今作の重要ポイント!:Mirage F.1(hasegawa 1/72)

スタート時点ですでに胴体が組みあがっちゃってますが、ここまでの見せ場はこれくらいです。

miragef1_170227a.jpgコクピットはほぼキットのまま。
ただサイドコンソールだけはいつものA-4スカイホーク(フジミ1/72)のコピーしたものを使ってます。

ミラージュはコクピット黒みたい。


後はパネルラインをすじ彫りに変えたくらいでそのままくみ上げています。

そして今作の一番のポイント工作に入ります!

miragef1_170227b.jpg
まずは鼻をカット!


miragef1_170227c.jpgそして今回作るバリエーションは”AZ”

機首がさらにスマートになってて、F1系では一番カッコいいと思うバリエーションです。

最初からこれを作りたくて、習作としてモロッコ空軍作ったんですよね。
だからこれが本番!


miragef1_170227d.jpg
せっかくなんで受油プローブも展開させるよう工作し、おもりを入れて胴体と再ドッキング。

角度と長さを調整しただけで、カットしたパーツをそのまま使えたので楽な改修でした。

後はかっこよくスリムに整形していくだけ!


南アフリカで使われてるAZは機首が細くなってて私好み。
クフィルとかに通づるこういうスマートなスタイルがたまんないんですよね。

ただ・・・問題は色。
とにかくだっっっさいんだ・・・。

ちょっとおしゃれなデモンストレーターな機体もあるみたいだけど・・・やはり実戦機のほうがコレクション的にはね・・・

泣く泣くかっこ悪くするしかないのかぁ・・・。
カッコ悪くなるのわかってて作るってのも、なんか・・・あれだね・・・。」
関連記事

恐ろしいひとだよ・・・。 :清水三年坂美術館

週末は模型的な大きいイベントがいろいろあったんで、そのご報告。
かと思いきや

私はガンコ先生の所用のお供で

京都行っておりました。

diary170220a.jpg一度乗ってみたかった憧れのツートップ。

「月光」「雷鳥」なのが関西っぽい。

私なら「はつかり」「ひたち」って感じ。



京都は何度も行ってるんで、とくに高ぶることもなく。
まったくの無計画だったんでとりあえず行ったことない、こんなとこにもいって来ましたが。

やはり京都といえばここだ。
diary170220b.jpg清水三年坂美術館

ここを訪れのが一番の楽しみ



明治期の工芸(美術品とはちょっと違うのね)を展示してる小さな美術館。
七宝や象嵌、蒔絵なんかの超絶技巧作品が展示さてるのだが、この出来が恐ろしいほどすごい。

もう・・・凄い。
私みたいな細かいことやる人間には凄すぎて言葉が出ない。
なぜか知らんがよだれが出る。

特に今回常設展示してあった安藤碌山(あんどうろくざん)の作品。
恐ろしい人だよ・・・・、すごすぎる。

上記リンクの美術館HP>常設展の一番下に小さく出てる柿。

ただ枝から折った柿なんだけど、もうさ、本物なのよ。

プラモなんかでもリアルにつくってあって”本物っぽい”のはあるけど、これは”本物”なの。完全に。

そして折った枝の折れたとことか、枝の節の感じとか、一切作った感がない。”完璧”というより”本物”
何がどうやったらあんなの作れるか、想像もつかない。

しかも、その技法は一代限りでどう作ったかわかんないってのがたまらなくカッコいい。


最近の艦船模型がすごいことになってて、飛行機モデラーとしてはちょっと悔しい思いもあったんだけど、あんなの全然まだまだだよ。
そりゃ芸術品と遊びのプラモを比べるのはおこがましいけど、細部の突き詰め方は全然明治の人に追いついてない。

もっと次元を超えた再現方法があるんじゃないかと。なにか・・・リアルって違うところにある気がする。


私は恥ずかしながらああいった作品の隣に置いてあっても違和感ないような作品を作りたいというのが夢なんですよね。
芸術品のような綺麗な精密作品。
汚しをあまり好まないのはその辺の目指す方向性が違うからなんでしょう。

去年のF-14(1/144)でやり切った感あったけど、全然まだまだだった。
だから1/144コンで一線を退くとか言ったのは撤回!主催者にうとまれようが自分の作りたいものを突き詰めてみたくなりました。

あ、これって自分でハードル挙げてるな・・・。去年のF-14が自分の限界なんで、あれ以上のものが出来ることはないと思うけどそういった気持ちで作りたいってことね。夢と現実は違うからね!笑わないでね!


三年坂美術館の中心的作品群である並河靖之の七宝展が東京でやってるそうだ。
東京都庭園美術館「七宝 並河靖之」
気の遠くなるような作業で作られた至宝です。精密なものが好きな人はぜひ一度実物を見ることをお勧めします。

ただ一つお願い。
うちみたいな閲覧者が10人くらいのブログならいいけど、人気ブロガーさんは記事に書かないでください。
あまり有名になって人気が出ると見るのが大変になるし、今の刀や仏像ブームみたいにうっとおしい”にわか女子”とか現れたらムカつくので、ひっそりと楽しみましょう。
関連記事

無間地獄に突入中!・・・。:Fokker D23(RS 1/72)

気楽に始めたつもりでしたが、思わぬ苦戦をしております・・・。

ちょっとした気のゆるみでグダグダと作業をやり直す”無間地獄”に落ち込んでしまいました・・・。

d23_170216a.jpg
問題のエンジン排気管

キットのモールドも悪くないけど、ここは大戦機の”肝”だから、ちょっとシャープにしたいよね!


d23_170216b.jpgってことでとりあえず開口してみる。

まぁお手軽ならこれでも十分だけど、やはりキラリと光るところが欲しいじゃん!

作り直すべ!


d23_170216c.jpg上の要領でモールドに突っ込んで穴をあけてみたら・・・

穴がガタガタ。

でもサイズを大きくしてく過程で調整すれば何とかなるさ!


d23_170216d.jpgほれ、どうよ!
ま、それなりに揃ってんじゃないっすか!?

でも・・・なんか太いな。


d23_170216e.jpg
サイズダウン&工作しやすいように今度はプラ棒を使ってみた。

が、それでもまだ太いような・・・。
ささくれ立って加工もしにくいぞ!


d23_170216f.jpgもう一回やりなおし!
あ、穴がガタガタに・・・

もう一回最初から・・・
おぉ・・穴の間隔が・・・


と、何度もやり直してるうちに基部が異素材で工作しにくくなってしまいました・・・。

実機を見ると意外と排気管はちっちゃいみたいなんですよね。
そしてちょっと斜めになってるような。

きちんとした間隔で同じような角度にそろえるにはどうやったらいいの!??
誰かいい方法あったら教えて~!!

そうしないとこの機体、さっそくミカン山行になってしまいそうだ~
関連記事

スケールアヴィエーション2017年3月号 読んだ?

スケビ3月号
Scale Aviation(スケールアヴィエーション) 2017年 03 月号 [雑誌]

今回は飛燕特集。
まぁタミヤさんが出したところだから仕方ない(笑)か。

あのマダラをどう表現するかという内容かと思ったら、ただの組み立て説明書でした。

でもあのモールドはちょっと見てみたいですね。
すでにハセガワの飛燕が形になってますが、機会があったら買ってみたいな。


それより我々が気になるのは、今年のSAコンテーマでしょ!

今年のテーマは”日本海軍機”
去年の反省か、ざっくり来たねw

これはいろいろやれて面白い作品が見れそうだな。

去年以上に私の主戦場じゃないんで、気楽に参加できそうだ。
これを機会にずっと作りたかった紫電改(1/48)でも作ってみようかしら。


でもいやらしい私としては、さらに大人のジジョウを深読みしちゃったりして。

ハセガワの新製品は日本海軍機なのかなぁなんて、うがった読みをしちゃったりしてます。
でも結構いろいろ出ちゃったから、何があるかなぁとハセガワHPで調べたりしちゃいました。

1/32で97艦攻とかだったら、迫力もあって面白そうだけど、どうでしょ!
皆さん、どう予想します?

ま、これまで現用機が続いたから、大戦機もね!ってことなんだろうけど、業界としては今年はそっちなのかな?
こんなゲスな深読みも含めて話題にして盛り上げるのが一番大事だからね!祭りには参加した方が楽しいでしょ!


今年もモチベーション確保の手段として、気楽に参加しましょうかね!
関連記事
[ 2017 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

ウイングキットコレクションVS6(F-TOYS 1/144)出るみたいです。

先日VSコレクションが出たばっかりですが、早速次の商品の予約が始まったようです。





今回の対決はスピットファイアMk14Me163Bコメット

おぉ!!・・・おぉ?

スピットはいいね!グリフォンスピットはなかったから、これは欲しいかも!
キャノピーもバブルタイプのもあるし、いろいろ手を加えてバリエーションを広げられそう。

ただ、Me163Bコメット・・・う~ん・・・。
いや、いいですよ。でもそんなに遊べる機体じゃないよなぁ。もう何度も出てるし。

ちょっと悩んじゃうな~。

ウイングキットコレクションVS6(F-TOYS 1/144)
発売予定: 4月中旬

ホビーゾーン: 4320円
豆魚雷: 4320円
あみあみ :4530円
でじたみん: 4580円
ホビーサーチ: 4860円


サラッと楽天市場で調べてみたら、今のところホビーゾーンと豆魚雷が一番安いみたいです。
店によってはポイントがつくものもあるので、いつも使ってるところもチェックしてみてくださいね。

でも最安値の駿河屋はこれから。いつもだと4000円前後だけど、今回はどうでしょ?
とりあえずこれを見てから予約先を選びましょうかね。

関連記事

ミカン山攻略戦2017 :Mirage F1(hasegawa 1/72)

体調のせいだろうか・・・

勢いよく始めた新作2点

いずれもうまくいかない・・・


なんてことなく普段やってる工作が、ビシッと決まらなくて何度もやり直す羽目になっております。
なんだろ?体調のせい?精神的なもの?こんなに基本工作で手間取るの久しぶりだ。

もうね、・・・ヤメチャイタイ・・・。

けどやめたところで片付くわけじゃないし、いつかは作んないといけないわけだから、ちょっと止まって気持ちリセットさせようかと。

となると書くこともなくなっちゃうので、合間合間にいじってきてたミカン山を引っ張り出してきました。

miragef1_170209a.jpg再び登場のミラージュF1!

モロッコ空軍を作った時の予備キット。


いじってる間にだいぶ形になってきてました。

ただミラージュの製作記はもうやっちゃってるから、技術的なことで書くことないからなぁ・・・。

とりあえず間つなぎ的にちょこちょこ挟んでいきます。
関連記事

上々の戦果!

いやぁ~、
ぐったりしておりました。

先週末の西東京モデラーの集まり、通称「モルモット会」(勝手に命名)で高ぶりすぎて翌日からちょっと不調。
そのまま週末まで来てしまいました。が、だいぶ復活。

だって、ずっと楽しみにしてたんだもん!
なってったって、楽しみすぎて一週間前に向かってますから!途中まで!
一週間間違えてました。バカですw

飲みの前に前回同様プチオークションで盛り上がりましたが、なかなかの戦果を挙げてきました。

今回は個人的によい出品が多かったな。競り負けたのもあるし、いいアイテムばかりでした。

そんな中でうれしかったのがこれ。

diary170207a.jpgAH-1G コブラ チョッパー”U.S.アーミー”(MISTER CRAFT 1/72)

先日フォッカーD23他を買うとき、このAH-1Gコブラも買おうか迷ってたんで結構うれしいっす!



まぁ買おうとしたのはRSモデルなんで、これよりもう少し作りやすそうだったけど、どうせ細かいとこ作りこめないからどっちもどっちかもね。

で、このなぞのMISTER CRAFTなるメーカーのキットはというと・・・

diary170207b.jpg・・・・おおぅ・・・これは大変そうだ・・・・箱絵は異様にかっこいいのに・・・。

まぁこういうキットを磨いていくのも楽しいよね。




diary170207c.jpg
それにしても説明書はとてもしっかりしてる。多分このキットの価格は説明書代だな。



AH-1GコブラもフォッカーD23同様気になってたんで、D23やめてコブラを始めたくなってきちゃいました。

まぁもうちょっとAH-1Gコブラの資料を探さないといけないからそれまでD23を作ってくことにしよう。

このAH-1Gコブラはもとがレーサーだそうなんで、スマートでいかにも速度が出そうだな。
ただエンジンが非力なものだったのですでに時代遅れだったようだけど。


あ、そうそう、AH-1Gコブラといえば・・・・・え?名前間違えてる?コブラじゃない?
そんなことないっすよ!ほら

diary170207d.jpg
なぜかここだけ間違えてるw

他の日本語は誤植もないのになぜここだけ。しかし、なぜコブラ?



やるなぁMISTER CRAFT。
本当はCR.714でした。

これも必ず作るぞ~


ちなみに、ちょっとMISTER CRAFTを検索してみたら、結構面白いアイテムを出してますね。
MISTER CRAFTホームページ
まぁ欧州系で多い、古いキットのパッケージ替えってことなんだろうけど、PZL P-11なんかも気になってる機体だからちょっとほしいかも・・・。
関連記事

フォッカーD23スタート!:Fokker D.23(RS 1/72)

もう2月になっちゃいましたね~
個人的には1月はなんだか長く感じて、”やっと終わったんか~”って感じですけど、長く感じるのは良くないんだっけ?
充実してると早いの?よくわかんないけど、いろいろと充実した一か月でした。

で、予告通り2月に入ったのでフォッカーD23(1/72)をスタートさせます!

こっちは息抜きで作るものなんで、ほぼ素組みで完成品を楽しむのを第一目標に気楽に作るつもりです。
なのであまり製作記的には盛り上がりに欠けるけど、まぁRSモデルのフォッカーD23自体あまり見ないだろうから、何かしら参考になれば。

では早速はじめましょ!

d23_170201a.jpg定番、コクピットから。
パーツ構成はフットペダルまで再現されたなかなかのもの。

側面にも簡単ながらモールドが入ってて、よほどアピールポイントにするのでなければ十分だね。


fokker D23(RS 1/72)cockpit説明書にはライトグレーって指定だけど、ライトグレーって言われてもねぇ…。

コクピットは暗い色のほうがさりげないので暗めのグレーで。Mr13だったかな?
シートベルトもモールドが入ってるんで、そのまま生かしました。ほんとは作り変えたいところだけどコクピットはほとんど見えないからこれで十分。



ほとんど資料がないから細部はわかりません!
まぁ1/72でキャノピー閉じちゃうなら作りこんでも仕方ないからね。

すぐに胴体を貼り合わせて、次は排気管あたりを工作しましょうかね。
関連記事
カレンダー
<< 02
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
52位
アクセスランキングを見る>>