Ju-87スツーカ"砂漠迷彩”(ウイングクラブコレクション1/144)

Ju-87スツーカ(ウイングクラブコレクション1/144)

Ju87R-2スツーカ”第3急降下爆撃航空団本部”
使用キット :ウイングクラブコレクション1/144
製作日 :2014年12月2日

第二次大戦の戦端を開いたドイツ電撃戦の主力Ju87スツーカ。
急降下爆撃機の代表である機体の初期のタイプであるR-2。
個人的には後のすらっとしたノーズのG型より、無骨な機首の初期型のほうが好きですね。

Ju87R-2(1/144)
Ju87R-2 第3急降下爆撃航空団本部

いつものようにMYKデザインのアシタノデカールを使用しました。
マーキング自体は機番や国籍マークのみのシンプルなもの。その分迷彩の出来が作品の印象を左右します。


Ju87R-2スツーカ 砂漠迷彩
ウイングクラブコレクション(1/144)のJu87スツーカはフラップ等も一体になったシンプルな構成。いかにも食玩キットな内容です。


でも太目ながらきちんと入ったモールドや、省略されてない細部など、作ってみると結構かっこいいです。


Ju87 Trop 1/144
エデュアルドからもキットが出ていますが、そっちはコクピットが埋まってたりして、作りこむならどちらもそんなに簡単ではなさそう。
(まぁもちろんエデュアルドのほうが総合点は上ですが。)


ウイングクラブコレクションも手軽にJu87スツーカを楽しむなら十分選択肢に入るキットだと思います。


MYKデザイン Ju87スツーカ
今作のポイントはなんと言っても砂漠迷彩。1/144でどこまで出来るかな~と様子見的にやってみましたが、特に問題なくそれっぽくなったのでは。


使ってるのはダブルアクションの0.3ミリの普通のエアブラシです。薄め加減とか気をつければこれくらいのものなら特別な技術はなくて大丈夫そう。


ドイツ機の砂漠迷彩(1/144)
斑点迷彩はぼかし具合も大事ですが、それ以上にいかに自然な感じにサイズ、位置を散らすか。
気づかずに規則的に並んじゃったり、サイズが揃っちゃったりするんですよね。


こればかりは数こなして雰囲気をつかんでいくしかないのかな~。実機も大体片面しか写真ないし、某社キットの説明書は普通に左右対称になってたりするんで、いいなと思った作例を参考にアレンジするしかないです。


ju87_1404e.jpg
追加工作は主翼前縁のライトをクリア化、胴体下面のアンテナ(?)、ピトー管の金属線くらいです。


ダイブブレーキや機銃もディテールアップポイントですが、とりあえずパーツがちゃんとあったのでそのまま。


ju87_1404f.jpg
砂漠迷彩ということで砂漠の情景風に・・・


(☆∀☆) :ア!わらびもちダ!

:ま、待て待て、まだ撮影中・・・

ω_(゚∀゚ )≡ モヒョヒョヒョヒョ ヽ(Д`*)ノ≡ コラァァァ!! カエセヨー!!!!



~ 使用したキット ~

古いキットなので入手しづらいようです。
関連記事

F-104スターファイター3部作 完結です!

年内最後の新作が何とか間に合いました!



F-104Sスターファイター”イタリア空軍機”、HPに無事掲載です。

まぁこちらもよく見る機体なのであまり新鮮味がないけど、マルヨンバリエーションとしては外せないですよね。

くらげの迷走 >GALLERY >F-104Sスターファイター”イタリア空軍”
よりご覧ください!
関連記事

アヴァンティ出るのか! :欲しいもの備忘録

製作記だけでは更新が滞ってつまらないので、違うことも書いていこうかなと。

雑誌とかみて”欲しい!”と思っても、大人の事情で買えないからあきらめちゃうけど、いつか買える時が来るはず。
そんな日のために物欲を備忘録的に記録することにします。

今回グッと来たのは「ピアッジョP180アヴァンティ」(Aモデル)
アヴァンティ!いい!

民間機だけど、最近フライトシミュレーターで知って興味が出てるんだよね。
独特の形がいいなぁ。なんでもターボプロップビジネス機としては最速なんだって。
p180avanti.jpg
ピアッジョP180アヴァンティ(Wikipedia)

問題は・・・Aモデルってことだな。
Aモデルって、ラインナップは結構面白くて”やるな”って感じだよね。でもウキウキしてあけたらガッカリっていう思いを何回かしてきたので、今じゃ疑心暗鬼で手が出ないけど、最近のはどうなんだろ?
果たして出来はどうなのかな?

発売は2月予定、価格は7020円
ホビーサーチで予約受付中ですよ。
・・・2月か・・・その頃はどうなってるかわかんないから・・・とりあえずアラーム的に記事を予約投稿しておこ。
関連記事

デカールのシルバリングを直す :F-104スターファイター(ハセガワ1/72)

F-104スターファイター(ハセガワ1/72)もいよいよ完了です。

最後に困ったシルバリングについてご報告。

F-104(1/72)のシルバリング
イタリア空軍のF-104Sは問題なかったけど、ドイツ空軍のF-104Gのデカールは結構な量がシルバリングした。

表面は滑らかにしていたにもかかわらずなんで、これはデカールの質なのかな?

寒い時期に作業したから糊がちゃんとついてなかったってこともあるのかなぁ。


F104_141222b.jpg
こういう注意書きのクリア部分に起こると、ほんとに困っちゃう。

私はこういった場合はかなり薄めたクリアを多めに吹いちゃう。
クリアを薄めたってより、シンナーにクリアをちょっと足したってくらい。

それを表面が濡れる感じにブッと吹く。
やりすぎて塗装を犯さないようには気をつけて。


F104_141222c.jpg
そうするとデカールを侵してシルバリングは何とかおさまる。

そのせいかデカールがちょっと膨らんじゃう気がするけど、シルバリングしてるよりはいいかなと。


デカールのシルバリング直し方
ただこのシンナーがけが後々にどんな影響を及ぼすかは不明。
今のところこれまでの作品で問題がでたことはないけど、やられる方は自己責任でお願いします。

デカールのふくらみは最後のクリアのつや調整である程度なじませられるから、今のところシルバリング対策はこれが一番かな。
楽だし。


某老舗模型店の店長に相談したら、針等で所々つついて、マークセッターを流し込むのが良いと教えてくれた。
何か裏技あるかなと聞いたけど、いたってオーソドックスな方法が一番なんだな。

F104_141222e.jpg
最後にもう一点ポイントを。

このF-104は組み立て段階で主脚を取り付けるようになってる。
でもさすがにそれは後の作業で邪魔になるので取り付けず、最後にこの部分をカットして脚パーツを取り付け、パーツをつけなおして再塗装をしました。

リアルを求めたために生じた、やむを得ない作りなんでしょう。



と、これにてF-104スターファイター(ハセガワ1/72)の製作記は完了です!
長い間お付き合い頂きありがとうございます!

何かご質問等あれば何でも聞いてくださいね。
関連記事

飛行機モデラーの要望!

今週も終わりましたね。
ようやくF-104スターファイターの第二弾も掲載し、残すはイタリア空軍のみ。
週末に撮影したいけど、いろいろ走り回る季節ですからね。果たして時間が取れるか・・・。

飛行機プラモを作ってて後半に毎回思うことがある。

翼端灯を塗るとき、”小瓶でいいから赤青黄色クリアーセットを出して!”ってこと。

飛行機プラモでクリアカラー使うことって少ないよね。
でも翼端灯は必ず塗らなきゃいけない。
そうすると・・・たまにしか使わないから塗料がカチカチになっちゃう!

現に今使ってるカチカチクリアーはもうかなり使ってますね。
残ってるのに新しいの買うのも癪なんで、使う前にちょっとシンナーたらして表面を溶かして塗る。
びんぼーくさ~

もう、少量ずつでいいからセットで出てればな~と思っちゃう。
たぶんみんなもそうでしょ?

はたして今のカチカチを使い切るのは何十年後になるのやら・・・。
関連記事

マルヨン第二弾完成です! :F-104G”Luftwaffe”

F-104三部作の第二弾は西ドイツ空軍仕様のG型です!

タンク装備の一番オーソドックスなスタイル。
そして自衛隊以外の主要なバリエーションのドイツ空軍のスプリッター迷彩。

もう基本過ぎてインパクト薄!

F-104Gスターファイター”西ドイツ空軍”(hasegawa1/72)

HP「くらげの迷走」>F-104Gスターファイター

に掲載中です!
残すはイタリア空軍。果たして年内掲載間に合うか!?
関連記事

F6F-3ヘルキャット”キャットマウス”(ウイングクラブコレクション1/144)

F6F-3ヘルキャット ウイングクラブコレクション1/144

F6F-3ヘルキャット”キャットマウス
使用キット :ウイングクラブコレクション1/144
製作日 :2008年3月8日

日本人にとっては”憎っくきぐらまん”。ヘルキャットの登場。
しかもヘルキャットの本命”キャットマウス”を描いたVF-27のエース、リチャード・スタンブック大尉機です。
これまでいくつかヘルキャットは製作してきましたが、ヘルキャットといえばやはりこれですよね。

F6F-3 Hellcat"VF-27"
VF-27 Richard Stambook USS PRINCETON

米海軍機はトライカラーのほうが断然魅力的。今回もいい感じに仕上がりました。
F6Fのキャットマウスや国籍マークはいつもおなじみMYKデザインの「アシタノデカール」
ほか尾翼の番号や撃墜マークは他からの流用やオリジナルインレタを使用しています。


F6F-3ヘルキャット(ウイングキットコレクション1/144)
とにかく頑丈なイメージのグラマン。ゼロ戦などと並べてみると、その大きさ、力強さが良くわかります。

あまり細かいことは気にせず、大馬力エンジンでひっぱり回すという大雑把なデザインに見えますが、よく見ていくと細かいところにもちょっとしたアイデアがあったり、なかなか興味深い機体です。


1/144のトライカラーのF6FヘルキャットウイングクラブコレクションのF6Fヘルキャットは、密度の濃いモールドが雰囲気あってとても良い。後に出たプラッツのF6Fのキットがすっきりとした作りなので、素組みの見栄えとしてはこちらのほうが楽しめます。

もちろん作りこむなら小パーツの出来がいいプラッツキットのほうがベースには最適。

トライカラー機とするために5型のキットを3型に改修しています。
といってもキャノピー後部を窓にしたくらいです。他にも違いがあるのかな?


F6FHellcat(1/144)のディテール
MYKデザインの「アシタノデカール」はブルー一色の機体をチョイスしていますが(5型にあわせた為?)、どうせなら派手なトライカラーでしょう。

写真のせいで明るいブルーの感じですが、実際はもう少し落ち着いた色です。
フリーハンドの塗りわけで自然な感じに。まっすぐ塗るのはちょっと緊張します。


F6Fヘルキャット MYKデザイン1/144MYKデザインの「アスデカ」のキャットマウスは側面部分だけなので、正面部分は塗装にて仕上げています。
この辺の牙の出具合なんかはイラストによって違ったりしますので、一番それらしいものを参考に塗装しました。

厳密なことを言うと目や口のデザインが機体によって違いあるようなので、この機体に関しても正解だとはいえないかもしれません。
意外と奥が深いです。


F6F-3下面ディテール
下面はロケット弾の穴を埋めたくらい。あとは後部胴体のライトに色を入れてアクセントに。

それにしても尾輪の形にしてもモールドやリベットの入り方にしても、このキットは本当に出来がいいです。


F6F(1/144)アシタノデカール キャットマウス最近気がついたんですがこの顔、怒っとるなーと思っていましたが、正面寄りから見ると笑って見えません?こんなのに追い掛け回されたら、怖くもあり癪ですよね。なめられてるみたいで。

当時どちらのつもりで描いていたかはわかりませんが、私には笑い顔に見えるようになってしまいました。これもまた好きになってきた理由です。

皆さんはどう見えますか?


それにしても・・・キャットマウスって・・・
少なくとも猫じゃないよねぇ? ヘル”キャット”だから?
関連記事

バランスが大事だよね。

久しぶりにいろんな模型のHPをうろうろしてみた。

皆さんすごいな~。なんか気持ちが入ってるよね。見てても楽しくなってくる。

こっちは最近溢れかえった在庫を何とかしようと、とにかく作ることに必死で、作りこみとかほとんどしてない。
だから一応できるけど、見てても面白くないよね。

だから今度はじっくり作りこんでみたいなと、何にしようか物色中。
在庫もある程度片づけたし、たまには買ってもいいよね?

(=゚ω゚) :・・・なんか、完成したほうがデカくて邪魔じゃない?

おっとっと、それは言っちゃだめですよ~。


結局、模型好きの在庫が減ることなんてないのさ・・・。
関連記事

イタリアは満載! :F-104スターファイター(ハセガワ1/72)

今3作品のメインであるイタリアのF-104Sスターファイターは武装満載予定。
これを見つけてF-104スターファイターを作りたくなったから、ちゃんとやらねば。

ハセガワ1/72のウエポンセット3ハセガワのF-104スターファイターにはウエポン類は入ってない。
別売り買ってね!ってことのようなので、手持ちのウエポンセットから持ってきた。

AIM-9は初期のB型、あとAIM-7。これを装備できるようにしてるのがF-104S型のようなので、これが主役といってもいいね。


F104_141208b.jpgただこのウエポンセットのシリーズは古いものなので、各部が厚くディテールも今いち。型がゆがんで断面も円になってなかったりします。

・・・このウエポンの羽を薄くするのって、効果満点だけど、面倒くささも満点なんだよねぇ・・・
でも主役だから手を抜くわけにはいかないよねぇ・・・

”しぶしぶ”ヤスって薄くしましたよ。


F104_141208c.jpgヤスリでやるとどうしても薄さが均一にならない。

本当はプラバンで作り直すのが理想だけど、同じ形を切り出すのも結構面倒。
つるんとしたところに強度を保ってしっかり付けるのも面倒・・
それを綺麗な十字に取り付けるのも面倒・・・

主役だけど、これくらいで勘弁してね、AIM-7。
AIM-9も同様に薄く加工。



ミサイル満載は見栄えがするけど、ミサイルの工作がこんなに面倒くさいのはなんでだろ?
みなさんどうです?ウキウキミサイル作れる人っています?

そんな方がいたらぜひその時の心境を伝授いただきたい!

~ 今回使用キット ~
F-104S/F-104G スターファイター(ハセガワ1/72)
エア-クラフト ウェポンIII(ハセガワ1/72)
関連記事

Su-27フランカー”第60戦闘航空連隊” :ディテール編

全体に続いて各部を簡単に解説。
といってもほぼキットのままなんで、作りながら思ったことなんかを。

Su-27(1/144)機首部アンテナ
今回唯一といっていい改修ポイントがこの機首部にあるピトー管類。目が行くとこだし大きくて目立つのでさすがに無視できません。

素材は金属線を加工したのもなので、強度はバッチリ。出来れば機首下面にあるアンテナ類も作りたいところですが、今回は様子見なので必要最小限のもののみです。

心配なトランペッター製Su-27のキャノピーの形も、単座型に関しては問題ないようですね。


トランペッター1/144 Su-27機銃周り
こちらも目が行く機銃周り。スリットが沢山あって情報量があるところですが、キットはツルツル。

本来はちゃんと彫りなおすところですが、今回は塗装で再現。そのため近くで見ちゃうと雑な感じです。

インテイク側面にもスリットの入ったパネルがあるんですが、こちらもツルツル。ここは手を抜いてしまってそのままです。


MYKアシタノデカール Su-27
塗装は一番基本的な感じで調色しました。ロシア軍は塗装の質が悪いのか、環境が厳しいのか、適当なのか・・・わかりませんが、個体によってパターンや色が微妙に違うので、特定の機体を作る際は出来れば実機の写真を見つけたいところ。

今回の機体に関しては実機写真が見つからなかったので、初期の標準的なパターンにしてしまいました。


フランカーのエンジン塗装
ここもSu-27フランカーのポイントの一つ、エンジンの表現。とことん手を入れて精密感を出したい部分ですが、今回は3段階くらいで色味を変えてグラデーションを加えたのみ。

中部の青みのあるパネルの表現をうまくやると、グッとリアルに見えるのでしょう。
・・・・私はうまいこと出来なかったのでこの程度です・・・。


su27_1401k.jpg
キット付属のミサイルはなかなか出来のいいもの。ノズルを開口したくらいでそのままです。

インテイク側面のアンテナは再現されてないので、プラバンを加工して追加。・・・これも結構目立つパーツなのになんでないんだろ?

ダブルの前脚とか複座のコクピットとか余剰パーツがあるのに、必要なものがなかったりして、やっぱりトランペッターな感じです。


Su-27(トランペッター1/144)
以上、細部に関してはこんなところです。
私はフランカーフリークではないので細かいところはよくわかりませんが、全体的には悪くないキットなのではないでしょうか。何だかんだいっても基本形は悪くなさそうなので、思い入れ次第で手の入れ甲斐のあるキットだと思います。

他スケールでいろいろ言われてる複座型のキャノピーの形がどうなのか気になりますが、いずれはまた作ってみたと思うキットでした。



~ Su-27フランカー(トランペッター1/144)を作りたくなった! ~
使用キット
Su-27 フランカーB (トランペッター1/144)をアマゾンで探す!


トランペッターのSu-27別バリエーション

Su-27UB フランカーC(トランペッター1/144)


使用デカール
Su-27 「ロシアン・フランカー」 #1 MYK DESIGN [アシタのデカール]


その他デカール

Su-27 「ロシアン・フランカー」 #2 MYK DESIGN [アシタのデカール]

関連記事
カレンダー
<< 12
2014
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
113位
アクセスランキングを見る>>