FC2ブログ

ろうがんず、今年も断念・・・。

毎年この時期になると悩むんですよ。ろうがんず杯への参加。
だって、賞金出るじゃん!(=\ω\)キラーン‼
賞金出る模型コンテストなんてほとんどないからね!そりゃ狙いたくなるじゃないっすか!

とはいえ、ろうがんず杯はアイデア重視というか、見せ方がとても重要なコンテストなんで、単品をポロンとしか作れない私とは相性が悪い。
だからまぁ最初から賞取れるなんて期待してはいないんだけど、単純に面白い作品が集まるから参加したかったんだよね~。

これまでも毎年毎年参加しようとアイデア練るんだけども、やはりこのコンテストに似合うような作品は私には作れない。
結果アイデアが固まらずに挫折してきたんです。

今年も例によってうんうんとアイデア練ったんだけど、もう開き直って単品、それも1/72でいったろうじゃんかと作ってたんですよ。
ツイッターでつぶやいたF-15をね。

航空自衛隊 F-15J イーグル(ハセガワ 1/72 )

大スケールでもいいキットがあるし、素晴らしい作品もよく見る”やりつくされた感”のあるF-15をあえて1/72で作る意味はどこにあるのか。そんなことを考えながら手を動かしてはいたんですよ。
見栄えのする作品群の中で1/72のF-15を見てもらうにはどうしたらいいのか。そんな課題を自分の中でテーマとしてやってたんですが。
でも結局今年も参加を見送ることになりました・・・。


作業は遅れ気味だったけど実はそこは問題じゃなくて、参加要項でどうしても引っかかる点があるんです。
それが”実名参加”というところ。
実名フルネームなんだよね。

これ、どうなんでしょ?申し込み時に住所氏名を書くのはいいですよ。普通そうだし。
でも発表の場で実名というのはどうしても引っかかる。

まず仲間内ではすでにHNで通ってるし、そっちの方がわかりやすい。
それに万が一(万が一ね!)受賞なんかしたら実名で公表されちゃうわけで。今のご時世ネットに実名さらすのってちょっと抵抗ないですか?
私は名字がちょっと変わってることもあって、そもそも名前にコンプレックスがあるので尚更気が引けるんですよ。

それに残念ながら万人に理解される趣味ではないので、どこかで弊害が出ないとも限らない。・・・まぁそこまでは考え過ぎだろうけど、私は基本的に一般生活ではモデラーであるのを隠してるタイプなので、共通の趣味の人以外にはバレたくないんだよね。

なんでも実名同士で交流すべきみたいなことらしいんだけど、直接の仲間内でならそれでもいいと思うがメディアに載るようなものだとHN使用にも理解をしてもらいたいなと思うのですが、果たして今後変わってくれるでしょうか?

そんなわけで写真まで用意して締め切りギリギリまで悩んだんだけど、やっぱり今年も断念しちゃいました。
来年こそは参加したいが。・・・果たして?

中華VS東欧

最近作る機会が増えてきた中華系新興メーカーキット。
ガチガチにバッティングさせたりして激しい勢力争いが続いてますな。

アイテムもいいとこついてくるし、CADのおかげで(一見?)形も正確になってきて、新商品情報とかで期待感が高まることも多いよね。
でも、実際作ってみると「あれぇ~・・・」っていうことが多い。

確かに形はイイ。でも分割とか作るうえでの小気味良さというのが足りなくて思った以上に手間がかかるキットが多い気がする。
最新キットだし、最新技術で作ってるからさぞお手軽に作れるだろうと思ってるから、余計に不具合にイライラがつのるんだよね。

文句なく良かったのはアヴァンギャルド
IAIクフィル C2/C7(アバンギャルドモデル 1/72)

これは良かった。1/48でもほとんどストレス感じることなく作れました。

面白いアイテムを出してくれてるキネティック
フリーダムファイター F-5A/CF-5A/NF-5A(キネティック 1/48 )

作ったことあるのはこの辺だけど、な~んかモサっとしてたな~。現代風イタレリって感じ?
たまたま作ったキットが出来がいまいちだったってこともあるんだろうけど、キティーホークとかフリーダムモデルとかどれも同じようなモッサリ感とか、CAD設計なんだろうけど精度が悪いとかあまりいい印象持ったメーカーってないんだよな~。

MiG-29″9.12″ ファルクラムA (トランペッター 1/72 )

そこいくと最近のトラペは安心感が出てきたように思う。やはり数こなしてきたからかな?昔はやばかったもんね。

他のメーカーもある程度数をこなしていけばよくなってくるんだろうね。
キネティックあたりはラインナップが面白いところを突いてくるので期待したいんだよな~。この際どこの国のメーカーかなんてことは気にしないからいいものを出して欲しいね。


そこいくとやはり東欧系インジェクションメーカーのほうが断然楽しかったりします。


アイテムチョイスもこれまたいいんだな!

AZやらRSやら。簡易インジェクションてことでパーツも簡素だしバリとか多くて一見大変そうだけど、最近はモールドも細かくて実はよく出来てる。
こっちは逆に期待しないで買うから思いのほかよく見えたりするんだね~。作りづらいのは一緒なんだけどさww

でもバリとかを綺麗にしていくと意外な精密感が出たりして、作ってて楽しいのは断然こっちだね。


結局、いくら設計・成型技術が発達しても開発してるのは人間なんで、そこが模型に関して素人だったり慣れてないと作りやすいキットは出来ないってことだね。

中華系は技術・設備的にはイイんだろうけど、その辺のモデラー目線のさじ加減てのが不足してる。
その点東欧系は設備は古いかもしれないけど模型に対する愛をひしひしと感じるから作ってて楽しいんだろうな。

やっぱりオッサンにはアナログのぬくもりのほうがいいよね~。

モデラー人生の最終目標

サグラダファミリアが2026年に完成するそうで。

生きてるうちに完成するのが見れるとは思わなかったな~。

diary190522a.jpg
ガウディ、本当にすごい。(昔の写真。また行きたいね)
そしてそれを形にできた時代。クリエーターにはうらやましいだろう。


いえね、完成しちゃう、完成させちゃうんだな~と思ったんですよ。
これってずーっと作り続けていくというものなんじゃないかと思ってた。

完成図もないらしいし、その時代の人がいろいろ考えながら手を加えていくことが存在意義なんじゃないのかなぁと。
だからクレーンとか使わないで当時の技術でいつ完成するともなく作ってた方がいい気がした。

diary190522b.jpg
クレーンとかちょっと興ざめだった。
できれば作業員も当時の服装とかで!


「今世紀では塔が一本完成しただけでした。この分だと完成は3600年ごろです。」みたいな方が夢があると思うけどな。


基本”くらげ”の名の通り、あちこちフラフラと手を付けて気ままに作ったり止まったりしていた私ですが、最近は完成させなきゃいけない製作が増えてきてそういった気ままにいじるということがなくなってきた。
依頼はもちろん自分でもコンテスト目標にしたりして完成期日を設定してるのでミカン山陣地化することは減ってきたのはイイことなんだろう。
まぁそれが当たり前といえば当たり前なんだけど・・・

でも、なんかこう気ままに作るのもいいんじゃないかと思うわけですよ。別に完成させるのが目標じゃなくていじるのが目的みたいなモデリングというもあっていい気がするんです。

”百年ファントム”と呼ばれるすごい作品あるじゃないですか。
まぁあちらはすごいこだわりで時間がかかっただけで、完成させる気がなかったわけじゃないと思いますが(完成してますし)
ああいうの大変だけど楽しいだろうな~って思うわけですよ。


死ぬまでに作りたいキットというの誰にでもあるでしょ?私もあるんです。いつか作りたい最高にかっこいい機体。
「私の模型人生は最高のそれを作るために技術を磨いてきた」という思いでプラモ作ってきたモデラーって結構いるんじゃないかな。普段意識してなくても何となく最終目標みたいのって皆あるんじゃないですか?

すごく好きな機体・キットって怖くて手を付けられないですよね。好きすぎて手が出せないみたいな。わかるかな?
そういうのもとりあえず手を付けてみるというのもいいんじゃないかなと。
妄想してる間が一番楽しいってこともあるんですけどw

私も個人的にそういうのに取り掛かるにはいい時期なんじゃないかと思う。これ以上の劇的な技術的進歩もなさそうだし・・・。
そんなことを考えながらその準備をしようかなとおもっております。


皆さんどうすか?”死ぬまでに作りたい””こいつをひたすら作りこみたい””最高のこいつが見たい”というキット・機体あります?
そんな「いつか完成させたいんだよね~」っていう作りかけを見てみたいな。



ふざけるにもセンスは必要ね。

最近は模型メーカーも大変なのか、これまだなかったようなものを出すようになりましたね。
他ではやっていない分、はまるとデカそうだからオリジナル色を出してます。まぁいろいろ出るのは見ていて楽しいからいいですけど。

なんといってもマスターボックスですね
米独・降下兵各2体南欧1944-沐浴中女性2体付(マスターボックス 1/35)

この辺からだっけ?「おおっ!?」ってなってきたのは

ピンナップガールズ 6体 3Dノーズアート 40年代スタイル(マスターボックス 1/35)
この辺まではまぁわかるとして・・・

ライダー2体 サイドカー 盗人 (マスターボックス 1/35)

・・・は?

デスエンジェルス女性戦士4体(マスターボックス 1/35)

やべぇ・・・楽しそう・・・。そして最近は

バート&愛犬ラドリー 「俺の車に何を!」(マスターボックス 1/24)

1/24となると車との絡みなんだろうけど、ここまでキャラたっちゃうと主役だよね。
どこへ向かってるんでしょう?

宇宙の果ての奇妙な仲間シリーズ1 女ハンター・イレーネ・レロイ (マスターボックス 1/24)

もう宇宙に向かってたのね・・・こんなシリーズ始めたらやりたい放題だな。
いやぁ~しかし元気があってよろしい!

でもハマるとたまんなそうな世界だよね。「なんだよこれ!?次は何出るんだよ!?」って楽しくなりそうなバカバカしさがある。
こういうのを楽しく作れる人って本当に模型が好きな人なんだろうな。

それで、ですよ。
我らのハセガワも苦しい中で試行錯誤しておりますが

80's バブリー ガールズフィギュア(ハセガワ 1/24)

・・・どうなんでしょ?同じようなところ目指してるのかな?
ハセガワも最近この手のフィギュアを出してるけど、なんかこう・・・かたい?原型なのか見本のせいなのか、なんか面白みに欠ける気がする。

クラッシャージョウ ファイター1 (ハセガワ1/72)

ごめん、知らないんだけど・・・人気があったのかな?スチラドゥ的な隙間を狙ったんでしょうか。

もうハセガワは飛行機作んないのかな?

ハセガワといえば、たまご飛行機にのってきた人たちもいたのに
デフォルメ飛行機 F-5E VFC-111 サンダウナーズ(AFVクラブ)

本家が色替えとかフィギュア付けてごまかしてる間に続々と出して、そのうちこっちが主流になりそう。

マスターボックス以外にも独自路線のシリーズを各社が出してますが、どうもハセガワのずらし方はいまいちな気がするのは、たまたま私の琴線に触れないというだけの問題なのだろうか。
喜んでる人がいるんならまぁいいが。・・・クラッシャージョウ・・・

中の人は飛行機に興味ないのかな?
まぁ実機リサーチして設計して金型作ってよりかは原型師に投げて金型作ればいいフィギュアのほうが開発費もかからなそうではあるが。
とりあえず原型師は変えたほうがいいように思える・・・。

再三言ってるように、私はハセガワに育ててもらった飛行機の子なので、応援はしたいんだけど・・・
最近は雑誌裏の広告とか見ても目に入らない。

飛行機作れないなら作れないで、もうちょっとふざけ方を考えたほうがいいように思うんだけど。
会社、堅苦しいのかなぁ・・・。なんとなくつまらなそうな会社だというのが伝わってくるんだが・・・。

自衛隊機はプラッツあたりに期待した方が良さそうね。

うちにもいましたっけね。

  

隼・・・



隼かぁ・・・



はやぶさ・・・

なんか隼なの?時代は?
最近地味に見かけるよね、隼。

そういやうちにも居たわ、隼Ⅱ型(ハセガワ1/72)が。

すっかり気持ちが離れて忘れたけど、せっかく世の中がこっち向いてるからその勢いを借りて再開しましょうかね。
新規に始めるほど気持ちが盛り上がってる機体もないし、ミカン山攻略戦といきましょう。



それにしても最近のプラレールは操作できるのか。すごいな~
遊んでみたい!
プラレール ぼくが運転!マスコン 北海道新幹線はやぶさ