FC2ブログ

ミラージュIIIの補足ね

: 好きな人には怒られそうな雑な解説しちゃったので、ちょっと補足ね。

・もちろんミラージュ1、2もあります。ま、プロトタイプみたいなやつね。米軍ならYFと付けるやつだね。
・A型、B型もあります。これも先行生産型と言っていいか。B型は複座練習機。
D型も複座型としてあるんだけど「オーストラリア向けの複座練習機」に初め割り当てられたらしい。ちなみにオーストラリア向けの通常の戦闘機型はO型となる。内容はE型。そう、普通なら”EO”とかするところなんだろうけど、O型なのね。

(=-ω-)=3 :なんか、書類の管理とか大変そうだなぁ…

: とにかく、ミラージュIII系は名前がややこしいね。今回の記事はほとんど「世界の傑作機」を参考にしてるので、興味が出てきたらそっちでちゃんと勉強してくださいね。
ダッソー・ミラージュ3 (世界の傑作機 NO. 70)

: で、ミラージュIII系はここで終わらないんだよね・・・

(ノД`) :あぁ・・・あるね・・・。

: そう、ネシェルだのチーターだのダガーだの、みんな勝手に改造したり売り飛ばしたりして勝手な名前つけたりしてるからさらにややこしいのよ。
中国機でいえばMig-21からJ-7となってJL-9になっていくみたいな。

(〃*`Д´) :だから余計わかりにくいわ!

: でもさすがにそこまでの解説は・・・面倒くさいからまたの機会にしましょうか。
それにしても本当にミラージュIIIは面倒くさい飛行機だねぇ。



(=゚ω゚) :あ、そういえば大事な事忘れてた。外見上の見分け方は?

: わからん!皆同じ三角形だ!

おまえらー、ミラージュIIIわかってっかー?

この前の買い物記事でやはりミラージュIIIには皆あまり興味がないようで。
そもそもミラージュIIIわかってないんじゃないでしょうか(私も含め)
ということで今回はミラージュⅢについてお勉強です!

: よーしおまえらー、ミラージュⅢ学ぶぞー

(=゚ω゚)ノ :はーい。

: じゃあまず「世界の傑作機」を買いなさい。以上!
ダッソー・ミラージュⅢ (世界の傑作機№70)

(=-ω-) :・・・いらないし・・・。

: だよな。わざわざ買わないよな。じゃあ本当に基本の基本だけざっくりと覚えておけよー。
: まず名前、「ミラージュIII」だ!「ミラージュ3」じゃないぞ!ここ大事だぞー

(=・ω・)ポカーン :? ところでミラージュ1、2はどうしたの?

: うん、そうだな。たしかにミラージュ1,2もあるけど忘れろ!

(=・ω・) :・・・・え?

: そしてミラージュIIIの最初の量産型がミラージュIIICだ。
イスラエルの撃墜マークを入れたやつなんかが有名だな。
エデュアルド 1/48 ミラージュIIICJ ウィークエンド・バージョン

(=・ω・) :・・・・え?いきなりC型なの?AやBは?

: ・・・忘れろ!

(=゚Д゚) :えーーー!

: で、そのC型を発展させて多用途・戦闘攻撃型となったのがミラージュIIIEだ。
D型はどうしたって?・・・わかってるな?

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

: この程度でビビってるんじゃない!やばいのはここからだ!
人気となったミラージュIIIEだが、イスラエルから「もうちょっとこうしてよ~」と注文がきた。それにこたえて開発されたのが「ミラージュ5」となる!

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル :ミ、ミラージュ4は・・・

: ミラージュ4はある!
(=-ω-)=3 : ・・・ほっ
: でもこれはちょっとタイプが違ってて大型・双発となった爆撃機的な機体となってる。
中国機でいえばJ-7からJ-8IIになったみたいな感じかな?(J-8IIは戦闘機だけど)

(〃*`Д´) :例えが分かりにくいわ!

: 話を戻してミラージュ5ね。何か気づいた?

(=・ω・) :?

: ”5”になってるでしょ?”V”じゃなくて。これがアホな話でVTOLにしたミラージュIIIVってのがあっちゃったのよ。
で、ややこしいからって急に”5”にしちゃったんだって!

(=-ω-)=3 :アホや、フランス人・・・。

: それに、”5”は基本的にレーダーを撤去したE型の簡易版的な機体なんだけど、機体によってはレーダー積んだままでほとんどE型と同じのがあったり仕様がかなりいい加減らしい。
これが「ミラージュIII/5」というわけわかんない表記になっちゃってる理由なのね。

: さらにだ、そのミラージュ5のエンジンを強化したのがまさかの「ミラージュ50」!AとかCとかどうしちゃたんじゃい!ってツッコミ入れたくなるよな!

(=-ω-)=3 :なんか、ミラージュIIIが不人気なのってこの辺のややこしいのも一因じゃないかと思えちゃうね。

: ということでまとめるとだ。
・ミラージュIIIC :最初の量産型
・ミラージュIIIE/5 :Cの発展形
・ミラージュ50 :ミラージュ5のエンジン強化版

これが基本の基本だ!

他にもOだのRだのあるけど、それは国にあてられたものだったり偵察型だったりなので、この3機種が基本の基本と言っていいと思う。

だから
だからだ、「ミラージュIIIは買ったけど、ミラージュ5は持ってなかったぞ!ラッキー!」なんて浮かれて買わないようにな!同じだからな!(泣)
diary190411a.jpg

(=・ω・)・・・。 :(やっちまったのか・・・)

立ち上がれ!1/72モデラー!

「ナナニイかぁ・・・(半笑い)」

「ヨンパチでやればいいのに。」

言われたことがある人多いんじゃないでしょうか。

まぁ私も言ったことあるんで(1/144モデラーさんに)いう方の気持ちもわかるんですけどね・・・。
(あなたのその力でもっと作りこんだの見てみたい!っていう気持ちなんです。ある意味ほめことばね。)

ナナニイ、そんなにダメすか!?
私はなんだかんだでナナニイ作ることが一番多いんで、ちょっとさみしいんですよね。

最近の模型誌もすっかりヨンパチがメイン。ナナニイどころかサンニイへ勢力を拡大してて、ナナニイの作例なんてちょっと隙間埋めに使われてる感じすらしちゃいます。

ナナニイの特徴といえばやっぱり手軽ってことになるんでしょうか。
でもだからこそ手軽に作った作品が多くて格下に見られることもあるのかなと、手軽さに甘えたモデラーにも責任が或るんじゃないかとも思いますね。

そういえば、昔は毛利さんとか1/72の凄腕モデラーさんもいたよね。最近はそういう人いないよな。
あぁいう憧れる、目標にしたくなるような1/72作品は見なくなったなー。


古いスケビ見返してみたら一度だけこのテーマの時があった。
diary170701b.jpg
もう10年以上前に一回だけ。

そろそろまたやってもいいんじゃないっすか?

とりあえず作ってみようぜ〜的なノリから、こういった楽しみ方どうよ?っていう、ちゃんとナナニイを考えてる号でした。

まぁこういうの取り上げても反応薄(=売上悪い)だったり、単価安い1/72じゃメーカーも喜ばないという”大人の事情”ってやつがあるんだろうけど・・・。

実際、売れるのもヨンパチのほうが多いらしい。
・・・いや、そうかもしんないけどさ、儲けにならないからって入り口をないがしろにしたら、結局業界がしぼんでいくだけなんじゃないの?


お友達と1/72でいっちょ仕掛けますか!?みたいな話も出てきたりしてます。
1/72がメインの企画ができないかな~とか、せっかく繋がったスケビ編集部との縁も生かして、ナナニイもやってよ~って売り込めたらな~って思ってたりもします。

どうですか?興味あります?賛同してくれる人が増えたら可能性も高まるんだけど・・・。

全国の1/72モデラーさん!ぜひ声を出して存在アピールしようじゃあないですか!




(=・ω・): なんか届いたよー

diary170701c.jpg

(#=・ω・)・・・。 : 1/32買ってんじゃん

あ・・・いやぁ、たまたまヤフオクで安いの出てて、冗談で入札したら落ちちゃって・・・
ヤフオクは怖いね(/∀\*)

(出来過ぎのようですが、これ書いてるとき本当に届いた。話にもオチが付いたってことで・・・)

迷走エアモデリングは1/72を応援します。

7月です!夏突入です!
2017年前半のバタバタした感じもひと段落。気持ちも新たに次の作品始めましょうか!

最近の模型誌では1/48や1/32のリアルな作例が中心。
まぁ大きいほうが作りこめるし、見どころもたくさんあるから写真映えしますよね。
それにちゃんと作りこんであるから見てるほうも楽しくないわけではない。

ですが思うんですよ。

なに?みんなそんな大豪邸に住んでんの!?

そんなデカいのをバカバカ買ったり飾ったりできるような広ーいおうちに住んでる人多いんですか?
作業部屋もあったりして、充実した制作環境が整った人がそんなにいるんですかね?

私なんかちゃぶ台に新聞広げて、ガンコ先生が風呂入ってる間にタイヤ整形するとかしてますよ?
もう在庫もパンパンで、テトリスみたいに隙間に食玩挟み込んだりしてますよ?

あぁいう作例、出版社やメーカーは喜ぶだろうけど、実際に作れる人ってそんなにいないんじゃないかな。
みんなそんなに1/32とか買ってんですか?

diary170701a.jpg
長いモデラー人生で1/32作ったの2機だけですよ。

ki84_110826a.jpg
疾風も完成させたけど、デカくて撮影ができない・・・。




模型離れが言われる今、あぁいうの見てモデラーが増えるのだろうか・・・むしろ最初から入れない気がしちゃうと思うんだけど。
いきなり1/32なんか作れないっしょ。わかってない小さい子ならいざ知らず。
作れない、参考にできない作例眺めるだけなら、航空ファンでいいじゃん。といった人がいたけど、まさにその通りだと思う。

ということで、ちょっと前から言ってるように、私は1/72を盛り上げたい!
やっぱりさ、入り口はここでしょ?一番参考にしたいのはこのスケールの作品なんじゃないの?
だからそこを盛り上げるのが大事だと思うんだよね。

続く

改めて1/72と向き合いたい。

今週もお疲れ様でした!なんか夏を感じる季節になってきましたな。

さて、先週に引き続き1/72に関して思ってたことをグダグダいきま~す。

1/72に限界を感じたのはこいつを作ったころかなぁ

diary170528a.jpgFw190D-9”パネルオープン”(タミヤ1/72)

初めてのコンテスト出品作(東武タミヤモデラーズコンテスト)にして初受賞作(佳作)。

久しぶりに写真引っ張り出してみたけど、よくやってるな~(自画自賛)
・・・そういやこの作品どこいったんだろ・・・?


diary170528b.jpg
全面リベットから各部開けられるところはとことん開けてみた。

1/72で作りこんだのはこれが一番かな。
ドイツ機はパネルを開けても絵になるね~。


当時の私としては精いっぱいやった作品だったんですが、ギリギリ入賞の佳作。
まぁFe190D-9のパネルオープンなんて、ある意味”定番”だしね・・・。

もちろんジオラマとかがメインのタミヤ系コンテストなんで、作品としての全体的な完成度の低さもあるでしょうが、「あぁ~、やっぱりここまでかぁ~」って賞をもらえた以上に限界を感じた作品でした。

評価うんぬんより自分的にここまで作りこんでみて、ヨンパチでやればよかったな~っていう思いが沸いたんです。
だから作りこむならヨンパチでって考えるようになりました。

同じような作品を作ったらやっぱり大きいほうが見てて楽しいしたぶん作っても楽しい。これは一つの真実だと思う。
だからナナニイでこの手の作品を作らなくなったんですね。

でもナナニイでこれやってもいんじゃね?っていう思いがまた復活してきてます。
パネルやハッチをオープンさせたSAの作例なんかも見て、決して見劣りしないじゃんっていうのを感じたんだよね。

まぁパネルオープンに限らず、やはりナナニイだからこその見せ方ってのを考えたらいいのではないだろうか。
いくつかアイデアはあるんだけど、その辺は形にしつつお見せできればと。


まずはいかに手を抜くかしか考えなくなったナナニイに改めてちゃんと向き合わなければ。
そのうえでプラスアルファを考えていきたいですね。

さぁて、何をしゃぶりつくしてやろうか・・・