FC2ブログ

仕上げ工作に入りました :US-2(aoshima 1/144)

いよいよ仕上げに向けて細部工作に取り掛かりました!

us2_190422a.jpg
ウォークウェイのデカールが結構ありますが、出来るだけ塗装で再現しておきます。

us2_190422b.jpg
BLCのよくわからん小窓はメッシュっぽいのが貼ってあるように見えたので、
クリアパーツを裏からスジボってメッシュカラーを流し込んでおきました。

us2_190422c.jpg
で、こんな仕上がり。メッシュはもっと細かくてもよかったね~

us2_190422d.jpg
そして前回の経験から嫌で目をそらしてきてたこいつもやらんとね・・・
塗装でやるかデカールでやるか、どっちが楽か悩んだ末デカールで。
6枚ペラ×裏表2面×4をひたすら貼っていく・・・。

もうペラの塗装どうしようかずっと考えながら後回しにしてきてたんすよ。
細かいマスキングを何度もやりながら塗装するか、馴染み無そうなデカールを貼っていくか。でも結局面倒なことはどっちも一緒!
まぁマスキングを繰り返すよりはデカールなじませてタッチアップを追加していく方が楽だし綺麗かなということでこちらでやりました。

さぁ、あとはデカール貼って最終仕上げだ!平成中には間に合いそうだな!

最後の一仕事からの塗装に突入!:US-2(aoshima 1/144)

最後にこのパーツ付けるの忘れてた。

us2_190404a.jpg
合わせは特に問題ないからそのままでもいいんだけど、実機は一体のようでスジがないので
細かいところながらちゃんとパテ盛って整形します。

us2_190404b.jpg
こだわるならもっと細く加工した方がいんだろうけど、
いかにもな合わせ目がなくなっただけでもだいぶ雰囲気違うんではないかと。


実機写真良~く見るとスジがある様にも見える・・・
綺麗に整形すればそのままでも良かったかもしれないけど、まぁこっちのほうが綺麗でしょ!w
少なくとも前部分の合わせ目を消した効果はあると思います。

さぁ、これで今度こそ塗装に入ります!


以前製作したときは説明書の指定通りのカラー(F-2の特色)を使用したんですけど、なんとなく青みが強くておもちゃっぽい印象でした。
ということで今回はMr14ネイビーブルーを基本にブルーやグレーをちょいと足して調色。

us2_190404c.jpg
下面はそのままMr315で塗ってからマスキング、上面塗装

us2_190404d.jpg
”汚しあり”のご指定なのでグラデーションをかけてちょっと退色。
まぁいつも通り綺麗目な汚し。徹底的に汚せないビビりですw


ということでまずは基本色の塗装完了!
US-2はまだまだここからやることがるので隼みたいに「もう終わるぜ~!」という感覚はない。
むしろこれから面倒くさい作業がたくさん残ってるので、気を遣うのはこれからだねぇ・・・
うへぇ~・・・


工作作業ひとまず完了:US-2(aoshima 1/144)

あちらもひと段落というこで、ちょこっとUS-2を再開。

最後に一番気を遣うコクピット周りの整形作業を進めました。

us2_190321a.jpg

心配なキャノピー周りを含め各種ピトー管などを追加して機体の工作はこれで大体終わりました!

あとは塗装後の作業になるのでこの辺で全体的に最終仕上げをして塗装に入っていこうと思います。

よーやくここまで来ましたね~。例によって作業が遅くてご依頼者様には大変お待たせしてしまい申し訳ありません!

ようやく塗装です!


製作依頼承っております!
詳しくはメールにてお問い合わせください。

US-2の背中

背中のクリアパーツ部、BLCという装置のエンジンが搭載されてるところのようです。
低速飛行が可能になる画期的な装置らしいです。
となると窓ではなくて、網貼ってるなら吸気or排気口でしょうかね。


写真で見るとやはりメッシュのように見えますので、そのように加工してみようかと。

情報頂きありがとうございます!

キャノピー怖いんすよ・・・。:US-2(aoshima 1/144)

US-2の工作もだいぶ煮詰まってきてあとはキャノピーを取り付ける段階まで来たんですけど、ここで手が止まってました。

キャノピー閉じるの怖いんですよ・・・。
なんですかね。どうも私が作るとキャノピーにゴミ閉じ込めちゃうんですよ。

自分でもわかってるんで毎回最大限の注意を払って最初の工作段階から気を付けるんですけど、最後にマスキング剥がすと大抵ゴミが入っちゃってるんですよね。
特にスパホの時はあまりの大きさにかなりショックでした。このときも完全に密封して作業したんだけどなぁ・・・

us2_190218a.jpg
てなわけで今回もここで手が止まってました。
と言ってビビったまま止まってるわけにもいかないしどうしたものか・・・

そこで閃いた!中に粘着質のものを入れて、もしゴミが入ったらそこにくっつくようにしたらどうだろ!

us2_190218b.jpg
ということで天井に両面テープを貼ってみた!
US-2はキャノピーも小さいからこれならいけるっしょ!

us2_190218c.jpg
それでも最後の最後まで入念に点検してキャノピー接着!
もう知らんぞ!

今回みたいな機体ならこういった技も使えるね。
でも戦闘機とかはどうしようかな~。清潔な工作環境にも限界があるし。

なんにしてもUS-2に関しては最後の懸念事項も解決!最終仕上げに向かいましょー!


ところで。

us2_190218d.jpg
背中のここがクリアパーツなんですが、ここって何なんでしょ?
窓?メッシュ?
ご存知の方はぜひお教えください!