架空機ってどうよ?:後編

「架空機理解できないなんて、頭硬いんだよオッサン。」
と言われてるような気がしてきた・・・。

実在してるから面白い。やはりここがポイントだと思うんだよな。

イラン空軍のアザラフシュを作るとき、調べてたら出てきた画像があった。
diary170423a.jpg  SHIACHAT.COMより

一見F-5だけど、よく見ると高翼になってるのね。
ヤバイのキター!!と興奮して作りそうになったけど、でもこれ完全に加工された画像だったから、作らなかったんです。
模型として作ったらこっちのほうが笑えたんだけどね。

ここがたぶん私の境界。
サエゲもただかっこいいからってわけじゃなく、ちゃんと実機があるから面白いんだと思う。
同じような魔改造機でもこの2機には大きな溝がある。


どっちかっていうと実機を連想する方向で見てるんだ。だから似てないとか似てるとかって考証的な話になってくるし、かっこ悪い機体でも魅力を感じたりするんじゃないだろうか。

逆に模型という趣味の作品って方向で見れば、架空機もロボも同じように作品として楽しめる。
”面白い”ってことに力点がくるから、なんでも受け入れられるんだろう。

気づかないうちに作品に合わせて自分でとらえ方を変えてたのかも。


架空機。うん、模型の楽しみ方としてはむしろ真っ当な気がしてきた。
そっちの方がきっと楽しいに違いない。なんか羨ましくなってきたかも。考証地獄ほど苦しいものはないからな・・・。


で、それを踏まえたうえで私としてはやっぱり”実機のミニチュア”としての飛行機模型が好きなんだな。
実際に飛ぶか飛ばないか、ここには大きな差があるわけで、飛ばすために知恵や知識を結集させたものだからこそ、飛行機の形には説得力があるし、魅力があるんだと思うんです。

カッコよく言えば「翼を持たない人類が空を飛ぶための英知の結集」だからこそ、飛行機は面白い。
形一つ一つに意味がある。そこがわかればわかるほど面白くなってくる。


ナチス計画機も、実は1/72でコレクションしようかって思ってた時期もあった。(今でもたまに欲望がわく)
でも一応飛行機のジャンルとしてはみてても、自分では作るのをためらってる部分がある。

diary170423b.jpg
まぁ、作ったことはあるんだけどさ・・・


ダイムラーベンツ・プロジェクトA(アニグランド 1/144)



やっぱり実機がないと細部で説得力が出ないんだよね。”架空なんだから自由に”って言われるとどうしていいかわかんなくなっちゃう。結果その作品に納得が出来なくて悶々としちゃう。完成しても全然すっきりしないんですよ。
自分を納得させれられる根拠って
いうのがないから困っちゃうんです。

今回改めて記事にしてみて、自分の立ち位置がわかった気がする。

スケビがなかったとき、ホビージャパンじゃなくて航空ファン買っちゃう人間だってこと。

そして架空機って模型として正しい楽しみかたなんだなってこと。
むしろ実機を模写してるだけの私より自由な発想で楽しめる架空機ってのは模型のテーマとしては面白いのかもしれない。

架空機ってどうよ?:前編

結構ぶっちゃける仲間も出来たことですし、たまにはドロッとした面も出していこうかなと。
友達減るかもしれないけど、私だってそんな立派な人間じゃないからね。いろいろ思うところはあるわけで。

敵を作ってしまいそうな危険な発言なんで念のためお断りしておきますが、別に否定してるわけではありません!
楽しみ方は人それぞれなんで、好きなようにやればいいですから、それが好きな人だからって批判するつもりもないです。

いや、むしろ積極的に絡みたいし楽しさを理解できてない私を言い負かせて欲しい!
知らない楽しさを知るのは人生を豊かにしますからな。

そういうわけであくまで私の興味・思考の対象って話でご理解いただくとして。


ちゃんとした一ジャンルとしてありますよね、”架空機”

あの楽しさ、正直私良くワカリマセン・・・。
ああいうの、私全く興味が向かないんです。

スケビとかでも架空塗装とか架空機とか載りますけど、全然目に入らないんだよね。
私的にはあれって、SFのカテゴリーなんだよな。
”実機のバリエーション”じゃなくて”実機に似たガンダムのメカ”って捉え方になっちゃう。

だから”飛行機鑑賞モード”に入ってるとフィルターでブロックされちゃってるんですよね。


やっぱりまず実機ありきなジャンルだと思うんですよ、スケールモデルって。
本物見て刺激を受けて作るって言うのが動機としては多いわけで、実在してるっていうのが大前提だと思うんです。

だって、科学的な空想が入っちゃったら、まさに「サイエンスフィクション」なわけでしょ?
だからこれって結構重要なポイントだと思う。

まぁこれも極端な意見かもしれないけど・・・。

実際にあったからこそ面白いってことがあるでしょ?
小説なんかもミステリーとかより歴史ものとかが好きですから、そういうところに面白さを感じるのが私の好みって事なのかな。
”実機がある”という説得力があるからこそ、変なカッコ悪い飛行機にも魅力を感じたりするんだと思う。

だからそれらしくかっこよくされても、その一番大事な説得力がないから受け入れられないのではないかと。


でもね、この捉え方をしていくと、ぶち当たる壁が出てくるのよ。

ナチスの計画機ってやつ。
あれはなぜだかスケールモデルとして受け入れてる自分がいる。

あれもさぁ、多分ちょっとしたイメージイラストみたいのしかなかったりするんだよね。
それって”何でもあり”だよね。それこそSFに近いものだと思う。そりゃハウニブだってアリになっちゃうわな。
WAVE 1/72 空飛ぶ円盤 ハウニブタイプ
これだとぎりぎりスケールモデル判定をしてる自分がいる。

実際にとんでもない兵器を作ってたナチスならできそうっていう、べつの説得力が加わってるからなのかな。
多分これに日の丸ついてたら完全にSF判定だと思う。

この辺のカテゴリー分けが実はあいまいだったりすることに気づいた。

要はアニメ的な架空は受け入れがたいが、戦記物的な架空なら受け入れられる。
・・・おっさん思考だってこと?

架空機。改めて考えてみるとなかなか難しいテーマだな!
もうちょっと自分の中で考えをまとめないと。

ということで続きます。

結局、ただの趣味だからね!

自分の作風を解説したところで、だいぶ深い話になってきちゃいましたね。


ようは作風なんてみんな違いがあっていいってことなんですよね。
自分に違うものを受け入れて刺激を受ければまた面白いものが作れるってことね。

それを自分ととらえ方が違うものを受け入れないやつがイチャモン付けてくるわけだ。


前に考証的に明らかに間違った色を塗ってる作品を見せてもらったんですよ。
もちろん知ってる私からすれば”あちゃ~、やっちゃったよ・・・”て感じだったんだけど、その人もちゃんと正しいのをわかった上で、自分のイメージで見える色はこれだったからこう塗ったと説明してくれたんです。

それ聞いて”なにぃ~!なんてカッコいいんだ!”といっぺんに好きになっちゃいましたね。
正しいかどうかより、自分の思い描いたものを堂々と形にする!まさに考証地獄にはまってる私の憧れる強さです。

こういう作品見て間違ってんじゃんって鼻で笑うようではまだまだなんだろう。多分昔の私ならそうだったかもしれない。
でもいろんな違うタイプの面白いモデラーと接することができるようになって、だいぶ柔軟になってきているようです。
それぞれいろいろ考えながら作った作品なんだから、みな面白いに決まってるんだよね。


でも一つだけ嫌いな作品はある。

それは人の作品にケチ付けてばかりいる奴の作った作品。

ああいうやつの作ったものなんて絶対大したことないんだよ。
(むしろ作ってすらいないんだろう)


今さら言うまでもない当たり前のことだけど。

何でもいいじゃん!趣味なんだから好きなように楽しく作れば!
ってことよね。これだけ大事にしてりゃなんでもOK!

自己紹介その2

せっかくなんでもうちょっと続けます。

私が高校くらいから”オタク”ってのが出始めた。
私もどっぷり”プラモオタク”だったけど、悟られまいと必死で隠してたね。
だって、もてたいじゃん!

だから一緒にプラモ作る仲間ってのもいませんでした。
これは30代になるまで(モテキがおわるまで?)続く。

仲間に刺激を受けて知識が広がるってこともなかったんですね。同じことしかできないのはこの辺の要因かな。


あともう一つ大事なことは
美術が苦手。
小学生から絵とか彫刻とかすごい苦手。全然できません。むしろ嫌い。

小3くらいで自分にはセンスがないってわかったね。
でも考えてみるとちゃんと教えてもらったことないな。もうちょっと基本くらい教えてもらってたら何とかなったんじゃないだろうか?

工作は好きだったけどね。だからプラモも作る方が好き。
絵とかのセンスがないので色を塗るのは嫌い。

だからね、たまに偉そうなこと言ってても、美術的な視点とかそういうの全然わかんないんですよ。バックグラウンドなんかないです!
アート系の下地がある人は、別の知識や技術を応用させたりしてプラモのセオリーに囚われない自由で面白い作品を作りますよね。ああいうのうらやましいなぁ
アート系の人とか自分の思ってるものを形に出来るセンスがある人って、それだけで憧れの存在です。もう土俵が違うのわかってるから競い合う気にもならない憧れる人。

そんな人にはどんどんダメ出しされていろいろ教えてもらいたい。
教えてもらいたくてホームページ始めたんですから。どんどん突っ込み入れてほしいです!



とはいえちゃんと評価も受けるようになったんで、あまり遠慮するのもムカつかれそうだから多少は自信を持ってもいいと思うけど、
私の作品て、ひたすら正拳突きの精度を高めてきたということなんだと思う。

技術やセンスはない!(だから褒められても恥ずかしいだけで全然ピンとこない。)
でもね、根気だけはある!とにかく直す。ずっとやってきたのが振出しに戻っても納得いかないなら直す。
それが強みなのかな~

もうここまでくると精神論に近いものがあるよね。
実際、模型作ってるとこれは精神修行になるんじゃないかと思う時があるよ。

楽しく模型なんて・・・・作れてないなぁ・・・。
納得できる作品て、作ることできるんですかねぇ。

ということで、私の知識や技術は薄っぺらくて間違いだらけなので、どうぞいろいろ教えてくださいね~。
カレンダー
<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144入魂作品!
特に頑張って作った1/144たち
イエサブ1/144コン 航空救難団
U-125A&UH-60J(SP)
航空救難団コンビ

イエサブ1/144コン2017

イエサブ1/144コン F-14D(トランぺッター)
F-14D TOMCAT
"パネルオープン!"

イエサブ1/144コン2016


F/A-18E SUPER HORNET
”VFA-115”

イエサブ1/144コン2013
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1023位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
139位
アクセスランキングを見る>>