地味な作業を継続中:Mig-29UB(academy 1/48)

Mig-29UB(academy 1/48)の製作が滞っているのは地味な作業が片付かいないからなんです・・・。

mig29_170404a.jpg
インテイク内の整形作業がはかどらなくて・・・

知っての通りMig-29のインテイクって上が開くじゃないですか。
せっかくなんでそうしようと思ったんだけど、上のインテイクと中のダクトとのつながり方がよくわからなくて、仕方なく普通にインテイクをオープンさせることにしたんです。

そんなわけでダクト部分の工作を全くせず組み立てちゃったんだけど、これがまたダボが出ててたりして汚いんですよ~
たぶんもとから上を開けて下は蓋をすることを前提に設計してるな。

ただいまこんな作業をシコシコと継続中です。

Mig-29UBのIRST :Mig-29UB(academy 1/48)

正直こっちは最近全然手を付けてません!

手が止まる前の段階まででまだ掲載してないところがあるので、やってるところまで載せておきます。

コクピットが終わったところで、次はポイントになるIRSTの工作。

mig29_170328a.jpg
まずはカット。土台の形状は問題ないみたいだから、とりあえず穴開けてエッジを薄くしておきます。


mig29_170328b.jpgそれらしい大きさの棒をそれらしい形に作ったものでヒートプレス。

大体うまくいかない・・・
数打ちゃ当たる方式。


Mig-29 IRSTの工作そのまま差し込んでできるだけぴったりするよう微調整。

合わせ目はこんな段差ついてないみたいだけど、ここは後で追加工作するから、ぴったりはまってれば問題なし。


Mig-29UB(Academy1/48) IRSTで、中の構造物を突っ込めば完成!

え?よく見えない?
はい、出来が大雑把なんでわざと見えないようにしてるんです!



やってることは1/72と同じなんでね。1/48で作ると大味な出来なんですわ。
とてもしっかり見せられない。でも、どうせよく見えないからいいのだ。

見えないところは手を抜く!
これが私の実力じゃい!

コクピットを仕上げます!:Mig-29UB(academy 1/48)

コクピット工作を続けます。

前回作った反対側を作っていくんだけど、何かロシア機ってこの辺のレイアウトが雑だよね・・・。
取ってつけたような機器がはめ込まれてて、あまり美しくない。

そんな雑な仕上げを再現すべく、雑な工作で仕上げます!(いいわけだ~!)

Mig-29UB(1/48)コクピットサイドこっちにはスイッチ類が付いたボックスがいくつか並んでるようです。

他のキット(F/A-18)のコクピットモールドを型どりしたものをパテで複製。
それらしい部分を小分けにカットして、上下左右を適当に回転させてそれらしく付ける。


こういったモールドのない機体を作るときのために、良いモールドのコクピットパーツは型を取ってあります。

ヨンパチだとハセガワのF/A-18、1/72だとフジミのA-4のパーツがメリハリがあって使いやすい。

だからよく見ると同じようなスイッチの配列のものばかり。
その為に小分けにカットして上下左右を変えることで違いを出してるわけです。

こういった汎用性のあるテクニックがあると、変な機体も恐れず作れます。

mig29_170130b.jpgで、色を塗ったのがこんな感じ。
まぁこんなもんでしょ。そんなにたくさん機器はついてないみたい。

ロシアだとスイッチはシルバーのほうがそれらしいかな?アメリカ機ならグレーだけどね。


mig29_170130c.jpg前回作った左側の塗ったのがこれ。
出来るだけ色を増やしてゴチャゴチャさせたいけど、実際そんなにいろんな色使ってないんだよね。

のっぺりしたところには注意書きみたいのを書き込んでみるけど、たぶんシート入れたらあまり目がいかないと思う。


Mig-29UB(1/48)コクピット工作
試しに組み込んだのがこんな。写真の深度が出ないので一部しかピントが合わん・・・。

計器盤の下にエジェクションシートの足止めのコード?みたいのもついてるみたいだから、その辺を追加してひとまず完成。
足元にもコードを這わせてます。



う~ん、まぁ最低限のレベルだね・・・。
さすがに1/48ではデカール表現はあり得ないのでとりあえず工作したけど、この程度だな・・・。
どうも取ってつけた感があって我ながら自分の作風が気に入らないな。



ちなみに型どりに使ってるのはこんなアイテムです。
ブルーミックスシリコーンゴム200g入り:Amazon

ブルーミックスという粘土状のシリコンゴムで、2色を同量で練ると5分くらいで固まってくるとても便利なアイテム。
シリコンも柔らかくて練りやすいし(エポパテみたいに硬かったりベタついたりしない)、手軽に使えるのでちょっとしたパーツもすぐ複製できる。

シリコンゴムは手間だし、お湯まるくんは熱くてかなわんって人はぜひ使ってみるといいですよ!
劣化もしないし備えてて間違いない!

半額くらいの少量版もあるので、とりあえず試してみるのもありだけど、模型作るなら絶対使えるからおすすめ!

上手なうそが付ける大人になりたい・・・。:Mig-29UB(1/48)

じゃあ作っていきますか!

まずは資料を当たってみるけど、Mig-29のコクピットはさすがに米軍系とは雰囲気が違いますね。
ゴチャゴチャ感があるので、構造をちゃんと再現するにはきちんと調べないといけないかも。

でも
面倒くさ!

っちゅーことで、そのまんまキットのモールドを生かしていきます。
ですからそれらしく作業してますが、正しくはないので構造とか参考にしないように!

Mig-29UB(academy 1/48)cockpitまず色からしてよくわかんないね。
今回はMr335を使ってみた。まぁこんな感じかな?

計器の配置とかだいぶ違うんだけど、よほど詳しいか照らし合わせながら見ないとわかんないんで、とりあえずそれらしく塗り分けておこう。

mig29_170123b.jpgサイドコンソールも前方が斜めにせりあがってたりするんだけど、無視してキットのまま。

まぁモールドがそれらしく入っているので、ぱっと見それらしく見えるんじゃないでしょうか。


mig29_170123c.jpgそして気になる側面にディテールを加えてく。
スロットルは横から出てるのね。

一応写真を参考にしつつ、それらしく工作。
どこまで攻めればそれらしく見えるのかなぁ・・・?


mig29_170123d.jpg
後席はよくわかんなかったから、ほぼ前席と同じ工作。
練習機だからそんなに変わんないでしょ?たぶん。



工作というよりわかんないから苦労するんだよね。
こんな時、何も考えずに色塗れば最高の出来になるアフターパーツが欲しくなる。

いくらそれらしくしてもやっぱり中途半端だし、正解じゃないからモヤモヤするなぁ。
どうやったら正しくなくてもリアルな感じが出せるんだろう?

上手なウソがうまくなりたいねぇ。
カレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1073位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
137位
アクセスランキングを見る>>