スカイホークも再開です!:A-4E Skyhawk(fujimi 1/72)

ゼロ戦と違って楽しく作ってたA-4スカイホーク。
こっちもF-14に集中したせいで止まってましたが再開します!

あとは仕上げだけだし、ゼロ戦と違って楽しいからパパッと終わらせられるんじゃないかな!

デカールのCAG機じゃなくて一般機にすべく番号を変更。
念のため写真を探して実際にある番号にしときました。マニアは怖いからね・・・。

さぁ、デカール貼りも終わったし、クリアもかけたことだし、パーツをつけて仕上げといきましょうか!

と、他に忘れ物がないか世界の傑作機など見ながら最終確認しつつ作業をしてたのですが

世界の傑作機 No.3 ダグラスAー4スカイホーク :Amazon

あ、この写真の機体、同じ番号。同じ機体なんだぁ。という発見があったりして。

そして・・・プローブが・・・・まっすぐ・・・・


うそでしょ?

や、やられた。
マーキング作業中に見ていた”Walk around A-4"の写真は真横からのショットで全く気づかなかった・・・。
2種類あるスカイホークのプローブ、この機体はまっすぐバージョンだったんです!

A-4 Skyhawk Walk Around :Amazon
ディテール写真中心の「Walk Around」シリーズ。

a4_161128a.jpg
いや、フジミのキットはちゃんと両方ついてるからいいけど、ここでまた手直しか!
な~んかすっきりいかんねぇ・・・

キットのパーツは金型のゆがみで真円になってないので、先っぽだけ使ってプラ棒で作り変え。




a4_161128b.jpgそしてデカールをいためないよう慎重にパーツをもぎ取って付け替える。
根元だけのピンポイント作業で済むよう最小限の工作面積で作業。こういう作業は神経使うからいやだねぇ。

まぁそれほど難しい作業でもないから問題なく完了したけど、どうしてこう基本的なとこの確認ミスしちゃうかなぁと自分が情けない。




世界の傑作機No.150 ダグラス A-4スカイホーク :Amazon

世界の傑作機も新版が出てるんだね~。
見たいけどまた新発見しちゃったら嫌だから、終わってからにしよ・・・。
たぶんまた作るからね。
関連記事

最高のデルタ翼機では?

気になってる。

これ
IAI クフィル C2/C7(AMK 1/72 ) :Amazon

一度エクアドル空軍をガッツリ作ってるし、いま作りかけのもある。
本命コロンビア空軍のC12をヨンパチで作る準備も出来てる。(気持ちの盛り上がりを待ってる)
ガス抜きで1/144でクフィルCEも作った。

もうある程度気が済んでるはずなんだけど、やっぱり欲しい、このキット。

クフィル。デルタ翼機では一番魅力的なんじゃないだろうか。
イスラエルってのが多分に影響してるかと思うけど、なんか凄みを感じつつ、すっと伸びた機首がとても綺麗でたまらんです。

最近はグリペンも素晴らしい魅力があるけど、カラーリングがちょっと寂しいからね。

あぁ・・・すげぇかっこいいなぁ・・・

大まかに2種類のカラーリングがあるんだけど、どっちも魅力的で甲乙付けがたい。
やっぱりこういう時は両方作るべきなんだろうな。
多分両方作らないと気がすまなそうだし。まとめてやったほうが楽なはず(F-104のときのように)

こういうとことん作らないと気がすまない機体って、本当に好きな機体って事なんだろうな。
私はクフィルが好きだ。改めて認識しました。

またいずれクフィル祭りが始まることは間違いなさそうです。


関連記事

ゼロ戦塗装開始!:ゼロ戦22型(ハセガワ1/48)

とりあえず下地処理も終わったので塗装していきましょうかね。

下面は特に問題なかったので手をつけずにいこうかと思ったんだけど、やるならまとめてやっちゃったほうが楽そうなんで全面塗りなおしていきます。

zero22_161122a.jpg
まずは基本どおり明るい色から。

日の丸も白ふちをつけるので塗りなおし、識別帯も一般的な色で塗りなおし。



あと本機の特徴であるくさび帯を入れるので、胴体を黄色で塗装。
何かの資料でここは一般的な黄橙色ではなくてレモンイエローに近い明るい黄色だというのを見た気がしたので、ちょっとだけ黄色っぽくしておきました。

前回のマダラのときと違って今回はほとんど考証せずに、一般的なイメージでサラッとやっちゃうつもり。
もうね、早く終わらせたいのよ~。

でも塗りなおすとして改めて考えてみたんだけど、これでいいのかな?
いや、下面が灰緑色(いわゆるあめ色?)で塗っているんだけど、22型あたりだと明灰なんじゃあないだろうか?

飴色ってそもそも海上での塗膜保護のためにワニスを上塗りすることでできてる色なんですよね?
22型は艦載機とするイメージがないんですが、最初から陸上使用を前提としてワニスなんか塗ってないんじゃないのかな?

やっぱり下面も塗りなおす必要がありそうだな。
関連記事

Project144(P144)合同展参加してきました!

長年の念願だったProject144合同展に参加してきました!

diary161121c.jpg浅草橋の東商センター

今回は我々P144しかイベントをしていなかったので、とても静かな雰囲気。

通りすがりに覗くっていう立地でないので、ここを目的にしないと来る機会がないのが残念。


昨日は非常に天気も良く、大荷物抱えた我々にとってはとても助かりました。

規模としてはとても小規模なもので、物販中心とはいえそれほどにぎわうって感じでもないけど、他にない特化したイベントなので、好きな人同志結構盛り上がってました。

P144_kurage初参加の私の展示卓。

メインのF-14中心に時代をまんべんなく揃えてみました。
F-14がデカくて前日まで用意してたギリシャ空軍が持っていけなかったのが残念。

ちょうどクフィルを開発されてる方と話せたり、話題のネタとして皆役に立ってくれました。


展示は20人くらい参加してましたが、中でも今回同一卓でともに初参加だった東龍巳さんの作品をご紹介

Project144_2016電飾やペラ・ドーム回転といったギミックを仕込んだ大型機を並べてました。
(動画でないのが残念!)
私も次にやりたいテーマだったので、お話はとても勉強になりました。

もともと1/72や1/48をメインでやられてるということで、他のものに関してもまたお話ししたいです!


本当はもっとお話ししたかったんですけど、あいさつ回りしてる間に時間が無くなってしましました。
でもすごく興味のあるテーマなので改めて教えていただきたい!今後ともよろしくお願いします!


他にもいろいろ撮ったのですが、あまり写真の具合がよくなかったのでさらなる詳細は他の参加者さんたちのブログ等でご覧ください。(超他人任せ!)

DAMEYAさん(イベント幹事)

展示参加(順不同です)
fumiさん
東龍巳さん
かんばさん
KYモデラーズさん
あにきさん
タカハシさん
破鍋漏さん
ひでGさん
はにわさん
信濃英さん
B.M.Cさん
黒猫有限公司さん
Amanoさん

ひとまず展示参加のみなさん。
若い人たちから常連さんまで幅広い年齢層が同じ話題で盛り上がれるのはこういう趣味にいいところ。
私もとても参考になる話をたくさん聞けて、非常に有意義でした。早速試してみよ。

ただ一つだけ残念なのは、以前参加されてていつか一緒に盛り上がりたかった人たちがこのジャンルから離れてしまってること。
まぁ好きなことやってるだけだからこれは仕方のないことだけど、あの頃のこの輪に加わりたかったな~と少しだけ寂しかったです・・・。

まぁいずれ再会することもあるでしょ!
そう簡単に抜けられないのがオタクの道よ。



この手のイベントに興味があっても、なかなか踏み込めない方々へ
私も知り合いがいるとはいえ今回が初参加。もちろん初対面の方もたくさんいました。

基本属性が人見知りという人が多い趣味なので、最初の殻を破るのがとても怖いですよね。
(お互い人見知りだから殻が硬いのなんの!)
私も参加するのはとてもドキドキ。やっぱり参加やめようか・・・なんてことも考えちゃいます。

でもそれ以上に好きな話を思いっきりしたいという欲求が強いので勇気を出して参加しました。
でも考えてみれば参加してる段階で人と接するのを望んでる方々なわけですから、怖い人なんかいるわけないんですよ。
だから思い切って中に入っちゃえばみな親切で一気に楽しくなるもんです。

最初の一歩さえ入っちゃえば、あとは知り合い!そして大体同じような場所で会うようになって友達の輪が広がるってわけです。

興味あるんだけど怖い・・・って方はとりあえず私あたりを踏み台に入ってみては?いつでもお助けするのでご相談くださいね。
今度は一緒に中で楽しみましょ!
関連記事

ウイングキットコレクションVS5出ますね。

ウイングキットコレクションのVSシリーズも第5弾に。

今回は日米艦上攻撃機対決です。
diary161119c.jpg

両国攻撃機の完成形とも言える流星改とヘルダイバー。なかなか面白い組み合わせですね。

いずれも以前カフェレオ(アルジャーノン)から出ていましたが、新金型ということで楽しみです。

カフェレオの流星改はなんとなく機首(キャノピー前からカウリングにかけて)のラインが細いような印象でした。
今回のF-TOYSのはちょっと太めでイメージに近い感じです。
diary161119a.jpg

ヘルダイバーは爆弾槽もオープンできるようで、これは遊べそうですね!
diary161119d.jpg

なんとなく実戦での印象が薄い両機ですが、形はとても魅力的。
私も流星改は何度か作ってますが、かっこよくて好きなのでまた買ってしまいそうです。

発売予定は来年1月下旬予定

駿河屋 :相変わらず安い!30%引きで3780円
ホビーゾーン楽天市場店 :4320円 楽天市場の中ではここが最安値かな。
あみあみ :4520円
Amazon :4780円(11%引き)
http://www.1999.co.jp/10427882ホビーサーチ :4860円

会員になってればポイントがついてさらにお得なこともあるので、普段ご利用のショップも再確認しておくといいかも。
関連記事

P144週末開催です!

製作をひとまずお休みして、今週末のイベントに向けた準備をしてます。

改めてProject144(P144)のご案内
p144.gif

場所はこちら。
p144_02.jpg
周りに商業施設もないところなんで、何かのついでにって来れるところじゃないですけど、お暇でしたら冷やかしに来てください。

特に1/144好きは物販もやってるので、覗いてみるといいですよ。(飛行機に限らず1/144全般)


私は基本的に過去の作品の展示になりますが、これまでコンテストに出した作品を並べたことがないので、ちょっと楽しみ。


そして新作も急ぎ用意してます!
これがこれまでにない変化球なんでウケるかどうか心配ですが・・・新たなジャンルを開拓中です!

たぶんこちらで掲載することはないんで来た人だけのお楽しみということで。
・・・いや、そんな楽しくもないか・・・。まぁちょっと変わり種ってことで笑ってもらえれば。

是非お気軽に声かけてくださいねー。お待ちしてま~す。
関連記事

遅ればせながら。

自分が好きなものをみんなが認めてくれるってうれしいよね。
ずっとすごかったんだけど、やっと気づいてくれたのかって自分のことのようにうれしくなっちゃう。

私はずっと知ってたよ。ふふ~ん♪という鼻高々な気持ちと、あぁ、これで遠いところにいっちゃうのね・・・という寂しさを伴ってね。

始めて作品を見たときから「あ、これは自分とは違う次元の人だ」と思ったんですよ。
私みたいな何の才能もなく、教科書どおりに作ってる文系人間じゃない、センスのある美術系の人だってのがすぐわかった。

そっち系の人には根本的(才能・センスの有無)に追いつけないから、ただあこがれる存在であって張り合おうって気すら起きない人たち。そんな人には交われないなーと思ってました。

でもなぜか私なんかも評価してくれて、仲間に誘ってくれたりしたんですよ。とてもありがたいじゃないですか。

私と違って独創的なアイデアがあり、そしてそれを形にする技術もある。その人の作品見るのが楽しくてね。

これまでも面白いの作ってたんだけど、形として評価されることが少なかったみたいなんですよね。
たぶん本人もちょっとテレが出て、少し遊んじゃう部分があったせいじゃないかと思うんだけど、それでも面白い作品ばかりだったから、何でこれがもっと評価されないのかな~と思ってました。

そんな人がついにすごい賞をいただいたようで、なんだか自分のことのようにうれしい気持ちです。

今回はそんなテレで遊んじゃったところもうまい具合に評価されたんじゃないでしょうか。
いつか実物を見せてもらうのが楽しみです。

もしかしたらどこかの雑誌とかで作例を見るようになるのかな?そしたら自慢しよ!



無頼漢な雰囲気のわりに実は結構まじめな人なんで(わかってますヨ!)、照れちゃいそうだからあえて具体名は出しませんが。

おめでと。
関連記事

休息時間をどう過ごすか。ミカン山撲滅運動

SAコン終了以来ちょっと脱力中です。
やっぱり目標があるとやる気が出ていいよね。

でも今のこの脱力時間がとても需要なんですよ。

「じゃあ次何つくろっかな~?」って一番ウキウキできる時。
この妄想を膨らませてキットを買う瞬間までが一番楽しいんだよね。

でも大体あれやこれや思い描いて、ちょっと違うことしよっかな~と変なキットに手を出すタイミングでもあります。
そしてそれがミカン山陣地となる・・・というのがいつものパターン。

わかってる・・・わかってるんだよ・・・。

だからこそいったん一息入れて、ミカン山を漁ってるわけです。

これ以上ミカン山陣地を構築しないよう、ここは慎重にならねばいかんのです!


今回も思い描くのがやばそうなものばっかりで、気をつけないと即陣地化してしまいそうだ・・・。

ドボアチン D-520(RSモデル 1/72)

サーブ J-21A(スペシャルホビー 1/72)

F-117A ナイトホーク (タミヤ 1/48)

E/2C ホークアイ2000 ″VAW-115 リバティベルズCAG 2015″(ハセガワ 1/72)


”今までと違うもの”で浮かんできてる機体たち。コレは危険そうだ・・・・。
いや、いい機体だけどさぁ・・・。


この辺始まっちゃったら「あぁ~あ、やっちゃったよ・・・」とお叱りください。
関連記事

零戦22型第2章開幕!:零戦22型(ハセガワ1/48)

次なに作ろうかな~なんてウキウキしてる場合じゃない!
作りかけのがいっぱいあるじゃん!

ということで、新作作ったら次はミカン山攻略と効率よく片付けねば。

とりあえず止まってるスカイホーク(これは作るつもり)やPo-2SV(これは・・・)より、邪魔なのが零戦22型
1/48だから存在感あって、これ片付いたらだいぶ精神的にいいかなということで、こいつを何とかしてやろうと思います。

zero22_161108a.jpg現状がこれ。
塗装しなおすべくちょっとマスキングしてるけど、だいぶ前に貼ったから剥がれてきてる。

というか最終更新が2015年9月
最近の気がしてたけど・・・一年以上前じゃないすか・・・時のたつのは早いなぁ…


とりあえず上面だけ塗りなおして片付けようと思っていたけど、やはりちゃんと直すなら全面手を入れないといけないよなぁと思い。
”仕方なく””しぶしぶ”全体を塗りなおすことにしますよ・・・。

zero22_161108b.jpgてことでパーツをバキバキもぐ。
・・・なんかこういう作業は精神的に良くないよね。

完成してたものを壊すって、精神的にとてもキツイッす。


zero22_161108c.jpgそして全体的に一度ヤスって、まずは明るい色から再塗装。

まぁ塗装だけだから集中すればそんなに時間のかからない作業になると思うけど。
後は気持ちの問題だね。



零戦22型はゼロ戦の完成形と言われる。でも実際は生産数も少なくて、結構希少な存在。
しかもしょっぱなから激戦地へ配備されたので、あまりいい写真が残ってない。

だから作るうえで一番問題になるのが塗装なんだよね。とにかく選択肢が少ない。

そんな数少ない中から再塗装に選んだのが、進藤三郎機。

実は最初22型を作るときこれで行こうと思ってました。
零戦を乗り継いできたパイロットを探し、その乗機をそろえようと思ってたんですよ。

いろんな有名パイロットがいる中、初戦から名前がでる「進藤三郎」でいこうとしたんです。

でも本とか読んでみると評価が分かれる人のようで、名指揮官という一方岩本徹三なんかはとても悪い評価をしてて、実態がつかみづらい。

後半は司令官となって立場が上がって乗機というのも確認できないし、やむなくそのシリーズは諦めて、メジャーな機体で各型を作っていこうと思いマダラをやったわけです。

作り直すにあたって改めていろんなマーキングを探してみたんだけど、やっぱりこれが一番派手なようなんで、初心に帰って進藤三郎機でいくことにします。

完成までにマーキングと機銃を確保せねば。

祖父たちの零戦 (講談社文庫)
同期である進藤三郎と鈴木寛を軸とした話
だけどあまり戦記的な内容でもなく、実態はつかめませんでしたね。

それより後半の坂井三郎が本を出したことによってほかの仲間と確執が出来たとか、そいうったことが印象に残った。

関連記事

98式陸上偵察機(1/144)


ki15_1403ttl.jpg

98式陸上偵察機12型
(ウイングクラブコレクション1/144改造)


98式陸上偵察機12型(1/144) C5M2(1/144) 98陸偵(1/144)
ki15_1403d.jpg ki15_1403e.jpg ki15_1403f.jpg


傑作機97式司令部偵察機の海軍型、98式陸上偵察機12型です。
長距離高速偵察機の必要性を感じた海軍でしたが、使用していた機体は今一つで、陸軍の97式司令部偵察機に着目し、エンジンを換装して採用したのが98式陸上偵察機です。

瑞星12型を搭載した11型から発展し、ゼロ戦と同じ栄12型を搭載したのが本機。
エンジンが同じだけにカウリング形状もよく似ていたので、そのまま乗せ換え出来るかな~と作ってみました。

97司令部偵察機はもとのほうが人気もあるし、キットも貴重なのでそのまま作った方が需要がありそうですが、あえてマニアックなところを攻めてみました!

マイナー機というにも地味すぎる、マニアックな1機となりました。

98式陸上偵察機12型(1/144)細部解説


ki15_1403g.jpg零戦のエンジンに換装したということなので、試しにSWEETのゼロ戦のカウリングを付けてみたところ、思いのほか綺麗にまとまっちゃいました。

発想としてはメッサースピットと同じですね。

他にも側面の窓の形状が97式司令部偵察機と違うので修正。マーキングはアリイのキットを参考にしています。


ki15_1403h.jpgのぞき窓も段差が出ないよう外側から接着して整形。

わかりづらいですが主翼前縁ライトをクリア化、複雑な形状のピトー管も金属線で作り変えているので強度もバッチリ。

偵察機だけに余計なものをぶら下げないすっきりとした下面です。


ki15_1403i.jpgとてもスマートなスタイルの97司偵ですが、カウリングだけぽってりしてて、ここだけすっきりしてればどれほど綺麗になるだろうと思ってました。

そこが綺麗になってスマートさが増した98陸偵ですが、こうやって見るとなんだか物足りない・・・。

綺麗ならいいってわけでもなく、面白さと綺麗さの微妙なバランスが大事なんですねぇ。


製作:2016/08

DATA


使用キット :97式司令部偵察機(ウイングクラブコレクション1/144)

参考資料
98式陸上偵察機12型(アリイ(エルエス)1/72)
関連記事
カレンダー
<< 11
2016
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
993位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
131位
アクセスランキングを見る>>