりスジボリは全面彫り直してるので?
飛行機の方って細かい部分までメチャメチャ丁寧に作ってて、コレはコレでやっぱり凄い作り方だと思います。(私には絶対出来ない工作です…)
方向性も人それぞれですから、見えないところまで丁寧に作り込むスタイルもカッコイイですよね♪
[ 2020/02/04 04:30 ] [ 編集 ]
モルモットさん

なんだかんだ30年近くプラモ作って来たんで、今さら作風を変えるというのも難しいんですよね~。
面倒な作業でももう体に染みついちゃってるからやらないとムズムズしちゃって。

といっても今の作りに満足してるわけでもないのでいろいろ試していかないとと思いつつ、結局慣れたやり方になってしまいます。
[ 2020/02/06 07:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL