FC2ブログ

Bf109K-4”Erich Hartmann"(takara 1/144)


bf109k_1401ttl.jpg

Bf109K-4"ハルトマン搭乗機”
(タカラ 世界の傑作機1/144)


Bf109K(1/144) bf109k_1401b.jpg
bf109k_1401c.jpg bf109k_1401d.jpg
bf109k_1401e.jpg bf109k_1401f.jpg

傑作機Bf109の最終形態K型。そして史上最高のエース、ハルトマンの乗機です。
機首の形状こそ大きく変わってますが、基本形状はF型からほとんど変わってないんですね。いかに基本設計が良かったかということでしょうか。(無理やり使わざるを得なかったとも言えますが・・・)

そしてキットとしても傑作の「世界の傑作機シリーズ」。少ないパーツながらも精密な出来で、キットの良さをさらに伸ばすべくとことん作りこんでみました。

ご依頼を受けての製作。こんな作りこみ仕様もお受けしていますので、興味のある方はご相談ください!

Bf109K(1/144)細部解説


bf109k_1401g.jpgハルトマンのK型はグリーン/ブラウンとグリーン/グレーのものが見られますが、今回は前者の塗装です。
フリーハンドで強めのグラデーションをかけてワンスケール上の雰囲気を出してみました。
主翼前縁の波塗り分けもしっかり再現しています。

スピナーの渦巻き、ブラックチューリップは塗装で仕上げています。


bf109k_1401h.jpg
動翼はすべてダウン状態に加工、アンテナやバランスタブも追加してわかる範囲でとことん手を入れています。

キットはディテールも素晴らしいものですが、スジボリはちょっと薄めなのでその辺を一度彫りなおしたり、小さいながら翼端灯もクリアにしたりと下処理からいつも以上に繊細に工作をしています。


bf109k_1401i.jpg
脚カバーやインテイクもできるだけ薄くしています。
アンテナ類はもちろん、普段は省略しがちなバランスタブ等も再現。

動翼の加工は丁寧に切り離して付け直すだけの作業。と言ってしまえば簡単ですが、このスケールだとちょっとしたミスが命取りなので終始慎重に作業を行いました。


 

DATA


使用キット:世界の傑作機 Bf109K(タカラ 1/144)

参考資料

Bf109 K-4 ハルトマン・ファイナルコンバット(ファインモールド 1/72)

メッサーシュミット Bf 109 (パート2) (世界の傑作機 No. 109)

SeaFury FB.11”807Squadron”(F-TOYS 1/144)


seafury_1402ttl.jpg

シーフューリーFB.11”イギリス海軍航空隊 807飛行隊”
(F-TOYS 1/144)


SeaFury(F-TOYS 1/144) seafury_1402b.jpg
seafury_1402c.jpg seafury_1402d.jpg
seafury_1402e.jpg seafury_1402f.jpg

第二次大戦に間に合わなかったせいで大戦機の中でもちょっと影の薄いシーフューリー。
しかし朝鮮戦争ではジェット機を撃墜するなどレシプロ戦闘機の最後を飾るにふさわしい傑作機です。

以前同様の機体を製作していますが、ご要望により再登場。
各部ディテールアップしたワンランク上の仕上がりとなってます。

SeaFury(F-TOYS 1/144) 細部解説


seafury_1402g.jpgイギリス独特のペンギンカラーにストライプ。何気にイギリス機のカラーリングって好きですね。

全体的に軽めのグラデーション、排気汚れなど1/72くらいの雰囲気を目指して塗装してみました。


seafury_1402h.jpg脚カバー取り付け穴を埋めてモールド再生したり、各カバーを薄くしたり操作ロッドを追加したり。
細々としたディテールアップをしています。

例によって言わなきゃわかんないアピール力のない改修・・・。
わかる人に分かればいい!


seafury_1402i.jpg
ステップの追加や主翼インテイクのフラップの薄々化、ライトのクリア化
出来る限り最高の1/144シーフューリーにすべく改修しています。

タイフーンから続いてようやく完成の域に達した感のあるシーフューリー。
力強さとスマートさを兼ね備えた最高にかっこいい機体ですね~。


DATA


使用キット:シーフューリーFB.11(F-TOYS 1/144)

参考資料
ホーカーシーフューリーFB.11(トランペッター 1/72 )
出来はあまりよくなかったけど、この箱絵はかっこええですな!

ホーカー シーフューリー FB.11 戦闘爆撃機(エアフィックス 1/48)
あ~ヨンパチで作りたい!今買うならエアフィックスですかね?
モールドの深さが気になるが、果たして・・・?

US-2(aoshima 1/144)


us2_1402ttl.jpg

救難飛行艇US-2
(アオシマ 1/144)


US-2(aoshima 1/144) us2_1402b.jpg
us2_1402c.jpg us2_1402d.jpg
us2_1402e.jpg us2_1402f.jpg

平成最後の完成品は海上自衛隊 救難飛行艇US-2”03号機”となりました!
今の時代に飛行艇というのがすでに貴重な感じがしますが、さすが自衛隊機だけあって人気の機体です。

独特な形状のせいもあり、1/144としてはなかなか作りごたえのあるキットですが完成すれば迫力のある存在感が味わえます。

製作依頼2機目ということで人気のほどもうかがえますね。
*製作依頼承り中です!

US-2(aoshma 1/144)細部解説


us2_1402g.jpg細かい工作は機首周りに集中。
ピトー管やワイパーの追加、アンテナには横棒が生えてるようでしたので十字に工作。

キャノピーにゴミが入らなくてよかった・・・。


us2_1402h.jpg

機首のロープは先端部分が再現されてないので金属線で追加工作。




us2_1402i.jpg
結局よくわからなかったBLC周り。
ちょっと荒めのメッシュという表現になりましたがここはもうちょっと作りこみたかったですね。

身近な機体でも意外とわからないことは多いですな。


us2_1402j.jpg
後部胴体のロープはひもで再現しようと思いましたが、どうもうまく張れなかったので金属線で作ってます。

細かい工作ながらステップを金属線に変えて”手を入れてるぞアピール”をしています。


us2_1402k.jpg背中のラインは面倒でしたが塗装で仕上げました。

張り線の付き方もちょっと不安ですがたぶんこんな感じかと。


us2_1402l.jpg汚し気味とのご依頼でしたが、自衛隊の方はまじめだからちゃんと手入れをしてるだろうということで排気のみで。

唯一手を抜いたペラの塗装もデカールが綺麗に貼れたので残念な感じにはならずに済みました。



製作記はこちら

ということで平成最後の完成品はUS-2となりました。
個人的には元号が変わるとか全く興味ないのでどうでもいいんですが、一応世間様に合わせて区切りのタイミングに完成品を掲載できてよかったかなと。

次回更新予定の木曜はすでに令和ですね。
そちらでも新元号スタート記念として完成品を掲載予定。
新時代らしくかなりインパクトのある作品が登場予定(ブログには一切出ていません!)
そちらもお楽しみに!

DATA


使用キット:海上自衛隊 救難飛行艇 US-2(青島文化教材社 1/144)

E.E. Lightning F Mk.6"No.11 Squadron RAF"(F-TOYS 1/144)


lightning_1401ttl.jpg

E.E. ライトニングF Mk.6”第11飛行隊”
(F-toys 1/144)


lightning_1401a.jpg lightning_1401b.jpg
lightning_1401c.jpg lightning_1401d.jpg
lightning_1401e.jpg lightning_1401f.jpg

一度作ってみたかったライトニングです!
独特すぎるこんな形態の機体は他ではみませんね。かっこいい・悪いではなくて”面白い飛行機”としてとても興味がありました。

出来れば1/72で作りたいところですが(それはいずれね!)食玩キットがいくつかあるので、とりあえずスタイルを堪能すべくシンプルに作ってみました。

E.E. ライトニングF Mk.6(1/144) 細部解説


lightning_1401i.jpg
出来としては全体的にもったりしたF-TOYSのライトニング。
スジボリを掘りなおして全体的に一皮むいてシャープに。そしてピトー管や受油プローブを金属線に変えています。

カッコ悪いからこそ(?)しっかりと作ってあげないとさらに印象下がっちゃいますからね!


lightning_1401g.jpg
ということで塗装もきっちりとマスキングをして塗り分け。
マーキングは付属のものと同一ですが、一部自作のものを使用しています。

今回はお試しということでスタンダードなマーキングですが、いずれ別のも作りたいと思っています。


lightning_1401h.jpg
ポッコリとしたシルバーのお腹がシシャモを連想してしまうのは私だけ?

どこをとっても非常に個性的なライトニング。好きになるかは別としてまた楽しんでみたい魅力的な機体ですね!



DATA


使用キット:70年代ジェット機コレクション E.E. ライトニングF Mk.6(F-TOYS 1/144)


参考資料

E.E./BACライトニング (世界の傑作機 NO. 80)

ライトニング F.Mk.VI(ハセガワ 1/72 ):Amazon


1/72の人になりそうですが、1/144も引き続き遊んでいきますよ~!

F/A-18E SUPER HORNET"VFA-105"(Dragon 1/144)


F/A-18Eスーパーホーネット(ドラゴン1/144)

F/A-18E スーパーホーネット”VFA-105 ガンスリンガーズ”
(ドラゴン 1/144)
F/A-18E(dragon 1/144) fa18_1405b.jpg
fa18_1405c.jpg fa18_1405d.jpg
fa18_1405e.jpg F/A-18E VFA-105(1/144)


ドクロマークがかっこいいVFA-105”GUNSLINGERS”
ドラゴン1/144で製作してみました。

登場したころはレガホと比べてちょっとカッコ悪くなったかな~と印象があまりよくなかったスーパーホーネットですが、大繁殖して見慣れたせいか今はすんなり受け入れられてます。

まぁその後登場したステルス機に比べれば全然受け入れやすい形ですからね。
レガホとスパホの違いなんて、些細なもんです。

F/A-18E SUPER HORNET(DRAGON 1/144) 細部解説


fa18_1405g.jpg使用したキット付属のデカールもVFA-105でしたが、贅沢にMYKのアシタノデカールを使っています。
印刷が濃いのでメリハリがあります。

特にグリーンの色がダークで引き締まって見えます。


fa18_1405h.jpgウエポンはAGM-84G"SLAM"のみ
単発ながら大きいので見栄えがします。

レガホからパイロンが増えましたが、満載にしてることは意外と少ないですよね。

垂直尾翼間の排気口がキットは初期のタイプでしたが、10本のダクト状になった改修型に改造しています。


fa18_1405i.jpg下面は気持ち汚し強めに。
脚カバーのふちもちゃんと赤に塗装。ちょっとしたことですが、これをやるかやらないでは印象が大きく変わる大事なポイント。

前脚タイヤのモールドがいま一つなのがドラゴンの残念なところです。


DATA


使用キット:F/A-18E スーパーホーネット(ドラゴン 1/144)
F/A-18E スーパーホーネット2機セット(ドラゴン1/144)