Bf109F-2 : 完成目前!・・・か?

塗装も無事に終わってデカール貼りへ移動。
そしてそれも無事に完了。

アンテナやタブなど小さいパーツを付けたらクリアがけ。

乾燥したら足などのパーツをつけて・・・


完成!!

ココまできたら出来上がりなので、この後の写真は後ほどGALLERYへ掲載します。

そういやMig-15も、いやグリペンすらも掲載してないな・・・。
まずはそちらが先ですかね。
関連記事

Bf109F-2 : 適当の代償・・・。

機体塗装が無事終了したので、完成に向けて仕上げ作業へ突入。

とりあえずはマスキングを剥がして・・・と。
このマスキングを剥がす作業が一番好き。

続いてすみ入れね。ちょっと前からデカールを貼る前にするようになった。
なぜって?だって雑誌にそう書いてあったから・・・。

Bf109F2_100722a.jpg
ちょっと薄めにすみ入れ。
オリジナルで茶色っぽく調色したすみ入れカラーです。
この辺の作業はもう何度となくやってるから、特に思うところなく、事務的に全体に流して、綿棒でふき取る作業をしていく。

さっさ、さっさと事務的に~・・・


Bf109F2_100722b.jpg
・・・・って、あーーーー!!
剥がれちゃったよー!!

なになに!?なにしてんのよ~!
情けない仕事ぶりだね~・・・。そりゃぼかしは薄いんだから、剥がれやすいに決まってんじゃないねぇ・・・。

Bf109F2_100722c.jpg
とやっておきながら、反対側も何も考えずにさっさ、さっさ・・・


・・・そりゃ剥がれるわな・・・。




Bf109F2_100722d.jpgBf109F2_100722e.jpg
あ~ぁ、もうしょうがないな~。なんか適当に作業してたから、別段怒りがこみ上げるでもなく、ただ「アァ・・・。」って感じでした。
適当にやってた自分が悪いんだから仕方ないよ。

しょうがないから下地色で一旦こすれ部分を修正。

Bf109F2_100722f.jpgBf109F2_100722g.jpg
そして改めてモットリング。
まぁ以前と大体似た感じに仕上がったでしょう。

あ~、また無駄な作業をしてしまった・・・。


本日の教訓
薄い塗装は剥がれる

モデラー歴二十数年して気がつきました・・・。
関連記事

Bf109F-2 : いよいよ大詰め!モットリング!

さて、いよいよ大詰め。
ドイツ機の最重要ポイントのモットリング。ここで出来の良し悪しが決まるといってもいい最重要ポイントです。

なんていうと緊張してしまいますが、やってみると意外と何とかなるもんです。
まだドイツ機を両手で数えられる程度しか作ったことがない私が言うんだから間違いない!
ようはイメージを持って作業することですね。

雑誌の作例や写真を見て、自分のイメージに合ったものを見ながらやれば何とかなる。


今回は斑点がはっきりしたタイプにしてみました。
以前作ったBf109F-4のほう(あ、まだ未掲載だ・・・)がぼやけたものにしたので、今回はツブツブタイプ。

Bf109F2_100721a.jpg
頭ン中でこんな感じかな~とイメージしつつ開始。
後でデカールを貼っちゃうあたり(胴体の国籍マークのところ)に試し吹きをして、圧力や濃度を調節。

初めは薄く、小さめにバランスを見ながら全体に吹いていく。

昔は一粒ずつ仕上げようとしたから、後でバランス悪くなっちゃったんだよね。


Bf109F2_100721b.jpg
”この辺に大き目のを作って・・・”と決めて徐々に濃く、大きくしていく。

一気に大きくしないで、これも全体的に足していく感じ?説明しづらいっス。

あと、ちょっと薄めにそれぞれを繋ぐようにするといい感じになる気がします。


Bf109F2_100721c.jpg
失敗したら下地色で軽くつぶしてやり直す。

そう、私は下手なんで何度もやり直します。
そんなプロみたいに一発で決まるわけないもん。

ようは”気に入らなかったら納得いくまで直せ”ってことね。



Bf109F2_100721d.jpg
反対側はこんな感じに。

よく左右で雰囲気が違っちゃうことがあるんですよ。皆さんありません?
同じ流れでやってるのに感じが変わっちゃう。反対側の感じを意識しちゃってるからかな。

今回は・・・まぁ概ねOKかな。


こういう超有名機だと、いんちきモットリングだってのが一発でばれちゃうからちょっと恥ずかしい。
でもモットリングはいまだ練習中だから、今回はこれでいいや。

ちょっとツブツブ多い気もしますが、デカールとか貼っちゃえばなんとなくそれらしく見えるでしょ。

そうそう、この後デカールや汚しとかすると、結構それらしく見えちゃうんですよね。
”何とかなるから気にするな”ってのもポイントでした。

さあ終盤のハイライト、モットリングも無事終了!
あとは完成へ一直線!!

といきたいところでしたが、この後思わぬ事件が発生!
いやいや、そう簡単には終わらないネェ・・・。
関連記事

Mig-27フロッガー : 余談ながら。

相変わらずコリコリとスジ彫りを。


そういえば昔から、”なんでフロッガーなん?”と思っていました。
なんでカエル?(カエル捕り?)NATO関係者の意図が知りたい。

などという話を知人としていたら、「ロシアの戦闘機にはFで始まるコードネームをつけるんですよね。」と教えられた。

そうなの?
logger,ulcrum,agot,lanker,encer・・・。
ほ、本当だ~。知らなかったな~。意外な統一性があったんだね~。

ということは
爆撃機は、adger,ackfire,ear・・・。
ヘリが、ip,ind・・・。
おぉ~、いままで散々見たり聞いたりしてきてたけど、気がつかんかった~!
いや~皆いろんなことよく知ってるね~。

え?そんなの常識?
失礼しました・・・。
関連記事

Bf109F-2 : 塗装も大詰め!

ようやく塗装再開ということで多少ノッてきたので、前回途中だった上面塗装を仕上げていきましたよ。

Bf109F2_100720a.jpg
いろんな作例見ていると、大概主翼の塗り分けはキッチリしてました。
こりゃキッチリせにゃいかんなと思って、久しぶりにまじめにマスキングをしてみたのですが・・・。

2枚目を貼った段階で挫折!
もうフリーハンドでいってやる!


Bf109F2_100720b.jpg
塗装手順としては前回と同じ。基本色→黒を入れた一段暗い色をパネルラインに→一段明るい色で退色

塗り分け部分が仕上がったところで、下面色ではみ出たところをタッチアップ。
もちろんフリーハンドで適当に。


Bf109F2_100720c.jpg
恥ずかしい吹き漏れが出来てた尾翼も綺麗に修正デス。

マスキングなしの修正で、下面色が吹きもれたらどうするかって?
そしたら上面色でまた修正でしょ。

それが吹きもれたら?
気が済むまで直し続けるまでよ!


Bf109F2_100720d.jpg
う~ん、とりあえず綺麗にまとまってはいるけど、やっぱ主翼の塗り分けはぼんやりしすぎかな~。

な~んか、マスキングが下手になっちゃったんですよねぇ・・・。


まぁいいや。ココからドイツ機のハイライト、”モットリング”へ突入です!


関連記事

Mig-27フロッガー : 近況

相変わらずMig-27はスジ彫り作業を進行中です。
特に載せるような状況には至っていないので、写真はありませんが。

結局Mig-27のほうにしようかと。
もともと作りたかったのはそちらですし、Mig-23はトラペあたりがヨンパチくらいで出してくれるだろうと思ってそちらに。

それにしてもMig-27フロッガーのスジ彫りが大変!パネルの付き方が統一感がなくてとても手間取っています。
多少は省略したりアレンジしますが、それにしてもラインのつながりというか形とかも微妙だったりしてとても苦労しています。
あちこち進め方をイメージしていくと、まだまだわからないところもあったりして、これは思いのほか長期化してしまいそう。

これは長い目で作業を進めるとして、別のをいじり始めたくなっている感じです。
関連記事

Bf109F-2 : そういえば。

そういえば、メッサーシュミットは続けてもう一色を塗るのですけど、ドイツ機の主翼の塗り分けってボケはないんですかね?

最近はすっかりマスキングが面倒になっちゃって、ちゃんと塗り分けしたことないな~。

あとモットリングね。
これまた機体によってだいぶ様子が違うんですよね~。

本当におもちゃっぽいやつもあったり、素人みたいに丸い斑点のもあったりして。
個人的には結構ぼや~っとした感じ(1/48のBf109F参照)のがすきなんだけど、同じのやってもしょうがないから、ちょっと変えてみようかな~とも思います。


でも、たぶん”面倒くさく”なって、いつもと同じになるでしょう・・・。

|ω・`)ジーッ
関連記事

Bf109F-2 : 久しぶりに。

新しくフロッガーを始めたのはいいんだけど、横で転がってるコイツもちらちら目に入っちゃうんですよね。
久しぶりにまとまった時間が取れたので、ちょっと塗装を再開しようかと。

まずは見ての通り、塗装が変わっちゃってます!
当初は夏季迷彩のメロメロ塗装にしようと思っていたんですけど、諸事情により

(=・ω・) : ・・・”ショジジョウ”?
     : はい、・・・諸事情・・・。

(=-ω-)  : ・・・・・。
     : ・・・あ~そうそう!面倒くさいから!面倒くさいからですよ! 

はい!”面倒くさいから”キット付属のマーキングにしちゃいました! 

Bf109F2_100713a.jpg
尾翼や機首など黄色かった部分をつぶして、上面色を塗っていきますよ。
一般的なMr.36、37の組み合わせです。

”面倒くさいから”マスキングなんて無視!!
塗装図を参考に、先にMr.36を塗装。


Bf109F2_100713b.jpg
横着するから、はみ出しちゃってます。
まったく詳しくないドイツ機を塗るときに思うんだけど、この主翼の境目ってぼけてんでしょうか?くっきりでしょうか?

ぼけてるほうがそれっぽいし、どうせ排気汚れとかでアヤフヤになっちゃうからこのままでもいいですけどね。


Bf109F2_100713c.jpg
あぁ~・・・これはひどい・・・。
中途半端なマスキングは意味ないですな。

雑な仕事だな~。

ココもぼかし具合がわからん。


Bf109F2_100713d.jpg
一通り吹いたら、黒を混ぜた一段暗い色をパネルラインに吹きました。

ちなみに濃すぎたからこのあと基本色を軽く吹き重ねて調子を整えてます。

これも事前に色合わせしておけば手間かかんなかったのにねぇ。


Bf109F2_100713e.jpg
今度は基本色に下面のMr.117を混ぜた一段明るい色を退色表現としてほわほわっと吹き重ね。

向かって右がビフォアー、左がアフター。退色した感じでてます?


明るい色にするときは単純に白でもいいんでしょうけど、なんとなく落ち着きが出るかな~って思いで機体色を使って調色することが多いです。
だから下面の暗い色はMr.36を混ぜてます。


まだ時間もあったし、一気にMr.37も塗って仕上げたいところですが・・・集中力切れ。
今回はココまで。

次回(いつ?)続きを行いましょう。
いや~、気持ちの切れたキットをいじるのはキツイですな。
関連記事

Mig-2○フロッガー :迷いながらも進行中

いまだ23か27か決まってませんが、ちょろちょろと進めますかね。

水平尾翼に続いて垂直尾翼の工作いきます。
たぶんこの辺もほとんど共通のはずなんで、問題ないのでは。

mig27_100706b.jpg図面を見ながらスジ彫りをしていたんですけど、なんとなく翼の厚みが気になってきた。

グリペン以来どうも翼の厚さが気になる。昔は作例で”うすうす攻撃”してるのみて、「そんなとこまで気にしなくていいのに~。」と思っていましたが、確かに厚い翼はかっこ悪い。

少し削ってはスジ彫り。削ってはスジ彫り・・・と初めに彫ったのを消さないように作業してましたが・・・もういや!


頭のスイッチをオフにして、後先考えずにガシガシ削ってやりましたわ!
あぁ~・・・もうツルンツルン・・・。

それなりに薄くなったので、ココで一旦作業停止。小料理屋の仕込みのかつお節ばりに、スライスしまくったプラかすを片付けないと。クシャミは厳禁。


mig27_100706a.jpg・・・あたりを取る形跡すら残ってないくらいスベスベ・・・どうすんのよ?
尾部上方にいくつかついてる突起部分まで削り取っちゃって・・・あ~あぁ・・・。

せっかく初めにスジ彫りしたのに、短気をおこすといけませんね。結局自分が苦労するんだから。

こういった後悔を作るたびに重ね、わかっていながら同じことをする・・・ダメ人間です。



ついでだからラダーも切り離しちゃおう。
フロッガーのラダーのヒンジ?はちょっと大げさで面白い。
そこを再現したら手を加えたのがわかりやすくていいかな。
関連記事

そろそろ再開?

ようやくひと段落着いたので、そろそろMIGの製作を再開したいです。

ここまで製作はしてませんでしたが、いろいろと調べたりはしていました。
が、意外と検索ヒットしないんですよね。
とくにMig-27は面白い写真とかはあまりなくて、制作意欲が盛り上がりません。

やはり無難にMig-23のほうがいいかな~。
でもトランペッターから1/32が出たおかげで雑誌にニューキッとして登場しているから、目新しさないしな~。

あ~どうしよう。23か27か?
23,27,23,27・・・・。
関連記事
カレンダー
<< 07
2010
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
137位
アクセスランキングを見る>>