FC2ブログ

Bf109K-4”Erich Hartmann"(takara 1/144)


bf109k_1401ttl.jpg

Bf109K-4"ハルトマン搭乗機”
(タカラ 世界の傑作機1/144)


Bf109K(1/144) bf109k_1401b.jpg
bf109k_1401c.jpg bf109k_1401d.jpg
bf109k_1401e.jpg bf109k_1401f.jpg

傑作機Bf109の最終形態K型。そして史上最高のエース、ハルトマンの乗機です。
機首の形状こそ大きく変わってますが、基本形状はF型からほとんど変わってないんですね。いかに基本設計が良かったかということでしょうか。(無理やり使わざるを得なかったとも言えますが・・・)

そしてキットとしても傑作の「世界の傑作機シリーズ」。少ないパーツながらも精密な出来で、キットの良さをさらに伸ばすべくとことん作りこんでみました。

ご依頼を受けての製作。こんな作りこみ仕様もお受けしていますので、興味のある方はご相談ください!

Bf109K(1/144)細部解説


bf109k_1401g.jpgハルトマンのK型はグリーン/ブラウンとグリーン/グレーのものが見られますが、今回は前者の塗装です。
フリーハンドで強めのグラデーションをかけてワンスケール上の雰囲気を出してみました。
主翼前縁の波塗り分けもしっかり再現しています。

スピナーの渦巻き、ブラックチューリップは塗装で仕上げています。


bf109k_1401h.jpg
動翼はすべてダウン状態に加工、アンテナやバランスタブも追加してわかる範囲でとことん手を入れています。

キットはディテールも素晴らしいものですが、スジボリはちょっと薄めなのでその辺を一度彫りなおしたり、小さいながら翼端灯もクリアにしたりと下処理からいつも以上に繊細に工作をしています。


bf109k_1401i.jpg
脚カバーやインテイクもできるだけ薄くしています。
アンテナ類はもちろん、普段は省略しがちなバランスタブ等も再現。

動翼の加工は丁寧に切り離して付け直すだけの作業。と言ってしまえば簡単ですが、このスケールだとちょっとしたミスが命取りなので終始慎重に作業を行いました。


 

DATA


使用キット:世界の傑作機 Bf109K(タカラ 1/144)

参考資料

Bf109 K-4 ハルトマン・ファイナルコンバット(ファインモールド 1/72)

メッサーシュミット Bf 109 (パート2) (世界の傑作機 No. 109)

関連記事

読む模型製作記 :T-55(tamiya 1/35)製作

人生初の戦車プラモ作り始めましたよ。

No.257 ソビエト陸軍 戦車 T-55A (タミヤ 1/35)

何となく恥ずかしいのでこいつに関しちゃ画像無しで書いていきます。(完成までのお楽しみということでもある)

まずは実車に関して。
もちろん全く知らない!でもいろいろ頂いたコメント見ると現用戦車の始祖ともいえる名車(?)のようで。
丸い砲塔が子供が描く戦車みたいで可愛らしいですな。

はい、実車に関してはこれくらいで。性能とかは興味ないので調べません。

早速作り始めるわけですが。大きめのパーツがごさっと入ってますな。
さすがは1/35、飛行機と比べるとパーツ単体が大きいよね~。作るの楽そう。あ、下のほうに転輪が沢山・・・これが怖くて戦車作れなったんだよな・・・。

説明書通りにその脚周りから工作開始です。
片側2個イチで7個。14個×2=28個もの転輪パーツが・・・うわぁ~嫌になってきた。AFVモデラーは初っ端からこんな作業をするのか。いきなり嫌にならんのかね?
それいったらAFVモデラーからしたら飛行機はいきなり見えなくなる細かいコクピット作らされるから嫌になるらしい。
プラモは試練から始まるのね。

とりあえず2個イチにしていって、パーティングラインを無心で整形していく。

あれ?そんなに面倒じゃないな。丸いものの整形はちょっと気を遣う作業なんだけど、そんなに苦じゃない。

あぁ、そうか。パーツがデカいからだね~。1円玉みたいなサイズだから持ちやすいし作業がしやすいんだ。
こんな大きさのパーツは飛行機じゃあ無いからね。なるほど、戦車は作るの簡単ていう意味が何となく分かった。

こないだ作ったギガントのタイヤ整形のほうがよっぽどストレスたまったな。飛行機って細かいんだね。
今さら実感です。

何回かに分けて作業を進めてそんなストレスたまることなく整形完了。

一番心配してた足回りの作業が思いのほか嫌じゃなかったので、戦車に対する恐怖心は消えてきたよ。(まだ半信半疑)
この調子なら結構順調に行けそうだな!
関連記事

スケビ2019年11月号読んだ?:Mig-19(F-6)補足解説

大変な週末でしたね。皆さんは無事に過ごせましたか?

私はまだ土地勘がなかったので、ニュースの地図を見てもいまいち自分の家がどこなのかもよくわからず、警報で流れてくる地名もどの辺なのか、近いのか遠いのかわかんなくてちょっと緊張の一日でした。

災害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。


さて、スケールアビエーション2019年11月号出ましたね。
Scale Aviation 2019年 11 月号

個人的には作例が少なくて寂しかったですね。内容は濃かったですが前半1機だけというのはどうなんだろ。


とりあえず今回も私は頑張りました。

Mig-19(KP 1/72)
mig19_191012b.jpg
ぱっと見はいつものようにただ丁寧に作ってあるだけ。
と見えるでしょう。

しかし、作ったことがある人ならわかってくれるはず。いかに手を入れているかを。

mig19_191012c.jpg
全面凸モールド、パーツは最小限で合わせも雑!
明治時代のキットか?と思えるもの。

mig19_191012d.jpg
ディテールがとか精度がどうとかいう以前のレベル。
”形は悪くない”という評判だけが唯一の救いです。確かに形は悪くはなかった。・・・ような?

mig19_191012e.jpg
パイロットはバスタブにすら入れず、シートのみの”フリーフォール状態”
パイロットは緊張でガチガチです。

mig19_191012f.jpg
mig19_191012g.jpg
仕方なくコクピットはプラ板等で自作。
キャノピー閉めたらほとんど見えないけど!

mig19_191012h.jpg
脚も手を入れたら何とかなるというレベルではない。
そもそも左右で型がズレてるのか、ホイールの位置がズレてる。
なのでQ-5ファンタンから流用です。

mig19_03.jpg
エンジン回りも知らなかったらこんなもんかと思えるくらい堂々とした厚さ!


こんなキットをひたすら下処理をして何とか最低限見れるレベルまで持っていきました。
今までで一番つまんない出来だけど、一番苦労した作品となりました。

もし、作例見て「自分もMig-19作りたい!」と思われた方は、それなりに覚悟を持って取り掛かることをお勧めします。
というかこれを作ることはオススメしません!w

今回も作るにあたって資料を探し始めたくらいなので、ディテールはちょっとあやふやです。
手に入りやすい資料も少なくて作りこみに苦労しましたが、それはみんなも知らないってことなんで適当にやってOKってことで!

Mig-19、意外とカッコいいよ!作って好きになった機体がまた一つ増えたね。
新キット早く出ないかな。AZあたりやってくれないだろうか。出来のいいキットでリベンジしたい1機となりました。


使用キット
Mig-19(KP 1/72)
MIG-19(KP/1/72)
箱絵も一緒だからセマーも中身は一緒かな?

ミコヤンMiG-19S ファーマー(セマー 1/72)

参考資料
世界の傑作機No.151 MiG-19ファーマー
手に入りやすい資料はこれくらい。だけどあまりモデリングには役に立たなかったです。

まじめに作るならこの辺の資料もあったらよかったかな?
Mikoyan Mig-19: Famous Russian Aircraft
このシリーズは内容濃いはず。

それにしても不遇な戦闘機だねぇ・・・。
関連記事

今さらながらの初体験。:T-55(タミヤ1/35)

幼稚園くらいにはアニキの影響でプラモを作ってたんですよ。だからもう40年近く模型を作ってきたわけですが。

そんな私が生まれて初めて戦車買っちゃいました!
diary191010a.jpg

これまでガンプラはもちろん、戦艦、車とか乗り物系は一度は作ってきたんですが(バイクはまだだな・・・)、実は戦車のプラモは作ったことがないんす。
というか買ったこともなくて本当にこれが人生初めての戦車プラモ。

戦車、もちろん興味ないわけじゃなくて、これまでにも何度か作るタイミングはあったんです。
でもどうもね・・・一歩踏み出せず・・・もっと作りたい飛行機もあったりして、なかなかね・・・
それと戦車を飾るって気がしなくて。完成してもなぁ・・・みたいのがあって手を出せずにいたんです。

あと何となく小さい頃の思い出で、戦車はお兄ちゃんたちがラジコンで走らせて最後は爆竹!みたいな”高価な遊ぶモノ”って印象があったのかも。(そのころ私ゃバンダイの1/2000の戦艦やらLSの1/144やら安いのばっかり作ってた)


いやぁ、先日の飲み会でAFVの人と話してたら一度やっとかにゃならんなと思いまして。何にしようか悩んだ末にこいつになりました。
なぜにT-55か?・・・なんででしょ?

そんなに詳しいわけじゃないけど、一番カッコいいと思うのは4号戦車なんですよ。それも短砲塔の方。
IV号戦車 F1型(ボーダーモデル 1/35)
でも、いま私みたいなシロウトが「4号戦車が好きなんです!」なんて言ったら。
(*´v`)ニヤニヤ :フフ~ン♪ハイハイ、4ゴウセンシャネ。ハイハイ。
みたいに言われそうじゃないですか。某アニメのせいで。だから言いませんけど本当は4号戦車好きです。

じゃあ他にと見ていくと、どうもしっくりこなくて。何か物足りない。
そしてなんだかんだで現用に目がいっちゃうんです。やっぱり私は戦車も現用のほうが好きなのかも。
でもT-55はないね(笑)せめてT-72だよな。
T72M1(タミヤ 1/35)

まぁ初めては大体失敗するから安く手に入ったもので練習しようというわけです。

でも無謀にもこれで東京AFVの会に参加したいと思ってたりもします!お誘いいただいたので行ってみようと思ってますが、どうせお邪魔するなら手土産あった方がいいでしょ?ってことで急遽作ることにしました。
たぶん間に合わないけど・・・。

ということで急ぎT-55をスタート!でも製作記は載せません!恥ずかしいから!
完成しても載せません!恥ずかしいから!
間に合えば展示会には偽名で出します!探してみてね!
関連記事

やる気はある!時間はない!

先週末の展示会で大いに刺激をもらってやりたいことがムラムラと沸いてきてます!

モデフェスでの展示では小さい飛行機でも参加できるということをアピールすべく小型ジェットを中心に持って行ったんですが、改めてこれまで作ったもの見返してみたら大型機がほとんどない!
スケビに出したイランのF-14くらい。自分、本当に小型機が好きなんだな~と改めて実感しました。

まぁ昔F-4も作ったりしたし全くというわけじゃないけど、本当小型機ばかりなんだよね。せいぜいF/A-18くらいまで?

ということでちょっと大きめの機体を作りたいなと。作ろうとしてたF-15を本格的に始めようかなぁ。
そういやF-4Gが作りかけなのを思い出した。とりあえずこの辺を再開しようか。
などなど思案中。

でも展示会に向けてA5サイズの小さいのも作りたい!

ヨンパチのスピットも作りたい!

どうしよ?どうしよ?
関連記事