FC2ブログ

塗装に入りまスた。:隼Ⅱ型(hasegawa 1/72)

工作が終わったところですかさず塗装に入りました。

今回作る機体はスタンダードなシルバーのものなので、早速Mr8シルバーを吹く。

ki43_190401a.jpg
「シルバー塗装だからMr8シルバーを吹く」
ただシルバーを吹く・・・あぁ・・・なんてらくちんなんだ・・・
調色に悩むことなくただビン生で吹ける幸せ!

ki43_190401b.jpg
あっという間に吹き終わったので軽くグラデーションも入れてみる。
うん、ただのシルバー。おかしなことはない。
塗った後も色調で悩む心配がない!なんて素晴らしい!

ki43_190401c.jpg
その勢いで細部塗装もしっかり行い塗装完了!早い!
あぁ、なんて楽なんだろう・・・単色の大戦機サイコー!


本当に最近は考証地獄から調色地獄に陥っているので、塗装が嫌で嫌でしょうがないんですよ。
今回はマダラもしないし本当にあっという間に塗装が完了しちゃいました。
色で悩まないって楽でいいなぁ。

シルバーもパネルの塗り分けはせず、他の塗装同様に・基本色> ・暗(黒を混ぜたもの)をパネルライン> ・明(グレーを混ぜたもの)をパネル中央に吹いてます。
最近は動翼もシルバーという説のようなので、明を全体に吹いてちょっと色合いを変えてます。(マスキングもせずに適当に)写真でも若干わかるかな?という少しの違いですが。
この”ぱっと見わかんないけどよく見たら違う”くらいのちょっとした違いでやめておくところが大人ですよw

苦手な作業がさっさと終わったので一気にいけそうです。

こちらも工作作業が仕上がりました!:隼Ⅱ型(hasegawa 1/72)

US-2に続いて隼もようやく工作が完了しそうです。

ki43_190220e.jpg
こちらの排気管で作りましたが、作りたい機体が変わってきたので直します。

ki43_190325b.jpg
ぶっちゃけこっちのタイプの排気管が何気に作るの面倒くさそうな形だったので、上の簡単な形のほうから機体を選ぼうとしておりました。プラ棒で適当に作ってます。
切り欠かれたカウルフラップも作りなおしで。

ki43_190325c.jpg
まぁこんなもんでしょ。
やっぱり隼っていったらこっちの排気管だよね。

ki43_190325d.jpg
最後の工作もこれで完了!全体にサフを吹いて全体の細かな傷等を確認。
特に問題もなさそうなのでこれでひとまず完了かな!

US-2、隼ともにようやく塗装段階に入れそうです。

そろそろ新たにいじりたい気分になってますので、来月には平成最後の新規製作をしたいな~と。
あくまで願望ですけど・・・。なに作るか決めてないし。でも何か新しく始めたい!

士の字になりました!:隼Ⅱ型(hasegawa 1/72)

小物をいじってる間に胴体と主翼を接着!飛行機の形になりました!

ki43_190304a.jpg
細かな考証したらわかんないけど、ぱっと見はどう見ても隼Ⅱ型で問題ないでしょう。

ki43_190304b.jpg
主翼付け根のパネルラインを修正。

ki43_190304c.jpg
ライトやピトー管の加工。この辺はどの大戦機も一緒の基本工作ですな。

ki43_190304d.jpg
蝶型フラップのガイドレールは金属線で。

ki43_190304e.jpg
エルロンの操作ロッドはプラ棒でそれぞれ作り替えてます。


特に見せ場も作らずにここまで来ちゃったので、せめて細部をシャープにして精密感を出そうという魂胆。
この程度で素組みとどれほど差が出るのかは不明ですが・・・本人的には”やった感”はあります!

小物パーツを整形します:隼Ⅱ型(ハセガワ 1/72)

大戦機小物パーツは脚しかないから楽でいいね。
ウエポン作るのは面倒くさいからぁねぇ~

ki43_190228a.jpg
シンプルな構成。形は悪くないけど、さすがに古くてバリがすごい。

ki43_190228b.jpg
とりあえず除去。
形は悪くないからこのままでいいか。

ki43_190228c.jpg
脚カバーはプラ板で薄く作り変えよう。
ちょっとディテールも追加。

もう一つのパーツであるプロペラ。
ki43_190228d.jpg
何となく細くてボリュームが足りない気がする。

ki43_190228e.jpg
根本付近を中心に超適当にプラ板と瞬間で盛り付けて削り出し。
ki43_190228f.jpg
う~ん、まぁこんなもんかな?

隼Ⅱ型(ハセガワ1/72)再開します!

いや~だいぶ放置しちゃってましたね~。
最近の隼ブーム?のおかげで引っ張り出してきました!

一応ギリギリ半年ぶりくらい?まだミカン山陣地としては若造だね!年代物になるまえに何とかケリをつけてやろうじゃないか!

前回の掲載はエンジンの工作が終わったところでストップしてましたが、実は工作はかなり進んでて機体工作はほぼ出来上がっています。

まずはカウルフラップの工作から再開だ!

ki43_190220a.jpg
一体のカウルフラップは雰囲気ゼロ。
個人的にカウルフラップは開いてるほうがかっこいいと思う!

ki43_190220b.jpg
ということで開くべくまずはフラップ部分を削り取る。

ki43_190220c.jpg
開いたときに中が見えてツルンとしてたらそれはそれで雰囲気台無しなので、削ったところを少し彫り込んで排気ダクト風に加工してみた。
多分見えないからこの程度で十分でしょ。

ki43_190220d.jpg
そうしたらプラ板でカウルフラップを製作。
一枚一枚作ると貼った時ガタガタになりがちなので、一体で作る。

・全体の長さにプラ板を切り出す
・丸いものに充てて曲線のくせを付ける
・完全に切り離さないようにちょっとだけつながった形にカットする
そうすると自然と開いた状態の形になるのね。

ki43_190220e.jpg
切れないように慎重にクセを付けながら貼っていけば完成!
やはり中はほとんど見えん!

カウルフラップはちょっと開いてるほうがやった感もあるし断然かっこいいと思う。
シャープさを出しづらいこんな機体だと特に工作した甲斐があると思いますよ。