Bf109F-2 : 完成目前!・・・か?

塗装も無事に終わってデカール貼りへ移動。
そしてそれも無事に完了。

アンテナやタブなど小さいパーツを付けたらクリアがけ。

乾燥したら足などのパーツをつけて・・・


完成!!

ココまできたら出来上がりなので、この後の写真は後ほどGALLERYへ掲載します。

そういやMig-15も、いやグリペンすらも掲載してないな・・・。
まずはそちらが先ですかね。

Bf109F-2 : 適当の代償・・・。

機体塗装が無事終了したので、完成に向けて仕上げ作業へ突入。

とりあえずはマスキングを剥がして・・・と。
このマスキングを剥がす作業が一番好き。

続いてすみ入れね。ちょっと前からデカールを貼る前にするようになった。
なぜって?だって雑誌にそう書いてあったから・・・。

Bf109F2_100722a.jpg
ちょっと薄めにすみ入れ。
オリジナルで茶色っぽく調色したすみ入れカラーです。
この辺の作業はもう何度となくやってるから、特に思うところなく、事務的に全体に流して、綿棒でふき取る作業をしていく。

さっさ、さっさと事務的に~・・・


Bf109F2_100722b.jpg
・・・・って、あーーーー!!
剥がれちゃったよー!!

なになに!?なにしてんのよ~!
情けない仕事ぶりだね~・・・。そりゃぼかしは薄いんだから、剥がれやすいに決まってんじゃないねぇ・・・。

Bf109F2_100722c.jpg
とやっておきながら、反対側も何も考えずにさっさ、さっさ・・・


・・・そりゃ剥がれるわな・・・。




Bf109F2_100722d.jpgBf109F2_100722e.jpg
あ~ぁ、もうしょうがないな~。なんか適当に作業してたから、別段怒りがこみ上げるでもなく、ただ「アァ・・・。」って感じでした。
適当にやってた自分が悪いんだから仕方ないよ。

しょうがないから下地色で一旦こすれ部分を修正。

Bf109F2_100722f.jpgBf109F2_100722g.jpg
そして改めてモットリング。
まぁ以前と大体似た感じに仕上がったでしょう。

あ~、また無駄な作業をしてしまった・・・。


本日の教訓
薄い塗装は剥がれる

モデラー歴二十数年して気がつきました・・・。

Bf109F-2 : いよいよ大詰め!モットリング!

さて、いよいよ大詰め。
ドイツ機の最重要ポイントのモットリング。ここで出来の良し悪しが決まるといってもいい最重要ポイントです。

なんていうと緊張してしまいますが、やってみると意外と何とかなるもんです。
まだドイツ機を両手で数えられる程度しか作ったことがない私が言うんだから間違いない!
ようはイメージを持って作業することですね。

雑誌の作例や写真を見て、自分のイメージに合ったものを見ながらやれば何とかなる。


今回は斑点がはっきりしたタイプにしてみました。
以前作ったBf109F-4のほう(あ、まだ未掲載だ・・・)がぼやけたものにしたので、今回はツブツブタイプ。

Bf109F2_100721a.jpg
頭ン中でこんな感じかな~とイメージしつつ開始。
後でデカールを貼っちゃうあたり(胴体の国籍マークのところ)に試し吹きをして、圧力や濃度を調節。

初めは薄く、小さめにバランスを見ながら全体に吹いていく。

昔は一粒ずつ仕上げようとしたから、後でバランス悪くなっちゃったんだよね。


Bf109F2_100721b.jpg
”この辺に大き目のを作って・・・”と決めて徐々に濃く、大きくしていく。

一気に大きくしないで、これも全体的に足していく感じ?説明しづらいっス。

あと、ちょっと薄めにそれぞれを繋ぐようにするといい感じになる気がします。


Bf109F2_100721c.jpg
失敗したら下地色で軽くつぶしてやり直す。

そう、私は下手なんで何度もやり直します。
そんなプロみたいに一発で決まるわけないもん。

ようは”気に入らなかったら納得いくまで直せ”ってことね。



Bf109F2_100721d.jpg
反対側はこんな感じに。

よく左右で雰囲気が違っちゃうことがあるんですよ。皆さんありません?
同じ流れでやってるのに感じが変わっちゃう。反対側の感じを意識しちゃってるからかな。

今回は・・・まぁ概ねOKかな。


こういう超有名機だと、いんちきモットリングだってのが一発でばれちゃうからちょっと恥ずかしい。
でもモットリングはいまだ練習中だから、今回はこれでいいや。

ちょっとツブツブ多い気もしますが、デカールとか貼っちゃえばなんとなくそれらしく見えるでしょ。

そうそう、この後デカールや汚しとかすると、結構それらしく見えちゃうんですよね。
”何とかなるから気にするな”ってのもポイントでした。

さあ終盤のハイライト、モットリングも無事終了!
あとは完成へ一直線!!

といきたいところでしたが、この後思わぬ事件が発生!
いやいや、そう簡単には終わらないネェ・・・。

Bf109F-2 : 塗装も大詰め!

ようやく塗装再開ということで多少ノッてきたので、前回途中だった上面塗装を仕上げていきましたよ。

Bf109F2_100720a.jpg
いろんな作例見ていると、大概主翼の塗り分けはキッチリしてました。
こりゃキッチリせにゃいかんなと思って、久しぶりにまじめにマスキングをしてみたのですが・・・。

2枚目を貼った段階で挫折!
もうフリーハンドでいってやる!


Bf109F2_100720b.jpg
塗装手順としては前回と同じ。基本色→黒を入れた一段暗い色をパネルラインに→一段明るい色で退色

塗り分け部分が仕上がったところで、下面色ではみ出たところをタッチアップ。
もちろんフリーハンドで適当に。


Bf109F2_100720c.jpg
恥ずかしい吹き漏れが出来てた尾翼も綺麗に修正デス。

マスキングなしの修正で、下面色が吹きもれたらどうするかって?
そしたら上面色でまた修正でしょ。

それが吹きもれたら?
気が済むまで直し続けるまでよ!


Bf109F2_100720d.jpg
う~ん、とりあえず綺麗にまとまってはいるけど、やっぱ主翼の塗り分けはぼんやりしすぎかな~。

な~んか、マスキングが下手になっちゃったんですよねぇ・・・。


まぁいいや。ココからドイツ機のハイライト、”モットリング”へ突入です!


カレンダー
<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
90位
アクセスランキングを見る>>