コクピットを仕上げます!:Mig-29UB(academy 1/48)

コクピット工作を続けます。

前回作った反対側を作っていくんだけど、何かロシア機ってこの辺のレイアウトが雑だよね・・・。
取ってつけたような機器がはめ込まれてて、あまり美しくない。

そんな雑な仕上げを再現すべく、雑な工作で仕上げます!(いいわけだ~!)

Mig-29UB(1/48)コクピットサイドこっちにはスイッチ類が付いたボックスがいくつか並んでるようです。

他のキット(F/A-18)のコクピットモールドを型どりしたものをパテで複製。
それらしい部分を小分けにカットして、上下左右を適当に回転させてそれらしく付ける。


こういったモールドのない機体を作るときのために、良いモールドのコクピットパーツは型を取ってあります。

ヨンパチだとハセガワのF/A-18、1/72だとフジミのA-4のパーツがメリハリがあって使いやすい。

だからよく見ると同じようなスイッチの配列のものばかり。
その為に小分けにカットして上下左右を変えることで違いを出してるわけです。

こういった汎用性のあるテクニックがあると、変な機体も恐れず作れます。

mig29_170130b.jpgで、色を塗ったのがこんな感じ。
まぁこんなもんでしょ。そんなにたくさん機器はついてないみたい。

ロシアだとスイッチはシルバーのほうがそれらしいかな?アメリカ機ならグレーだけどね。


mig29_170130c.jpg前回作った左側の塗ったのがこれ。
出来るだけ色を増やしてゴチャゴチャさせたいけど、実際そんなにいろんな色使ってないんだよね。

のっぺりしたところには注意書きみたいのを書き込んでみるけど、たぶんシート入れたらあまり目がいかないと思う。


Mig-29UB(1/48)コクピット工作
試しに組み込んだのがこんな。写真の深度が出ないので一部しかピントが合わん・・・。

計器盤の下にエジェクションシートの足止めのコード?みたいのもついてるみたいだから、その辺を追加してひとまず完成。
足元にもコードを這わせてます。



う~ん、まぁ最低限のレベルだね・・・。
さすがに1/48ではデカール表現はあり得ないのでとりあえず工作したけど、この程度だな・・・。
どうも取ってつけた感があって我ながら自分の作風が気に入らないな。



ちなみに型どりに使ってるのはこんなアイテムです。
ブルーミックスシリコーンゴム200g入り:Amazon

ブルーミックスという粘土状のシリコンゴムで、2色を同量で練ると5分くらいで固まってくるとても便利なアイテム。
シリコンも柔らかくて練りやすいし(エポパテみたいに硬かったりベタついたりしない)、手軽に使えるのでちょっとしたパーツもすぐ複製できる。

シリコンゴムは手間だし、お湯まるくんは熱くてかなわんって人はぜひ使ってみるといいですよ!
劣化もしないし備えてて間違いない!

半額くらいの少量版もあるので、とりあえず試してみるのもありだけど、模型作るなら絶対使えるからおすすめ!
関連記事

お手軽製作もはじめたい!

今週もお疲れ様でした!

今年は1/48のMig-29UBからスタートしてますが・・・・一向に進んでおりませんね・・・。
いや、進んではいるんですが、UPする時間がないってのが真相だけど。

だから模型製作は、やってはいますよ。

でも久しぶりの1/48ということでなかなか進まないってのもあるので、もうちょっと手軽に進められるのも手を付けようかと思います。

年明け久しぶりにね、模型屋で買い物したのね。
そんな中から次のお手軽作品はこちらだ~!





ずっと気になってたんだけど、1/48か1/72かで悩んでたんですよね。

まぁそんなに知らない機体だし、作りこむ気もしないから1/72で形が楽しめればいいかなぁと1/72で行くことにしました!

P-38とかもずっと作りたくて常に頭にある。
双胴の機体って作ったことないからとても興味があるのね。

たまたま見かけたこのフォッカーD23がマイナー心に刺さっちゃったので、先にこいつで遊んでみようと思います。

とりあえず来月からスタート予定。それまでに今いじってるのを何とかせねば・・・。


ちなみに他にもこんなの買いました。



これは・・・なんとなくついでに・・・。作るの…・か…?
関連記事

Ta154A-0”TQ+XE"(世界の傑作機1/144)


ta154_1401ttl.jpg

Ta154A-0”TQ+XE"
(タカラ 世界の傑作機 1/144)


Ta154(Tomytech 1/144) Ta154モスキート(1/144) 世界の傑作機1/144 Ta154
ta154_1401d.jpg ta154_1401e.jpg ta154_1401f.jpg

ドイツ版モスキート、Ta154です。
イギリスのモスキートに刺激を受けて、同様に一部木製で作られてるそうです。
名前もまんまモスキートなんですね~。

実機は名前からもわかるように、クルト・タンク技師による設計でなのでさすがにスタイルは洗練されています。
ただし接着剤の不良などで墜落が相次ぎ、開発は中止となってしまったようです。

形態としては双発ながらもできるだけ無駄を省いたスマートなスタイルで、いかにも高速が出そうですね。
しかし側面の視界はほとんどなさそう。夜戦として斜め銃が主要兵器として予定されてたので、あまりそこには気を使わなかったんでしょうか?

Ta154(1/144)細部解説


ta154_1401g.jpgトミーテック1/144「世界の傑作機」を使用して先行量産型Ta154A-0の”TQ+XE”

キットの塗装と同じですが、ちゃんと一からリペイント。すじ彫りも浅めだったので軽く掘りなおしています。
自然なボケ味は手作りの証拠!



ta154_1401h.jpg夜戦の特徴であるアンテナは金属線から作り直しているので、非常にシャープに仕上がってます。

これくらいしか手を入れるところがないくらい、モールド表現・パーツの精度とも素晴らしいキットです。


ta154_1401i.jpgライトやアンテナといったディテールもしっかり作りなおし。

基本形状に問題がないのは助かりますね~。


”基本形状には問題がない”とは言いましたが、このキット一つだけ大きな問題があります。

それはしりもちをついてしまうこと!
今回も最終組み立てをして気が付きましたが、見ての通り機首が細くておもりを入れるところがありません!

仕方なく前脚収納部をくりぬいてコクピットまで開口。その床部分を板オモリに変えることで何とか重さを稼いでみましたが、尻もち解消には無理でした・・・。

実機も一部が木製だったからこそできた形状なんだろうなぁと、変なところで勉強になってしまいました。

DATA


使用キット:Ta154A-0(タカラ 世界の傑作機 1/144)
世界の傑作機 Vol.3 Ta154 A-0(タカラ 1/144) :Amazon
形状、組み立て作業とも問題なし。
モールドも浅めながらメリハリが効いてて好印象、決定版的キットですね!

だからこそ唯一の問題である尻もちが非常に残念なところ。
今回は完成後に気が付いて応急処置レベルしか対策出来なかったので失敗しましたが、工作段階でできる限りおもりを入れたら何とかなったのかな?と再チャレンジしてみたい気分です。


塗装の参考にはこちらの1/72キットの説明書を使用
フォッケウルフ Ta-154 モスキート4'n1(ハセガワ 1/72):Amazon


関連記事

上手なうそが付ける大人になりたい・・・。:Mig-29UB(1/48)

じゃあ作っていきますか!

まずは資料を当たってみるけど、Mig-29のコクピットはさすがに米軍系とは雰囲気が違いますね。
ゴチャゴチャ感があるので、構造をちゃんと再現するにはきちんと調べないといけないかも。

でも
面倒くさ!

っちゅーことで、そのまんまキットのモールドを生かしていきます。
ですからそれらしく作業してますが、正しくはないので構造とか参考にしないように!

Mig-29UB(academy 1/48)cockpitまず色からしてよくわかんないね。
今回はMr335を使ってみた。まぁこんな感じかな?

計器の配置とかだいぶ違うんだけど、よほど詳しいか照らし合わせながら見ないとわかんないんで、とりあえずそれらしく塗り分けておこう。

mig29_170123b.jpgサイドコンソールも前方が斜めにせりあがってたりするんだけど、無視してキットのまま。

まぁモールドがそれらしく入っているので、ぱっと見それらしく見えるんじゃないでしょうか。


mig29_170123c.jpgそして気になる側面にディテールを加えてく。
スロットルは横から出てるのね。

一応写真を参考にしつつ、それらしく工作。
どこまで攻めればそれらしく見えるのかなぁ・・・?


mig29_170123d.jpg
後席はよくわかんなかったから、ほぼ前席と同じ工作。
練習機だからそんなに変わんないでしょ?たぶん。



工作というよりわかんないから苦労するんだよね。
こんな時、何も考えずに色塗れば最高の出来になるアフターパーツが欲しくなる。

いくらそれらしくしてもやっぱり中途半端だし、正解じゃないからモヤモヤするなぁ。
どうやったら正しくなくてもリアルな感じが出せるんだろう?

上手なウソがうまくなりたいねぇ。
関連記事

99式軍偵察機"第29独立飛行隊"(F-TOYS 1/144)


99gt_1401ttl.jpg

ki-51 99式軍偵察機”第29独立飛行隊 独立飛行第90中隊
(F-TOYS 1/144)


99式軍偵察機(F-TOYS 1/144) ki-51(F-TOYS 1/144) 99軍偵(1/144)
99gt_1401d.jpg 99gt_1401e.jpg 99gt_1401f.jpg

地味ながらも大戦全期にわたって軍馬として活躍した傑作機、99軍偵です。

軍用機が戦闘・攻撃と役割が決まってくる前は、用途ごとにいろんなタイプの機体が生まれました。
この軍偵察機というのもそんな機体で、襲撃機としても使われた(仕様が一部違うようです)多用途機。
あまり戦史にも出ない存在ですが、こういった使い勝手のいい機体こそ真の傑作機と言えるのではないでしょうか。

地味な機体ではありますがキットの出来は上々!初期の日本機に見られるスマートなスタイルはじっくり眺めると良さがわかってきます。
こういうマニアックな機体こそ1/144で手軽に味わってほしいですね。

99軍偵察機(F-TOYS 1/144)細部解説


99gt_1401g.jpgいつもお世話になってるMYKデザインの「アシタノデカール」を使用。

数ある中から青いマークが珍しい第29独立飛行隊の機体にしました。
青の十字なんて日本軍らしくなくて面白いですね~。

全面灰緑色のシンプルな塗装なので、グラデーションをしっかり入れて間延びしないよう仕上げてみました。


99gt_1401h.jpg特徴的なピトー管はキットの出来が良かったので、そのまま使用しています。
ここまでできてると使わない手はないです!

偵察窓は塗装で再現、後席の機銃は出来のいいウイングクラブコレクションの97艦攻のものを持ってきました。


99gt_1401i.jpg軍偵と襲撃機の区別がよくわからなくて、キットパーツの爆弾も付けていたんですが、偵察機で爆弾はちょっと違うかなということで、取り付け穴を埋めてすっきりさせました。

軍偵ものちに改修されて爆弾も搭載できるようになったようなので、間違いではないし面白いんですが、いずれ襲撃機を作った時に違いが出るよう、偵察機のスタイルとしました。



製作日:2016年12月

DATA


使用キット:99式軍偵察機(F-TOYS 1/144)

使用デカール:MYKデザイン「アシタノデカール」 九九式軍偵察機
三菱 キ51 九九式軍偵察機(MYKデザイン 1/144):Amazon


ちなみに
襲撃機というのは敵地上部隊や飛行場等を低空で攻撃する、今でいう近接支援機(A-10とか)みたいなもののようです。
偵察機とは胴体の偵察窓や一部装甲の有無、発動機や武装が一部違うようですが、のちに襲撃機同様の改修をされたものもあり、厳密な区別ははっきりしないようです。

今回は参考にしませんでしたがこんな本も出ているようです。
屠龍/九九軍偵・襲撃機 (ハンディ判図解・軍用機シリーズ)


関連記事

コクピットを見てみよう!:Mig-29UB(academy 1/48)

それではMig-29UB始めましょうか!

まずは定番コクピットから。キットのパーツを見てみましょー。

Mig-29UB(アカデミー1/48)コクピット構成は標準的なもの。

色がアカデミーだねぇ。



mig29_170118b.jpg  mig29_170118c.jpg

計器板やサイドコンソールはモールド表現。
アウトラインのみであまりメリハリのある表現じゃないけど、デカールよりかはいいかな。

・・・いいかなぁ・・・?

mig29_170118d.jpg操縦かん。
Mig-29の操縦かんは結構ごついけど、だいぶ形が違うなぁ・・・。

でも、あまり操縦かんいじってもわかんないんだよねぇ・・・。どうしよ。


mig29_170118e.jpgそしてシート、ロシア標準のK-36なんだが・・・
これはひどい・・・。

1/48のSu-27も見てみたら同じだった。アカデミー標準のK-36のようだ。
これは別のに変えないとだめだな~。



シンプルなキットだし、古いものだから細かいパーツの出来は期待できなかったけど、これはちょっと本格的に手を入れないと使えなそうです。

まぁ嫌いな作業じゃないけど、よくわかんないのが困る。
最近こんな作業が多いなぁ…

たまには楽してアイレスのパーツでも贅沢に盛り込みたいところだね。

ネットのおかげで在庫探しが楽にはなったけど、皆が手に入れやすくなったからなかなか見つからなくなったよね。
探すより作っちゃった方が早いかなぁ。

・・・あぁ~面倒くさい・・・。
関連記事

新年一発目!

今週もお疲れ様でした!
正月気分も抜けて、すっかり平常運転ですね。
風邪ひかないようにゆっくりといきましょ~

さて、とりあえず何か作り始めないとここに書くこともないんでね、一つぶち上げておきます。

新年一発目はこいつだ!
Mig-29UB フルクラムB(アカデミー 1/48):Amazon

今年はいきなりヨンパチからスタート!気合入ってます!
といっても特に作りたかったわけではなく・・・手元にあったから・・・。

このキット、以前144コンテストの懇親会でいただいたものなんですね。
もらったはいいが持て余してしまってました。まぁ嫌いな機体じゃないんでいつかはと思ってたけど、なかなか興味が向かなかったのね。

年末に在庫の整理をしてて、そういやこいつがあったな~と見てたら、パーツも少なめで作り易そうだったのでいじってみることにしました。

正月休みからちょっといじってたんだけど、久々のヨンパチだからどこまで気持ちが続くかわかんなかったので、ちょっと保留してました。
でも何となくいけそうな雰囲気になってきたので、とりあえず景気づけに立ち上げることにします!

このキットはそれなりに評価はいいんだけど、細かいところを見ていくと結構適当。
ヨンパチで見れるレベルに作るには結構手を入れないといけなそうなんで、長期的な制作になりそうです。

そんなわけで年前半くらいでゆっくりいじる感じでのんびり作っていこうと思います。
関連記事

「週刊F-4EJ改を作る」出るか

いかん、プラモ作ってないと書くことがないな・・・。

CMみました?
「週刊F-4EJ改ファントムを作る」
気になるよね。

1/32ファントム自体はプラモ作ればいいんだけど、ギミックがたくさんあって面白そうだな。
コントローラーでキャノピー、脚、主翼折り畳みとかできて、音が出て、光るとか、ギミック目的で欲しくなっちゃいます。


ただ2号以降は1799円。で、110号予定とか。
計算すると2年以上かかって総額は・・・

いや、たぶん普通にプラモにもそれくらい金かかっちゃうから、単月で見れば大したことないかもしんないけど、総額で知ると二の足踏んじゃうな・・・。

以前でたF-14を作るも100号予定から140号へ変更になったとか。
しかもフィギュアとか支援車両とかだそうで、まぁこれはこれで貴重なものだからいいけどさ。
ちょっとやり方がずるいね。
ファントムもどうなるのやら。

この手のマガジンキットって、どれくらいの人が完成させてるのかな?

やはり我々は作れるモデラーなんだから自分で勉強して作るしかないのか!
関連記事

ようやくここまで来たな。

新年一発目の模型買い物は、近所の古本屋で見つけたこいつです。

diary170108.jpg
シュナイダー

状態も非常に良くていい買い物♪


刊行当時は正直興味ありませんでした。

古臭い飛行機ばかりだし、復元機とかレーサーとかちょっと毛色の違う内容で、ミリタリーモデラーの私には引っかからない内容ばかり。
素通りでしたね。

しかし最近はこの手の機体に興味が出始めてたので、たまたま見てみたらまさに今知りたい記事がたくさん載ってて、まとめ買いとなりました。


飛行機好きって大体ミリタリーや旅客機から入るけど、そこだけでも十分奥が深いからなかなかこの手の機体にまで興味が及ばないんですよね。

いろいろ見てきて大体一般的な機体を見慣れてしまうと、もっと変わったものということでこの手の機体に興味がわいてくる。

でもそういった機体に関しての資料って、国内じゃほとんどないんですよね。
だから知りたくてもわからないというもどかしい状態。(そういったことを少しずつ知ってくというのも楽しいんですけどね)
そんな気持ちを少しは解消できそうです。

ゴールデンエイジと呼ばれる1930年代くらいの飛行機は個性があってとても魅力的。
いろんな記録に挑んだドラマもあるし、飛行機単体ではなくて幅広く楽しめるのがいいですね。

コードロン 635 シムーン(1/72 ):Amazon
なんてことない小型民間機のようだけど、いろんな記録飛行にも使われた当時の傑作機。

そういったストーリーがわかってくると可愛く見えてくるから不思議。


この手の飛行機の興味がある方、今年は一緒に勉強していきません?




そういえば、クフィルを予約した店から連絡があり、発売日は未定になってしまったようです。

急なクフィル祭りが始まらなくてほっとしたような、残念なような。
楽しみに気長に待ちましょうかね。
関連記事

しばらくは正月休み?

改めまして、あけおめですー。

年始の掲載(一般参賀以外)は去年まとめて投稿してたものなので、新年の更新は今日からです。

それではさっそく新年一発目の新規製作!

といきたいところでしたが、去年からの宿題が残っているので、しばらく製作はお休みかなぁ。

次に作りたいのはちょっとマニアックなものなので、今月は資料集めになりそうです。


それにしても年末発売予定のクフィルがまだ来ない・・・。
こいつが来ちゃったらこっちが始まっちゃいそうだな。
関連記事
カレンダー
<< 01
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
68位
アクセスランキングを見る>>