雷電32型(ウイングクラブコレクション1/144改造)

rdn_1404ttl.jpg

局地戦闘機 雷電 32型
(ウイングクラブコレクション1/144改造)


雷電32型(ウイングクラブコレクション1/144) rdn_1404d.jpg 局地戦闘機雷電32型(1/144)
雷電32型(WCC 雷電改造) rdn_1404e.jpg rdn_1404f.jpg

リアルたまごひこうき(?)雷電のバリエーションの本命、エンジン換装した32型の登場です!
この型は三菱と空技廠と2タイプありますが、これは三菱のタイプ。こっちのほうがメジャーですね。

雷電32型は排気タービン過給器が特徴の高高度型。
試作段階で終わった機体ですが、延長された機首や排気タービンなど、特徴的なので面白いです。

一通り日本機をそろえるとバリエーションとしてほしくなる1機ですね。

雷電32型(WCC1/144改造) 細部解説


rdn_1404g.jpgパッと見は一般的な雷電。
でも機首が延長されているので、ちょっとだけスマートです。

WCCの雷電はモールドも情報量多めで、スミ入れすると精密感が出て模型映えします。
左機首に追加されたインテイクにも注目。


rdn_1404h.jpgポイントの排気タービンはプラバンを刻んで制作。
細かくて特徴的な形状をしていますが、このサイズになるとあまりわかりませんでした・・・。

ここがこの機体のキモなので、タービン後方のインテイクの形状や、延長された機首も違和感ないよう丁寧に工作しています。
機首は一旦カットしてプラ板を挟み込むことで延長しています。


rdn_1404i.jpg完成後は背中に斜め銃を装備する予定だったそうなので、そちらも再現しています。

機銃は主翼のものも含め、いつものように簡単にラッパ形状を再現していますが、開口はしてません。

尾翼の機番は一般的な説のものですが、実機での確認はできませんでした。


rdn_1404j.jpg下面まで濃緑色というのも32型のポイント。
塗り分けがないのは楽で助かります。

足回りはこのように塗り分け。正直正解がわかりませ~ん。
この手の機体はこういった細部が意外とわからなくて、資料を当たれば当たるほど違うものが出てきたりしてとても混乱します。




資料がない機体を作るときは、自分でもある程度仮設を立ててアレンジしちゃいます。
今回も足回りの色など正解がわからないところがあったので、自分なりに理屈づけをして塗ってみました。

少ない実機写真を作り手がどう解釈するかってことなんですが、そのへんの違いが模型の楽しさであり、怖いところでもあります。
それが個性ともなるのですが、ダメ出しくらいそうでヒヤヒヤ・・・。

人の目が怖くて結局最終的には一番一般的なものにしちゃうんですよね。
考証派モデラーって小心者なんです。

製作日:2016年1月

DATA


参考資料
日本海軍極地戦闘機 雷電 モデルアート増刊号

世界の傑作機 No.61 三菱海軍局地戦闘機雷電


今回は用意しませんでしたが、今ならこっちの資料も役に立ちそうです。
モデルアートプロフィール 日本海軍局地戦闘機 三菱 J2M 雷電




関連記事

勉強し直しだ~ :X-Plane10

久しぶりにやって以来、X-Plane10をまた始めたくなってきました。

いろいろ覚えたんだけど、すっかり忘れてしまって・・・。
また基本から調べ物をしたりしてます。

おかげで模型はちょっと停滞気味・・・(F-14はやってます!)


興味ない人には申し訳ない。
でも飛行機好きなら興味あるかな?

意外と模型に役立つこともあったりするんで、おすすめですよ。

xp160928.jpg

パイロットって、大変なんだねぇ~。
関連記事
[ 2016 ] X-Plane10 | TB(0) | CM(0)

RJTY to RJTT :X-Plane10

すっかり秋の長雨の一週間でした。
こんな時は久しぶりにのんびりフライト。

実はPC(ゲーム専用機)の不調で遊ぶの自体がすごく久しぶり。
すっかり操作を忘れてしまってたので、思い出すべく飛びなれたところで慣熟飛行。

先日訪れた横田から飛び立って、気ままに飛んでみます。

xp160926a.jpg横田はシーナリーがないから殺風景だね。

使い慣れたバロン58で。


xp160926b.jpg
とりあえず横浜方面へ行ってみようか。
小さく見えるのはランドマークタワーかな?

RJTAは厚木基地。飛行機だとあっという間。


xp160926c.jpg
眼下に見えるは調布飛行場と味の素スタジアム。

う~ん、シーナリー(景色データのこと)をバージョンアップしたいなぁ。
もっと細かいらしいぞ。


xp160926d.jpgボーっとしてるうちにあっという間に羽田周辺に到着。そのままランディング。

手動でフラフラしながらも何とか着陸成功。

ここまで10分程度。飛行機だとあっという間だね。


久しぶりに立ち上げたらアップデートが始まってしまい、1時間近く待たされてしまった・・・。
おかげで近所を散歩したくらいしかできなかったよ。

今回は特に久しぶりで操作もろくに覚えておらず、こんな風にただ気ままに飛ぶだけになったけど、これでは目的もないだけにつまらないゲームです。

やっぱりある程度のルールに沿って目的をもって飛ばないと面白くないんだな。
やりこむととことん深いところまでいけちゃうから、本当の基本的なところまでしかわからないんだけどね。

機体個別の操作はもちろんのこと、機体の最適な重量から気象(実際のものも反映できる)、飛行ルートまで、実際の飛行に必要な知識を覚えないといけなくなっちゃうから、やりこむと奥が深いのだが。
プラモを作ってる時間がなくなってしまう~。


PCも復調したし、また定期的に運行したいな。
まずは新しい機体をマスターしたいね!

ちなみに不調の原因は
電源のコードがファンに接触しちゃうことが原因だったらしい。
・・・超初歩的なミス・・・ハジカシィ・・・。

小さいケースで組むのはパーツ選択が大事ってことだね。
コード着脱式の電源に買い替えたいな~。
関連記事
[ 2016 ] X-Plane10 | TB(0) | CM(0)

いらんひと手間 :F-14TOMCAT(hasegawa 1/72)

いつの間にか本腰入れないと間に合わない時期になってしまった!
夏の誘惑は怖いね~。

「まだ時間あるから大丈夫~♪」と他のもので遊んでたけど、そろそろF-14に集中せねば。

ということでA-4やB767は暫くお預け。

再開に際して改めてイラン空軍の機体を調べてたんだけど。

今回作るのは現在のグレー系3色迷彩の機体なんだが、ど~・・・うもね、・・・ないんですよ・・・。
下面の細かな筋彫り掘りなおすのが面倒だから貼っちゃった、フェニックスのランチャー装備した写真が。

もうフェニックスは装備しないし、このランチャーを使うこともないんだろうか?

でも以前はちゃんと使ってたわけだし、別につけててもいいんだけど、ランチャーが無くて下面がすっきりというのが現在のアリキャットらしさなのかなぁとも思いまして。
悩んだ挙句バキバキをとっぱらっちゃいました!

f14_160921a.jpg思ったほど接着剤もべったりしてなくて、これなら何とか修正できそうだ。
ランチャー取り付けのためにあけた穴に伸ばしランナーさして塞ぐ。

・・・いつものことだが仕様をはっきり決めないから余計な手間を・・・。


f14_160921b.jpg「下面でどうせ見えないから適当でいいや~」という気持ちと葛藤しつつ、埋まったすじ彫りをきちんと掘りなおす。
写真には写さなくても自分にはウソをつけん!

ここで手を抜くと自分のこの作品に対する気持ちが良くなくなってしまうので、愛してあげるためにもちゃんと直そう。



ほんとう、今回のはいらん作業だったね。
(=-ω-)・・・ : ”イラン”だけに・・・

えぇ・・・イランだけに・・・。


たぶんイラン空軍で取り上げられるとしたら
旧デザート迷彩にフェニックスの代わりにホークを装備したもの

・最近の直線的なスプリッター系のデザート迷彩の機体

あたりを作りこんだものになると思うんだよね。(グレー系は以前載ってるし)
だから頑張ってもしようがないというのもあるんだけど、ここで手を抜いたら不満が残ってまた作らないといけなくなるからね。

できる範囲でベストを尽くすわけですよ。
関連記事

基地祭で見かける”うへぇ~・・・”な人たち

基地祭は主に米軍のものにいってますが、見てて”うへぇ~・・・”って感じる人を見かける。
いや、祭りだから楽しみ方はいろいろあっていいんだけどさ。
個人的に見てて、なんか”痛いな~”思っちゃう人たちがいるんですよ。

まずは”ガイジソー好きギャル”
妙に色っぽい格好で(偏見でそう見えてるだけ?)猫なで声で(偏見でそう聞こえるだけ?)外人パイロットに話しかけてる奴らね。
なんだ?そんなに外人遺伝子が欲しいのか?ほら、そこの物陰でさっさとヤってもらえと言いたくなる。

外人ナンパしたいなら他にあるだろ。
外人好きな女っているよね~。そんなにマッチョがいいか。

お前らがへなちょこだからだろって?

・・・そりゃごもっとも。失礼しやした。



あと自衛隊のパイロットに「○○部隊にいた○○さん(だいたいちょっと階級上の人)知ってます?」とか聞いて、さも自分が精通してる、俺はこんな上の人とも知り合いなんだぞと斜め上から話しかけてる奴。
まぁ大概パイロットは「いやぁ・・・ちょっと存じませんが・・・」と苦笑いしてるが。

パイロットの代わりに言ってあげよう。
「そんなん知らんがな。」

あの内部通を気取ってる奴って何なんだろうね?


そこいくとさ、写真撮ってる最中に「このぉ飛行機はぁなんですかねぃ~?」と突然聞いてきた、ビール持ったおっちゃんのほうがよっぽど好感もてるよ。

サンダルにTシャツの私によく聞いてきたな~と思いつつ、KC-767が給油機だってことを教えてあげましたよ。
・・・たぶん10分後には忘れてるだろうが・・・。

それにしてもなぜ私なんかに聞いたのやら?


飛行機じゃなくて電源車やら地面を熱心に撮影してるのを見て、マニア度を感じ取ったのだろうか・・・?
diary160918a.jpg  diary160918b.jpg



あのでっかい飛行機は戦闘機じゃないよってことくらい覚えててね。おっちゃん。

そして昼間っから外で酒飲めるなんて、祭りは最高だね!おっちゃん!

”うへぇ~”な人たちも自分なりに楽しめたんなら、まぁそれでいいかー!
どうせ私も誰かに”うへぇ~”と思われてる一人じゃい!


diary160918c.jpg

ママー、アノ人消火器ノ写真撮ッテルヨー( ゚∀゚) (*´д`*)シッ !見チャダメ !
関連記事

横田基地祭2016:戦闘機編

3年ぶりの参戦で、横田基地祭に行ってまいりました!

なんか駅も改修されてたりして、だいぶ認知度が上がってきてるんだな~と感じました。

猛烈な暑さの8月から9月になったとはいえ、今日は大変天気も良くて日焼けもできましたよ。

とりあえずはメインの戦闘機を軽く紹介。
今年はちょっと少なめでしたね。

diary160917c.jpgまずはA-10!今年も会えてよかった~。

この飛行機、なんでこんなに魅力的なんだろう。

A-10やSR-71は気持ちが前のめり過ぎて手を出せない、特別な機体なんだよね。
でも、そろそろ作ってみたくなってきた!




diary160917d.jpg  diary160917e.jpg

今年の機体は汚しがキツめでちょ~かっこいい!やっぱA-10は使い込まれてるのがかっこいいよね。

diary160917f.jpgこちらも定番のF-16。
見慣れてるとはいえ、これも綺麗な良い機体だ。

以前の基地祭で夕暮れに帰投していくF-16を見て、「祭りを楽しんだ後、綺麗な夕焼けに向けて飛ぶ。気持ちよさそうだなぁ。」との思いを疑似体験したくてフライトシミュレーターを始めたんだよね。


同部隊のD型も居たっけ。

diary160917j.jpg続いてF-15
依頼で何度か作った馴染みのある306空のイーグル。

・・・正直、軽くスルー気味。
あまり見栄えがしないんだよね~。


diary160917g.jpg戦闘機の中では一番の目玉かな?
記念塗装のF-2。ピクセル洋上迷彩なんて、モデラー泣かせなことしてくれるよなぁ。

たぶんこれを綺麗に作ったら賞もらえますよ。ってな題材だね。


diary160917h.jpgこっちも珍しい洋上迷彩偵察型。
こちらは最近塗装されたものなので、F-2よりプラモっぽい鮮やかな色。

そのせいかなんとなく実感がない。いつもの迷彩のほうがかっこいいよな。


diary160917i.jpgで、さいごにT-4。
個人的には好物の練習機だけど、一度作りこんだのでちょっとお腹いっぱいな機体。

東南アジアに輸出して、変な迷彩してくれたら楽しいのにね。



今回戦闘機系はこれだけでした。

F/A-18もF-22もいなくて寂しかったです。

F-22、オスプレイはいるかと思ったけど、どっちも不在。

もしかしたら、もしかしたらB-1なんか?いたりして?なんて薄~い期待もしてたけど、さすがにそれはいるわけないか。

何にしてもちょっと寂しい展示でした。
でもその分大型機は結構あって、見ているうちに新たな興味が芽生えた感じもします。
先の旅客機熱がまだ完治してなかったせいもあるかも?

その辺はまた後ほど。
関連記事

Beaufighter Mk.10(F-TOYS 1/144)


Bristol Beaufighter(F-TOYS 1/144)

ブリストル ボーファイターMk.10
”イギリス空軍 沿岸航空軍団 第144中隊”
(F-TOYS 1/144)


ボーファイター(F-TOYS 1/144) Beaufighter(F-TOYS 1/144) bfghtr_1401c.jpg
bfghtr_1401d.jpg bfghtr_1401e.jpg bfghtr_1401f.jpg

1/144でキット化されなかったら作ることはなかったであろう、マニアックな機体。

でも自分では決して選ばなそうな機体を手軽に作れるのが1/144のいいところ。
知らない機体も愛でていると愛着がわいてくる。新たな好奇心を刺激されます。

一応双発戦闘機として開発されたようですが、性能不足のため夜戦や雷撃機として使われたそうです。
まぁ・・・戦闘機って感じはしないですよね。開発中はいけると思ってたのかなぁ・・・?

ブリストル ボーファイター(F-TOYS 1/144) 細部解説


bfghtr_1401g.jpg初見ということでまずはキットの素性を知るべく、シンプルな素組み。

でも実は筋彫りを掘りなおしていて、キットのままより引き締まった印象になってます。

単色なのでグラデーションも入っており、一見地味ですが”わかる人にはわかる”通好みな仕上がりになっています。


bfghtr_1401h.jpg翼端や前縁にあるライトもクリアにしています。

機体について全然知らないからこそ、わかる部分はちょっと手を入れてみました。

双発機は分割が多くて、合わせ目が目立ちがちですが、その辺もいつも以上に丁寧に処理して気にならないようしています。


bfghtr_1401i.jpgイギリス機の色はちょっと難しくて、少しバランスを間違えるとおもちゃっぽくなってしまい雰囲気が良くなくなります。

下面のダックエッググリーンもビン生だと鮮やかすぎるので、明灰白色を加えて彩度を落としています。



製作日: 2016年6月
関連記事

久しぶりにステーキ食えるか!?

今週末は横田基地祭だね!

最近は暑さにやられて行く気が失せていたけど、最近は時期をづらしてくれたおかげで行ってみようという気になってきた。

diary160914.jpg

意味不明なものにカメラを向ける変態がそこに。


もう3年くらい行ってないんだな~。

diary160914e.jpg
毎回、これが最後かもと目に焼き付けてくるA-10。

また会えるかな?

機能美の塊のような魅力的な機体だな~。



でも、何といっても楽しみはこれだよね。

diary160914b.jpg
焼いてるところがスケールが違ってて笑える。

味よりボリュームだぜぃ!


diary160914a.jpg
アメリカ~ンな甘さのケーキ。

味はアメリカ~ンだ。



日本の祭りとはまた違った雰囲気でたのしい。

diary160914c.jpg  diary160914d.jpg
隣の的にボールを当てると、ボブサップバリのマッチョが水の入ったドラム缶に落ちるという・・・。

いやぁ、能天気でいいなぁ~


夕暮れに響くボン・ジョヴィ(ライブもやってる)。ちょっと涼しくなってきて気持ちいいんだよな~

天気が心配だけど、久しぶりに行きたいぞ。


土曜日昼過ぎからの参戦予定。
もし行かれる方いたら、飲み交わしましょう!

(ヒトマルごとにツイッターで状況報告予定です)
@kurage_mokei

(=゚ω゚)ノ :私もステーキ食べてます!
関連記事

B737が何気に仕上がってきた。

旅客機熱の常備薬として久しぶりに引っ張り出してきたB737がいつの間にか完成間近になってました。


b737_160913a.jpgあとはエンジン回りを仕上げれば機体工作は完了ってところまで来てたんですね。

・・・忘れてたけど。
せっかくなので次のためにここは仕上げておこう。


b737_160913b.jpg形とか全く知らないんで、キットの状態のままただ綺麗に仕上げただけです。

普段の工作からいえばいろいろ手を入れたくなっちゃうところだけど、まぁ作りこんでも仕方ない作品だからこのままでいいっしょ。



b737_160913c.jpgあまりにシンプルなキットなんで、ちょっとはなんかしたいな~とは思っちゃいます。

で、軽く機体を調べたところ、お尻に穴があいてるみたいなんで開口。
APU(補助動力装置)の排気口?とりあえずこれだけ。

もう一段階工作レベルをあげちゃうと全体的にいろいろしたくなっちゃうからね。


b737_160913d.jpg・・・なんか完成しちゃったね・・・。

どうしよう・・・。完成して困るってのも変な話だな。


b737_160913e.jpg何となくノッてきちゃったので、小物パーツも仕上げちゃうことに。

といっても足回りだけだし、これまた大雑把な出来なんでちゃんとやるとなると面倒なことになりそうだ。

なのでカバーを薄くしたくらいにしておこう。



いやぁ、できちゃったね・・・まいったなぁ。

次は塗装に入るしかないから気晴らしにいじれなくなってしまった。

この際だから続けて塗装に入って仕上げちゃおうか?
でもF-14とかA-4を優先したいしな~。

それに、完成させたところで・・・・ねぇ・・・。
一時的にムラムラしただけで旅客機そんなに好きじゃないし・・・・困った。
関連記事

ギリシャ空軍はいいよね!

今週も一週間お疲れ様でした!

夏休み気分もだいぶ抜けて、セミも鳴き止み変わって秋の虫の音が聞こえるようになってきました。
音で季節を感じる。ニッポンジンは風流だねぇ。


さて、休み明けで模型感を取り戻すべく、先月の航空ファンなどをパラパラ見ておりました。

そこに載ってたギリシャ空軍のF-4E。1/144で作ったやつですが、やっぱりカッコいいね!

そういえばこれ作ってるとき、ギリシャ空軍のホームページとかも見てたんだけど、そこで見つけたのがギリシャ空軍の部隊マーク。

勿論部隊ごとにあるわけですが、これがセンスがいいのね!

盾の形に統一された外形に、結構細かくデザインされてるんだけど、いかにもギリシャ的な感じもあったりしてどれもかっこいいんですよ。

gea_EMBL-200X240.gif

空軍のエンブレムがすでにカッコいい。



110pm_EMBL-300X360.gif

これぞギリシャ!って感じ


day_EMBL-300X360.gif

基本的にギリシャ国籍の色を基調としてるので、全体的な統一感もある。


エンブレムというとどうしてもアメリカ的なシンプルなものが多いけど、こういう凝ったデザインも面白いね。



デザインセンスが素晴らしいというのもあるけど、”読めない文字”もかっこよさを引き立ててる。

ギリシャって主要な欧州の国だから他の国と同じような感覚で見てたけど、独自のギリシャ文字が使われてるんだねぇ。

ドイツ、フランスなど言語は違えど文字はほとんど同じだからあまり異質な感じはしないんだけど、ギリシャ文字は全く読めないからすごく神秘的なんだな。

海外から見た日本もそういう風に見えてるんですかね。


ギリシャ空軍は装備機もいろいろあって、マイナー空軍好きとしては一目置く存在です。
スペインと並んで機体が汚いのも模型的に面白い。

また他の機体を作ることがあるであろう、”メジャーなマイナー空軍”。今後も注目です。


他にもいろんな部隊マークがあるので、ぜひ一度見てみてください。


ギリシャ空軍公式ホームページ
まずは英語に切り替えて、上のメニューバー「STRUCTURE」>「UNITS」で一覧を見れます。
関連記事
カレンダー
<< 09
2016
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
81位
アクセスランキングを見る>>