F/A-18ホーネット(1/48):コクピットその3

色塗りましたよ。
FA18_4801_130615a.jpgこっちはスッキリだから、ちょっとさみしい。


FA18_4801_130615b.jpgこっちはちょっとごちゃごちゃ。
両サイドとも黒いスイッチボックスとか、実際にはないけど、なんかそれらしいかなぁと付けちゃった。

構造物は一応実際のものをアレンジしてるけど、位置やサイズの再現度がいまいちなので、リアルではない。


FA18_4801_130615c.jpgでもフロアパーツと合わせると結構それらしいっしょ?
”コクピットはややこしい”ってのがでてればいいでしょ。

・・・いや、本当は良くない。これじゃだめだよ。
ぜんぜん本物っぽくない。

でも私の技術じゃここまでなんだな。悲しいけど。


コクピットに関してはこんなもんで。

それにしてもアフターパーツ無しでここまでいけるハセガワ1/48ホーネットはやはりいいキットだね。

つぎはチラリと写ってるコクピット後部のアビオニクスベイ(?)の工作へ。

チマチマ作業はたのしいなぁ。

F/A-18ホーネット(1/48):コクピットその2

久しぶりにまったりホーネット。
コクピットの続きです。
一週間にパーツ一つの整形でも進めようとは思ってるんですよね。

フロアパーツは出来たので、キットでは省略されてる側面の工作。
最近の私の”気になる部分”です。
F/A-18Cホーネット(ハセガワ1/48)左側面実機はそれなりに構造物があってややこしい。
完全に再現は出来ないので、目立つものをそれらしく作っていく。

とりあえず”ごちゃごちゃ感”がでればそれらしく見えるもんです。
正確さは出せないです・・・あくまで”それらしい”レベルで。


F/A-18Cホーネット(ハセガワ1/48)右側面反対側はちょっとすっきりしてます。
まぁ実機がそうだから仕方ないよね。

見ての通りプラバン、プラ棒のカスを切った貼ったして作ってます。
だからほぼ直線、平面の構成で不自然な感じ。

もうちょっと有機的な工作を加えられるようにするのが今後の課題だな。


片面だけで一日ずつ作業。
資料見ながらチマチマするから結構疲れる・・・。

あとは塗装だねぇ。

FA18_4801_130608c.jpg


コクピットいじりながらいろいろ先をイメージしてるけど、最初のすじ彫り作業でネックになりそうなのがこの機首側面の点検パネルのギザギザ部分。
キットじゃここだけなぜかすじ彫りじゃなくて立体的に表現されてる。何でだろ?

私としては一体感を出す意味でも他と同様にすじ彫りにしたいんだけど、テンプレートも当てづらくて作業がしにくい。上のLEXの張り出しが当たっちゃうんだよね。

ただでさえ面倒くさいラインなのに。どうしましょ。


そういえば。
写真のコクピット後部を見ればわかるかと思うけど、何気にD型からC型にモデルチェンジしちゃってます。
ちょっと思うところがあってC型でまず作ってみることにしました。
両方キットを持ってて、初めはD型いじってたけど、ここでC型に変更。だからフロアパーツも新たに作り直してマス。ほとんど同じだから改めて掲載しないけど。

ホーネットは作りたいのがいろいろあって迷っちゃうなぁ。
また途中でD型に戻る可能性もないとはいえないかも。

F/A-18Dホーネット:コクピット

では、ゆっくりはじめましょうかね。
飛行機プラモのスタートはコクピットから。
ここをどのくらいいじるかで入れ込み具合が決まってきたりします。

作りこむなら最善の手段は決まってます。
「アイレスのディテールアップパーツを使う。」以上!
本当、最近のアイレスはどうやって抜いてんの?って思うようなすごいレベルに達してますもんね。
正直自作であのレベルを出すのはもはや不可能。うん、不可能と言い切ってしまおう。

でもね、そう思ってネットとかで探したりしたけど、・・・なんか違うな。
最近はいろいろとアフターパーツが出ているおかげで、実機を調べるよりパーツを売ってるところばかり探してる気がする。
なんか違うな~って、つまんないな~って今回は思っちゃいました。

だから最上の出来にはならないことを承知の上で自分でいじることに。
幸いハセガワ1/48のF/A-18Dホーネットのコクピットパーツは彫刻がしっかり入ってて、丁寧に塗り分けるだけでも結構いけそうな雰囲気。

FA18_4801_130315a.jpgとりあえずチマチマ塗ってみたのがこちら。

いいんじゃない?

ディスプレイの周りのスイッチを塗るところで最大の集中力発揮!


FA18_4801_130315d.jpgちなみに大きさはこんな感じ。


FA18_4801_130315b.jpgコンソールに関してはスロットルとか右のライト(?)なんかを改修。

この辺は抜きの関係で立体感がないので、この辺をパーツ化することでそれらしくなるような。

スイッチの塗りわけは当然ながら、今回はそれ以外の黒い部分に文字表現として白をちょんちょん入れて、ごちゃごちゃ感を増してみた。


FA18_4801_130315c.jpg前部の斜めの部分にはノブ系のパーツがいろいろ付いてるようなので、その辺もプラ棒の切れ端等で立体化。

いいねいいね。精密感はそれなりだけど、やった感は結構あっていい感じ!



さすがはハセガワ!実機写真を参考に色をつけていったけど、スイッチの位置とか結構正確。
すばらしい。

ただヨンパチともなるとスイッチを塗っただけではすっきりしててちょっと物足りない。
だから各スイッチに書いてある文字もちょっと再現してみたけど、これが結構効果的な気がする。
実際は構造物もたくさん付いてるけど、それに加えて各注意書きがたくさんあってごちゃごちゃ感があるんだね。
改めて気づきましたよ。

空いてる空間の埋め方も加えたことで、立体物に頼らずに密度を出せた気がしますが、どうでしょう?

新製作は長期もので。

食い散らかしその1は


F/A-18Dホーネット(ハセガワ1/48)です!

歳のせいかなぁ、最近小さい頃の思い出の機体を作りたくなる。
模型遊びの原点にあるイメージってやつを。

もちろんまだ遊びとしてやっていた、ただ作るだけだった頃。
一番遠い記憶にあるのは・・・なぜかプラウラー・・・。
「なんだよ~窓が茶色いよ~不良品だ~。」とがっかりした思い出。

あとはクルセイダー。あのチェックのマーキング見るとあの頃思い出します。
ほかにもハリアーやミラージュF1、零戦などなど・・・

その後本格的に、「これから模型を趣味としてやっていこう!」と心に決めて作ったのがTF-18(ハセガワ1/72)。
そう、まだ複座型がTFと言われてた頃。

なぜこれだったかは飛行機好きになったきっかけがホーネットだったから。
ただ、まだ単座、複座までは意識してなくてこっちにしたんです。

あと単座は初期の迷彩だったので、あの前部胴体側面の曲線の塗りわけが出来なそうだったからというのもあった気がします。(複座のオーストラリア空軍機は塗りわけ簡単)

とにかく買ってきてこれは説明書どおりにちゃんと作った。
もちろん当時膨大な数に思えた”NO STEP”もデカールもちゃんと貼った。
当然手塗りだったので完成品は大した出来ではなく、不満しか残らなかったけど・・・。

とまぁそんな思い出の機体。
そんなホーネットのヨンパチ。いつかはと思い続けてきたけど、そろそろ頃合かなと思い一度作ってみることにします。
とりあえずの習作なので、素組みで手軽にと思ったけど、そうやって作ったトムキャットに物足りなさ、後悔の念が強かったので、今回は初ながらもじっくり遊んでいこうかなと。

意外と初号機って工作が洗練されていない分、やりすぎていいものが出来ることもあるしね。
これに関しては休み休みゆっくりと楽しんでいこうかなと思います。
そんなつもりでお付き合いください。
カレンダー
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
製作中キット
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144作品

イエサブ1/144コン2016出品作品


1/144作品の一覧は「VFA144」ページからご覧ください。
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
444位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
63位
アクセスランキングを見る>>