FC2ブログ

新年早々の迷走っぷり!

気楽にP-51Dはじめっか~っと手を付けましたが。

思い出しました・・・


p51_180118a.jpg
こんなの持ってたんだ。懐かしのバーリンデン。
次に1/72作るときは最後だと、こいつを使ってバリバリ作りこもうと思ってたんだ。

こんなんじゃとても気楽になんて作れません。

さらに思い出した。

p51_180118b.jpg
もっとえらいことになってる1/48が居たんだ。
しかもニコイチ!

p51_180118c.jpg
ディテールアップパーツも2個!しかもお手付き!
どんだけ鼻息荒かったんだ?

p51_180118d.jpg
老眼進行中の今ではとてもできそうもない気合の入った塗装・・・
p51_180118e.jpg
タイヤのホイールも極薄加工で抜いてある・・・。

スケール違いとは言えどうせ同じことやるならまとめてやった方が効率的でしょ。

・・・でも、今はP-51Dに気持ちが向いてないんだよね。
大戦機はいじりたいけど、P-51Dじゃない気分。こんな気持ちでいじるには重すぎる。

ということで新年一発目にしていきなりのミカン陣地構築となります・・・。

でも大丈夫!すでに次にやることは決まってます!ていうか始まってます!!

P-51Dをいじります。:P-51D Mustang(tamiya 1/72)

とりあえずいじり始めました。


p51_180116a.jpg
ほぼランナー一枚でこれで一枚分。
各パーツの出来もいいし、パーツ数も少ないんで、気楽に作れます。

p51_180116b.jpg
まずは基本通りコクピットから攻めますか。


面倒なんで前作のカテゴリーに載せていきますが、見返したら塗装作業だけで工作編はやってなかったんだね。
ちょうどいいから今回はノンビリ作っていくところを載せていこう。

こんな感じで、今年は模型製作はゆるく、スローにいくつもりです。

ちょっといじってみようかなぁ・・・(危険な横道へ!)

新年ということもあり、新しいこともしたくなるじゃないですか。

といってもいまはジャギュアで手一杯だし、あまり気合い入れてスタートさせてもなぁ・・・

そんな中、去年の年末にガンコ先生にこんなのを頂きました。

P - 51 Mustang(Tamiya 1 : 72 ):Amazon

私の大好きなP-51マスタング。

まぁ正直何度も作ってるので、もう1/72で作ることはないかなぁと思ってたんですけど、せっかくいただきましたし、よく知ったキットなので気楽に作れるかなと息抜きがてらいじってみようかと思ってます。

何気に大戦機久しぶり?
ちょっと楽しみかも。

P-51Dムスタング~第4回~:マスキングいや・・・。

090827_04.jpg
シルバー塗装も終わったところで、次はストライプの塗装へ。

最近はフリーハンドで迷彩をすることが多いので、久しぶりに本格的なマスキングするとすご~く面倒に感じてしまいます。

特にこういったストライプは左右対称、ゆがみ等を慎重にチェックしつつやるので、すごく疲れる・・・。

いつも横着してやらない、国籍マーク部分のマスキングも、型紙を切ってやりました。
これがずれると結果的にデカールもずれて貼ることになるので、ここも慎重に。

090827_05.jpg
マスキングは嫌いですけど、そのマスキングをはがすのがとても好き。

一所懸命テープを貼ったのを慎重にはがしていって、徐々に現れる塗装を見るのが、うまくいっているかどきどきしてすごく好き。

まぁ、大概なにかしらミスはあるのですが・・・でも模型作りの作業の中で、このときが一番好きかも。

今回も多少ゆがみ等がありましたが、おおむねOK!
気になる部分を修正しつつ、すみ入れ→デカール→クリアがけと進めていきます。



そして後日記

その後も問題なく仕上げ作業を行い完成!
GalleryにUPしました!

P-51Dムスタング~第3回~:塗装開始!

はじめに前回の追加から。

090827_02.jpg
前回のままではあまりに適当すぎる感じがしたので、プラ棒で仕切りを追加して、もう少しそれらしくしました。


で、いよいよ塗装です。
090827_03.jpg
尾翼の縞々はすでに塗装を終え、全体塗装に入りました。

使ったのはスーパーファインシルバー。
これ、レべリング薄め液を使用してくださいと書いてあったので、はじめはそのとおりにしたのですが、なんかずいぶんギラギラした感じ。
前に使ったときはこんなんじゃなかった気がしたので、普通の薄め液で薄めて塗ってみた。

こちらだとギラギラ感は減りますが、落ち着いたシルバーになって、こっちのほうがいい感じです。

シルバーは凹凸が目立つので、ほこりとかかんでしまったら、ペーパーを当てて再塗装。
また見つけて再塗装。また見つけて・・・とあほのように気が済むまで繰り返します。
(どんなホコリっぽいところでやってんだ?って感じ)

最後に一応クリアを軽く吹いて、剥げ予防としておきます。