FC2ブログ

SeaFury FB.11”807Squadron”(F-TOYS 1/144)


seafury_1402ttl.jpg

シーフューリーFB.11”イギリス海軍航空隊 807飛行隊”
(F-TOYS 1/144)


SeaFury(F-TOYS 1/144) seafury_1402b.jpg
seafury_1402c.jpg seafury_1402d.jpg
seafury_1402e.jpg seafury_1402f.jpg

第二次大戦に間に合わなかったせいで大戦機の中でもちょっと影の薄いシーフューリー。
しかし朝鮮戦争ではジェット機を撃墜するなどレシプロ戦闘機の最後を飾るにふさわしい傑作機です。

以前同様の機体を製作していますが、ご要望により再登場。
各部ディテールアップしたワンランク上の仕上がりとなってます。

SeaFury(F-TOYS 1/144) 細部解説


seafury_1402g.jpgイギリス独特のペンギンカラーにストライプ。何気にイギリス機のカラーリングって好きですね。

全体的に軽めのグラデーション、排気汚れなど1/72くらいの雰囲気を目指して塗装してみました。


seafury_1402h.jpg脚カバー取り付け穴を埋めてモールド再生したり、各カバーを薄くしたり操作ロッドを追加したり。
細々としたディテールアップをしています。

例によって言わなきゃわかんないアピール力のない改修・・・。
わかる人に分かればいい!


seafury_1402i.jpg
ステップの追加や主翼インテイクのフラップの薄々化、ライトのクリア化
出来る限り最高の1/144シーフューリーにすべく改修しています。

タイフーンから続いてようやく完成の域に達した感のあるシーフューリー。
力強さとスマートさを兼ね備えた最高にかっこいい機体ですね~。


DATA


使用キット:シーフューリーFB.11(F-TOYS 1/144)

参考資料
ホーカーシーフューリーFB.11(トランペッター 1/72 )
出来はあまりよくなかったけど、この箱絵はかっこええですな!

ホーカー シーフューリー FB.11 戦闘爆撃機(エアフィックス 1/48)
あ~ヨンパチで作りたい!今買うならエアフィックスですかね?
モールドの深さが気になるが、果たして・・・?
関連記事

凝りすぎだぁね~(褒めてる):PZL P.7(Arma 1/72)製作記

コクピット作ったらさっさと胴体接着。
合わせて尾翼周りも一体にしちゃいます。


pzl7_190816a.jpg
表面にとても細かなモールドが。
こりゃ再生できないから一切いじれない&痛められない!

pzl7_190816b.jpg

最近は翼の厚みが気になる年頃なので薄々攻撃したいけど無理!
仕方ないから傷つけないよう接着。

垂直尾翼に隙間ができるんだけど・・・これは合わせの問題みたいね。

このキットの翼にはスジボリはほとんどないんだけど、代わりに表面にびっしりすじ状のモールドが入ってるんで一切いじれません。
凝ってていい出来なんだけど、翼の厚みもそれなりにあるからできれば削り取りたいところだけど、モールドを生かすべく厚みはそのままに。

この時点でつまんない作品になること決定(泣)

pzl7_190816c.jpg
エンジンは排気管が別パーツで一本ずつ付けていく作り。
凝ってるね!

PZL P7(1/72)エンジン
バリが多めだけどちゃんと円形になってるので、綺麗に整形すれば問題なし!
排気部を少し彫り込んで深くしてあります。


エンジンはカウリング付けちゃうとほとんど見えなくなるんだけど、結構いい出来です。
なんか91式戦闘機を思い出した。まぁこっちのほうが出来は断然いいですね。

尾翼周りを整形しつつ、次は主翼の取り付けだね~。
特に調べもしないからサクサク進むわい。
関連記事

スケールアヴィエーション2019年9月号出たよ。

Yahooブログが終了に向けて一部機能が作動しなくなってきてるようで。
移行作業も面倒くさいし、これを機会に辞めちゃう人が多いんでしょうね。
私のネット散歩コースもヤフブロの人が多いんで最近はパトロールもおろそかになってきてます。

まぁSNSが全盛の今時、ブログなんてオワコンだからそれも当然のこと。アフェリエイトでもないのにブログなんてやってる人いなくなるんでしょう。

でも、だからこそあえて私はやっていきますよ!プラモやってる間はブログは辞めない!
だから書くことなくて更新間隔減らしてたけど、やっぱり週2はやりたい。FC2のくせに一緒になって更新しなくなってどうすんじゃいと自分に言い聞かせて、無理やりテーマ作って書いていきます。


先週末にスケビ出ましたね。
Scale Aviation 2019年 09 月号 [雑誌]

夏らしく日本機の隼がテーマ。
作らなかったけど、ファインモールドの隼は画期的なんだね~。最近の評判のいいキット(タミヤの飛燕とか)もほとんど作ってないから一度いじってみないとな。

私の連載は今回はホーカーハンター
hunter_7201a.jpg

これも一度作ってみたかったんだよね~。「本当に美しいの?}って。
確かに胴体はいいラインしてるけど、主翼がちょっと大きくてアンバランスな印象でした。

でもなんか眺めまわしていると、これはこれでバランス取れてる気がしてくるから不思議。ホーカーハンター(レベル1/72)

それでも「もっと美しい」というには・・・同世代の他国の飛行機(セイバーとか?)と比べたらそう言いたくなる気持ちもわかるけどね。



レベルのキットの作りやすさも相まってホーカーハンターの印象はだいぶ良くなりましたよ。
1/72 ホーカー ハンター FGA.9 プラモデル
細かいところだけど、ピトー管て普通2段のパイプ状なんだけど、ハンターはテーパーの付いた一体形状なのね。
キットパーツがそうなってたから「ここは手を抜いちゃったか、レベルめ」と思ったんだけどあってました。
疑ってごめん、レベル。
それくらい出来は良かったですよ。


締め切りもあり急いで作っちゃったからあまり味わえなかったけど、改めていじり回してみたいと思える機体でした。
また興味を持てた飛行機が増えてうれしいね~。


次の機体は時間的余裕もあったので手間のかかるものを製作中。こっちは決して格好よくはないw
私自身模型誌でほとんど見た記憶がない機体です。当然作るのも初めて。果たしてちゃんと完成するかな?
関連記事

新規1/72スタート!:PZL P.7(ARMA HOBBY1/72)製作記

体調もボチボチ回復しました。

せっかく1/72を盛り上げたので言いだしっぺとしてなんかしないとな~ということで、ここんとこあれこれ考えとるんですが、どうもピンとこない・・・。
作りたいのはあるけど、それをどういう感じで作っていこうかってのが決まらなくて、あちこちいじっては「違うな~」とミカン山陣地を構築してたりします。

とりあえず考えるにしても手を動かそうということで、あまり考えなくてもよさそうなこいつをしばらくいじってみようと思います。
ポーランド空軍 PZL P.7a(ARMA HOBBY 1/72)
ちょっとパッケージ違うけど、アルマホビーのPZL P.7です。

ちょっと前に超お得価格で落札したブツ
私の好きな複葉から単葉への過渡期の世代の機体。独特のガルウイングが個性的で気になってた1機です。

こういう”気になるけどそんなに作りこむ気もないし、とりあえず形にして眺めたい”という目的にも1/72は最適ですな。

じゃあ早速作ってみますか。

まずはキットの概要。

pzl7_190806a.jpg
パーツはランナー一枚のシンプルなもの。

pzl7_190806b.jpg
でも生意気にもエッチングも入ってる。
少ないパーツで細かい気づかいもある。ある意味キットの理想形じゃないだろうか。
これくらいがちょうどいいんですよ。

pzl7_190806c.jpg
コクピットはオープンでよく見えるけど、あまり調べずに指示通りに工作。
ちょっと独特の作りだね。

pzl7_190806d.jpg
色はシルバー指定だけど、グレーを混ぜてあまりぎらつかせないように調整。
エッチングのベルトが効いてるねぇ。


本当は思い入れもあるんでじっくり手を入れたいところだけど、1/72の大戦機はあまり根詰めないようにしてるので、基本だけ抑えてサラッと作っちゃいたいな~と思ってます。

それでもあくまで本腰入れるテーマが見つかるまでの間つなぎだから、無事に完成までたどり着けるかなぁ?
関連記事

夏本番!

週末はしゃぎ過ぎた影響か、月曜から絶賛ぐったり中・・・

回復までしばしお待ちを。


皆さんも夏風邪にはご注意くださいね~(熱中症にもね!)

あ~、しんど・・・・・
関連記事