FC2ブログ

ギガント製作記:Me323 Gigant(Pitload 1/144)

今月はスケジュール的にちょっと余裕がある(先月頑張ったから!)ので、久しぶりにモデリング。

・・・っちゅうわけにはいきません!
余裕が出来たらやりたかったことが次々浮かんできて、あちこち食い散らかし!収集つかん感じになってます。

そんな中でもギガントはゆっくりと進行。
数が多いうえにパーツが多かったエンジンもとりあえず組みあがり

Me323ギガント(1/144)エンジン
パーツは多かったけど整形はそれほど手間かかんなかったです。
エンジンは組んじゃうとよく見えないし、手を抜いてもいいんだけど、今回は見られてるからきっちりやっつけました!

ここからようやく機体の工作へ。


ギガント翼整形

実はエンジン工作前に主翼の一体化はすでにやっていました。
こういう接着剤沢山使う部分はすぐに整形するとあとで引けてきちゃうことがある。
だから出来るだけ早い段階で接着だけはしておくんです。

主翼は2分割、動翼も別パーツでここも無駄に(?)パーツが多い。
サッサと一体化させてパーツ数を減らしたほうが精神的にもいいよね。

それにしてもデカい主翼だな~

US-2のようにパネルラインも面倒じゃないし、ここはさっさと合わせ目処理だけ済ましちゃいましょう。

ギガントゆっくりスタート・・・:Me323 Gigant(Pitroad 1/144)製作記

単純作業は精神が崩壊するようですが。


いろいろやってる合間をぬって、ちょっとずつだけどギガント始めました。

前のUS-2も大型機だったので、前・主脚ともダブルタイヤで計6個。エンジンも4組といつも以上に同じパーツがあって基本整形が面倒くさかったです。

しかし、今回のギガントは・・・・・

diary190619a.jpg

タイヤが計10個、エンジンは全部で6組・・・
しかもエンジンの作りが凝ってるからパーツが多いのなんのって・・・こんなのまとめてやったら精神が参ってしまう・・・。
同じ作業の繰り返しはイライラがつのるから、他の作業の合間を縫って一種類ずつ整形作業をしていこうかねぇ。


でも、この程度でウダウダ言ってちゃだめだよな。
艦船模型なんか常に同じ作業の繰り返しだもんね(私が艦船を作らなくなったのはそれが理由。主要構造物は変わっても細かなパーツはどれも共通だったりして作業が飽きるのです。)
特に空母の艦載機は大変そうだよな~。艦船モデラーさんはああいう作業の時どういう心境なんでしょう?

私なんか爆弾のフィン8枚くらいでもへばっちゃうのに・・・。

新作も引き続き1/144です!

さぁて、ではそろそろ次の新規製作を始めますかね。

といっても次も引き続き製作依頼をいただいて1/144キットの製作となります。

Me323 D-1ギガント(ピットロード 1/144)

ちょっと前の話題の新作ギガント。まさかの(?)スケビ特集ともなった機体。
スケビも意外と(??)反応が良かったそうで、独特の存在感が好きな人は結構いるみたいですね~。

こいつもUS-2同様プラモデルとして作りごたえのある機体なので、製作報告を兼ねて製作記としていこうと思います。
今回も脚やらペラやら、やたらと多いので面倒くさそうですが・・・今年中には(遅っ!)完成できるように張り切って製作します!

参考資料はもちろんこれだね!

Scale Aviation 2019年 05 月号 [雑誌]

自分じゃ作ることのない機体を作らせてもらえるのはうれしいな♪
不安もあるけど楽しみ!