塗装作業に入ります!:OA-4M Skyhawk(fujimi 1/72)

OA-4Mスカイホーク、塗装に入りまーす!

基本的には通常のグレー系迷彩ですが、ちょっと色味が違います。

a4_170929a.jpg
下面はMr338。

正直下面の色がよくわかんない・・・。
上面とのバランスを考えてこの辺かな~というチョイスです。


a4_170929e.jpg上面はちゃんと調色。
Me337に青みを加えて少し明るくする感じ。

例によって写真によって色合いが全っ然!違うんだけど、その中でも青っぽく見える写真のイメージでいってみます。


a4_170929b.jpg
中間色はMr308.そして上面は調色したもの。

う~ん、もうちょっと濃くても良かったかな?でもバランス的にはこのくらいでもいいかねぇ。

a4_170929c.jpg
使い込まれた機体もあるので、グラデーションも気持ち強め。

スカイホークはどれもカッコ可愛いなぁ~
中でもOA-4Mはかっこよさが強めに出ててかなり好き。


a4_170929d.jpg
このスラット部分の色がよくわかんないのよ。
たぶん中間色かな~・・・?下面色かもしれないけど、こっちの方が落ち着いた雰囲気になるからこっちで。

赤とかじゃないのが本機のポイント。


さ~て、どんな機体かわかったでしょうか?
正解はこちら!

a4_170929g.jpg
Airliners.netより

ブラジル海軍のAF-1Aスカイホークです!

ブラジル海軍ではA-4KUをAF-1と呼び、空母艦載機として運用してますが、OA-4Mも数機運用されてたんですね。
このOA-4Mは正式にはA-4KUといって、もともとクウェート向けに作られた機体です。

その為OA-4Mに装備された電子機器類が一部省略されてるので、機首の形状とかシンプルになってるんですね。
そしてブラジル海軍では「AF-1A」と呼ばれています。

AF-1のほうは結構見かける(?)ので私的にはメジャーなんですけど、OA-4M型も運用してるとは知りませんでした。

写真の機体はだいぶ青みが強いですが、写真によってはもっとグレーな機体や、上面が単色に見える汚い機体など、色の雰囲気がだいぶ違うんです。
ネットは写真がたくさん見つかるから助かるけど、逆に違うのもいっぱい出てきて大変ね・・・

そんな中でもブラジルのスカイホークらしい青みが強い色にしてみました。
たぶん、何度か塗りなおされてるようで、初期はAF-1と同様の青みのある色だったんじゃないかと。その後グレー系に塗りなおされたように思われます(個人的見解)
その証拠にグレー系で、タンクが青みのあるものを搭載してる写真もありました。

ブラジルのスカイホークは上面が濃い目のほうがそれっぽいんだけど、写真の機体ぐらいが綺麗でいいかな~と


a4_170929f.jpg
で、写真を見ながら上面色をあーだこーだと苦労して調色したんですが・・・

出来てみたらMr307と同じになっちゃうという・・・

調色あるある~~・・・(泣)


調色なんて大嫌いだよ・・・
関連記事

ここから本番!コクピット:F-CK-1Dチンクォ(freedom model 1/48)

下処理といえるつまらない作業も片付いたところで、いよいよ本格的に製作を開始しましょう!
説明書通りコクピットの製作からスタート!

fck1_170925a.jpg
コクピットはモールド仕上げ。エッチングとかは付いてません。
とてもメリハリの利いたモールドだったんで、ブルーミックスで型どりしておきます。

これは使いまわし出来そうだ!


fck1_170925b.jpgいきなり塗装完了!
まぁこの作業はチマチマと塗装をしていくだけなんで、載せるようなことないんですよね・・・

作業中は集中してるんで写真なんか撮ってないし。



fck1_170925c.jpg fck1_170925d.jpg

前席。どうすか!素晴らしいモールドでしょ!
ネット探してもチンクォのコクピット写真があまり見つからなくてよくわかんなかったので、これまでの経験を生かしてそれらしく塗装しました。

チンクォ、サイドスティックなんだね~。やはりF-16の輸出を断られて開発されただけあって、F-16系であるようだ。

fck1_170925e.jpg後席は側壁もパーツ化。
側面パーツには一部パネルやスロットルを取り付けるんだけど、説明書の描き方がちょっとわかりにくい。

右側のスティック状のパーツも取り付けたやつなんだけど、取り付け向きがよくわかんなくてスティック状にしちゃった。
でも、ここにスティックなんかあるかな?



fck1_170925f.jpg fck1_170925g.jpg

前席同様メリハリの利いたモールドで色をのせてても楽しくなる。

fck1_170925h.jpgコクピット塗り終わったらさっさと機首を一体に。
バリエーション展開のせいで結構細かく分割されてます。

ヒンジの凸凹モールドとか細かく入ってて精密感あるけど、一度掘りなおす者としてはこれはきついなぁ・・・。


ちゃんとラダーペダルも別パーツだったりなかなか凝った造りなんだけど、説明書の図面がちょっとわかりづらくて、どう取り付けていいかわかんない部分がありました。
実機の資料もあまりないし、ここは雰囲気で乗り切ってやりましたよ!
関連記事

インテイク工作続き:F-CK-1D(Freedom model 1/48)

接着して整形を続けておりました。

サフで整形するにもなかなか手の入りにくい形状なんで、ある程度合わせ目をならしたら、あとは塗装を厚く塗り重ねて綺麗に見えるようにしていきます。

fck1_170921a.jpg
やはり中はほとんど見えないね~・・・

fck1_170921b.jpg
勿体ないから奥のファンは使わず、黒塗りしたプラ板を貼っておいた。
いつか何かで使えるだろうという、貧乏性炸裂です!


こういう努力が報われないくせに面倒くさい作業ってのはさっさと片付けるに限る。

さぁて、ここからがスタートだ!
続いて楽しい(?)コクピットの製作に入りましょー。
関連記事

横田基地祭2017

今年も行ってきました横田基地祭!

台風接近ということで日曜はほぼ雨っぽいので、その分混むかな~と思ったけどまぁ例年通りの感じでした。
むしろ入り口のセキリュティーチェックもなく・・・この厚木基地との違いは何なんでしょ?(あっちが異常だよね)

diary170917a.jpg
今年を象徴する機体(?)といえば間違いなくこれだろ。
一番最初に存在感アピールしてましたわ。

この流れだともしかしたらアイツも?っと期待して早足になったけど、遠くからでも見えるであろう尾翼も見えず。
残念ながらB-1は来てませんでした。

diary170917b.jpg
今年は最最新鋭の光学迷彩ステルス機が複数展示!

・・・のわけはなく、台風接近の影響で小型機はほぼ展示キャンセルになったようだ。

diary170917c.jpg
仕方なく(?)C-130がズラ~っと。
C-130祭りでしたね。

空白でテンションだだ下がりに続いてC-130の3連発、そしてKC-767からP-8へと大型機の流れで、今年はダメやなぁ・・・とがっかりしつつ。
仕方なくP-8の細部を撮るべく機体をうろついてたら、その後ろに見慣れぬ尾翼が!?

diary170917d.jpg
RQ-4グローバルホーク
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


まさかこんな後ろにいるとは!
大型機に隠れるように置いてあって、わざと!?とか思っちゃったよ。
諦めず奥まで見に来た人へのプレゼントだね!ニクイな!米軍!

diary170917e.jpg
何となくデカい機体だと思ってたけど、単座機くらいの大きさで逆にビックリ。
しかも結構汚れてて使い込まれてる感じ。だいぶイメージと違うな。
それにしても無駄に主翼が長くて写真撮りづれぇぞ。

一度は見たかったRQ-4。念願叶いました!
なんていうか・・・F-22以上に異質感というか、おもちゃ感があったな。
我々が好きな飛行機とは別の次元の飛行物体?まぁ私は嫌いじゃないですけど。ちゃんと作りたくなったよ。

ガンコ先生に無人機だぞ!と興奮して説明したのだが・・・
(=・ω・)・・・。: ふ~ん、そんなにすごいの?
って言われた。・・・え・・・無人機ってすごくないの・・・?そう言われちゃうとどう説明していいもんやら・・・あれ?無人機ってすごくないのか!?
素人に説明するのってムズカシイネ・・・。


まぁ細かいところはもっと詳しいサイトを見てもらうとして・・・こんな感じでした。

私的にはやはり戦闘機がいなかったのはさみしかったね~。
グローバルホークいなかったら目も当てられなかったよ。(そういや警備の兵隊もいなかったな。そんな重要じゃないの?)

帰るまでに時折雨がポツポツ降るくらいで、本降りにならずに無事楽しんできました。

戦闘機も来ず
天気のせいでビール飲む気にもならず
ステーキも一つしか食べれず
・・・ボンジョビコピーのライブも来ず・・・(レッチリだったからまだいいけど)
物足りない基地祭でした。

diary170917f.jpg
お前たち、来年は期待してるぜ!


そもそもが。こんな物騒なご時世に軍用機見て喜んでるなんてどうかしてるよね。
ほんとう、ミリオタってやつはしょーもない人種だな・・・

関連記事

ひとまず完成!そしてスタート!:A-4E Skyhawk(Fujimi 1/72)

スカイホーク完成しました!!


・・・といっても新たに始めたOA-4Mじゃなくて、以前作ってたA-4Eの方ね!
まぁあのころすでに完成してて、完成形を掲載していなかっただけなんですけど・・・。

a4_170914a.jpg
私にしては珍しく汚し強め(これでも)の仕上がり。

赤をアクセントにした派手ながらまとまりのある機体になりました。


a4_170914b.jpg
後部の排出口は汚れが目立つところだけど、ちょっとやりすぎたね。
ここまでは汚れません。

スラットも折れることなく作り上げたぜ!


A-4E Skyhawk(fujimi 1/72)
AFVモデラーさんに教わったフィルタリング?ってやつをやってみた。
いつもの綺麗め仕上げよりは使い込んだ感でたかな?

こういった作業は加減が難しいねぇ。


a4_170914d.jpg
ウエポンも実戦らしい装備。

小さい機体にパンパンのウエポンってのがスカイホークの面白さだと思ってます。


ベトナム戦争時の機体ってことで使い込んだ感じを出したんだけど、ハイビジの汚しってどんな感じにしたらいいかわかんないなぁ。
基本つやありだし、退色でグラデーションてイメージもない。

てことで下地グレーはグラデーションは控えめに、表面の汚しを追加してみましたが、どんなもんでしょ?


こんな風に仕上げたからには単品で飾るには物足りない。
ということで今回は情景風(ジオラマというほどストーリー性は持たせない)にしようと思います!

ここからこのスカイホークは1/72の遊び方に一番向いてるジオラマにすべく、ベースを含めた周辺作業を進めていきます。
関連記事

F-CK-1Dチンクォ(Freedom model 1/48):始めます!

ジャギュア?スカイホーク??

・・・知らねぇなぁ・・・

始めたからにはしっかり完成させてから次に行きなさいってね。そんなお行儀よく出来るわけないじゃない!
あちこちフラフラ手を出してこその”kurage”じゃ!名前の通りフラフラするぜー!

ってことで、予言通り欲望の赴くままにチンクォを始めます!

全体的にしっかりとした出来なんで仕上がりに関しては期待できそうだけど、意外と細かく分割されててそれなりに手間はかかりそうです。

ではさっそくコクピットから!・・・といきたいところですが。
まずはパーツを減らすべく、一体にさせるパーツを組んじゃいます。

fck1_170912a.jpg
説明書無視して、いきなりインテイクの工作から!
結構面倒くさいところだよね。苦労のわりに大して見えないし・・・

それにしてもすごいカーブの形状だな。


fck1_170912b.jpg
前から覗くとほぼ見えない・・・。
ここまで急なカーブで吸引効率は大丈夫なんだろうか?


ガッツリと押し出しピンの跡があるんだけど、見ての通りほとんど中は見えませ~ん。
無駄な作業はカットすべく、整形は省略!接着後に見える部分の合わせ目だけはきれいにしようと思います。

fck1_170912c.jpg
とりあえず色を塗って接着!

ファンブレードもついてるけど、間違いなく見えない・・・。

勿体ないからプラ板で塞いで、ファンパーツは別の機体で使おう。



一体にすべきパーツをまとめちゃうとパーツ数が減ってちょっとは作れる気がしてくる。

インテイクの他、タイヤを貼り合わせたり、結構細かく分割されたコクピットをまとめたりするだけでもだいぶ精神的に楽になります。
関連記事

DaimlerBenz ProjectA (anigrand 1/144)


db_1401ttl.jpg

ダイムラーベンツ プロジェクトA
(アニグランド1/144)


ダイムラーベンツ プロジェクトA アニグランド 1/144
db_1401c.jpg db_1401d.jpg

ようやく主役の登場!ダイムラーベンツプロジェクトAです。
P1110、So344P212、E581-4はこのキットの付属品でした。

ダイムラーベンツプロジェクトは数種類あり、このAは戦略爆撃機群の中核を担う、爆撃機を胴体下に懸架した機体。
(他にもそれを護衛するために5機の戦闘機を懸架したBなどもあり)

見ての通りスケールの大きな機体で、ヨンパチの大戦機くらいありました。
パーツ構成は非常にシンプルですが、大きなレジンパーツは経年変化とかが心配だったので、主翼にはプラ棒等で補強をしたので、思いのほか手間がかかりました。

db_1401e.jpg
作例なんかはグリーン系の塗装を見たのですが、個人的な好みからグレー系の迷彩に。
尾翼や脚部分のモットリングでしっかり作ってる感じを出しています。

部隊マークはもちろんありあわせの架空です。


ダイムラーベンツプロジェクトA親機

db_1401f.jpg db_1401g.jpg
db_1401h.jpg db_1401i.jpg

db_1401j.jpg
ワンセットだと何とかバランスとれるんですが、単体だと完全に尻もち。

もうこの形体じゃあどうしようもないだろ・・・と諦めておもりを入れることもしませんでした・・・


ダイムラーベンツプロジェクトA子機

db_1401k.jpg db_1401l.jpg
db_1401m.jpg db_1401n.jpg
db_1401o.jpg db_1401p.jpg

こちらも完全に尻もち・・・胴体・主翼ともレジンの塊なんで、ちょっとおもりを入れてどうにかなるレベルじゃなかったです・・・。

親機との取り付け部は穴があいてるだけでしたが、それじゃあさすがにかっこ悪いということでプラ板で基部を追加。

単体で見るとこれといって特徴のない、面白味のない機体ですね。
どうせならもうちょっと遊びのあるデザインにしてくれればよかったのにな~。


以上、一連の計画機は製作依頼をお受けして製作したものです。

この手の機体は嫌いというより苦手。どこまで遊んでいいのか、どのへんでリアル感を出すか、その辺の加減がとても難しい。
今回はキットを丁寧に作るのに手間取ってあまり凝ったことを出来なかったけど、もっと思いっきり遊んでもいいジャンルですよね。

でも架空であっても何かしらでイメージが出来上がってしまってるものっていうのは手を入れにくい。
その辺の”俺様設定”を押し出す勇気とセンスが必要なんだと実感しました。

へなちょこの私にはそんな勇気はありません・・・。

おまけのキットたち


p1110_1401ttl.jpg so344_1401ttl.jpg
メッサーシュミットP.1110エンテ & So344


bv212ttl.jpg e581_1401ttl.jpg
Bv P.212 & Ar E581-4


関連記事

F-CK-1Dチンクォ(Freedom model 1/48):キットレビュー!

来たよ!フリーダムモデルの経国!

このフリーダムモデルから出るって話の後、AFVクラブからも出るっていう情報があってそちらの方が大きく宣伝してたんで、まさかフリーダムモデルのチンクォはうやむやになっちゃうのか・・・?と心配しましたが、無事手に入れました!

AFVクラブのチンクォ(経国)は10月31日発売予定だそうで。
どういう裏事情があるんだかわかんないけど、中華系はこんなことばっかだね。
まぁそのうち1~2社に統合されてくのかな。・・・逆に変なメーカーが次々出てくるかもしれないけど・・・。

フリーダムモデルはまだたちあがったばかりの新興メーカー。
いきなり1/48でF-20なんか出して話題になりました。(複座型とかもやって遊びもあるね)

フリーダムモデルメーカーサイトへ

では、そんな気になるキット内容を見てみましょう!

fck1_170909i.jpg
冊子形式の説明書。分厚いな~と思ったら単座・複座まとまったものでした。

fck1_170909a.jpg
機体のサイズはホーネットくらいかな。
パキっとしたシャープさはないけど、脚やエンジンなどモールドは精密です。

fck1_170909b.jpg
機体表面も全面リベットが入ってる。
精密でも尾翼が厚かったりするキットがありますがこれは薄さも合格点。
主翼の動翼も別パーツ化で動きを出しやすいね。

fck1_170909c.jpg
インテイクダクトもパーツ化。ありがたい。
シートもそのまま使えそうなモールドです。

fck1_170909d.jpg
この機首周りのパーツが単座・複座で違うようだ。

fck1_170909e.jpg
サイドコンソール、計器板もモールド表現。デカールもついてます。

fck1_170909f.jpg
そしてウエポンパーツが2枚。このほかにも別キット(F-20?)のウエポンパーツが入ってる。
上パーツには天剣一型(AIM-9M?)がついてるけど、AIM-9P&Mk82のために入ってるようだ。贅沢だな。

fck1_170909g.jpg
そしてなんとあのコンフォーマルタンクも入ってる!
でもその為のデカールはついてないから、バリエーションで展開されるんだろう。

fck1_170909j.jpg
これはひどい!でも作りたい!
いや、これはダメだろ!冷静にならないと!

fck1_170909h.jpg
オリジナルのウエポンも開発してたんだね。
こういうのを付けるとマイナー感が出ていいんですよ♪


新しいメーカーなんで出来が心配だけど、最近は技術の発達でAモデルみたいなキットが出ることは逆に少ない。
まぁあれはあれで楽しいんだけど、作るのが楽なのは助かるからね。

特にチンクォみたいによくわかんない機体は自国できっちり開発してくれると、キット自体が資料性があってうれしいです。

パーツ構成もスタンダードでこれなら問題なく作れそう。
(パイロンにはポリキャップを仕込むようになってて差し替え出来るようだ!)
といっても作ってみるといろいろ出てくるもんだけどね・・・。

長年キット化を待ち望んでたので、とりあえず形が見てみたい!
欲望のままにいじってみるか!
関連記事

チンクォ(フリーダムモデル 1/48)発売されたようです!

やべぇ!

ジャギュアほったらかしでスカイホークなんか始めちゃったけど、このタイミングでブツが来てしまう!

F-CK-1A MLU 経国/チンクォ(フリーダムモデル 1/48 ):Amazon

クフィルも我慢して渋々ミカン山攻略してるこのタイミングで来ちゃうのはやばいぞ!
欲求が一気にはじけて後先考えずいじってしまいそうだ!

それに未知の機体だからすごく楽しみ♪

週末はチンクォ検索しまくりになりそうだな!
関連記事

Do335B-2Pfeil(Takara 1/144)


Do335Pfeil(1/144)

Do335B-2プファイル”重戦闘機型”
(タカラ「世界の傑作機」 1/144)


Do335B-2(1/144) do335_1401b.jpg
Do335プファイル(1/144) 世界の傑作機 1/144 Do335
do335_1401e.jpg do335_1401f.jpg

串形双発という独特のスタイルで人気のDo335プファイル
そのバリエーションとして爆撃機迎撃のため武装を強化したDo335B-2へ改造しました。

Do335B-2は試作機2機が作られましたが実戦への投入はなく、しかしそのまま連合軍に接収され各種テストが行われました。
そのため意外と資料が残ってるので、その気になればかなり作りこめそうな機体です。

ただの武装強化型のようですが、それにともなう各部の強化や内部構造の変更など、けっこう違いがあるようです。
今回も特徴的な機関砲の追加の他、キャノピーの塗り分け&形状変更、主脚カバーの形状変更、前脚の形状変更と細かい部分ですが結構改造してあります。

機銃を追加すればいいだけでお手軽かな~♪なんて軽い気持ちで改造しちゃいましたが、調べると細かくて面倒な改修が多かったです。
下調べはしっかりしないとね!

Do335プファイル(1/144) 細部解説


do335_1401g.jpg塗装は標準的なグリーン系スプリッター迷彩。

このパターンはいつもMrカラーの指定色を使用してましたが、なんとなく鮮やかな仕上がでした。

そこで今回は明るいほうにMr303を使用。落ち着いた渋い雰囲気になりました。


do335_1401h.jpg 重量増に対応するため、足回りも強化されてるそうです。

前脚の形状が変更され、主脚カバーもふくらみが大きくなっています。



do335_1401i.jpg
Do335B-2最大の特徴、主翼に追加された独特の形状のMK103 30mm機関砲

特徴的なフェアリングを再現するためプラ棒で製作しています。



DATA


使用キット: Do335プファイル(タカラ「世界の傑作機」 1/144)

傑作キット揃いのシリーズ「世界の傑作機」。短命で終わってしまったのが残念な良いシリーズでした。
このプファイルもパーツの精度、組み立てやすさとも素晴らしく、素組みならあっという間にかっこよく仕上がります。

プラが柔らかめなのも加工しやすくていいですね。

だた、この前輪式の形状はバランスがとりにくいようで、このキットもそのままではしりもちをついてしまいます。
幸い機首部が長いので、カウリング後からコクピット前までおもりを入れることで問題は解消されました。


参考資料
Do335 B-2 プファイル 重戦闘機型 (タミヤ 1/48):Amazon
関連記事
カレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
843位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
107位
アクセスランキングを見る>>