UH-60J(SP)”航空救難団”(Platz 1/144)


uh60_1401ttl.jpg

UH-60J(SP)”航空救難団”
(プラッツ「空へ -救いの翼-」 1/144)
uh60_1401a.jpg uh60_1401b.jpg
uh60_1401c.jpg uh60_1401d.jpg
uh60_1401e.jpg uh60_1401f.jpg


とりあえず・・・とりあえず形にしたUH-60J(SP)

ヘリはほとんど作ったことないからわからないことだらけで、リサーチに非常に手間取りました。
しかもこのUH-60J(SP)(この呼び方すら正しいのかどうだか・・・)は個体によってアップデート具合が違い、調べるたびに混乱しました。

気づいたものは一応つけてみましたが、各パーツ形状等の詰めが甘いのであまりよく見せるのが恥ずかしい。

いずれ作りなおしたいと思っているので、忘れないうちに備忘録的に記録しておきます。

uh60_1401g.jpg uh60_1401h.jpg

アンテナゴチャゴチャ!取ってつけた感が半端ないね!
でもそこがこの機体の面白さかな?

各アンテナをプラ棒で追加。サイズ・位置・形とも何んとな~くですw
受油プローブもついてるほうがかっこいいかな~と。

コクピットは最低限作ってあります。
あまり見えないからよかった~。

uh60_1401i.jpg
タグぷらぷら~。

胴体と機首部との合わせ目を綺麗に整形するのに神経使いました。
あとタンク基部の形状も作り直したような・・・すでにあやふや。


uh60_1401j.jpg
プローブの取り付け位置とかもこれでいいのやら?

脚からタンクパイロンにかけての形状もちょっと違うんだけど、直す時間ありませんでした。

タンク付けたらよく見えなかったからいいや!


uh60_1401k.jpg
最後に作ったチャフの基部。
プラペーパーとか組み合わせてそれらしく作ってるけど、・・・まぁ適当。

フィンやらアンテナやら、やたらゴチャゴチャついとるね。


uh60_1401l.jpg
やっぱりヘリの肝はローターだと思うんですよ。

だからここは気合を入れてディテールアップ!

・・・してますが、そもそもがペラの付き方とかが違ってるようで・・・。
そこから直したんじゃ間に合わないの確実だったんで、キットパーツをそれらしくでっち上げました。


uh60_1401m.jpg
反対の後部胴体についてるアンテナも金属線で作り変え。
これは黒が正解?最後までよくわかんなかったです。

エンジン排気後部の形状を完全に間違えた。
こんなにえぐれてないんだね~。いや~一つ勉強になった!(強がり)



酷い解説ですな・・・。
もうね、本当時間ギリギリだったんで、写真見てあるものをそれらしく付けてくので精いっぱいだったんですよ。

だから取り付け位置とかの検証も不十分で、詳しい人が見たらツッコミどころ満載だと思います。
自衛隊好きは多いから怖いんだよね~・・・。

UH-60J(SP)はU-125とペアなわけだけど、あっちと違ってこちらは凄みがあるんですよね。
今回はその辺の違いを出そうと、こちらはちょっと汚しを入れてます。

そのおかげで中々の迫力が
・・・と思ったんだけど・・・あれ?やっぱり思ったほどじゃない?

なんか・・・ヘリって小ぢんまりしてるのね・・・。
ちょこーんとたたずんでる感じで・・・な~んだかな~。

そんな別の意味で期待を裏切られたコンビ。
まぁ完成してからほとんど見ずにコンテスト出しちゃったから、戻ってきたら改めて愛でてみますかね。


航空救難団コンビの相方

u125_1401ttl2.jpg
U-125A(F-TOYS 1/144)



U-125A”航空救難団”(F-TOYS 1/144)


u125_1401ttl2.jpg

U-125A”航空救難団”
(F-TOYS 1/144)
U-125A(F-TOYS 1/144) u125_1401b.jpg
u125_1401c.jpg u125_1401d.jpg


歴代の自衛隊機の中でも一番美しい機体なんじゃないかと思う、U-125Aです。

当時興味もなくてよく知らなかったんですが横田基地祭で実機を見て、「改めてみるとなんかきれいな飛行機だなぁ」と思いました。
鮮やかな赤のエンジンカバーも印象的で、これはいつかやってやろうとずっと考えてました。
このカラーリングは特に異色ですよね。

U-125のキット自体全スケール通して希少ですが、F-TOYSの1/144は非常に出来の良いキット。
形状はもちろんディテールまでシャープで、なぜこれをキット化しないのかと言いたくなります。

今回は綺麗な飛行機をとにかくきれいに仕上げました。

u125_1401e.jpg見せどころが集中する機首周り。
機体形状自体はとてもすっきりしてて、悪く言えば見栄えがしません。そこで精密感が出るようにドアをオープンさせています。

ほか各タグやアンテナ、機首のカメラの追加などで精密感アップ!

窓枠の黒線が技術的に入れられなかったのが心残り。


u125_1401f.jpg
機体色と合わせて印象的だった、綺麗なエンジンカバー

実際はもっと鮮やかでしたがそのままやったら浮いてしまいそうだったので、少しトーンを落として。

ティッシュペーパーをサフで固めて整形してます。


u125_1401g.jpg
よく見ないとわからないかもしれませんが、各翼には放電策を0.08ミリの銅線でつけています。

ここはあえてわからなくてもいいように少し色味をおさえています。
ぱっと見気づかないくらいのほうがいい。本来ならこのスケールなら付けないほうがいいでしょうからね。



ドアをオープンさせているので、中も軽く作ってあります。
でも・・・まぁ例によって・・・ほとんど見えません・・・。

自分でもやったのを忘れちゃいそうなんで、思い出に掲載しときます。
参考にはなりません・・・。

u125_1401j.jpg u125_1401i.jpg

u125_1401h.jpg
カーテンは銅線をまとめたもので製作。
チラッと見えるだけだからこの程度で十分でしょうと手抜きです。

実際はチラッとさえ見えないんですけど。
・・・泣いてませんよ。



u125_1401m.jpg u125_1401n.jpg
u125_1401k.jpg u125_1401l.jpg

見ての通りドアから覗いて見えそうなところだけ作ってあります。
コクピットや後部のキャビンは何もしてません。

その分ドア周辺はそれなりに苦労して調べてそれらしくしたんですけどねぇ・・・。
どうせ大して見えないでしょ?って期待してなかった以上に見えない・・・。

・・・・だから泣いてないって・・・。
結果がどうだろうと、やろうと思ったことやったからいいよ・・・。


微妙な色合いでまた調色に苦労するかと思いましたが、思いのほか今回はすんなり色が決まったのが良かった。
大体これで2~3日浪費するからね。

そんな風に苦労しながら念願かなってようやく完成させた、自衛隊一美しい機体。

・・・のはずなんだけど・・・なんだろ?・・・思ったほど感動がない・・・。

カッコ悪いと思っていたのが、作ってみるとかっこよく見えるってことが最近多いけど、今回はその逆?
思ってたほどカッコよくないのかも・・・と思ってる自分がいます。

「かっこよくないよー!」って笑ってた人がいたけど、あの人が正しかったのか・・・?


航空救難団コンビの相方

uh60_1401ttl.jpg
UH-60J(SP)(プラッツ 「空へ -救いの翼-」 1/144)



イエサブ1/144コンテスト2017!今年の作品完成!

毎年恒例の思い入れのあるコンテスト、秋葉原のイエローサブマリンで開催中のいっちょんちょんコンテスト
今年も何とか参加に間に合いました!

今年の作品はこちら!

航空救難団 1/144

ずっと作りたかった航空救難団のコンビです!

なぜ縦配置なのか。
・・・UH-60Jが本当にギリギリの製作で思うような作品にならなかったからです・・・。

一応アンテナとか調べて再現してますが、形状の突き詰めがいまいちで全く納得できない出来。
ということで今回は脇役に徹していただきます。

sp_arwb.jpg
ワンパターンのタグぶらぶら仕様。好きなんだから仕方ないじゃん!

ベースもとりあえずつけただけで味気ない・・・ひどい作品だ・・・。

ベースまで全く手が回りませんでした・・・。
もうちょっとやりたいことあったんですけどね~。

U-125(F-TOYS 1/144)

横田基地祭で実機見て一目ぼれしたU-125A。
美しいカラーリングにエンジンカバーの赤が映えてとてもきれいな飛行機に見えました。

意外とファンが多いんじゃないでしょうか?

こっちは一応思ったことをやり切ったんで、ドーン!と主役です!

UH-60J(SP)(プラッツ 1/144)

そして脇役のUH-60J(SP)

プラッツの「空へ-救いの翼」のキットを使用してますが、けっこう難儀なキットで、作ったことがある方なら実はかなり手が入ってることがわかってもらえるんじゃないでしょうか。

さらにせっかくの追加のレジンパーツとエッチングパーツを紛失しまして・・・
追加工作はほぼ自作という・・・アホです。


今回は本当にただ間に合わせただけという作品になってしまいました。
U-125は何とか仕上がってたんですが、UH-60Jは非常に苦戦して間に合うかかなり微妙でした。

でもこの2機は揃ってないと意味がないですからね。
細部の突き詰めは省略して、とりあえずあるべきものはつけて最低限形にはしました。


今年の作品のテーマは”モテないやつら”っていうのは”持てない”ってことでした~。

U-125は塗装前に放電策やアンテナを付けたんですが、とにかく持ちにくい!
作業中に何度も曲げて、何本かは取れ、取り回しに慣れるまでだいぶ苦労しました。

UH-60もアンテナやらあれこれ出てるし、本当に2機とも持つのに苦労しました。


そんな持てない二人は本日秋葉原イエローサブマリンに出品します。
お立ち寄りの際は覗いてみてください。

各機の詳細は後ほど。

P.S.
無事出品してきました!
sp_arwe.jpg

6月いっぱいくらい展示しています。
お近くにお立ち寄りの際はぜひのぞいてみてください!
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
993位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
131位
アクセスランキングを見る>>