F/A-18Fスーパーホーネット(1/48):工作仕上げ!

土曜更新から水曜にお引越しです。

いか~ん!ダラダラしてるうちにスケビにスパホが載っちゃった!
でもあまり製作記的なことは書いてなかったからセーフ!

読んで作りたくなったらこちらも参考にしてね!

今回で工作編はとりあえず完了です!(ウエポンはまだ決めてません)

FA18F_140430a.jpgまず「AN/ASQ-288ATFLIR」というポッドを取り付けマス。
上のフェアリングの形状は、実際のものとちょっと違いみたいです。

でも直すの大変だからこのままで。

フェアリングはパーツの形もどこからがヒケなのか分かりづらい曖昧な形状。ここだけどうした?って感じです。


FA18F_140430b.jpgココに関しては合いが悪いです。

だからフェアリングの裏や胴体側の赤い部分なんかを削って出来るだけ隙間が出来ないようすり合わせます。

まぁタンクとかつけちゃったらあんま見えないだろうから、適当でも良さそうですけどね。


FA18F_140430c.jpg
だいぶいい感じでしょ?

あとはサフを盛って隙間をなくします。


FA18F_140430d.jpg先に脚収納部の白を塗ってしまって、最後にここのパーツをつけました。

よく作例なんかだと脚の中を先に塗るって書いてあるけど、なんでなんだろ?

よくわかんないけどうまい人がそういうんだから、それが正しいのだろうと真似しています。


FA18F_140430e.jpgキットのHUDはクリアパーツで一体になったもの。
ホーネットのHUDはガラスが2枚だから、一体になってるのはちょっといただけない。

今回はF/A-18Cホーネットに付属のエッチングパーツを持ってきてつけました。


F/A-18C作るときはどうするつもりなんだか・・・。



あとはキャノピーをつけて、各部をマスキングしたらいよいよ塗装に突入です!

でもヨンパチの塗装って、手間かかりそうでなかなか手を出せないんですよねぇ。

気持ちが高まってきたらいきます!
関連記事

F-104 :はじめます。

クフィルも無事掲載したことですし、次の国へ飛び立ちましょう。

予告どおりF-104をはじめようと思ってますが、まずはこちらを

F104_140428a.jpg
いきなり出来ちゃってます!


そうなんです。実は作っちゃってたんですね~。ご覧の通りイタリア空軍のフェラーリ仕様。

ただね、これはちょっと別のことで作ったものなんで、製作記は掲載しないのです。
素組みで大して書くこともないし。

これはパパっとハセガワ1/72のF-104を作ってみたんですけど、とても作りやすかったんですよ~。
パーツの精度もいいし、本当に素組みで簡単に良く出来たものが完成しちゃったので、「こりゃイケル!」となったわけです。

作る際にいろいろ調べてたら、面白いのが見つかって、”イキたく”なってしまったのです。

マルヨンは昔からドイツ空軍のスプリッター迷彩を作りたいと思ってて、デカールやキットも用意してありました。
あと今回”イキたく”なったのは、イタリア空軍機。通常のね。

なんでもイタリア空軍のマルヨンはスパローが搭載できるそうな。
胴体にサイドワインダー、主翼にタンクとスパロー、そして翼端にサイドワインダーでもうピンピン尖りまくってるんです。

こりゃいくしかないとデカールとか探してみたら、普通にハセガワの定番がイタリア機。しかもドイツ機のも入ったお得仕様でした。(しかも安い!)
F-104S/F-104G スターファイター(ハセガワ1/72)


こいつを買って、在庫とあわせて伊・独まとめていってやろうじゃないか!
と、改めて在庫キットをチェックしてみたら

・・・なぜか2機分入ってました・・・。

え・・・3機になっちゃったかぁ・・・どうしよ・・・。

そういや、ドイツの海軍機仕様もなかなか渋かったような・・・。

というわけで、伊・独(空・海)3機まとめて製作することになりました!

作りやすいキットとはいえ、3機同時はどうなんでしょう?
ミカン山陣地構築の危険なにおいがプンプンしますが、とりあえずいけるとこまでいってみましょう!
関連記事

クフィルC2掲載しました。

例によって塗装は内緒でいきなり完成UPです!

今回は少ないクフィルのバリエーションから「エクアドル空軍」のグリーン迷彩をやってみました。
イスラエル以外ではこれしかないという選択肢でしたので、まぁ予想通りって感じかもしれませんが(スリランカはグレー単色でつまらんですからね)なにかのご参考になれば。

ポイントは増槽タンクに搭載される爆弾。こんな大胆な装備があるんですね~。

詳細はHPのクフィルC2に掲載してます。

”塗装作業編”はのちほど掲載します。
ホビーショー前でちょっと忙しいので、しばしお時間をいただきます。

kfir_7201a.jpg
関連記事

F/A-18E SUPERHORNET"VFA-115 EAGLES"(revell 1/144) ~ディテール編~

全体の紹介で終わってしまったので、続いてディテールについてもご紹介です。


FA18_1403g.jpg
機首回りというのは飛行機プラモの見せ場を盛り込むポイントです。

今回もラダーを作ったり、受油プローブを展開させたりと、細かいパーツで精密感を演出。
ちなみにラダーはプラ棒の組み合わせで製作。この大きさなら反ったりしないし、金属線を瞬間でつけるのと、プラを接着剤でつけるのとでは強度はそんなに変わらないと思います。


FA18_1403h.jpg
飛行機プラモの最大の見せ場であるコクピット周り。
このキットはコクピットのデカールもついてます。すごい!

主にシートに関してディテールを加えています。あとは側面にちょっと工作を加えたり、シート後部にディテールを追加したり。形が良いので手を入れがいがありました。


FA18_1403i.jpg
ウエポンは実戦でよく見られる左右で違う装備を再現。

私的にお約束のカバーやタグを追加して細かさの演出。
覗き込まないと分かりませんが、空いてるパイロンも掘り込んだりしてディテールアップしてます。

ベースが大きいとこれらが見えなくなってしまうので、最小限のベースにしたわけです。


FA18_1403j.jpg
F/A-18ホーネットの作りこみでははずせない動翼の工作。ここはカットがポイント

それぞれ綺麗に切り離せれば、あまり手間がかかることはありません。
微妙に空いてる隙間にこだわりを出してみましたが・・・分かりづらいですね。


FA18_1403k.jpg
スーパーホーネットの特徴的なエンジン内部のパネル(?)も塗装で再現。

見る方向を指定してしまえば、見えない部分は手を抜けますが、どこからでも楽しめるためにはそれぞれの角度での見せ場が必要。エアブレーキがないスパホではバックショットではこれくらいしかアピールポイントがありません。


FA18_1403l.jpg
作品全景はこんな感じ。本当に最小の構成です。

一番悩んだベース。下を覗き込めるようにと考えた末、ミラー張り・邪魔な張り出しがない板状の支柱となりました。

さて、それをどう作るか?実はこれレストランなんかでみる「メニューたて」なんです。
あとは正面はないよということで、プレートも両面別向きにつけました。



努力の甲斐あって、おかげさまで「銅賞」をいただくことが出来ました。
基本的に小スケールを生かしたスケールの大きな作品が多い中、思惑通り最小の作品となりましたが、評価いただけてうれしい限りです。

それにしても毎回皆さんの想像力豊かな作品は、他のスケールにはない楽しさがあふれてて、これこそが1/144の楽しみ方なんだな~と思わされます。他スケールと同じことやってる自分がちょっとはずかしい・・・。

飛行機のコンテストでこんなに創作性があるものはないんじゃないでしょうか。
とても楽しいイベントなので、ぜひまたやって欲しいですね。

結果はこちら(イエローサブマリンスケールショップブログ
関連記事

お知らせ

引き続きVFA144”SHOCKGUNS"の記事掲載に注力しております。

アメブロで掲載したものの引越しは完了したので、そちらは閉鎖となりました。

ご覧頂いていた方はリンクをSeesaaのほうへ切り替えをお願いします。


さて、今回は掲載無しですが、新たなマイナー空軍シリーズは
F-104スターファイターがスタートします!

すでに進んでいますが、いろいろ事件が発生してたり・・・
近々開始しますので、よろしくお願いします!
関連記事

F/A-18E SUPERHORNET"VFA-115 EAGLES"(Revell 1/144)

F/A-18Eスーパーホーネット レベル1/144

F/A-18Eスーパーホーネット "VFA-115 EAGLES"
(Revell 1/144)


デカール:ボーイング F/A-18E VFA-115「アメリカ海軍航空100周年」(MYK DESIGN)
(*2013/04/25作品完成)

毎年恒例のイエローサブマリンスケールショップ主催「2013年1/144コンテスト」に出品すべく、いつも以上に気合を入れてみました。

今回のテーマは”小さいからこそ小さく”
ですのでベースも含めて最小サイズでまとめています。


144コンテスト F/A-18Eスーパーホーネット(1/144)まず悩んだのはマーキング。

スパホのCAGはどの部隊もカラフルで面白い。でも派手すぎるとなんか特別感が出ちゃって嫌だし、地味すぎても目立たないし。
そして選んだのがVFA-115イーグルス。

背中まで塗っているものが多い中、尾翼だけで派手すぎず地味すぎずいい塩梅です。


1/144コンテスト イエローサブマリン F/A-18Eスーパーホーネット
F/A-18C型に続いて米海軍の主力機の座を引き継いだF/A-18Eスーパーホーネット。

あらゆる仕様の機体がホーネット化したことで、米空母はすっかり”蜂の巣”状態ですね。

ちょっと見飽きた感もあるホーネットですが、改めて見るとかっこいいスタイルです。


F/A-18Eスーパーホーネット(1/144) VFA-115
今作のポイントはなんと言ってもすばらしいキット。
完全に”すばらしいキット”あってこその仕上がり。細かいことをしてますが、基本形がしっかりしてて、そこに信頼ができるからこそ細部が生きたのだと思います。

ドイツレベル1/144のスーパーホーネットはすばらしいキットです!


FA18_1403e.jpg
塗装に関してはオーソドックスなスーパーホーネットの塗装。
あまりやり過ぎない程度にグラデーションは加えています。

マーキングに使用したMYKデザインのアシタノデカール。いまさら言うまでもなくこちらもすばらしいアイテム。すばらしいキット、デカールのおかげだけに「生んでくれたお父さんとお母さんに感謝します!」って感じです。


F/A-18E SuperHornet Revell1/144
ジオラマとか出来ない私が目を引かせるには作りこむしかないかなと。とことん遊んでみました。

小スケール化に一番貢献したのはなんと言っても羽根折れ。
本当はレガホで行こうとしたけど、スパホのほうが折れ部が簡単そうだったのでこちらになった次第。


F/A-18E SuperHornet(1/144) VFA-115 EAGLES
作品として特に見る方向を指定しないようにしたので、ぐるっとどこから見ても楽しめるよう、全体的にあちこちと手を入れてみました。

特に機首回りは受油プローブやラダーのほか、1/144としては初めてコクピットもちゃんと作ってみました。


イエサブ 1/144コンテスト F/A-18Eスパホ
それなりに作りこんでいるので、ある程度の大きさに感じるかもしれませんが、れっきとした1/144です。

手にするとこんなもんなんですね。
この大きさの内へ内へと攻めていく・・・まさに自分の技術的限界への挑戦です。

関連記事

新年度ということで。

ココ最近はVFA-144の引越し作業でこちらの作業をする時間がありませんでした。
とりあえずは基本的な設定も終わって何とか見れるようになったので、またこちらも再開したいな~と。

今回はSeesaaブログというのを使わせてもらいました。ここのFC2が使い慣れてるし、総合的に使いやすくて一番いいけど、まぁいろいろ使ってみないとね。
結構会社によって記述の仕方やデザインのいじり方が違って面倒ではあるんですが、いろいろ経験したいんで。

Seesaaさんは前のアメブロに比べるとだいぶまし。広告も消せたりするので思ったように出来ます。
一つ難点をいえば読み込みが遅いくらいかな~。でも悪くないですよ。
1/144はとりあえずこれまでのものを移行しつつ、たまには新作という形で進めていこうと思います。



さて、こちらに関してもちょっと変えたいと思ってます。
これまで製作状況を淡々と掲載してきました。あえてそうしてます。私の近況とか別に興味ないですもんねぇ。
なんかせっかく趣味の世界でうろうろしてるのに、現実のこと読まされてもってのがあって、近況や時事ネタすら書かないようにしてました。

でもなんかちょっと味気ない。淡々としすぎてるな~と。
だからたまには製作以外のことも書いてみようかなと思います。
但しもちろん模型・飛行機関連でですが。

あと最近はマイナー空軍機ものばかりで内容がかたよってます。ただでさえ少ないリピーターさんがどんどん離れてしまう・・・。
そこで久しぶりにプロペラ機も作ろうかなと。
とりあえず3つくらいウロウロ移り気しながらいじっていく予定。

新規スタートといってもこれまでの手付け品の再スタートなので、いきなり進んでます。
・・・とにかくミカン山を攻略せねばならんので・・・。

他にも別の企画を予定してたりあれこれ手を出しすぎてて混乱してますが、そちらもいずれ開設します。


とりあえずは新年度のご挨拶ということで。
関連記事
カレンダー
<< 04
2014
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
52位
アクセスランキングを見る>>