FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2018年04月 ] 

スケビ掲載 Bf109G-6(tamiya 1/48)補足解説

作りこむ部分が無くて困りながらも何とか見せ場を作るべく手を入れた部分をちょっと補足します。

Scale Aviation 2018年 05 月号 [雑誌]:Amazon


bf109_180416a.jpg

bf109_180416b.jpg
Bf109G-6
J.Gr50 Kommodore Maj.Hermann Graf"Green 1"


コクピット
bf109_180416c.jpgこのシートベルトのみエデュアルドから。
コードやらチェーンは追加したものですが、パネル等の構造物はキットのもの。

・・・やることないよね~。やっても見えないけど・・・。


bf109_180416h.jpg  bf109_180416d.jpg

エンジン
bf109_180416e.jpg  bf109_180416f.jpg

ぐったりしつつも楽しめたエンジン作りこみ。ここも基本的にはコード類を追加したくらい。
まぁ細かいこと言えば真ん中の涙状タンクの止め金具とかもモールド削って作り直したりしてるけど、とにかくコードを増やしてゴチャゴチャさせることがポイント。

本当はファンにはメッシュが被せてあるんだけど、モデリングメッシュを付けたらメッシュが太すぎてかっこ悪かったので付けませんでした。

bf109_180416g.jpg後部点検ハッチの中には無線機とかも自作して入れてあるんだけど、全く見えん!

一応G-6の無線機等を仕込んだんですが、このグラーフ機の装備がこれかどうかは不明。
(グラーフ機は仕様が通常のG-6とは微妙に違うので)


bf109_180416i.jpgグラーフ機の特徴の一つであるバックミラー

ちゃんとクリアの中にミラーが入ってるように作ってあります。


bf109_180416j.jpgアンテナ線も支柱にフック上の金属線を仕込んでひっかけるような形状を再現。

言われてもわかんないね・・・。



機体の形状はいじるところが全くなかったので、細部を作りこむことに専念できました。

このグラーフ機はちょっと仕様が違うらしく、(G-5だとかG-6の初期型だとか?)資料によってディテールが違う部分があったりして、考証面でのダメ出しがとても不安・・・。


ちなみに、今作は6月30日に開催される「ジャーマンフェス」(スケビに案内が掲載されてます)に展示していただくことになりました!
私もお邪魔する予定ですので、興味のある方はぜひお会いしましょう!


一応こちらの資料を基本に作りこんでみました。
メッサーシュミットBf109G‐6 特別版 (モデラーズ・アイ)

その他参考にした資料など。

メッサーシュミット Bf 109 (パート2) (世界の傑作機 No. 109)

メッサーシュミットBf109G-6 w/グラーフ(ハセガワ 1/48):Amazon

そういえば。

以前、「献本がなくなった・・・」とボヤいたらそれを編集部の方が気づいてくれたらしく、お詫びとともに送っていただきました。
少人数で大変な作業をされてるのはわかってるので、そういうこともあるかと理解して怒るわけではなくネタとしていじらせてもらっちゃいましたが、真摯に対応していただきお心遣い感謝しております!