FC2ブログ

Bf109K-4”Erich Hartmann"(takara 1/144)


bf109k_1401ttl.jpg

Bf109K-4"ハルトマン搭乗機”
(タカラ 世界の傑作機1/144)


Bf109K(1/144) bf109k_1401b.jpg
bf109k_1401c.jpg bf109k_1401d.jpg
bf109k_1401e.jpg bf109k_1401f.jpg

傑作機Bf109の最終形態K型。そして史上最高のエース、ハルトマンの乗機です。
機首の形状こそ大きく変わってますが、基本形状はF型からほとんど変わってないんですね。いかに基本設計が良かったかということでしょうか。(無理やり使わざるを得なかったとも言えますが・・・)

そしてキットとしても傑作の「世界の傑作機シリーズ」。少ないパーツながらも精密な出来で、キットの良さをさらに伸ばすべくとことん作りこんでみました。

ご依頼を受けての製作。こんな作りこみ仕様もお受けしていますので、興味のある方はご相談ください!

Bf109K(1/144)細部解説


bf109k_1401g.jpgハルトマンのK型はグリーン/ブラウンとグリーン/グレーのものが見られますが、今回は前者の塗装です。
フリーハンドで強めのグラデーションをかけてワンスケール上の雰囲気を出してみました。
主翼前縁の波塗り分けもしっかり再現しています。

スピナーの渦巻き、ブラックチューリップは塗装で仕上げています。


bf109k_1401h.jpg
動翼はすべてダウン状態に加工、アンテナやバランスタブも追加してわかる範囲でとことん手を入れています。

キットはディテールも素晴らしいものですが、スジボリはちょっと薄めなのでその辺を一度彫りなおしたり、小さいながら翼端灯もクリアにしたりと下処理からいつも以上に繊細に工作をしています。


bf109k_1401i.jpg
脚カバーやインテイクもできるだけ薄くしています。
アンテナ類はもちろん、普段は省略しがちなバランスタブ等も再現。

動翼の加工は丁寧に切り離して付け直すだけの作業。と言ってしまえば簡単ですが、このスケールだとちょっとしたミスが命取りなので終始慎重に作業を行いました。


 

DATA


使用キット:世界の傑作機 Bf109K(タカラ 1/144)

参考資料

Bf109 K-4 ハルトマン・ファイナルコンバット(ファインモールド 1/72)

メッサーシュミット Bf 109 (パート2) (世界の傑作機 No. 109)

He111H-6"2./KG27"(CafeReo 1/144)


He111H-6

He111H-6”第27爆撃航空団 第2中隊”
(カフェレオ 1/144)


He111H-6(1/144) he111_1401b.jpg
he111_1401c.jpg カフェレオ1/144 He111
he111_1401e.jpg he111_1401f.jpg

久しぶりの大型機!
He111H-6"2./Kampfgeschwader 27"

ドイツの爆撃機はバリエーションが豊富なんでいくらでも面白いのがあるんですけど、大型機はあまり詳しくないので変わり種を作るには考証面での不安があります。
その為今回はキットの仕様のまま、基本のH-6を丁寧に作ってみました。

この辺ももうちょっと勉強したい分野ですね。

He111H-6(カフェレオ 1/144) 細部解説


he111_1401g.jpg塗装とマーキングもキット付属のもの。
綺麗に作ったらあまりにもそのままなので、グラデーション塗装や排気汚れを入れることで雰囲気を出してます。

といっても汚くなり過ぎないように剥げ表現とかは無しの、汚れてるくせに綺麗な中途半端な仕上がり・・・。


he111_1401h.jpg下面は独特の塗り分けで面白い。
冬季迷彩の機体は特に排気汚れとか激しくて、もっと汚してもいいのかもしれないけど、あまり汚いのは飽きるんですよね。
ちょっと興味がなくなるとすごくみすぼらしく見えちゃう。

なので汚しは最低限しかしないというのが私の作風。
ジオラマとか作れないのもその辺が要因かなぁ。


he111_1401i.jpg機体形状に手を入れない分、細部にはそれなりにこだわりを。

機銃を金属線を加工してそれらしく作り変えました。機銃っぽい形してるでしょ?
キャノピーは元から白濁気味だったんだけど、ちゃんと磨かなかったので曇り気味。
まぁ中作りこんでないから見えないのは正直助かります。


he111_1401j.jpg下の機銃やアンテナも金属線でシャープに作り替え。

爆弾のフィンも抜けてなかったので、プラ板で作り替えました。


DATA


使用キット:ビッグバード He111H-6(カフェレオ 1/144)

参考資料
世界の傑作機 (No.99) ハインケル He 111

ハインケル He111H-6(ハセガワ 1/72):Amazon

Me410B-1"U5+FE"(F-TOYS 1/144)


Me410(F-TOYS 1/144)

Me410B-1”第2爆撃航空団第14中隊”
(F-TOYS 1/144)


me410_1403a.jpg me410_1403b.jpg
me410_1403c.jpg me410_1403d.jpg
me410_1403e.jpg me410_1403f.jpg

以前作ったMe410B-1/U2/R4とコンビで製作した機体です。下面を黒く塗った夜間爆撃型”U5+FE”

コンビということでそれぞれ個性がある機体にすべく、夜戦型にしてみました。
といっても下面が黒い以外は標準的なMe410です。

Me410(F-TOYS 1/144) 細部解説


me410_1403g.jpg上面塗装は一般的なグレー系迷彩。

下面黒でマーキング類も特にないので、モノトーンのとても渋いカラーリングです。


me410_1403h.jpg独特の機首・キャノピー形状をいかにきれいに整形するかがポイント。

パーツの合いは良いので、塗装後のキャノピー取り付けでしたが大きな隙間もできることなく綺麗に処理できました。


me410_1403i.jpg夜戦らしい黒いお腹。
後部胴体のアンテナ類は金属線で作り変えました。

爆撃型ということなので爆弾倉を開いたら面白そうだけど、それはまた別の機会にやってみよう。


Me410の他の作品

Me410(F-TOYS 1/144)Me410B-1/U2/R4"第26駆逐航空団第2中隊"


me410_1401ttl2.jpgMe410A”ZG26”


参考にしたファインモールドの1/72も作ってます。

me410_7201brog.jpgMe410V-1"DI + NW"






DATA


使用キット:双発機コレクションVol.4 Me410(F-TOYS 1/144)
双発機コレクション4 ホルニッセ Me410A(F-TOYS1/144):Amazon

参考資料
Me410 A-1/B-1(ファインモールド 1/72):Amazon

He219A-5Uhu "1./NJG1)(F-TOYS 1/144)


he219_1402ttl.jpg

He219A-5 ウーフー”第1夜間戦闘航空団第1中隊”
(F-TOYS 1/144)


he219_1402a.jpg he219_1402b.jpg
he219_1402c.jpg he219_1402d.jpg
he219_1402e.jpg he219_1402f.jpg

ウーフーコンビの片割れはA-5仕様で製作しました。

とにかく配備が急がれたHe219ウーフーは細かな仕様変更をしつつ配備されたので、細部の違いが結構あります。
さらに敗戦間近の混乱期でもあり、公式な名称や仕様が明確に区分されておらず、型の呼び方やその仕様をとらえるのが難しかったです。

今回は一般的な”A-5”仕様とし、世界の傑作機の折り込みイラストを元に製作してみました。

*依頼製作品です。製作依頼承り中!(詳細はメールフォームよりお問い合わせください)

He219ウーフー(F-TOYS 1/144)細部解説


he219_1402g.jpgA-7と違い垂直になってる機首アンテナ。
下のみ紅白だったりこれだけでもA-7と差別化できる主要ポイントです。

モットリングの感じは基本的に同一。
こっちの方が気持ち細かめです。


he219_1402h.jpg下面も含めて全面グレーで、塗装としてはシンプル。

尾部のアンテナがなく、テイルスキッドが無いのでこの辺も違いが出ていて比べがいがあります


he219_1402i.jpgスマートな機体ですね~

よく本気で作りこまれた作例を見ますが、確かに作りこみたくなる魅力的な機体です。
私も改めて別スケールで作ってみたくなりました。

1/144でパネルオープンとかも・・・・面白そうだけど・・・・。もうちょっとキットの出来が良ければなぁ・・・



相棒のA-7仕様
he219_1401ttl.jpgHe219A-7 Uhu"1./NJG1"

DATA


使用キット:He219ウーフー(F-TOYS 1/144)

参考資料
ハインケルHe219ウーフー(世界の傑作機 NO. 119)

He219A-7Uhu"1./NJG 1"(F-TOYS 1/144)


he219_1401ttl.jpg

He219A-7"第1夜間戦闘航空団第1中隊"
(F-TOYS 1/144)


He219A-7(F-TOYS 1/144) he219_1401b.jpg
he219_1401c.jpg He219ウーフー(1/144)
he219_1401e.jpg he219_1401f.jpg

モデラーとしては一度は挑戦してみたくなる、He219ウーフーです。
今回ご依頼をいただき仕様を変えて2機製作してみました。

独特の機体形状、細かいアンテナや塗装など、モデラーとしての腕がもろに出てしまう怖い機体ですね。

あまり出来に良くないF-TOYSのキットを丁寧に整形してディテールをしっかり作ることで精密感を出してみましたが、どうでしょうか?

He219ウーフー(F-TOYS 1/144)細部解説


he219_1401g.jpgとにかく細かい印象のHe219ウーフーのモットリング。
細かさを追求して筆塗りするよりかは多少大きくてもブラシのほうが雰囲気が出ると思います。

これまた特徴的な背中の丸いアンテナも自作で再現。(キットは塗装)
クリアをかぶせてちゃんと中に入っているように作ってあります。


ウーフーのアンテナ(1/144)He219ウーフーのまさに顔である機首のアンテナは0.3ミリの金属線を加工して製作。

アンテナ自体の工作が面倒なのはもちろんですが、それを位置や角度を綺麗にそろえるのがとても気を使います。

ぺらの渦巻きは筆塗りなんでちょっと雑だなぁ。


he219_1401i.jpg航法警戒レーダーアンテナはこの機体は装備の有無が不明でしたが、一般的なA-7仕様ということでつけてみました。
この辺はもう一機との差別化をするための工作。



he219_1401j.jpg足回りの出来は正直良くないんですけど、今回は他の作業が手間がかかってるのでそのままです。
最低限それらしい形にはなっているのでぱっと見、問題はないかなと。



He219ウーフーの他の作品
he219_1402ttl.jpgHe219A-5ウーフー

DATA


使用キット :He219ウーフー(F-TOYS 1/144)

F-TOYS初期の頃のキットなので、あまり出来は良くないです。
モールドもちょっとダルイ部分がある上、塗装もちょっとあつめで埋まってしまってる部分がありました。
合わせも良くなくて段差が出来がち。その辺の下処理を丁寧に行うことがこのキットを作るうえでのポイントかと。

あとおもりは入ってるんですけどそれでもテイルヘビーでした。
今回はやむなくコクピット全体に重りを追加して何とかバランスをとりました。

参考資料

He219ウーフー(世界の傑作機 NO. 119):Amazon

He219 A-7 ウーフー(タミヤ 1/48 ):Amazon