クフィルC2掲載しました。

例によって塗装は内緒でいきなり完成UPです!

今回は少ないクフィルのバリエーションから「エクアドル空軍」のグリーン迷彩をやってみました。
イスラエル以外ではこれしかないという選択肢でしたので、まぁ予想通りって感じかもしれませんが(スリランカはグレー単色でつまらんですからね)なにかのご参考になれば。

ポイントは増槽タンクに搭載される爆弾。こんな大胆な装備があるんですね~。

詳細はHPのクフィルC2に掲載してます。

”塗装作業編”はのちほど掲載します。
ホビーショー前でちょっと忙しいので、しばしお時間をいただきます。

kfir_7201a.jpg

クフィル(ハセガワ1/72):今回は早めにウエポン。

機体は完成。その間に付属品を製作しちゃいます。

写真撮り忘れちゃいましたが、脚周りに関してはほぼキットのまま。ちょっとパイピングを追加したくらいで特に見せるようなこともありません。

kfir7201_140320a.jpgそのほかにウエポン。
今回はやりたいことがあるのでそれにあわせて加工です。

ちょっとタンクの長さが足りないので、近い口径のプラパイプで延長します。
エリアルールでくびれた形状がセクシーでいいねぇ。


kfir7201_140320b.jpgここが毎回悩むところ。
爆弾のフィンを薄くするか否か・・・。数が数だけにいつも手をつけるのためらっちゃうんだよね。

・・・これから始まる嫌な作業と、完成後に感じる不満とを天秤にかけて判断するんだけど・・・
ようはここまでにどれだけ機体に入れ込んだかだよね。


kfir7201_140320c.jpg今回はすじ彫りしなおしたり結構手を入れたので、ここで妥協するわけにはいかずやってやりましたわ。

こういう作業は無心でやるのが一番。・・・だが。
1本4枚×8本=32枚分・・・

考えない考えない・・・。




完成後の追加掲載。
出来たのがこんな感じです。
kfir(1/72)weapon製作

タンクは下面と同じ色、爆弾は一般的なMk.82の塗装。
ゆれ止めをプラ板で簡単に再現してます。

この独特の搭載の仕方が面白いね。

クフィルC2(ハセガワ1/72):胴体下面工作、そして・・・

クフィルは以前製作したときにほとんど完成間際までいっていたので、ダイジェスト的にパッパと進めちゃいます。

やる気満々だったので、脚収納部まで手を入れてました。
見えなくなっちゃうのに元気だな~。

kfir7201_140227a.jpgこの辺が分かりやすい資料が結構あったので、気持ちのむくままディテールを加えました。

穴を開けて四角い段差をつけたり、プラ棒やプラバンでゴチャゴチャさせマス。


kfir7201_140227b.jpg・・・
なんか頑張った割りに大したことないな・・・

実機もそれほどややこしくないのでこんなもんでいいとも思うけど、なんか表現力がねぇ・・・


kfir7201_140227c.jpg・・・まぁいいですよ。

・・・はい!気持ち切り替えて!

主翼つけたときにフカフカしちゃわないようにプラバンを裏に当てて主翼を接着!

ここからが2014年に入ってからの作業です。




kfir7201_140227d.jpg主翼の合わせ目処理でちょっと手間取りましたが、ほかは問題なし。

う~ん、やっぱりデルタ機ではクフィルが一番かっこいいな~。
すらっと伸びた機首のラインがいい!


胴体と主翼の接着というのは私的には工作の一大転換点。ここから全体的な仕上げ作業となり、ここまでに大方の細部工作は終わってます。

休止前の段階で細部工作は終わっており、主翼貼る前にもう少しディテールを加える部分があるかなと資料を探しているところで止まってました。

結局資料やヨンパチのキットを見たところ「充分やったんじゃね?」って感じだったので主翼と胴体をくっつけて作業再開となったわけですね。

ココまでくれば機体は塗装作業に移行。
おっと、その前に付録パーツも作っておかねば。

クフィルC2(ハセガワ1/72):胴体工作続き。

エンジン以外の胴体部分の主な工作ポイントを。

kfirC2のコクピットパワーアップしたエンジンに関連してか、ミラージュに比べて細かな開口部が結構あります。

上面の大きなものは各部開口。
これはかなり効果が大きい工作なので、出来るだけするようにしてます。
やり方はピンバイスで穴を開けてから、カッターで穴を四角くしていく。
リップの薄さを均一にするのがポイント。あと角をしっかり出すこと。


くれぐれも指を切らないように!

kfir7201_140220b.jpg一癖ある形状のピトー管。

金属線に瞬間をポテッと玉状に盛って、紡錘形に整形。
それを金属パイプに通して独特の形状を再現しました。


クフィルのピトー管コクピットの前部の形状が妙に角ばってて実感がない。
この特徴的な形状がいかにも”ハセガワのクフィルを作りました”感が出てしまうので無難な形に作り直しました。

プラのパイプをカットしてベースを作ったところにプラ棒とかでモールドを追加。

これは正解の形じゃないです。正直よく分からんかった。でもそれっぽいでしょ?



最近はネットとかでコクピットの写真とか見られるようになったけど、エジェクションシートの後方とか、このアンチグレア部(?)ってよくわかんないことが多い。
古い機体だとコードとかが意外とむき出しだったりして、再現できたら雰囲気がUPするんだけど、わからないんじゃあしょうがないよねぇ。

撮影するカメラマンさんにはぜひもう一回り視野を広げてもらって、その辺も撮ってもらいたいところです。
カレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
457位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
61位
アクセスランキングを見る>>