F/A-18Fスーパーホーネット(1/48):初めはいつもココから

HP更新の準備をしてたりしてこちらのUPがおろそかになってます。

公言どおり”How To Build F/A-18HORNET”第3弾はじめます!

・・・それにしても大風呂敷広げちゃったな・・・

さて、
スパホです!

スパホは断然複座形!ということで、ここは迷うことなくF型を選択。
ボリュームアップした機体にはボリュームがあるキャノピーのほうがあってます。

ハセガワの1/48 F/A-18Fスーパーホーネットをあけてみたときの印象は、レガホよりパーツが少なめでこれならいけそうって感じです。
説明書もレガホ見たく小冊子になってなくて通常の四つ折だし、必要以上に身構えることはありませんでした。
が、果たして実態はどんなもんですかね。

FA18F_130817a.jpg飛行機模型の最初の一歩はコクピットから

レガホ同様しっかりモールドされてて計器の配置なんかも結構正確。
さすがは最近のキットだねぇ。

モニター周りのスイッチの塗装に最大限の集中力発揮です!


FA18F_130817b.jpgフロアパーツもモールドしっかり。

へぇ~、スパホの後席は操縦桿ないんだね~。

今回は現時点でフィギュアを乗せることが決まってるので、スロットルやスイッチの追加工作はなし。

乗せないなら最低限でもスロットルくらいは作り直したいところだね。


FA18F_130817c.jpg前述どおり、今回はパイロット乗せてキャノピー閉める予定なので、ここは完全にキットのまま。

それでも塗りわけだけで十分それらしい仕上がりになった。

当然最近の課題であるコクピット側面の工作も今回はなし。
コレないだけでだいぶ作業時間短縮になります。


あと操縦かんが付けばフロアは完了!

こんなにさらっとコクピット流すのはひさしぶり。
いつもはいじるいじらないに関わらず、結構コクピットは調べてウンウン悩むのですが、今回はいい資料もあってわかりやすかったので、塗装に集中して終われました。

これはいい感じで進みそうだなぁ
関連記事

再び登場

ふたたび登場!

さて、今回のお題は?


(゚∀゚ ) :昔の板前みたいな加藤も良かったけど、今のお坊さんも悪くないわね。

( ゚Д゚) :そうかしら?

( -∀-) :私は昔から古代君一筋よ!
関連記事

F/A-18Fスーパーホーネット(1/48):またホーネットぉ?

2つばっかりダラダラ作ってて何が大ホーネット祭りじゃ!
と叱られそうなんで、新たに新作を!



今度はスパホ!
どちらかといえばレガホ世代なのであっちのほうが好きだけど、ちゃんと判断できるほどスパホとは接していない。よく知りもしないで批判をしてはいかん!
形を知るにはいじるのが一番ということで、レガホの感触があるうちにスパホもいじって肌で感じてやろうということです。

スパホ、特に複座形は(スパホは複座のほうがカッコいいね)ホーネットって言うよりトムキャットにイメージが近い気がしますよね。ジョリーロジャースとか見ると。
さて、作ってみるとどうなんでしょ?

ホーネットって言う飛行機は基本的に作りづらい。
インテイク周りの処理が各社違ってて、そこをいかに効率よく進めるかがポイントだと思う。

スーパーが付こうが所詮はホーネット。その辺の工作は果たして?

それではいってみましょう!
関連記事

お知らせ

諸事情により停止していたコメント、トラックバックの受付を再開しました。

諸事情というか、あまり頻繁に見れないので返信がとても遅くなってしまったり、忘れてしまったりして大変ご迷惑をおかけしてしまうので、一時停止しておりました。

ただ無きゃないでちょっと不便だったりすることもあるので、とりあえず受け付けを再開します。

ただ以上のような事情から、確認が遅くてお返事が遅くなってしまうこともあるかと思います。
その辺をご理解頂き気長にお待ちいただけますようよろしくお願いいたします。

厳しいご指摘なども大歓迎ですので、お気軽に書き込みください。
関連記事

F/A-18Cホーネット(1/72):主翼はどう?

工作は進んでるんだけど、UPする時間がないのよ・・・すみませんねぇ。

胴体各部の整形を進めつつ、主翼のほうも様子を見てみましょうかね。
FA18_7202_130815a.jpg形はよい。
ただ見ていて気が付いた。
エルロンのそり上がり?ひねり上げ?が強くない?

こんなだったかな~と実機写真を探したけど、これが意外とない!
大概ダウンしたりしてまっすぐの状態になってることって実機じゃ少ないのね。
他のキットは大体まっすぐだし、とはいえ決定版といわれるキットだけに信じるべきなのか・・・。


羽根折れ部から外側が少しそり上がってるのは正しい。
ただそれに伴ってエルロンがココまでそりあがってるのかというと、ちょっとやりすぎじゃないかなと個人的には感じました。

ですのでカッターで切れ目を入れてグイグイと曲げてみた。

・・・あまり曲がらない。

も少し切れ目を深くしてグイグイ・・・。

FA18_7202_130815b.jpgパキっといっちゃいました(泣)。

ココまで来ちゃったらダウンさせたほうが早いなと、意外と早く決断してフラップともどもカットしちゃいました。

まぁね、ホーネットはフラップダウンしてるほうがボリュームでてカッコいいからね。
いいんです。 うんうん。 ・・・いいんです。



その後少ない写真を見つけて見てみたら、確かにそり上がりはあるようです。
あとはその加減をどう感じるかは個人で判断するところだね。

私はちょっとやりすぎに感じたので今回は直しちゃったけど、たぶん次作る時はそのままだと思う。

だってフラップ加工面倒くさいもんね。
関連記事

L-39Cアルバトロス:塗装完了!

塗装が終わりました。
L39_130806a.jpg
って、予定と変わってんじゃん!!

L-39アルバトロスの基本的なグリーン(カーキ?)系の迷彩だったはず。インテイクいじってたころは。

シンプルにキット付属デカールの一番オーソドックスなやつにする予定でしたよ。
それは翼端がトラ柄になってて、そのためのデカールも付いてるんですが。写真の下に敷いてあるやつですね。
その左側の模様がよく端部分なんだけど、なんかトラ柄って感じじゃないパターンだよねぇ。

尾翼とかはトラ柄なんだけど、これはなんか違う気が・・・
いや、たぶんあってると思う。このキットは良く出来てるし、エデュアルドもまじめに作ってるからここでそんなミスするとは思えない。
でも実機写真も見つからないし、タンク部分にこれ貼って合わせ目を自然に修正する自信がなかったので急遽予定変更!
一番渋いグレー系今っぽい迷彩に。

不規則な迷彩パターンはいつも通りのフリーハンド。これくらいなら楽でいいね。

ちなみに私はデカール前にスミ入れする派。
貼ってからだとクリア部分に流れなかったりして、”ココからデカールです”って感じになっちゃうのが嫌だから。デカールの周りにスミがうっすら回っちゃうのも避けたいしね。
もちろん貼った後デカール上にもスミ入れしなおしますが。


さて、ココまできたら一気にいきたいところですな。
関連記事
カレンダー
<< 08
2013
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
55位
アクセスランキングを見る>>