F/A-18E SUPERHORNET"VFA-115 EAGLES"(revell 1/144) ~ディテール編~

全体の紹介で終わってしまったので、続いてディテールについてもご紹介です。


FA18_1403g.jpg
機首回りというのは飛行機プラモの見せ場を盛り込むポイントです。

今回もラダーを作ったり、受油プローブを展開させたりと、細かいパーツで精密感を演出。
ちなみにラダーはプラ棒の組み合わせで製作。この大きさなら反ったりしないし、金属線を瞬間でつけるのと、プラを接着剤でつけるのとでは強度はそんなに変わらないと思います。


FA18_1403h.jpg
飛行機プラモの最大の見せ場であるコクピット周り。
このキットはコクピットのデカールもついてます。すごい!

主にシートに関してディテールを加えています。あとは側面にちょっと工作を加えたり、シート後部にディテールを追加したり。形が良いので手を入れがいがありました。


FA18_1403i.jpg
ウエポンは実戦でよく見られる左右で違う装備を再現。

私的にお約束のカバーやタグを追加して細かさの演出。
覗き込まないと分かりませんが、空いてるパイロンも掘り込んだりしてディテールアップしてます。

ベースが大きいとこれらが見えなくなってしまうので、最小限のベースにしたわけです。


FA18_1403j.jpg
F/A-18ホーネットの作りこみでははずせない動翼の工作。ここはカットがポイント

それぞれ綺麗に切り離せれば、あまり手間がかかることはありません。
微妙に空いてる隙間にこだわりを出してみましたが・・・分かりづらいですね。


FA18_1403k.jpg
スーパーホーネットの特徴的なエンジン内部のパネル(?)も塗装で再現。

見る方向を指定してしまえば、見えない部分は手を抜けますが、どこからでも楽しめるためにはそれぞれの角度での見せ場が必要。エアブレーキがないスパホではバックショットではこれくらいしかアピールポイントがありません。


FA18_1403l.jpg
作品全景はこんな感じ。本当に最小の構成です。

一番悩んだベース。下を覗き込めるようにと考えた末、ミラー張り・邪魔な張り出しがない板状の支柱となりました。

さて、それをどう作るか?実はこれレストランなんかでみる「メニューたて」なんです。
あとは正面はないよということで、プレートも両面別向きにつけました。



努力の甲斐あって、おかげさまで「銅賞」をいただくことが出来ました。
基本的に小スケールを生かしたスケールの大きな作品が多い中、思惑通り最小の作品となりましたが、評価いただけてうれしい限りです。

それにしても毎回皆さんの想像力豊かな作品は、他のスケールにはない楽しさがあふれてて、これこそが1/144の楽しみ方なんだな~と思わされます。他スケールと同じことやってる自分がちょっとはずかしい・・・。

飛行機のコンテストでこんなに創作性があるものはないんじゃないでしょうか。
とても楽しいイベントなので、ぜひまたやって欲しいですね。

結果はこちら(イエローサブマリンスケールショップブログ

F/A-18E SUPERHORNET"VFA-115 EAGLES"(Revell 1/144)

F/A-18Eスーパーホーネット レベル1/144

F/A-18Eスーパーホーネット "VFA-115 EAGLES"
(Revell 1/144)


デカール:ボーイング F/A-18E VFA-115「アメリカ海軍航空100周年」(MYK DESIGN)
(*2013/04/25作品完成)

毎年恒例のイエローサブマリンスケールショップ主催「2013年1/144コンテスト」に出品すべく、いつも以上に気合を入れてみました。

今回のテーマは”小さいからこそ小さく”
ですのでベースも含めて最小サイズでまとめています。


144コンテスト F/A-18Eスーパーホーネット(1/144)まず悩んだのはマーキング。

スパホのCAGはどの部隊もカラフルで面白い。でも派手すぎるとなんか特別感が出ちゃって嫌だし、地味すぎても目立たないし。
そして選んだのがVFA-115イーグルス。

背中まで塗っているものが多い中、尾翼だけで派手すぎず地味すぎずいい塩梅です。


1/144コンテスト イエローサブマリン F/A-18Eスーパーホーネット
F/A-18C型に続いて米海軍の主力機の座を引き継いだF/A-18Eスーパーホーネット。

あらゆる仕様の機体がホーネット化したことで、米空母はすっかり”蜂の巣”状態ですね。

ちょっと見飽きた感もあるホーネットですが、改めて見るとかっこいいスタイルです。


F/A-18Eスーパーホーネット(1/144) VFA-115
今作のポイントはなんと言ってもすばらしいキット。
完全に”すばらしいキット”あってこその仕上がり。細かいことをしてますが、基本形がしっかりしてて、そこに信頼ができるからこそ細部が生きたのだと思います。

ドイツレベル1/144のスーパーホーネットはすばらしいキットです!


FA18_1403e.jpg
塗装に関してはオーソドックスなスーパーホーネットの塗装。
あまりやり過ぎない程度にグラデーションは加えています。

マーキングに使用したMYKデザインのアシタノデカール。いまさら言うまでもなくこちらもすばらしいアイテム。すばらしいキット、デカールのおかげだけに「生んでくれたお父さんとお母さんに感謝します!」って感じです。


F/A-18E SuperHornet Revell1/144
ジオラマとか出来ない私が目を引かせるには作りこむしかないかなと。とことん遊んでみました。

小スケール化に一番貢献したのはなんと言っても羽根折れ。
本当はレガホで行こうとしたけど、スパホのほうが折れ部が簡単そうだったのでこちらになった次第。


F/A-18E SuperHornet(1/144) VFA-115 EAGLES
作品として特に見る方向を指定しないようにしたので、ぐるっとどこから見ても楽しめるよう、全体的にあちこちと手を入れてみました。

特に機首回りは受油プローブやラダーのほか、1/144としては初めてコクピットもちゃんと作ってみました。


イエサブ 1/144コンテスト F/A-18Eスパホ
それなりに作りこんでいるので、ある程度の大きさに感じるかもしれませんが、れっきとした1/144です。

手にするとこんなもんなんですね。
この大きさの内へ内へと攻めていく・・・まさに自分の技術的限界への挑戦です。

カレンダー
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
製作中キット
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

おすすめリンク
フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144作品

イエサブ1/144コン2016出品作品


1/144作品の一覧は「VFA144」ページからご覧ください。
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
41位
アクセスランキングを見る>>