FC2ブログ

勢いを借りて再開したい! :F-4Gファントム(フジミ1/72)製作記

季節の変わり目ということでちょ~っとお休みしておりました。行きたい展示会とかもあったんだけどこればっかりは仕方ないね~。
まぁ何とか平常運転に戻りましたので今週から再開です。

ツイッターのほうで#秋のファントム祭りってのが開催されてます。

何かと最近話題に上るファントム。

ちょっと前にオジロファントムとか特集本が出たりだとかよく目にしたけど、実はよくわかってないっす。
もう完全退役したの?あくまでオジロファントムが退役したってこと?偵察型は残ってる?
よくわからんがファントムのかっこよさが改めて意識されてるみたいでいいよね。

やっぱファントムはかっこいいっすよ。私もたぶん最初に好きになったのはファントムだったと思う。トムキャットより前かな~。

だからこのお祭りにも参加したいなと思ってますが、そういえば途中のコがいましたっけね。

f4_191104a.jpg
F-4Gファントム(フジミ 1/72)
特に空自ファントムという縛りでもないみたいだからこれでもいいっしょ。

特に理由もなく何となく止まってしまってたこのファントムで参加しようかなと。
再開するにはこういった勢いを借りることが大事よね!

f4_191104b.jpg
ハセガワが出たせいでちょっと低く見られがちのフジミファントムですが、形に関しては悪くないようで。
ポイントにリベットなんかを追加してったらそれなりにかっこよさげになりました。

f4_191104c.jpg
主翼も接着前に整形を進めてますが、ここでちょっと気になる点が。

f4_191104d.jpg
翼端の表現がちょっと大げさだよね。
隣に並べたハセガワの翼端と比べると明らかに大きい。


そうだ、確かここの処理が面倒くさくなって止まっちゃったんだっけ。

先日ハセガワのF-4をサルベージしたので、参考資料としてここに寄せていこうと思います。


それにしても

・スケビ作例 ・T-55 ・ギガント ・・・
いろいろ期限が厳しいものが残ってるけど、さらにこんなん初めて大丈夫か・・・?

F-4G ワイルドウィーゼル(フジミ模型 1/72)

F-4Gのキモ!:F-4G Phantom2(fujimi 1/72)

とりあえず機体から作っていきますか!

といってもインテイクパーツくらいで胴体を貼り合わせたらほぼ完成なんだけど・・・

基本的には問題なさそうな形状。
インテイクも中を再現することもなくただくっつけました。

そしてもう一つ主要なパーツ

f4_1802012a.jpg
機銃を撤去してアンテナを収納し、形状が大きく変わったノーズ。
ちょっとボリュームがありすぎる感じがするな~。

f4_1802012b.jpg
全体的に厚みを削って前部の側面を平面形にしつつグラマラスなラインにしていく。
この辺も図面に合わせてというより何となく自分のイメージで整形してますので正確ではないです。

対SAM専用機となったG型の一番大きな特徴である部分だから、ここはちょっとこだわって形を作りたいところだね。

f4_1802012c.jpg
機首の小インテイクも別パーツ。
だいぶ前にした作業なんで、「ちゃんと掘ってあって、やるじゃんフジミ!」という写真なのか
「こんなとこも手を抜かないぜ!どうよ!」って写真なのかはわかりませ~ん・・・。

f4_1802012d.jpg
そして取り付け。形状が・・・ちょっと違う?
なんとなくRF-4っぽい感じがするけど、こんなんだったけ?


いろんなバリエーションを想定して作られたキットなので、気を付けないと形状がごちゃ混ぜになってしまう恐れがあります。
あらためて確認しないと何とも言えないけど、次はこの辺を修正していくことになるかと。

それにしても、ファントムなんだか楽しいよ♪

F-4Gコクピット製作(フジミ1/72)

では定石通りコクピットから始めましょー!

コクピットパーツは一昔前のキットだけに非常にシンプル。
F-4ファントムのコクピットはごちゃごちゃしててまじめにやれば有力なアピールポイントになるんだけど、今回はアフターパーツも根気もないのでそのまんま!


f4_180129b.jpg
付属のデカールを貼っただけ。
が、このデカールが完全に逝ってて水に浸したらバラバラに・・・

f4_171106a.jpg
何とか形を整えて貼りつけ。
デカール自体は黒一色だけど、スイッチ類に赤や黄色を入れてあげると多少はそれらしくなるでしょ?

f4_180201a.jpg
そしてあっさりしすぎた出来に悶々として余計なことを始めないようにさっさと組み込み!

・・・なんか妙に奥まってるんだけど、取り付け位置は間違ってないよね・・・?


フジミのキットは一体キャノピーなので、コクピットをアピールするつもりはなかったから超適当です!
まぁキャノピー越しに見えそうな上部はちょっと手を加えてあげようかな。

それにしても問題はデカールだね。
キットのものは完全に使えないんだけど、G型の別売りデカールなんてあるのかしら?

別売りデカール買うよりタミレリのキット買った方が安いんだろうな。
デカールのためにキット買うってのはアリだと思うけど、残った作る気のないキットが不憫だし・・・
さて、どうしたものか。

F-4G始めます!:F-4G Phantom2(fujimi 1/72)

今月号のモデルアートもたまたまF-4ファントム特集なんですねー

モデルアート 2018年 03 月号 [雑誌]:Amazon

月末に発売の世界の傑作機もF-4ファントムだそうで

F-4E, F, GファントムII (世界の傑作機No.183):Amazon

お話ししたように私の事情は去年からのスライド企画であって、今回のこの流れとは一切関係ないんですけど、うまいこと乗っかれたようで。
まるでやらせのような流れですが、今回一切意識してませんでした。

何でもF-4ファントムの原型機XF4H-1が完成、初飛行したのが1958年5月だったそうで、ちょうど60周年なんですねー。
そんなんで今さらながら改めてファントムに注目されてるようです。

・・・まぁ”60”っていう中途半端な記念日はこじつけな感じがぬぐえませんが・・・一世代前の機体を取り上げるきっかけということなんでしょう。

わたしも先日技MIXのファントム2を久しぶりに作りましたが、やっぱりいいね!ファントム!

力強く、泥臭いボリュームあるボディ。元来小型機好きではありますが、物心ついた最初にかっこいいと思った戦闘機はトムキャットじゃなくてファントムだったと思い出しましたよ。
(トムキャットはかっこよすぎてヒーローアニメ的な異次元の存在な感じがした)

そんなファントム2ですがF-4Cを1/72で一度作っただけなんですよ。

でもずっと作りたくて、この機体に関しては一番好きな機体が決まってるからいつでもいけたんだけど、思い入れが強すぎて手を出せなかったです。

その本気の前哨戦として手慣らしに頂いたこいつを作っていこうと。
f4_180129a.jpg

F-4G ファントム2(フジミ1/72)


古いキットですが、新世代のハセガワのキットが出るまで結構評判の良かったキットみたいです。

パーツのディテール・構成ともシンプルで今のレベルで見ると手間のかかるキットですが、こういったキットのほうが手の入れがいがあって楽しくもあります。・・・大変でもあるんだけど。

ロングノーズ派の私でも手を出しづらかったG型というのもうれしい!
本命のベトナム迷彩とかぶらないようどう作っていこうか、仕様も含めて作りながら考えていこう。

一年越しのスタート!

あまりにも重たいP-51はいきなり断念してしまいましたが・・・。
作る気にならなかったのは既にほかのものに興味が移ってるからでもあります。

思い起こせば2016年の年末。

同じ機体でいろんなのを作りたくなってしまうため、いつも同じような機体ばかり作ってる気になることが多いんです。
そこで今度からは同じ機体をまとめて作っちまおうという作戦になりました。
いま途中のジャギュアなんかもそうですね。

で、2017年はこいつを作ったな~と思いだせるような、その年のテーマの機体を決めて思う存分作ってしまおうと決めました。

そのテーマに選んだ機体がF-4ファントム2

いつかじっくり取り組んでみたかった機体。そろそろやってもいいんじゃないかと思っていたんです。

そんな中2017年、年初に行われた新年会でフジミのF-4Gのキットをいただいたんですよ。(るーすさんありがとー!)
ちょうどF-4に気持ちが向いてたし、まさかこのタイミングでF-4もらえると思わなかったので、これは行くしかないなと。

実はすぐにいじってたんですよね。

しかしその後いろいろと作らないといけないものとか出てきたり、他の機体で盛り上がっちゃったりしたんで止まってしまい、製作記を載せるまではいけませんでした。

そんなんで気が付いたら2018年スタート・・・。
ということで一年越しに改めて2018年をファントムの年にすべく、いただいたF-4G(1/72)をいじっていこうと思います!
一年前にタイムスリップしたつもりで、取りためて見てない真田丸(2年越し・・・)でも見ながら作っていこう!


そして2018年最初の完成品もこいつだ!

diary180123.jpg
F-4EJ改ファントム2(トミーテック1/144)

たまたま依頼いただいて作っていたのがこのタイミングで完成しました。(後日掲載します)
これは流れが来てるんじゃない?