FC2ブログ

東京AFVの会2019参戦してきました!

週末に行ってまいりました、東京AFVの会!

diary191125c.jpg

今回参加のきっかけを作ってくれた極東工廠さんをはじめとするグループの展示。
私もはじめはバルバロッサものを作ろうとしたんですが、そもそも何が使用されたのかもわからんので・・・・早々に諦めたテーマでしたw
でも、やらなくてよかったよ。ここに並べられちゃった日には脇汗がえらいことになってたことでしょう。


そして私。「間に合わないーざんねんー」って言ってたな。

あれは嘘だ。
diary191125b.jpg
前日徹夜して何とか最低限形にして持ってったわ!!
これが何か?知らん!名前もわからん!
ネットで見つけた4~5枚の写真だけを元にでっち上げたキューバのT-55にSA-2を乗っけちゃったやつ。

どうよ?私っぽいでしょ?
マイナー空軍なんかやってるセイヘキ(製癖)を持った人間がAFVを作るとこうなっちゃうのさ!

あ、実車の解説とか感想とかいいっす。
とりあえずこいつの解説はまた後日に。割とどうでもいいんで。


今日は初めてのガチAFVについての感想を。

考えてみたらトップレベルのガチAFVに触れるのは初めてかも。
もうね、すごかったっすよ。何がすごかったって、何がすごいのかもわかんないくらい全作品がすごかった。

もうこれって皆本気で狙いに来てるんだね。普通の展示会だと「初めて作りました~」的なのが必ずあって和むんだけど、そういう作品が一つもないのね。
あ、一つあったか。私の。(*ノェノ) ミノホドシラズデチョーハズカシイ

そして私、AFVを見る目がないのがよくわかった。各部門投票とか言われても何で判断していいかわかんなかったですよ。
極東さんに解説してもらっていろんな作品見て回ったんだけど、全然すごさに気が付いてなかった。
あ~、そういうところを見るのか~ってそこからだったんで、いろいろ教えてもらってすごく勉強になりました。
(極東さんが目を付けた作品がことごとく賞を受賞してたのでさすがの鑑定眼です!)

勝手に載せていいもんなのかわかんないので、ご挨拶できた方の作品をちょっとだけ。

diary191125e.jpg
キンちゃんさんのターミネーター。
一目ぼれした架空の戦車だそうで。ターミネーター等とてもお金のかかった作品だそうです。(笑)

課題部門(ソ連)に出されてたんで、これでいいならと私も急遽課題部門に変更。

diary191125d.jpg
個人的には1,2を争う作品だったVKさんの3号戦車。
つや消しが基本なAFVの印象でしたが、こちらは若干ツヤありでそのツヤ加減が素晴らしい。
金属感があるツヤは今回私もやってみたかったことなんで「これだよ!」って感じで見入っちゃいました。

もちろん両作品とも受賞されてました。



今回私も初めてAFVを作ってみましたが、”塗装にかける時間が圧倒的に少ない”というのがよくわかりました。
飛行機は基本塗装が結構塗り分け多くて手間がかかるけど、そこから退色等で深みを出していくことをほとんどやってないな~と実感しました。
まぁ私の目指してる方向が汚しとかあまりしたくないというのもありますが、それでももうちょっと質感を出すようにはしないとなと。

私的には模型は”工作”という感じで作ることがメインなんですが、こういう作品を見てると”絵画”なんですね。
正直そうなると絵が苦手な私としては模型あってないのかなと思い始めたりして(今さら!?)
根本からいろいろ考えさせられる。非常に勉強になった会でした。

diary191125f.jpg
最後に極東工廠さんの作品と記念撮影!
このためだけでも作っていった甲斐がありました。


極東工廠さんをはじめいろいろお話を聞かせていただいた方々、ありがとうございました!非常に勉強になりました。
今後の模型製作に大きな影響を受けたことは間違いないです。

次に作る飛行機は考えながら作ることになりそうだな!さて、なに作ろうか!

あ、その前に作らなきゃいけないのを急いでやらないと!

・・・そうしてこれまでと変わらぬ作品をヒーヒー言いながら急いで作っていくのであった・・・。
関連記事

T-55は・・・

はいーーざんねんーー間に合わないーー。

はい、間に合わないね!

でもせっかくなんで遊びには行こうと思います。
結構知ってる人もいるみたいなんで、純粋に見学者として気楽に遊びに行こうと思いまーす。


ざんねんーー。
関連記事

砲塔部分工作中 :T-55(tamiya 1/35)

いまだ工作作業続行中!これはやばい!

ここがわかんないこと多くて先に進めてたにもかかわらず遅れ気味なんですよ。

そのままでもいいのかなと思ってたらよく見ると通常のものとはディテールが違うのね。
直すにしてもよくわかんないけど、”違う”ということが分かった時点で多少は変えなきゃならんでしょ。少なくとも「ちゃんと違うのわかってるのでそれらしくは変えてあります」というのがわかる程度にはね。

仕方ないので表面のモールドを一旦削り落としてモールドを再生していきます。
正確なサイズとかよくわかんないから、もう少ない資料を参考にそれらしくそれらしく。

そうやってじっくり見てたら真ん中部分のパーツにもちょっと違うとこ見つけちゃったり・・・。お尻部分がツルンとしてて一部のパーツがないんだね。
そもそもどの程度システムが変わっているのやら?その辺がわかればごまかし方もあるんだろうけどなぁ・・・。


飛行機ならこの時点で完全にあきらめてるところだけど、AFVはなんかいけるかもというかすかな希望があるからいまだヒーヒーいってます。

飛行機だと工作>塗装といった後も細かな塗装も多いし、そのあとスミ入れ、デカール貼り、仕上げ工作など、全体塗装後にやることがかなり多い。
その点AFVは工作>塗装からは細かな塗装も少ないし、汚すくらいだから全体塗装終わっちゃえばそれほど時間かからないかなという期待があるのです。

とはいえ出来て”とりあえず組みあがりました”レベルだなぁ・・・。

でもガンバルヨ!
関連記事

T-55(tamiya 1/35)が・・・

ようやくシャシーの工作が終わったか終わんないかって感じで・・・
こりゃ間に合いませんね・・・。

やっぱり慣れっていうのは大事だね~。実物知ってると何というか、”勘所”?っていうの?ここはこうなってるとかっこいいとか、ここは省略、ここは見せ場!みたいなのが大体わかるじゃないですか。
飛行機ならここは当然薄くなるとか、ここにはこんなのが付くよねみたいのがわかるから、どんな機体でも最低限見れるものが出来るんだけど、その辺の経験がないとそこんとこがわかんない。
ここは厚いままでいいのだろうか?とか、ここはコードとかで作り直したほうがいいの?とかいちいち悩むから時間がかかる。
知ってれば作業も緩急つけやすいんだけど、ここがどれほどの重要性のある個所かというのがわかってないから余計なところが気になっちゃうんですよ。

あと塗装と組み立てのタイミングとかもわからんし・・・キャタピラーはいつ付けたらいいのよ?
よく付けちゃってから塗装してるの見るけど、奥の方どう見たって塗れないよね・・・。それにこのゴムみたいな素材って塗装後にいじったら剥がれないのかしら?


そんなこんなでようやくシャシー部分が組み立て終わったかどうかって状況です。
もう少し手を入れたいけど、なにぶん資料もなくて見せ場を作りようもない・・・。

でもね、砲塔部分も実は先行して作ってあるにはあるから、これからどれだけ追い上げられるかってことになります。
果たして来週までに完成するんでしょうか!?


もう一つ大事なことに気づいた。
展示会参加ってことは朝から最後まで居なきゃいけないんだよね。
やばい、このジャンル知り合いいないし、話し振られても全くわかんないしどうしよ?
とりあえず周辺の観光スポット(?)を検索しておこう・・・。
関連記事

72展に向けてそろそろ準備を!

今年の模型イベントもあらかた片付いてしまいました。
皆さんは楽しい出会いや発見はあったでしょうか?

一息ついてそろそろ次にと思っても、当面の目標がなくていまいちモチベーションが上がらない・・・
そんなあなたはぜひ72展へのご参加を目標にされてはどうでしょうか!

「72展」
イベントは来年3月29日(日)、場所は秋葉原です。

告知開始からたくさんの反応をいただいてますが、そろそろ本格的に申し込みの受付を始めたいと思い改めて告知を開始します。

まずは上記のリンクから参加要項をご確認いただいて、希望サイズを明記してここのメールフォーム(右側の下のほうにあります)かツイッターのDMでご連絡ください。
一つ大事な点はAFVに関しては申し込み先が違います。
今回はモデフェスさんとの合同ということで、もともと展示をされてた72nd ARMYさんがAFVは窓口になります。

また、飛行機、AFV以外でも参加OK! SF・アニメ・架空でも1/72であればジャンルは問いません!(それらは当方へ申し込みをしてください)
・・・ただし、参加のスペースが限られてますので1/72の戦艦での参加は申し訳ありませんが参加できません・・・。見てみたいですけどスミマセン!(*´ω`)
戦車と飛行機を組み合わせたジオラマを作りたい!という場合は、ご自分の判断で申し込み先をお選びください。

1/76もOKです。まぁこれくらいの誤差は問題ないでしょう。

それと参加無料のAサイズ(A5サイズ)はおひとり様1枠のみになります。Aサイズを4枠でA3分ということはできません。

その他何かご質問があればいずれかの方法でお問い合わせください。

スペースに限りもありますし、配分・レイアウトを検討するためにそろそろ本格的に募集をかけさせていただきます。
まだ時間もありますし作品が増えたりする場合もあるかもしれませんが、まだ変更は可能ですので現時点で参加を予定されてる方はぜひ希望サイズを合わせて申し込みください。


私も今やってるあれこれが片付いたら一つ作ってみようと思ってます。

f20_191111a.jpg
F-20タイガーシャーク(ハセガワ1/72)

下の白い紙がA5サイズなので、これくらいの機体なら無料で参加できますよ!
せっかくなんで簡単なジオラマにしてみようかと思案中です。

他のイベントでは見向きもされないような、こんな小さい作品を見てもらえるというのが当イベントの趣旨なので、1/72大戦機単品とかでもお気軽にご参加ください!

AFV申し込み先
Twitter @modefes 又はイベントWebの問い合わせページ

AFV以外の申し込み先
Twitter @kurage mokei 又はこのページ右下のメールフォーム

ご検討よろしくお願いしますー!
関連記事