次を物色中!

今週も一週間お疲れ様でした!

今週は更新が滞っておりましたが、ご想像の通りSAコンに向けて追い込み作業をしてました。
・・・いや、まだ仕上がってないんで、”作業中!”というべきですな・・・。

なんとか週末に終わらせねば。
ま、いつものことなんでね。


この段階まで来ると次のキットのこと考えちゃいますな。
1/144だの1/72をいじり倒してきたので、次は1/48を作りたいな~


ところで、モデラーさんたちはどういう風に作るもの決めてるんですかね?
ま、趣味の世界なんで作りたいものを作るんでしょうが、何かしらルールを決めてチョイスしてるのかな?

私なんかは飛行機縛りなんである程度はまとまりがありますが、その中でもカテゴリー分けしたいと考えちゃいます。
やっぱり並んだときにまとまりがあるほうがコレクションとして見栄えがいいかなぁと。
・・・・ま、置く場所ないんで並べることなんかないんですが・・・。

1/72現用機は・マイナー空軍 ・メジャー機でのジオラマ。(これはこれから作って行きたい)
ジオラマはヨンパチでやりたいところだけど、えらい場所とるからねぇ。

で、1/48現用機はじっくり作りこみ。飛行機を味わいたいときはこっち。

という感じで現用機はある程度住み分けが出来てるんだけど、問題は大戦機なんです。

やりたいこととしては
・あるテーマに沿ったコレクション
・汚し等を加えた雰囲気重視のもの(プチジオラマ?)
・綺麗めなじっくり作りこみorギミックもの

これらを1/48,1/72,1/144で振り分けてコレクションしていきたいんだけど、どのスケールをあてるか思案中。
作りたい機体はある程度決まってるんだけど、それがどのカテゴリーに当てはまるかが決まんないから、スケールを決められないんですよね。

大戦機って、サラッと作ったヨンパチはつまらないし、作りこんだナナニイは見栄えがしない。
いまだに作る方向性が決まんないジャンルです。

でもなんか勢いで買って来てしまいそうな雰囲気。
関連記事

SAコン、ひとまずは参加できそう。

”踊るあほう”になるべくSAコン目指してトムキャットを作ってきましたが、なんとか完成できました!

ちょっとだけちら見せ!

f14_161024c.jpg   f14_161024b.jpg
最初に比べると彩度が落ちて、落ち着いた色合いになってるんだけど・・・あんま変わんない?


f14_161009a.jpg
こっちが一回目。

鮮やかすぎる印象でした。

まぁ基本的な塗料は変わってなくて、比率を調整しただけだから根本的には同じだね。



大衆のイメージに迎合しようと人の目を意識しつつ調色したけど、どうしても納得できずに塗り替えること4回。

結局自分の当初のイメージに近い、だいぶ暗いクールな色あいに落ち着きました。
こう見える写真もあるっちゃぁ有るんだけど、正しいかどうかは・・・見る人の判断に任せましょ。

もう少しグレーを明るくしても良かったかな~とも思うけど、自分としてはまぁまぁ納得。
”俺のイラン”はこれです!

審査する人のイメージがどんなかによるんで、この手の機体は難しいね。
イランのF-14はマイナーながらも結構有名なんで人それぞれイメージがあると思うし、たぶん一般的にはもっと明るい色合いのイメージだと思うから、評価はされなそうだな。

でも今回は賞を目指してというより、前から作りたかったものを作るきっかけとしての参加なので、結果はどうでもいいっす。
使用したドライデカールの糊も落ちちゃってて貼るのが大変だったので、ギリギリ使えるタイミングで作れてよかったかなと。

出来ることなら
他のデザート系のイランF-14と一緒に載れたらうれしいな♪


と、「結果なんて期待してないですよ~、ただ参加するだけですよ~」なんて謙虚な振りしてるけど、そんなわけないっしょ!

ただこれだけポンと出すのは芸がなさすぎ。そりゃできるだけアピールできるようさらにひと手間加えて”作品”として完成させますよ!

実はそっちのおまけのほうが大変で・・・ただいま製作中。
間に合わなかったら・・・F-14だけポンと出そう・・・。


タミヤ1/48トムキャット祭りにも参加しようかと思ってたけど、これ作り終わったらなんか脱力しちゃったな・・・
けしかけた友達も別ので忙しそうだし、SAコン関係はこれで完了としますかね。


なんだか次は大戦機が作りたくなってきたぞ。
関連記事

F6F-5 Hellcat"ヨ-801"(WingClubCorection 1/144)


f6f_1404ttl.jpg

F6F-5 ヘルキャット”日本海軍鹵獲機”
(ウイングクラブコレクション 1/144)


F6F-5 hellcat F6F ヘルキャット”日本軍鹵獲機”(1/144) F6F-5 ヘルキャット 日の丸(1/144)
ウイングクラブコレクション 1/144 F6Fヘルキャット f6f_1404e.jpg f6f_1404f.jpg

アメリカに鹵獲された飛燕とは逆に、日本が鹵獲したヘルキャットです。
元VF-44所属で、エンジンの不調で台湾でクラッシュした機体を改修、テストされた機体だそうです。

米海兵隊の鹵獲された飛燕がキッチリとダークブルーに塗ってあるのに対して、こちらは国籍マークを変えただけの簡易な仕上げ。
こういった細かい部分でも国力の差が見えますね。

F6F-5ヘルキャット(ウイングクラブコレクション 1/144)細部解説


f6f_1404g.jpg基本的にはオリジナルのままで国籍マークのみ書き換えています。

日の丸も米軍マークのサイズに合わせて、横の張り出し部分は濃緑色で塗りつぶしたとても適当な塗り替え。
丁寧に塗りなおす余裕がなかったんでしょうね。


f6f_1404h.jpgWCCのヘルキャットは出来がいいのでほとんどそのまま。
アクセントにL字型のピトー管を追加してます。

あと、単色でちょっと寂しいので排気汚れを入れて少し変化を。


f6f_1404i.jpg全面一色なんで遠くから見たら上だか下だかわからないですね。

色的には一色で見栄えがしませんが、キットのモールドが精密なので、のっぺりしてなくていい感じです。


製作:2016/07

DATA


使用キット:F6Fヘルキャット(ウイングクラブコレクション 1/144)

WCCのヘルキャットはオークション等で探すしかないですね。

他のヘルキャットのキットは
プラッツ 1/144 F6F-3 ヘルキャット 2機セット プラモデル
胴体の形にちょっと問題があるようですが。
何気にこちらも最近店頭で見かけないなぁ・・・。

ドイツレベル 1/144 F6F-3 ヘルキャット:Amazon



Avioni-x 1/144 Grumman F6F-5 HELLCAT VF-51 USS SAN JACINTO 1944
こちらは完成品のシリーズ。
ここまで出来がいいと作る必要ないですね・・・。

関連記事

F-14TOMCAT追い込み中!

もぅ~やばい、もぅやばいよ!
そろそろ追い込まないと間に合わないヨ!

ということで、ただいまトムキャットを仕上げ中です!

あれから色もまた塗りなおしたりで大変だったけど・・・まぁこの感じなら何とか間に合うかな?
たぶん・・・。
(夏休みの宿題は最後までやらないタイプ!)

他にもやってるものあるんだけど、そっちがどうかな~・・・っと。

なんにしてもちょっとバタバタ。

完成品はSAコン発表と合わせて公開って事で、トムキャット製作記はここで一旦終了!
さぁ、急げ急げ~!
関連記事

X-Plane11出るのか!

また再開しようとX-Plane関係の記事とか見てたんだけど。

どうやら出るらしい。
X-Plane11!

でも今のX-Plane10でも十分綺麗だから、グラフィック的にはちょっとマイナーチェンジくらいなんだろうなと思ったんだけど。

なんかすごそうだ。
X-Plane11デモ
光のエフェクトが格段によくなって、もうほとんど本物だな。

ひとまず公開されたセスナ172の作りこみも半端ない。

まぁ上で見られる動画はデモ画面だから、ゲーム画面はもうちょっと質が落ちると思うけど、明らかに進歩してるね。

しかし、このグラフィック出すのにどれくらいのマシンパワーが必要なんだろ?
うちではX-Plane10の中の上レベル(グラフィックの精密さをある程度設定できるのです)で精一杯だが・・・とても無理だな。

あとここまでくるとサードパーティの参入、主に個人で作ってくれてるアドオンの出来がどうなるかだよね。

基礎技術が向上しちゃうと、それについてこれる取り巻きが減ってきちゃうわけで、発展性が乏しくなる可能性もある。

いまだにFSXがフライトシミュレーターの主力でいるのは、その辺の使い勝手がいいからなんだろう。

X-Plane11がプレステ4として、X-Plane10がプレステ2、FSXがプレステ1(スーファミ?)って感じといえばわかりやすいか?


ま、なんにしても私は10で精一杯なんで、こちらを作りこんでいくことにしますが。

ハイグレードの地形データが重くって、なかなかDLできないんだよね・・・。


X-Plane11は12月くらいに発売らしいですよ。


関連記事
[ 2016 ] X-Plane10 | TB(0) | CM(0)

スケールアヴィエーション(SA) 2016年11月号読んだ?

Scale Aviation 2016年 11 月号 [雑誌]

今月は巨人機特集ですか。
あまり興味のあるジャンルじゃないからそんなにぐっと来なかったけど、見ごたえはあったね。

そもそもこんなでかいキットを完成させてる時点ですごいですよ。でかいのは大変だからねぇ~いろんな面で。
だから出来がどうこう言う以前にすごいと思いますね。良く作ったと。

爆撃機とかも一度作ってみたいと思うことがたまにありますが、大体大きさの問題とかで実現には至らない。
じゃあ手ごろなサイズで1/144とか作ってみるかと思うんだけど、それは違うんだな~。

大きい飛行機は大きいことに意味がある
と思うのです。
パッと見て全体が捉えられるようじゃつまんないと思う。やはり見た感想が「でかいねー!」じゃないと、大型機を作る意味はないと思うんだよね。

爆撃機じゃないけど大好きなSR-71をとりあえず見たくて、上記の理由で1/144作ったんだけど、なんかチマっとしてて全然面白くなかった。
だからB-52やB-1、Tu-95なんか作ってみたいけど、1/144ではやりたくない。
SAに載ってたB-52&B-1よかったね~!ああじゃないとあの手の機体のよさはわからないよね。

「1/144なら手軽に楽しめるじゃん」というのもわかるけど、このジャンルって手軽に楽しむもんじゃない気がするな。
圧倒的なスケール感!それが味わえないと大型機作ってもつまんないよね。

そういう意味でも今回のスケビはモデラーさんたち頑張ったな!って感想でした。
いつかあんなの作ってみたいけど、1/72すら飾れていない現状じゃ夢物語だな・・・。


もう一つ大事な内容はやはりこれか
タミヤ 1/48 グラマン F-14A トムキャット:Amazon
SAコン締め切り後の発売ということで、これだけ急遽11月20日締め切りで募集だって。
大人の事情ってヤツを無理やり押し込んだ感がぷんぷんだが・・・。

発売から一週間ほどで作れって、なかなか無茶を言うよな。

そんな簡単なキットなのか?ニート優遇企画なのか?
そんな短時間で作った作品、見て楽しいものができるのだろうか・・・?

と、皮肉めいた感想が真っ先に来ちゃいましたが。

逆に皆バタバタして祭り感があっていいかも!なんても思ってきました。
なんかね、ワクワクしてる自分もいるんですよ。
乗っちゃう?神輿乗っちゃう!?みたいな。

これはアイデア勝負みたいになりそうで、逆に楽しい作品が多いかもね。

まじめにやるならコクピットとか一部を切り取った作品てのが順当なところだろうね。
ミサイル装備中とかフィギュアメインとか。

これを読んでくれるであろう、”あの人”なんか面白いの作ってくれそうだけど、やってくれないかな~?見たいな~。
車いじってないでどうすか?一緒に!

祭りだ祭りだー!
関連記事
[ 2016 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

Me410B-1/U2/R4"ZG26" (F-TOYS 1/144)


Me410(F-TOYS 1/144)

Me410B-1/U2/R4"第26駆逐航空団第2中隊"
(F-TOYS 1/144)


Me410(F-TOYS 1/144) me410_1402b.jpg me410_1402c.jpg
me410_1402d.jpg me410_1402e.jpg me410_1402f.jpg

久しぶりのMe410!
Me410はバリエーションも豊富だから色々やってみたいものがありますが、その中の一つ、MG151キャノン砲パックをぶら下げたU2/R4仕様です。

パッと見は通常のMe410と変わらず、下を覗きこまないとこの機体の特徴がわかりづらいですが、Me410自体が結構模型映えのする機体ですからね。

今一つ地味な存在ですが、個人的にはとても魅力的な好きな機体です。
皆さんもコレクションにいかがですか?(宣伝!)


Me410 (F-TOYS 1/144)の細部解説


me410_1402g.jpg塗装は基本的なMe410のもの。1/144も2機目、1/72でもやってるのでだいぶ慣れました。

以前作った時は発売直後にスピード勝負で作ったので完全素組でしたが、今回はご依頼を頂いての制作なのでさらにひと手間、全面スジボリを彫りなおしているので、スミ入れがバッチリ映えています。


me410_1402h.jpgポイントのMG151キャノン砲パックはプラ板と真鍮パイプで自作。
機首の機銃も真鍮パイプで開口しています。

最近は真鍮パイプが手に入りにくい&高価なので、ご依頼品以外では使ってないんですよね。
小さな穴ですが効果は抜群です。


me410_1402j.jpgスピナーの渦巻きはもちろん手書きですが、双発だから同じように描かなきゃいけないから大変ね。

Me410はキャノピー周りの形状も複雑だけど、F-TOYSのキットはそのへんもうまく処理されてて素組でも綺麗に仕上がります。



前部クリアパーツは取り付けダボがついてるので、そのまま貼っちゃう丸見えでとてもかっこ悪い。
キャノピーのダボ、コクピット側も削りとって透明感のある仕上がりにしています。

ま、中が暗いのでよく見えませんが・・・。

me410_1402i.jpgMe410は胴体下にアンテナが這っていて、そこもポイントの一つ。
金属線に変えてシャープにしたらだいぶ印象が変わるかと改修をしたのですが、どうも当機はアンテナを装備していないらしい。

結構手間かかった作業だったけど切除して整形・・・。余計な手間を・・・。
事前の確認はしっかりね!


キットの出来が良いので、完全素組みだった前作と全体的な印象は変わらない?
いえいえ!じっくり見るとワンランク上の工作が精密感を出してるはず・・・です。

製作 2016年8月

DATA


参考資料
世界の傑作機No.141 メッサーシュミットMe210/410

Messerschmitt Me 210/410 in Action (Aircraft)


Me410の他の作品

me410_1401ttl2.jpgMe410A"第26駆逐航空団”(F-TOYS 1/144)



1/72ですが同じような仕上がりになってる作品。
me410_7201brog.jpgMe410V-1(ファインモールド 1/72)

1/72と1/144が同じような仕上がりというのは、うれしいのか悲しいのか・・・?
関連記事

イラン空軍調色第2回:F-14TOMCAT(hasegawa 1/72)

とりあえず良しとしてグラデーションかけて仕上げたけど、例によって次の日に見たらなんか違うような気がしてきた・・・。

もうちょっと、もうちょっと何とかしたらもうちょっとだけ良くなるんじゃないか・・・?
そんな不安定な精神で改めて色を加えてみることに。

いや、あくまでグラデーションの色味として少し変えた色をのせてみるだけ!ちょっとだけ!

と、自分に言いつつ始めるのだけど、大体全面塗りなおすことになるのがいつものパターン・・・。

どちらの色も感じはそのままに一段暗くした色を作ってみた。

作ってるうちになんか見覚えがあるな~と思っていたら、これってギリシャ空軍のF-4の色と一緒じゃね?と気づいた。
で、記事を見返したらMr324とMr307だったので、試しにそれをグリペンで試してみたら

f14_161009b.jpg悪くないんじゃない?

ブルーはもう少しトロピカルでもよさそうなんで、少しMr34スカイブルーを追加してみよう。
Mr324ももうちょっとだけ暗くしたいので、Mr73を加えてみる。

ギリシャ空軍と似ていながらも、イラン独自の感じが出ればいいのだが・・・。



f14_161009a.jpg塗装完了。
・・・・どうだろ?
・・・・う~ん・・・・・。

あまり変わらない?それは写真写りのせいだ。実際は全体的にワントーン落ちてます。




一回目よりかは”アリ”な感じにはなったけど、私がイメージしたのとはなんか違うんだよなぁ・・・
なんか、もっとこう・・・さぁ・・・? 
もっと?どう? どうしたらいんだろ?それすらも自分でよくわからん。

でも、もう時間切れだぁ~。
もう一週間ひっぱったら間に合わなくなるので、何とかこれでそれらしく仕上げていくことにしよう・・・。
関連記事

イラン空軍調色中!:F-14TOMCAT(hasegawa 1/72)

いろいろと資料をあたったところで、いよいよ自分のイメージを固めて調色していくよ!
・・・もうこの作業が本当にイヤ・・・。

f14_161008a.jpg
うちの”実験航空団所属”のグリペンで色合いを試してみた結果、やっぱりMr35やMr306はちょっと違うなという感じでした。



f14_161008b.jpgやはりMr11をベースにしたほうがそれっぽいかなぁと言うことで調色
・・・えぇ、自分のイメージより一般的なイメージに迎合しましたよ・・・。
少し明るい感じがしたので、Mr35を加えて落ち着いた色合いに。

そしてブルーはMr35にMr34を加えてみた。
ブルーにグレーを加えるんじゃなくて、グレーにちょっとブルーを加えた割合。


この手の色は思ったより「色味がないかな~?」「暗いかな~?」ってくらいにしたほうが落ち着いた感じでそれっぽくなる。

f14_161008c.jpgまずはベースのグレーを全体に吹いて、グラデーション。

思った方向性とは違うけど、これはこれで”アリ”なイメージの色かな?

続けてブルーで迷彩を・・・


f14_161008d.jpgって、下面ブルーなんかい!
ブルーのほうが面積広いのか。

ちゃんと調べないからこうなる。

八割くらいブルーで上塗り・・・。


f14_161008e.jpg良い色が出来るときは調色も少ない色でできることが多い。

今回もMr11にMr35、Mr35にMr43という3色でできた。

これはいいんじゃない?・・・しかし・・・。



う~ん、まぁ悪くない感じだけど、それでもちょっと明るいかなぁ。
気持ち、トロピカルな印象・・・

悪くはないけど・・・・・良くもない・・・。
これでいってもよさそうだけど・・・もうちょっと直したほうがよさそうな・・・・

いつものようにここで気の迷いが出てきます。
関連記事

ろうがんず杯参戦できず。

今週も一週間お疲れ様でした!
一般的には連休?私にゃ関係ないけどさ・・・。


10月10日に石坂さんが主催の「ろうがんず杯」作品展が催されるみたいですね。

模型コンテストとしては珍しく賞金が出るって事で、毎回鼻息荒くなってたんだけど、結局今年も参加できず・・・。

去年から”今年こそ”と思いつつ何作ろうか考えてたんだけど、どうもネタが決まらなかったんだよね。

いや、やってみたいことはそりゃ沢山あるけどさ、それが”石坂さん好みか”っていうのがね。

どちらかというとタミヤ系と同じ”アイデア重視系”のコンテストは苦手なのよ。
想像力が乏しいんで・・・。

私が制作意欲をかきたてられるのは実機の写真を見てというのが多いです。
とくにエプロンにたたずんでる姿とかにぐっと来るんです。

だから、ジオラマにしても見栄えがしないテーマなんですよね。
そんなつまらないの見てもらえないでしょ?


でも、もう一つ大きな原因があった
f14_161007a.jpg

”プラモデルを作る楽しさが伝わってくる作品”て・・・。そりゃ無理だわ。
苦悩・不満の連続で楽しくプラモなんか作ってないよ・・・。
関連記事
カレンダー
<< 10
2016
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
993位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
131位
アクセスランキングを見る>>