ki-48 九九式双軽爆撃機Ⅰ型(F-TOYS 1/144)


99sk_1401ttl.jpg

ki-48 九九式双軽爆撃機Ⅰ型”鉾田飛行学校”
(F-TOYS 1/144)


99双軽(F-TOYS 1/144) 99式双軽爆撃機(F-TOYS 1/144) 99双軽 鉾田飛行学校
99sk_1401d.jpg 99sk_1401e.jpg 99sk_1401f.jpg

大戦初期に登場した爆撃機で、全弾を爆弾倉に収納出来たり、下銃座の視界確保のため後部胴体をくびれさせたりと革新的なデザインの機体。アジア各地で奮戦しました。

双発機コレクション4としてボーファイター、Me410と出ましたが・・・正直はずれな機体ですよね・・・
でもだからと言って捨て置くには勿体ない良い出来のキットです。
他の2機も作ってますし、せっかくなのできちんと作ってあげました。

この手の爆撃機はなんといってもキャノピーの塗りわけが面倒くさい!!
でも逆にそこがアピールポイントにもなるので、妥協せずきっちりと塗り分けてやりました。

キャノピー周りの処理だけでも食玩とは一段違って見えるのではないかと思いますが、どうでしょ?

 99式双軽爆撃機(F-TOYS 1/144)細部解説


99sk_1401g.jpg塗装はシンプルな灰緑色単色。
マーキングはMYKデザイン「99双軽」を使用

食玩のまんまの部隊ですが、すじ彫りを軽く掘りなおし、グラデーションをかけているので少しは引き締まって見えます。
帯も赤3本から黄色と黒のもので、ちょっとアクセントになってます。


99sk_1401h.jpgキット標準で胴体下の機銃を展開させることができます(今作は固定)
機首の機銃も先っぽしか見えないのにちゃんと機銃のパーツを付けていてとても好印象。

こういうのは作りこんであげたくなりますね!


99sk_1401i.jpg下面もシンプル。
今回は適当に作ったら食玩のままになってしまうので、翼端、主翼前縁、尾部のライトをちゃんとクリア化しています。

爆弾倉も開けたりしたらかなり面白いんでしょうけど、99双軽の爆弾倉の資料はあまり見つかりませんでした。


DATA


使用キット :双発機コレクション4 99式双軽爆撃機(F-TOYS 1/144)
双発機コレクション4 10個入BOX

使用デカール :川崎 Ki-48 九九式双発軽爆撃機 I 型( MYK DESIGN 1/144)

双発機コレクション4の他の作品

Bristol Beaufighter(F-TOYS 1/144)ブリストル ボーファイターMk.10
me410_1401ttl2.jpgMe410A"ZG26"
Me410(F-TOYS 1/144)Me410B-1/U2/R4"ZG26"

関連記事

Mig-29UBのIRST :Mig-29UB(academy 1/48)

正直こっちは最近全然手を付けてません!

手が止まる前の段階まででまだ掲載してないところがあるので、やってるところまで載せておきます。

コクピットが終わったところで、次はポイントになるIRSTの工作。

mig29_170328a.jpg
まずはカット。土台の形状は問題ないみたいだから、とりあえず穴開けてエッジを薄くしておきます。


mig29_170328b.jpgそれらしい大きさの棒をそれらしい形に作ったものでヒートプレス。

大体うまくいかない・・・
数打ちゃ当たる方式。


Mig-29 IRSTの工作そのまま差し込んでできるだけぴったりするよう微調整。

合わせ目はこんな段差ついてないみたいだけど、ここは後で追加工作するから、ぴったりはまってれば問題なし。


Mig-29UB(Academy1/48) IRSTで、中の構造物を突っ込めば完成!

え?よく見えない?
はい、出来が大雑把なんでわざと見えないようにしてるんです!



やってることは1/72と同じなんでね。1/48で作ると大味な出来なんですわ。
とてもしっかり見せられない。でも、どうせよく見えないからいいのだ。

見えないところは手を抜く!
これが私の実力じゃい!
関連記事

細部の工作を製作中!:Mirage F1(hasegawa 1/72)

ポイントの機首工作も集中して終わらせたことだし、他の細部工作をしていきましょう!


ミラージュF1 エンジン頭をやったら次はお尻、エンジン工作。

前作みたいにレジンパーツが無かったので、今回はプラ板を丸めたものを突っ込んでいます。
だから中はみちゃダメ!


miragef1_170321b.jpg続いて下面。ここは結構突起物がある。
前作を参考にそのまま同様のパーツを製作・取り付けていく。

確か前回も正しいかどうかあやふやなまま作業したはずなんで、正確ではないかも・・・。
でも、一回やってるとかなり楽ですな。



miragef1_170321c.jpgそれにしてもだよ!前作はよくやってるな~(自画自賛)

細かいとこまでわからないなりによく作ってるわ。
色もだいぶ悩んだんだよね。


miragef1_170321d.jpg脚収納部なんてよく見えないのに、わざわざ開口して作りこんじゃってるもんな~
病気だね。

こんなこともうできない・・・。



残念なのは、”なぜモロッコ空軍なのか?”ってとこ・・・
もっとカッコイイのいっぱいあっただろうに・・・・なぜモロッコ・・・自分でもわからん・・・。
関連記事

B-2 Spirits(Revell 1/144) 製作秘話

11月のとある日。

:今更だけど、シン・ゴジラ見にいってくるよ。
(=゚ω゚)ノ :私も行く!

:出てくる爆撃機を作ることになったんだよね。B-2って言う最新鋭の最強ステルス爆撃機。
(=・ω・)・・・。 :ふ~ん。・・・最強は”らぷたー”じゃないの?

:(それは覚えたのか)いや、あれは戦闘機だから。最新技術がつまった、史上最も高額の爆撃機なんだよ。
(=・ω・)・・・。 :へぇ~・・・ところで
(=・ω・)   :”バクゲキキ”ってなに?

そこからですか!

*** バクゲキキ、素人に説明するの意外と難しいね・・・。


~ 鑑賞後 ~
:思った以上に面白かったんだけど!
((( ;=゚Д゚)))ガクガクブルブル  :ドキドキ・・・ ゴジラ・・・やばい・・・

:いや~でも予想以上に面白かったな!正直いまさら怪獣映画なんて見る気しなかったけど、さすがは庵野監督!見せ方わかってるよね!
戦車がグルグルするのとか、ヘリのアングルとか。さすがだわ。

パキっとし過ぎない画質とか音楽とか!ちゃんとゴジラ映画を研究してるな~って感じ?
”災害にあたふたする役人の面倒くさい映画”だと思ってたけど(そうでもあるけど)、楽しかったよ!

(。-ω-)・・・。 :会社、燃えたっぽい・・・。
:あなたの会社は間違いなく消えたね・・・。


(=・ω・) :ところで
(=-ω-) :・・・・バクゲキキ、わかったの?

:・・・・出たのも怪しいくらい一瞬だったね・・・。
(=-ω-)=3 :全くわかりませんでしたヨ。真っ暗だったし・・・。
:えぇ・・・そうですな・・・。ま、頑張りますよ・・・。

:でも「MOP-2」はGBU-57とちょっと形が違うかも・・・
(=゚Д゚)!! :あの一瞬でわかるの!?マニア恐るべし・・・

*** 後ほど確認したらほぼGBU-57と同形でした。知ったかぶりですな。


~ 翌日 ~
(=゚∀゚) :ぱぁお~~~ん!ゴジラ面白かったね!
:?怪獣映画なんて初めて見たんじゃない?でも楽しんでもらえて何よりです。

(=゚∀゚) :怖かったけど良かった!ぱぁお~~~~ん!!
:そうですか。・・・ところでその泣き声は・・・象?

(=゚∀゚) :ゴジラだよ!ぱぁお~~~ん!!
:いやいや!そんな泣き声じゃないでしょ!”ぱ”の要素なかったでしょ!

(=゚∀゚) :ぱぁお~~~~ん!


:やっぱり第2形態が可愛かったよね。目がイっちゃってて。よしよしって手なずけられそう♪
((( ;=゚Д゚)))ガクガクブルブル  :・・・・・あれは・・・一番怖い・・・。

:いや、最終形態が一番やばいでしょ。
(=゚∀゚) :ぱぁお~~~ん!!


という苦労の末製作したB-2スピリット(レベル1/144)の作例が「シン・ゴジラ造形作品集」(ホビージャパン)にちょっとだけ載ってます。

シン・ゴジラ 造形作品集
関連記事

ミラージュF1AZの機首工作:mirage F1(hasegawa 1/72)

いやぁ~、だいぶ模型談義で盛り上がっちゃいました。

あぁ、もっと飲みながら語り合いたいな~。


さて、ちょっと小休止して、本来の話題であるミラージュF1を進めましょう!

引き続きAZの特徴である機首の工作を進めておりました。

miragef1_170317a.jpgまずは整形。
長さ自体はあまり変わってなくて、先端が下に動いた感じ。

せっかくなんでもうひとつ特徴的な受油プローブも展開させてやることにします。


miragef1_170317b.jpg
何度か整形を繰り返してとりあえず納得いくラインに。

このピンピンにとんがった先っぽがイイ!


ミラージュF1AZ 機首すじ彫りを掘り、アンテナ類を付けていく。

ピトー管の先端や、小さいアンテナの丸い部分はそれぞれ金属線とプラ棒を削って再現してる一体成型。
だから強度もバッチリ

この、下から出てるピトー管の感じまたソソリますな!


この機首の感じが好きなんだね。クフィルとも通ずるし。

やっぱりね、ミラージュF1はAZだよ!
関連記事

結局、ただの趣味だからね!

自分の作風を解説したところで、だいぶ深い話になってきちゃいましたね。


ようは作風なんてみんな違いがあっていいってことなんですよね。
自分に違うものを受け入れて刺激を受ければまた面白いものが作れるってことね。

それを自分ととらえ方が違うものを受け入れないやつがイチャモン付けてくるわけだ。


前に考証的に明らかに間違った色を塗ってる作品を見せてもらったんですよ。
もちろん知ってる私からすれば”あちゃ~、やっちゃったよ・・・”て感じだったんだけど、その人もちゃんと正しいのをわかった上で、自分のイメージで見える色はこれだったからこう塗ったと説明してくれたんです。

それ聞いて”なにぃ~!なんてカッコいいんだ!”といっぺんに好きになっちゃいましたね。
正しいかどうかより、自分の思い描いたものを堂々と形にする!まさに考証地獄にはまってる私の憧れる強さです。

こういう作品見て間違ってんじゃんって鼻で笑うようではまだまだなんだろう。多分昔の私ならそうだったかもしれない。
でもいろんな違うタイプの面白いモデラーと接することができるようになって、だいぶ柔軟になってきているようです。
それぞれいろいろ考えながら作った作品なんだから、みな面白いに決まってるんだよね。


でも一つだけ嫌いな作品はある。

それは人の作品にケチ付けてばかりいる奴の作った作品。

ああいうやつの作ったものなんて絶対大したことないんだよ。
(むしろ作ってすらいないんだろう)


今さら言うまでもない当たり前のことだけど。

何でもいいじゃん!趣味なんだから好きなように楽しく作れば!
ってことよね。これだけ大事にしてりゃなんでもOK!
関連記事

自己紹介その2

せっかくなんでもうちょっと続けます。

私が高校くらいから”オタク”ってのが出始めた。
私もどっぷり”プラモオタク”だったけど、悟られまいと必死で隠してたね。
だって、もてたいじゃん!

だから一緒にプラモ作る仲間ってのもいませんでした。
これは30代になるまで(モテキがおわるまで?)続く。

仲間に刺激を受けて知識が広がるってこともなかったんですね。同じことしかできないのはこの辺の要因かな。


あともう一つ大事なことは
美術が苦手。
小学生から絵とか彫刻とかすごい苦手。全然できません。むしろ嫌い。

小3くらいで自分にはセンスがないってわかったね。
でも考えてみるとちゃんと教えてもらったことないな。もうちょっと基本くらい教えてもらってたら何とかなったんじゃないだろうか?

工作は好きだったけどね。だからプラモも作る方が好き。
絵とかのセンスがないので色を塗るのは嫌い。

だからね、たまに偉そうなこと言ってても、美術的な視点とかそういうの全然わかんないんですよ。バックグラウンドなんかないです!
アート系の下地がある人は、別の知識や技術を応用させたりしてプラモのセオリーに囚われない自由で面白い作品を作りますよね。ああいうのうらやましいなぁ
アート系の人とか自分の思ってるものを形に出来るセンスがある人って、それだけで憧れの存在です。もう土俵が違うのわかってるから競い合う気にもならない憧れる人。

そんな人にはどんどんダメ出しされていろいろ教えてもらいたい。
教えてもらいたくてホームページ始めたんですから。どんどん突っ込み入れてほしいです!



とはいえちゃんと評価も受けるようになったんで、あまり遠慮するのもムカつかれそうだから多少は自信を持ってもいいと思うけど、
私の作品て、ひたすら正拳突きの精度を高めてきたということなんだと思う。

技術やセンスはない!(だから褒められても恥ずかしいだけで全然ピンとこない。)
でもね、根気だけはある!とにかく直す。ずっとやってきたのが振出しに戻っても納得いかないなら直す。
それが強みなのかな~

もうここまでくると精神論に近いものがあるよね。
実際、模型作ってるとこれは精神修行になるんじゃないかと思う時があるよ。

楽しく模型なんて・・・・作れてないなぁ・・・。
納得できる作品て、作ることできるんですかねぇ。

ということで、私の知識や技術は薄っぺらくて間違いだらけなので、どうぞいろいろ教えてくださいね~。
関連記事

今さらながら自己紹介でも。

最近は表に出るようになってきたので、模型関係の友達もできてきました。

恥ずかしながら賞とかもらえることもあるので、過大評価されてることもあるような。
ということでHP初めて15年近くたった今、改めて自己紹介でもしときましょう。


まず下地ですが、飛行機や軍事関係の関係者、好きな人は周りにまったくいませんでした。
だから ①飛行機、模型に関する予備知識は全くない。
プラモ始めたのは兄貴の影響ですが、実機とか模型技術に関する知識の下地はほとんどないです。

世代的にガンプラブームど真ん中だったんで、夢中で作ってたね。
でも田舎でいいの売ってないから、旧ザクとかビグザムとかザクレロとかしか作ったことない・・・
連邦は結局一度も作らんかったな。

あとは軍艦よく作ってました。
1/2000の安いやつとか、ニチモの30cmシリーズとか。

飛行機はたまに作るくらい。
確か、兄貴にもらったハセガワのカタログを見るようになってからかな。

ホーネットの初号機がすごくカッコよくてね~。いつか作りたいと思ってたっけ。
で、中学の時ハセガワのホーネット買って、「よし、これから飛行機モデラーとしてこれを趣味にしていこう」と決めて、初めてきっちり作ったのが始まり。細かいコーションデカールも手を抜かず作り切った。・・・下手だったけど。
ここで自分で決意したのはよく覚えてる。飛行機にこだわりがあるのはこのせいですかね。

あともう一つの要因が、マニアホビーという地元の模型屋(?)でみた作例。
モデルアートで活躍してる松樹裕司さんの作品をじかに見たこと。

あれは衝撃的でした。
氏の作品は派手さはないんだけど、ミスが全くない。とにかくきれいな作品。

ひじょ~に入りづらい店(?)だったけど、作品見たさにちょこちょこ行ってました。

いつかモデルアートの誌面に一緒に掲載されてご挨拶したい!なんて夢を持ちながら目標として作ってきました。
綺麗な作品が好きなのはこの辺の影響でしょうか。今でも憧れのモデラーさんです。(知識もすごいですよね!)


今の私の作風に至ったのはこの辺の要因によるものだろうと。


決して汚しをした作品が嫌いってわけじゃないんです。

でも汚しする前にきれいなのをきっちり作れてないといけないかなというとで、まずは基本をしっかりという気持ちでひたすらきれいに作ることに注意して作ってきました。
・・・で、そのまま次のステージに行けず同じことやってるってだけなんです。

だから自分的には基本だけをやってるだけで、面白味がないんですよね~。
そろそろ次のステップに進みたいな~
関連記事

七宝

いってきましたよ、東京都庭園美術館「七宝 並河靖之展」

土曜だったので思いのほか人がいて、ちょっとびっくり。
あまり有名になってほしくないなぁ。

こんなにたくさんの七宝見たのは初めてだったから、すごい興奮しました。


美しい・・・・・。


恐ろしい・・・・・。


これしか言葉が出ない。

花瓶とか言っても20センチくらいしかないのよ。
でも超絶美しい・・・。

息をのむってこういうのいうんだね。思わず呼吸忘れちゃう。
アートみて酸欠気味に。こんなに疲れたのは初めてです。

でも、いいもの見たな。
関連記事

面白そうなのが出るみたいです:フルアクション零戦21型(1/72)

こんなのが出るみたいです





F-TOYSもいろいろやってて頑張ってますね!

1/72で動く模型なんて、いいアイデア!

私も最近考えてるテーマが”動かして遊べる”ということなんで、大いに参考にしたいです。

写真で見た感じ、かなり高精度でいかにも別パーツです感がなくていいですね。
キャノピーとかはさすがに段差が出ちゃうのは仕方ないか。
でもエンジンパーツとかもついてるようなので、他のキットと合わせて作ってもよさそう。

しかもこれで1000円!?普通のプラモより安いじゃんか!
パーツ取りとして試しに買ってみても全然損がないでしょ!

プラモメーカーもこれくらいの遊びをしてほしいよね。

5月下旬発売予定だそうです。
これはちょっと楽しみだな!
関連記事
カレンダー
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
843位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
107位
アクセスランキングを見る>>