FC2ブログ

一式戦闘機 隼Ⅱ型”満州国軍航空隊”(ハセガワ1/72)


ki43_7202ttl.jpg

Ki43 一式戦闘機 隼Ⅱ型”満州国軍航空隊”
(ハセガワ1/72)


隼Ⅱ型”満州国軍航空隊”(1/72) 護国龍江県1号(1/72)
ki43_7202c.jpg Ki43 hayabusa(hasegawa 1/72)
ki43_7202e.jpg ki43_7202f.jpg

平成最後の日本陸軍機完成!今は無き満州国の航空隊所属”護国龍江県1号”です。

お手軽にいじれそうだなとマーキングも決めずに作り始めた隼Ⅱ型。当初は一番隼Ⅱ型っぽいマダラ塗装にしようと思っていたのですが、どうもこれというのが決まらなかったです。
その後手を抜いて濃緑色単色にしちゃおうかとも思ったりして悩んでしまい、工作完了していながら放置してました。

それならいっそあまり見ない機体にしちゃおうかということで、いつものマイナー好きがうずいて亡国の翼となって完成した次第です。

ki43 一式戦闘機 隼Ⅱ型(hasegawa 1/72) 細部解説


ki43_7202g.jpg機体塗装はシルバー単色の非常にシンプルなもの。

マーキングは自作デカールを使用。満州国軍航空隊の護国はいくつかありますが、その中でこの”龍江県1号”を選んだのは単に一番文字数が少ないから・・・。

データ作るの模型作るより面倒なんすよ。


ハセガワ隼(1/72)カウリングハセガワ1/72の隼Ⅱ型は凸モールドの古いキットなので全体的にシンプルでダルいです。

そこで大戦機で一番シャープさを出しやすいカウルプラップを半開き状態に加工してみました。

空冷機はカウルフラップ開いてるほうがかっこいいよね!


ki43_7202i.jpg全面リベット打ちなんて面倒なことはしたくなかったので、ポイントだけリベットを追加。

タンクや羽布の色が時代によって違うようですが、今回はファインモールドのキットを参考にしてみました。



DATA


使用キット:一式戦闘機 隼(ハセガワ 1/72 )


凸モールドの古いキットだけど基本はしっかりしてるから手を入れて遊ぶには楽しいキットでした。
何といっても安いし手に入りやすいからね!こういう古臭いキットを今風に磨き上げていくのが模型の楽しみだと思いますよ。
(苦労が多いから最新のいいキットを作る方が精神的にはいいけどね・・・)

製作記はこちら

参考資料
隼二型 満州国軍航空隊(ファインモールド 1/48)

日本陸軍一式戦闘機 隼の塗装とマーキング (モデルアート9月号臨時増刊)

世界の傑作機 No.13 陸軍1式戦闘機「隼」

Bell X-1(tamiya 1/72)

だいぶ前に作ったタミヤの1/72 X-1です。
戦闘機ばかり作ってて地味な色合いに飽きたので、たまには原色のものを作りたくて気楽に作ってみました。


x1_7201a.jpg
X-1は可愛いなぁ。

x1_7201b.jpg
色もカラフルだし、たまにはこういうのもいいよね。

x1_7201c.jpg
ピトー管なんかもちゃんと金属線に変更してます。


唐突でしたが・・・・、ちょっとツイッターとの連携テストです。

Mirage F1AZ"Gabon AirForce"(hasegawa 1/72)


miragef1_7202ttl.jpg

ミラージュF1AZ”ガボン空軍”
(ハセガワ 1/72改造)


mirage F1AZ(hasegawa 1/72) miragef1_7202b.jpg
miragef1_7202c.jpg miragef1_7202d.jpg
miragef1_7202e.jpg miragef1_7202f.jpg

先行してツイッター上にはUPしてますが、ミラージュF1AZの完成作品を掲載。

中央アフリカの西に位置するガボン空軍のミラージュF1AZです!

ミラージュF1は結構いろんな国で使われていますが、基本的な形状はほぼ同じ。
唯一といっていい外見上の違いが明確なAZはもともと南アフリカで使われていたものです。
ガボンと南アフリカにどういうつながりがあるのかはわかりませんが、たぶん購入したものなのではないかと。カラーリングも同じだし。(推測です)

まんま南アフリカ空軍で作っても良かったんだけど、南アフリカはJAS-39Dグリペンやっちゃってるんですよね。
でもAZは作りたいし、どうしたものかと検索してたらガボン空軍が見つかりました。

マイナーもマイナー、国の存在すら知らなかったような空軍の機体です。

ミラージュF1AZ(ハセガワ 1/72)細部解説


miragef1_7202g.jpg写真を見てるときは「ひどい色合いだなぁ‥‥」と塗るのが悲しくなる感じでしたが、塗ってみると意外と渋くてカッコいいじゃないですか!

こういうのがマイナー空軍作ってて楽しい瞬間なんだよね~。

今回は調色も早く決まり、ほぼイメージ通りの色になりました。


miragef1_7202h.jpg内蔵式になった受油プローブもAZの特徴なので展開状態に。
中はわかんなかったんで黒く塗ってごまかしてます。

元々スマートなミラージュF1ですが、AZはさらにピンピンにとがってて最高にかっこいいと思います!

自作したエアブレーキも精密感が増して効果的です。


miragef1_7202i.jpgいまだ正確なところはよくわからない下面は、以前のモロッコ空軍と同じ工作をしてます。

ミラージュF1のかっこいいポイントは翼端ランチャーだと思っていながら、2作続けてランチャー無しを作ってしまった・・・

これは今一度作ることになりそうだなぁ(すでに作るの決まってるけどね!)


DATA


使用キット:ミラージュF1(ハセガワ1/72)
ミラージュ F.1C(ハセガワ 1/72):Amazon

A-37B dragonfly”Fuerza Armada de El Salvador”(academy1/72)


a37_7201ttl.jpg

A-37B ドラゴンフライ ”エルサルバドル空軍”
(アカデミー 1/72)


A-37B dragonfly(academy 1/72) a37_7201b.jpg
a37_7201c.jpg A-37B el salvador
a37_7201e.jpg a37_7201f.jpg

掲載がだいぶ遅くなりましたが、ようやく撮影ができたのでUPです!

かっこかわいい、Fuerza Armada de El Salvador(エルサルバドル空軍)のA-37Bドラゴンフライ

うちの最古参ミカン山陣地でしたが、ネットのおかげで止まってしまった原因も解明されて製作を再開、製作開始から20年近くたってようやく完成させられました。
ちゃんと取って置いたのもえらいね!

エルサルバドルはホンジュラス、グアテマラに隣接した中米の小さな国なので、その空軍は自国防衛というよりゲリラや麻薬組織などへの対策に重点が置かれてるのか、COIN機とかが多いようです。
昔ワールドカップの結果をうけたサッカー戦争(サッカーはあくまできっかけに過ぎないようですが)をホンジュラスと繰り広げたので有名ですね。

A-37B Dragonfly(academy 1/72)細部解説


a37_7201g.jpg”エッチングを使いこなす!”というのが当初の目的だったため、エッチングパーツを駆使して精密感のあるコクピットになりました。

アンテナ類やコーションデータなど、ごちゃごちゃしてて見栄えがします。


a37_7201h.jpg機首にはライトやらチェーンガンやらこれまたいろいろ付いてます。

アカデミーのA-37はこの辺のディテールもしっかり再現されてて今でも十分通用する出来。


a37_7201i.jpg止まってしまった原因であるインテイクカバー周り。
こんな感じにパタッと開閉するようです。

キットでは薄くなってるインテイクリップもパテで肉厚にしてます。一番の手間がかかったポイントであり、地味ながら見せ場だったりします。


a37_7201j.jpgインテイクカバーの胴体側の形状がわかんなかったんです。
ネットで調べると胴体となだらかにつながる形になってるみたいです。

作った当時はネットもなくてわからなかった・・・。本当に便利な世の中になりましたね~

エッチングで精密感の出た足回りやエアブレーキ。下面もごちゃごちゃと見栄えが良い。



製作記はこちら

スケビ掲載 Bf109G-6(tamiya 1/48)補足解説

作りこむ部分が無くて困りながらも何とか見せ場を作るべく手を入れた部分をちょっと補足します。

Scale Aviation 2018年 05 月号 [雑誌]:Amazon


bf109_180416a.jpg

bf109_180416b.jpg
Bf109G-6
J.Gr50 Kommodore Maj.Hermann Graf"Green 1"


コクピット
bf109_180416c.jpgこのシートベルトのみエデュアルドから。
コードやらチェーンは追加したものですが、パネル等の構造物はキットのもの。

・・・やることないよね~。やっても見えないけど・・・。


bf109_180416h.jpg  bf109_180416d.jpg

エンジン
bf109_180416e.jpg  bf109_180416f.jpg

ぐったりしつつも楽しめたエンジン作りこみ。ここも基本的にはコード類を追加したくらい。
まぁ細かいこと言えば真ん中の涙状タンクの止め金具とかもモールド削って作り直したりしてるけど、とにかくコードを増やしてゴチャゴチャさせることがポイント。

本当はファンにはメッシュが被せてあるんだけど、モデリングメッシュを付けたらメッシュが太すぎてかっこ悪かったので付けませんでした。

bf109_180416g.jpg後部点検ハッチの中には無線機とかも自作して入れてあるんだけど、全く見えん!

一応G-6の無線機等を仕込んだんですが、このグラーフ機の装備がこれかどうかは不明。
(グラーフ機は仕様が通常のG-6とは微妙に違うので)


bf109_180416i.jpgグラーフ機の特徴の一つであるバックミラー

ちゃんとクリアの中にミラーが入ってるように作ってあります。


bf109_180416j.jpgアンテナ線も支柱にフック上の金属線を仕込んでひっかけるような形状を再現。

言われてもわかんないね・・・。



機体の形状はいじるところが全くなかったので、細部を作りこむことに専念できました。

このグラーフ機はちょっと仕様が違うらしく、(G-5だとかG-6の初期型だとか?)資料によってディテールが違う部分があったりして、考証面でのダメ出しがとても不安・・・。


ちなみに、今作は6月30日に開催される「ジャーマンフェス」(スケビに案内が掲載されてます)に展示していただくことになりました!
私もお邪魔する予定ですので、興味のある方はぜひお会いしましょう!


一応こちらの資料を基本に作りこんでみました。
メッサーシュミットBf109G‐6 特別版 (モデラーズ・アイ)

その他参考にした資料など。

メッサーシュミット Bf 109 (パート2) (世界の傑作機 No. 109)

メッサーシュミットBf109G-6 w/グラーフ(ハセガワ 1/48):Amazon

そういえば。

以前、「献本がなくなった・・・」とボヤいたらそれを編集部の方が気づいてくれたらしく、お詫びとともに送っていただきました。
少人数で大変な作業をされてるのはわかってるので、そういうこともあるかと理解して怒るわけではなくネタとしていじらせてもらっちゃいましたが、真摯に対応していただきお心遣い感謝しております!