FC2ブログ

エンジン組み込み:Ki43隼2型(hasegawa 1/72)

エンジン本体が出来上がったので、さっそく機体に組み込みます!

ki43_180924a.jpg ki43_180924c.jpg
そのままだとちょっと奥まったところに取り付ける形になります。

カウリング前部のパーツを付けると、かなり奥まってるな~という印象。

ki43_180924b.jpg ki43_180924d.jpg
そこで単純に取り付け位置を前進。これでだいぶそれらしくなったかな?

エンジンてプロペラ付けると実はあまり気にならなくなっちゃう部分だけど、さすがにこれは違和感があったので軽く修正しときました。
エンジン工作も簡単なディテールアップだったけど、こうやって組み込んでみるとそれなりにやってあるようには見えてるね!

時代の先を行ってしまったか!?

ゆるく製作を進めている隼ですが、先日のフルアクション隼の発売情報に続き、こんなのも出るみたいです。



日・Ki-43-II/III隼用コクピットセット・スペシャルホビー (プラモデル):ホビーサーチ



日・Ki-43-II/III隼用動翼セットセット(スペシャルホビー1/72 ):ホビーサーチ


チェックしてなかったんですけど、隼のキットが出た?出る?
たぶんそれに合わせた商品なんでしょうね。

このコクピットセットを入れて作ったらもうちょっと面白い製作記になったんでしょうけど・・・・。

あまりのタイミングにちょっとビックリ。
重ねてお断りしますが、私は決して業界”なかの人”ではありません!

どうしよ?いったん止めるか、このままいくか?
まぁ、どっちにしても所詮は隼だからなぁ・・・。

エンジンをお手軽ディテールアップ:ki43隼Ⅱ型(hasegawa 1/72)

キットパーツはあまりにもアレなんで、軽くディテールアップしておきましょ。

ki43_1808120a.jpg
まずは根元に環状のパイプをプラ棒で。

ki43_1808120b.jpg
そしたら各シリンダーの真ん中にコードをニョキニョキ生やして・・・

ki43_1808120c.jpg
ちょっと曲げながらそれらしくプラ棒に接着。

ki43_1808120d.jpg
あまり目立たないように暗めの色でちょこちょこ塗って完成!


そのまま使うには結構厳しい出来なんで、アフターパーツとかあれば変えちゃうのが一番でしょう。
隼2型のエンジンは「ハ115」ですが、これって海軍の「栄二一型」(零戦52型のエンジン)とほとんど同じものなんだそうなので、ゼロ戦のキットから持ってくるのが一番手っ取り早い。

でも1/72の零戦の手持ちないし、そんなに頑張って作りこむこともない・・・ということで、最低限のディテールアップで十分でしょ。

胴体接着で次の工程は?:ki43隼2型(hasegawa 1/72)


ki43_180817a.jpg
コクピットが出来たらさっさと胴体を接着。

ki43_180817b.jpg
次に取り掛かるのはエンジンだね。
ここもかなり古さを感じる出来。

ki43_180817c.jpg
こっちはコクピットと違ってそれなりに見えるからねぇ。
内側に一段余計な部分もあるし、ちょっとまじめにやらんといかんかな。

定石通りのコクピットから:ki43隼2型(ハセガワ1/72)

それでは説明書通りコクピットからいきますか!

ki43_180806a.jpg
当たり前だけどシンプルで古臭い作り。
これをカッチリ作るのはかなり手間だし、キャノピー閉じちゃうからどうせ見えないし。
このままでいいや。

ki43_180806b.jpg
軽め穴だけあけてベルトだけ簡単に付けときました。
見えないとはいえこれくらいはやっておきたい。
やっておかないとなんか不安なのはモデラーの性ですな。

ki43_180806c.jpg
Mr127(コクピット色)がなかったので、手持ちでそれらしい色を調色。
隼のコクピットって昔は青竹だったけど、今はグリーンなんだね。


この辺は腕慣らしというか、様子見な作業ですね。
ここをどの程度作りこむかで仕上がりのレベルも違ってくる、作品を測る物差しにもなる部分。

見ての通り今回はかな~りゆるい完成形になりそうです。