スケビ2018年5月号読んだ?:Bf109G-6キット解説

スケールアヴィエーション2018年5月号出ましたね。

Scale Aviation 2018年 05 月号:Amazon

当然といえば当然のタミヤ1/48 Bf109G-6を中心としたメッサー特集。
ま~た新商品の宣伝か~・・・(雑誌ってそういうもんだよね・・・)。それも今さらメッサぁー~?
なんて底意地の悪い批判はしません!なぜなら・・・

bf109_180416a.jpg

一枚かませていただきました!

先月はこんなのやっててあたふたしてたんですね~。

私的には珍しく大戦機、しかも超メジャーなBf109のメジャーなマーキング。
いろいろ選択肢を頂いたんですけど、いつもはマイナーなサブキャラ的なのに逃げちゃうんですが、今回は王道直球勝負してみました!
誌面にも書いてますが、実はBf109Gはタミヤが出したら作ろうとずっと思ってて、その際は主役級をしっかり作ろうと思ってました。
ということで派手でケバいグラーフのレッドチューリップをやらせていただきました。超有名機なんで考証面での不備がありそうで怖いですね~・・・。

まずはキットの感想など。
メッサーシュミット Bf109 G-6(タミヤ 1/48):Amazon

タミヤの最新キットだけに、もう基本的には言うことないですね。以上!
・・・・じゃあ話になんないんで、重箱の隅をつついてやります!

最近のタミヤキットは初めて作りましたが、モールドも薄くなったんだね。ちょっと前にスピットいじってたからハセガワ風の繊細なモールドに驚きました。(昔のはちょっと濃すぎるよね)
しかも動翼の水抜き穴まで再現されてるなんて・・・もうリベット打つしかないじゃん!てことで夜な夜な泣きながらリベット打ちました。ヨンパチの全面リベット打ち久しぶりだわ~。

いろいろディテールを加えてやろうとリサーチして臨んだんですけど、エンジンやコクピットなど、成型できる部分はほぼやってあって追加工作することころを探すのが難しかった。コード類を追加するくらいしかなくて、アフターパーツもいらないんじゃないかな。

差し替えできるエンジンとか、前面風防と一部胴体が一体パーツだったり、なかなか独特の組み立て工程があるけど、いずれも隙間なく恐ろしいくらいきっちりとはまるから全く苦労がない。恐ろしい精度だね。さすがはタミヤ。

出来がいいと思ってたアヴァンギャルドのクフィルなんて、これに比べたらまだまだだわ。
タミヤの成型技術はすごいね。

唯一悩んだのが足回り


bf109_180416k.jpg

難しい角度と強度がきちっと出るように、一部胴体をあとから被せる作りになってるんだけど、ここは困った。

やはり胴体は出来るだけ組み上げて塗装したいじゃないですか。と言って脚を差した状態で塗装するのも大変そうだし。

仕方なく私は脚パーツの一部をカットしてあと差しするようにしました。当然角度、強度を調整するのに苦労しましたが、こうするしかなかったです。
ここは賛否分かれそうな部分かな~と思いましたね。

もちろん、説明書通り作っても取ってつけたような隙間なんかできない素晴らしい精度なんだけどね。


タミヤの飛行機っていうと少ないパーツながら味わいある彫刻で、手軽ながらもかっこいい作品が作れるシリーズってイメージでしたけど、こんなに手間がかかるものになったんですね。

ただし勘違いしないでほしいけど、パーツが増えて手間がかかるっていっても、それは選択式だったりする部分なので成型上の都合で無駄に分割されたってことじゃない。
しかも精度が素晴らしいので面倒な整形も必要なくて、パーツ数は増えても難しくなってはいないのがすごい。
大手メーカーながら新機軸を盛りこんだりして、規模に胡坐をかかず新しいことをしていくところがタミヤのすごさだね。


と、ここまでは商業的な優等生なキット解説。ちょっと個人的なモデラー目線の意見を言えば。

ここまで隙がないキットだと、なんというか”作らされてる感”はあるよね。
なんというか、パズルに近い感覚?と言えばいいのかなぁ。
もう頭使わなくても説明書通り作ればすばらしい精密感のある作品が作れるから、手軽さはあるけど遊びづらいというか・・・

私みたいな昔ながらのモデラーって、酷いキットの不足部分をどう補っていくかっていうのに苦労して、苦労だけどそれが楽しみだったりしたわけで。そういった楽しみ方はしづらいかもしれない。

スケビに載った作例も私を含めほぼ素組みに近い見た目でしょ。
もちろん皆手を入れてはいるけど、完成形がいいから差が出ない。”ここやってあるよ~!”ってアピールできないモデラー泣かせのキットでしたよ。


まぁこれは最高のほめ言葉の裏返しで、ほとんどいちゃもん的な愚痴なんだけどさ。
どう手を尽くしても補いきれない、ひどすぎるキットに対する怒りとは違う次元の話です。

bf109_180416m.jpg

ひどすぎる模型の一例w
でもこういうのが模型製作的には楽しくもあるんだよね!


ようはモデラーってやつはいちいち言いたい人種なんだよね~。

[ 2018 ] 書籍 | TB(0) | CM(2)

航空ファン2018年2月号読んだ?:自衛隊の記念塗装って・・・

一週間お疲れ様でした!
さぁ!今年もいよいよあと一週間!もうひと頑張りして楽しい正月を迎えましょー!

航空ファンの今月号出ましたね。
航空ファン2018年2月号:Amazon

・・・・テング・・・。
第304飛行隊40周年記念だそうで。

・・・どうなの?なんか恥ずかしいのって私だけかしら?

自衛隊の記念塗装って、なんか・・・アレだよね・・・。
とくにF-15のやつって見てて恥ずかしくなるのが多い気がするんだけど、今回のこれも・・・なんか恥ずかしいな。
テングのアップって・・・隣国にわらわれそうだな。

センスのないヤツが偉そうなこと言うな!と怒られそうだけど、自衛隊の記念塗装ってそんな私が見てもダサいな~って感じることが多い。
デザインも勿論だけど、なんか毎回フォントがそのまますぎる気がする。
もうちょっとかっこいい書体使うだけでも良くなるんじゃない?わからんけど。

いままでもいろんな記念塗装出たけど、かっこいいな~と思うのは少ない。

F-15で悪くないなと思ったのはデジタル迷彩のやつ。
diary171222a.jpgTOMYTECH 技MIX商品ページより

モノトーンてのもあるけど、あれは自然な感じでかっこいいと思うな。
まぁ記念塗装感はないかもしれないけど・・・。



diary171222b.jpgTOMYTECH 技MIX商品ページより

303空は悪くないマーキングが多いかも。背中に白竜を大描きしたのとかも、あまりやりすぎず、かつ日本的で悪くない気がする。




それに対して毎回やらかしてる感があるのが305空
F-15J 第305飛行隊 空自50周年記念塗装
・・・なぁんか、日本らしさを勘違いしちゃってるような・・・なんでこうなったんだろ?

部隊マーク自体は嫌いじゃないですよ。日本的でありシンプル。日の丸とかとも相性いいし、結構好きなんだけどなぁ。

diary171222c.jpgTOMYTECH 技MIX商品ページより

少しずらしたモノトーンの部隊マークを書いた30周年記念なんかは結構いいと思います。
ただし、背中のマークだけね。キャノピー周りとか尾翼をもうちょっと渋くまとめてくれたらよかったんだけど、



やはりこういったもののデザインって欧州系のほうがセンスいいよねぇ。
最近やたら見る剥がれた系のやつは好きじゃないけど。

自衛隊は初めから剥がすこと前提でやってる感じがするのも凝れない要因なのかな。


そもそもが。これって誰に対するものなんすかね?我らマニアを喜ばせるためだけにやってるのかな?
やたら何周年とか気にしてるけど、そんなめでたい?私は誕生日でも喜ばない人間なんでよくわかんないなぁ・・・。

私は知らないんですけど、戦車とか自衛艦とかも記念塗装するんですかね?

仕事終わってから自費を投じて大変な作業して、よほどめでたいことなんだろうなぁ。
仕事でやってる?わけはないよな~。自主的にやってることですね。もちろん。
公務員だもんね。


もし安倍さんが「総理就任3周年だから、公用車記念塗装しといてよ!」なんてやったら問題になるだろうな。
空自ってその辺どうなんだろ?

記念塗装ってなんなんだろうね。
頼むからアニメキャラや女の子描いたりするのだけはやめてよね。
[ 2017 ] 書籍 | TB(0) | CM(5)

スケビ2017年11月号読んだ?

スケールアヴィエーション2017年11月号出てますね。
出てると思います。たぶん。


Scale Aviation(スケールアヴィエーション) 2017年 11 月号 :Amazon

今号の林さんの作品はツイッターでよく見てたのでとても興味があります。すごいですよね~。

凄すぎて次々上がるツイート画像を見ると作るの嫌になってしまうので、ツイッターを見なくなりました・・・。
そんな人の製作風景が見れるなんて楽しみだな。

ちょっと話それるけど、ツイッターとか見ててすごいの見つけるとフォローするじゃないですか。
そうするとすごい作品がバンバン流れてくるわけですよ。
それ見てるとなんか凹むんですよね・・・。
林さんとかR工廠さんとか、刺激強すぎて良くないです。それでツイッターは見なくなってしまいました。


そして「第3スチラドゥ」特集も載ってると思います。
一枚かませていただきました。

diary171014a.jpg

なんでも、共作ということで、いろんな人のスチラドゥが載ってることと思います。
こんなにあからさまに比べられてはレベルがばれてしまって非常に恥ずかしい。見るのが怖いです。


見たいけど見たくないスケビ。お分かりのように近所の模型屋にはないのでまだ見てないんです。
そんなわけで感想は皆さんの心の中にしまっておいてください・・・。


それにしてもスケビ、献本してくれなくなったんだね~・・・。


--- 後日 ---

編集部の方がこのボヤキに気づかれて、お詫びとともに数号まとめて送って頂いちゃいました!

お忙しいのはわかってたので、怒ってるわけでもなくネタとして使わせてもらっちゃいましたが、ご丁寧な対応していただき恐縮です!私なんかのつぶやきにお手数おかけしてしまいすみませんでした!

お心遣いありがとうございました!
[ 2017 ] 書籍 | TB(0) | CM(3)

最近の本:日本陸軍試作機物語

先日の旅行先で空いた時間に書店を覗いてたらこんな本を見つけました。

日本陸軍試作機物語―名整備隊長が綴る自伝的陸軍航空技術史

新刊コーナーにこんな本置いてあるなんて、良い本屋だな~
(駅の売店なんだけど)

昭和32~34年に航空ファンに連載されたものだそうで、日本陸軍の各機体の解説や歴史、技術的なことなどを読み物として書いてあって、私みたいな知識がないものでも読みやすい。

著者の刈谷正意さんは「整備の神様」とも呼ばれる人で(世界の傑作機「鍾馗」の”2式単戦「鍾馗」の構造と整備”の記事に写真が載ってる方)第一期技術生徒出身の技術屋。

陸軍2式単座戦闘機「鍾馗」 世界の傑作機 16

これから国を挙げて飛行機を開発していくって時代にその道に入った人の話なので、国内初飛行の徳川大尉や、各機の開発者の話をじかに聞いており、実体験に基づいている実感があります。

技術の人とは言っても決して難しすぎず、機体の解説も○○全集のような仕様を羅列しただけのものと違って、実際に触れた人ならではの話が入ってたりして面白い。


最近飛行機自体に興味が出てきてて、歴史的なことも気になってるんですよね。

日本においては軍が飛行機開発を主導してきたので、これは日本航空史ともいえる内容で勉強になります。

飛行機って本当に英知の結晶なんだね~。こういうのを読むと”つまらない飛行機”なんてないんだと思う。
カッコ悪くても”飛ぶ”ということだけで素晴らしいことなんだね。

飛行機がおもしろいのは当然だな。

[ 2017 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
<< 05
2018
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
1/144 関連


















CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
115位
アクセスランキングを見る>>