こうさくの山場!:主翼接着

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記


工作を終えた主翼をいよいよ接着します!

昔から大戦機の主翼接着が苦手なんです。
苦手って?気もしますが、いつも胴体との合わせ目が汚くなっちゃって整形で手間取っちゃうんです。

ここって作業しづらいし、滑り止めとかモールドも入ってたりしてとても気を使うところですよね。
だから出来るだけいじらないですむように、一番気を使って作業する部分なんです。

で、私のやり方はこうです。


zero22_150505a.jpgまずは主翼の下面を貼る。

正面から見て水平垂直がちゃんと出るように気をつける。


zero22_150505b.jpg
主翼と胴体の合わせ目に隙間・段差が出来ないよう位置をしっかり合わせたら、翼端側を瞬間で一旦固定。

とりあえず仮止めなので一部だけ接着。これしておくと次の付け根接着のとき動いて接着剤が”ブニュ”っと出ちゃうことがない。


zero22_150505c.jpg
そしたら主翼付け根を流し込み接着剤で段差が出来ないように接着。

ここが勝負!ここで段差が出ないようしっかり位置を決める。


zero22_150505d.jpgzero22_150505e.jpg

上面の段差が出来ないことを最優先で位置決めするので、その分のしわ寄せが前後部分に主翼下面との隙間となって出てきちゃうけど、ここのほうが整形作業しやすいから大丈夫!
zero22_150505f.jpg
そうやって仕上げたのがこちら。
ほぼ整形する必要のない、綺麗な接着が出来た。

あとは軽くサフを塗ってちょっと整形すればOK!




主翼の上下をくっつけてから胴体と合わせようとすると、隙間が出来ちゃってたり、段差が出ちゃってたりして整形作業がとても手間がかかります。
このやり方ならその心配がないからかなり手間が省けます。

昔主翼組んでから胴体と接着して段差が出来ちゃって、それを直すのにヤスリがけしてたらそれが筋になって残ってしまった苦い思い出があります。

そんな経験からたどり着いたこの方法。
・・・いや、これが基本みたいだけど知らなかったんですよね~。

だって、説明書って大体主翼上下と胴体の接着をまとめて描いてるじゃないですか!でもその順番がとても重要なんですよね。

私みたいに知らずに苦労してる人がいるかもしれないので、今回は丁寧に解説してみました。

まぁ、なれてる方には今更?って内容でしたね。

さて、最重要の工作も終わりあとは合わせ目にサフやパテを盛ってしばし乾燥時間をとります。
関連記事

零戦(1/48)”士の字”前のひと工作。

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作レビュー



翼を接着する前にやっておきたいことがいくつかあるので、その辺を工作します。



zero22_150428a.jpgラダーを切り離す。

一体パーツでスジ彫りを深くするのと別パーツなのでは見た目にどれくらい違いがあるのかなというのを見たかった。だから動翼を切り離すのはここだけ。中途半端です。

決して動かすつもりはない。今回は。




zero22_150428b.jpg薬きょう排出口の奥行きを出す。

昔はただ開口して奥行きを出しただけだったけど、構造を考えるとそんなまっすぐ奥までいってるわけじゃないよね。

たしか銃身の横についてるはずだから、こんな風にカーブしてるはず。


zero22_150428c.jpg
・・・のぞいてみたらほとんどわかんない・・・

手間のかかった作業の割りに効果は少ないね。




残念ながら効果はあまりなかったけど、実機の構造をわかった上でやると説得力がでますよね。
特に大戦機は構造がシンプルだし資料も結構あったりするので、こんなちょっとしたところでも調べてみると作り方も変わってきます。

まぁ、知れば知るほど面倒が増えるだけなんで、ほどほどにしたほうがいいですけどね・・・。
関連記事

あなたの気持ちは重いのよ・・・

F-5Aフリーダムファイター(イタレリ1/72)製作記

F-5Aフリーダムファイター(イタレリ1/72)製作記


やるなら最初に作りこんでから、3機まとめてサラッと作ろうということで過去に作りこんでたものに移行して再スタートした今シリーズ。

作りこむとか言った以上、とことんやってやろう!ってことでさらに手を入れ始めてしまいました。

f5_150413f.jpg
F-5を作りこむといったらやらなきゃならないことがある。
そう、機銃部のオープン。

F-5モデリングの最大にして唯一の見せ場といえるのがこの部分。正直F-5ディテールアップの基本です。

この機体は下面以外で開けてアピールするところが少ない。
これ以上やるとなると後部胴体を外してエンジンを出すくらいしかないので、ここをやるしかないのね。

そんなわけで結局鼻息が荒くなって後先考えずに開口しちゃいました・・・。

本当はやるなら胴体接着前に裏から壁とか作るのがいいんだけど、果たしてこの状態からちゃんと作れるのか?


・・・すでに苦戦必死の様相を呈してきたが・・・どうしてもね・・・気持ちが・・・入っちゃう・・・
いや、入りすぎちゃう・・・軽く付き合えないんだよね、このコとは・・・

その結果また止まってしまうと・・・
止まらないまでもかなり時間がかかってしまいそうになってきました。


そんなわけでジェット機製作ラインはもう一つサラッといけそうなものを物色中です。
まだ何にするか決めてないけど、探す気満々なので何か始めます。
関連記事

胴体接着前にやりたいこと。

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記


コクピットが出来ちゃったらもう胴体を組み立てちゃいます。
で、もう一つやってみたかったことがあったので、いじってみます。
今回は実験台的なモデリングでもあったから遠慮なくやってみよ~。

zero22_150423a.jpgこの機首にあるスリットを開けることの効果を見てみたい。

まずは丁寧にカットして淵を薄くします。
余計な修正しないよう、新品の硬い耐水ペーパー各番を駆使しつつ綺麗に開口成功。


zero22_150423b.jpg
スリットの後ろが隔壁になってるみたいだからプラバンで壁を作る。

ここは見えないとこだから、瞬間で雑に接着。


zero22_150423d.jpg
取り付け基部?みたいのが3箇所(青竹色のところ)、あと懸架の支柱みたいのとタンクが見えるみたいだからそれっぽいのを塗ってから取り付け。

手が入らない隙間だからこの段階で仕上げておかないとね。


zero22_150423c.jpg
中から見るとこんな感じ。かな~り手抜きです。
上写真で見てわかるように、ほとんど見えないんだねぇ。

ゴミみたいなくずプラ棒を貼ってくんだけど、組んじゃってたから作業しにくくて大変!



こういうところを作るのって、まぁディテールアップの基本だけど、効果はどうなの?ってのがありますよね。

今回も「中になんかあるみたい?」って思われればいいなと思ってやってみましたが、効果はそれなりにあるかな?
少なくとも黒でスミ入れするだけよりかはましでしょ。

胴体の工作はこれでOK!後はしばらく整形作業が続きます。
実はもう一つやったことあったんだけど、失敗してしまったので・・・いずれNG集でお見せしましょう。
関連記事

何もせずにいられるか!

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記

零式艦上戦闘機22型(ハセガワ1/48)製作記


さらっと終わったはずのコクピットですが・・・
そのままで気がすむわけない!

多少なりともやっぱり資料見ちゃうじゃないですか。そうするとね、こう、ムズムズしちゃうんですよ。
これはもうモデラーのサガだねぇ・・・。

ハセガワ1/48の零戦コクピット一体モールドだけじゃやっぱり寂しいよね。

適当なコード類を足して雰囲気を出してみた。
あくまで”雰囲気”を出しただけなんで、正確じゃないです。
一応それらしいところにそれらしいものを足してはいるけど。


零戦22型(1/48)コクピットディテールアップ
それらを含めて再塗装したのがこちら。

接着とか結構雑だったんで、ごまかすためにもガッツリ汚しをしちゃいました。
これで作品の方向性は決まったなぁ・・・


zero22_150421c.jpgzero22_150421d.jpg

左右はこんな感じ。おわん型のライトがポイントかな。
あとは空いてるところにコードを通しただけなんで、資料性はないです。
zero22_150421e.jpg
床にも少しコードを這わしたけど、左右の壁面をつけたら引っかかって付けられなくなっちゃった。

やむなくほとんどカットしたけど、組んでみたらそれほど見えず・・・
つけなくてもよかったじゃん・・・



やる気はなかったんだけど、こうやって出来るとちょっとは気持ちが入ってきますね。
あまり思い入れせずさっさと片付けるつもりだったけど、ちょっと楽しんじゃいそうだな。

まぁこういうのが模型の楽しいところだからね。

関連記事

144プチオフ会内容

先日の144ぷちオフ会に参加された方々が当日の様子を掲載していますので、そちらをご覧ください。

・fumi's 144工房
・KYモデラーズ
持ち込まれた作品群が掲載されてます

関連記事

P144ぷちオフ会行ってきました!

P144ぷちオフ会に参加してきました!
1/144好きが集まった会で、展示会ではなく参加者が持ち寄ったのを肴にあれこれ雑談するゆる~い会でした。

でも、いいよね。そういうゆるい感じが。
初参加でしたが自然とお話に混ぜてもらえて、いろいろ聞けて勉強になりました。

私も1/144はそれほどメインではないんだけど、作者さんたちが面白い人たちなので、仲間に入っていたくて1/144やってるっていう感じになってきてます。

だから今回も私はへなちょこを一つ持って行っただけ。正直皆さんのみて刺激をもらうのが目的でした。

考えてみるとスケールでまとまるのって珍しいですよね。
だからこそ飛行機だけじゃなくてAFV(もともとはこっちから始まったブームでしたね)やらガンダム、SFなどジャンルは何でもありってことで、縛りのないジャンル横断的な自由な作品が楽しめる。

飛行機のディテールばっか気にしちゃう私なんかにはとても刺激になります。

こういう知らない人に会う会って、私みたいな人見知りには緊張感はんぱないけど、終わってから行ってよかったと思えるので、これからも出来るだけ参加したいな~と思いました。


詳細は参加された方のブログに載るかと思いますので、後ほどそれを紹介することにします。
(人任せ!)


今回の収穫は
ライバルは3Dプリンターだな・・・
ってこと。すごいっスわ・・・。
関連記事

P144ぷちオフ会

明日は念願のP144初参戦!
と言ってもオフ会形式なのでお気楽に参加

久しぶりに同じ趣味の人たちに会えるのが楽しみだな~
1/144モデラーの方たちは飛行機へのこだわりはもちろん、見せ方と言うか楽しみ方が幅広くて、細かいとこばっかり気にしちゃう私にはとてもいい刺激を与えてくれます。
今回もどんなアイデアにめぐり合えるか楽しみ!
p144.png

1/144の物販イベント「模型コンベンション」もやってるみたいなので、興味のある方はいってみて下さいね~。

見かけたら遠慮なくお声をおかけください!

あ、やばい、1/144大した新作が無い・・・・何もっていこう・・・
関連記事

ホシイモノ:キ10 九五式戦闘機(1/72)

こんなのが出るみたいです。



川崎 キ10 九五式戦闘機 2型 コンボ (1/72 2機セット)


すっかりハセガワの商品戦略として定着したコンボセットってやつ。
今回はまんまとはまってみようかな。

複葉機最後の世代の機体ってのが結構好きなんですよね。

九五式戦、I-15、F3F,・・・単葉へ移行する前の、機動性からスピードへ飛行機の本質が変わる最後の世代。

世界中の設計師が自分の考えに基づいて、個性的なデザインを花咲かせていた時代の飛行機。
こういう過渡期のものって、飛行機に限らず面白い。玉石混合ですが、そこがいいよね。

kurage的ラインナップからはちょっと外れてる感じですけど、これは欲しいかも。

・・・複葉機って面倒くさいんだけど、欲しいときはそういうこと忘れちゃうんだよね~・・・。
関連記事

軽い気持ちでなんか付き合えないよ・・・だって・・・

modelling F-5A FreedomFighter(itareri1/72)

F-5Aフリーダムファイター(イタレリ1/72)製作記



影分身で3つに分裂後、スジ彫り作業をチマチマと進めてるわけですが・・・。

その際に”実は同時に作ってた2機と以前作ってた2機も合わせて3機同時に”って言いましたが、2+2=4だよね?

その仲間に加われなかった1機というのがこれ


状態としては同じじゃん?って感じですが


f5_150413b.jpg
コクピットはイタレリ1/72のF-5EタイガーⅡから移植したモールド再現のもの。

あとF-5系のポイントであるコクピット後部も工作すべく加工してある。
やばい・・・やるのぉ?これ?


f5_150413c.jpg
もうね、しっかりリベットまでやっちゃってるんですよ。

・・・こんなとこどうやってこんな綺麗にリベット打ったんだか・・・


f5_150413d.jpg
スジ彫りが少ない尾翼はリベットが入るとだいぶ見栄えがするようになる。

でもその手間は結構なものなので、今やってるやつはここまでやらない予定なんだよね。


F-5Aフリーダムファイター(イタレリ1/72)製作記
・・・足回りも無駄にこだわってる。
元気あったな~・・・

まぁ、ちょっと工作が寂しいのは当時の知識の限界か。


このF-5Aフリーダムファイターもうちの”オーパーツ”の一つ。
思い入れが強すぎて息切れしちゃったパターンです。

今回サラッとまとめてやる上で、このレベルで合わせるのはつらいので、これだけは仲間に入れなかったんだよね。

でもいじってたらやっぱり作りこみたくなってきちゃった・・・
だって・・・F-5好きなんだもん!

だから方向転換!
このオーパーツをきっちり作って、そこから省略しつつ3機を改めて進めることにしました!

足りないのを作ってからまた改めてしっかり調べなおすより、しっかり調べたものから必要な部分だけ再現するほうが効率的だからね!

ということでF-5Aフリーダムファイター(イタレリ1/72)「3機まとめてサラッと工作編」は
「じっくり作りこみモデリング編」へ変更してお送りします!
関連記事
カレンダー
<< 04
2015
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
72位
アクセスランキングを見る>>