ki-48 九九式双軽爆撃機Ⅰ型(F-TOYS 1/144)


99sk_1401ttl.jpg

ki-48 九九式双軽爆撃機Ⅰ型”鉾田飛行学校”
(F-TOYS 1/144)


99双軽(F-TOYS 1/144) 99式双軽爆撃機(F-TOYS 1/144) 99双軽 鉾田飛行学校
99sk_1401d.jpg 99sk_1401e.jpg 99sk_1401f.jpg

大戦初期に登場した爆撃機で、全弾を爆弾倉に収納出来たり、下銃座の視界確保のため後部胴体をくびれさせたりと革新的なデザインの機体。アジア各地で奮戦しました。

双発機コレクション4としてボーファイター、Me410と出ましたが・・・正直はずれな機体ですよね・・・
でもだからと言って捨て置くには勿体ない良い出来のキットです。
他の2機も作ってますし、せっかくなのできちんと作ってあげました。

この手の爆撃機はなんといってもキャノピーの塗りわけが面倒くさい!!
でも逆にそこがアピールポイントにもなるので、妥協せずきっちりと塗り分けてやりました。

キャノピー周りの処理だけでも食玩とは一段違って見えるのではないかと思いますが、どうでしょ?

 99式双軽爆撃機(F-TOYS 1/144)細部解説


99sk_1401g.jpg塗装はシンプルな灰緑色単色。
マーキングはMYKデザイン「99双軽」を使用

食玩のまんまの部隊ですが、すじ彫りを軽く掘りなおし、グラデーションをかけているので少しは引き締まって見えます。
帯も赤3本から黄色と黒のもので、ちょっとアクセントになってます。


99sk_1401h.jpgキット標準で胴体下の機銃を展開させることができます(今作は固定)
機首の機銃も先っぽしか見えないのにちゃんと機銃のパーツを付けていてとても好印象。

こういうのは作りこんであげたくなりますね!


99sk_1401i.jpg下面もシンプル。
今回は適当に作ったら食玩のままになってしまうので、翼端、主翼前縁、尾部のライトをちゃんとクリア化しています。

爆弾倉も開けたりしたらかなり面白いんでしょうけど、99双軽の爆弾倉の資料はあまり見つかりませんでした。


DATA


使用キット :双発機コレクション4 99式双軽爆撃機(F-TOYS 1/144)
双発機コレクション4 10個入BOX

使用デカール :川崎 Ki-48 九九式双発軽爆撃機 I 型( MYK DESIGN 1/144)

双発機コレクション4の他の作品

Bristol Beaufighter(F-TOYS 1/144)ブリストル ボーファイターMk.10
me410_1401ttl2.jpgMe410A"ZG26"
Me410(F-TOYS 1/144)Me410B-1/U2/R4"ZG26"

99式軍偵察機"第29独立飛行隊"(F-TOYS 1/144)


99gt_1401ttl.jpg

ki-51 99式軍偵察機”第29独立飛行隊 独立飛行第90中隊
(F-TOYS 1/144)


99式軍偵察機(F-TOYS 1/144) ki-51(F-TOYS 1/144) 99軍偵(1/144)
99gt_1401d.jpg 99gt_1401e.jpg 99gt_1401f.jpg

地味ながらも大戦全期にわたって軍馬として活躍した傑作機、99軍偵です。

軍用機が戦闘・攻撃と役割が決まってくる前は、用途ごとにいろんなタイプの機体が生まれました。
この軍偵察機というのもそんな機体で、襲撃機としても使われた(仕様が一部違うようです)多用途機。
あまり戦史にも出ない存在ですが、こういった使い勝手のいい機体こそ真の傑作機と言えるのではないでしょうか。

地味な機体ではありますがキットの出来は上々!初期の日本機に見られるスマートなスタイルはじっくり眺めると良さがわかってきます。
こういうマニアックな機体こそ1/144で手軽に味わってほしいですね。

99軍偵察機(F-TOYS 1/144)細部解説


99gt_1401g.jpgいつもお世話になってるMYKデザインの「アシタノデカール」を使用。

数ある中から青いマークが珍しい第29独立飛行隊の機体にしました。
青の十字なんて日本軍らしくなくて面白いですね~。

全面灰緑色のシンプルな塗装なので、グラデーションをしっかり入れて間延びしないよう仕上げてみました。


99gt_1401h.jpg特徴的なピトー管はキットの出来が良かったので、そのまま使用しています。
ここまでできてると使わない手はないです!

偵察窓は塗装で再現、後席の機銃は出来のいいウイングクラブコレクションの97艦攻のものを持ってきました。


99gt_1401i.jpg軍偵と襲撃機の区別がよくわからなくて、キットパーツの爆弾も付けていたんですが、偵察機で爆弾はちょっと違うかなということで、取り付け穴を埋めてすっきりさせました。

軍偵ものちに改修されて爆弾も搭載できるようになったようなので、間違いではないし面白いんですが、いずれ襲撃機を作った時に違いが出るよう、偵察機のスタイルとしました。



製作日:2016年12月

DATA


使用キット:99式軍偵察機(F-TOYS 1/144)

使用デカール:MYKデザイン「アシタノデカール」 九九式軍偵察機
三菱 キ51 九九式軍偵察機(MYKデザイン 1/144):Amazon


ちなみに
襲撃機というのは敵地上部隊や飛行場等を低空で攻撃する、今でいう近接支援機(A-10とか)みたいなもののようです。
偵察機とは胴体の偵察窓や一部装甲の有無、発動機や武装が一部違うようですが、のちに襲撃機同様の改修をされたものもあり、厳密な区別ははっきりしないようです。

今回は参考にしませんでしたがこんな本も出ているようです。
屠龍/九九軍偵・襲撃機 (ハンディ判図解・軍用機シリーズ)


ki84 四式戦闘機 疾風”第1錬成飛行隊”(ウイングクラブコレクション1/144)


ki84_1405ttl.jpg

Ki84 四式戦闘機 疾風 ”第1錬成飛行隊”
(ウイングクラブコレクション 1/144)


ki84_1405a.jpg ki84_1405b.jpg ki84_1405c.jpg
ki84_1405d.jpg ki84_1405e.jpg ki84_1405f.jpg

疾風三部作の最後。この機体ではちょっとマイナーな緑系の一機。
あまり多くない部隊の中から、ブルーの脚カバーなど色合いがにぎやかな第1錬成飛行隊機です。

特攻隊で使われたといわれる”黒褐色”とかいうのもあるようですが、疾風の主要なカラーリングは褐色、シルバー、そしてこの緑色。
他のものは一般的によく見られますが、緑系の疾風はイメージないのかあまり見ません。

私自身もイメージに無かったので、果たしてどんなもんなのかとやってみました。
いかにも日本機らしいスタイルの疾風なので、やはり違和感なく似合いますが、”らしさ”は感じられませんね。

でも目新しくてなかなか面白いです。

疾風(WCC 1/144) 細部解説


ki84_1405g.jpg部隊マークも帯というシンプルなマークでありながら、胴体にも帯を巻き、シンプルでありながらも結構派手な機体です。

他の機体に合わせるようにMYKデザインの「アシタノデカール」を使用しています。
もっとも指定の機体は別のものですが。


ki84_1405h.jpg
リベットまで入ったモールドのおかげで精密感はありますが、やはりタンクがないのはさみしいですね。




ki84_1405i.jpg作り直したほうがシャープになりそうですが、ちゃんと疾風の機銃形状を再現されてるキットに敬意を表して(?)そのまま使用。

”ノルナ”など細かい注意書きも入ってるデカールのおかげで、ワンランク上の仕上がりになりました。


ki84_1404i.jpg三兄弟そろって記念撮影。
他の兄弟たちはすでに旅立っているので、思い出の一枚。

こうやって比べるとやはり褐色が疾風には一番似合ってる気がしますが、皆さんのお好みはどれでしょう?



DATA


参考資料
中島 陸軍四式戦闘機 疾風 [キ84]

こちらに載っているマーキングの中から、緑系で一番賑やかそうなイラストの当機をチョイスしてます。
他ではあまり解説されてないマーキングですね。

ki84 四式戦闘機疾風”第104戦隊”(WCC 1/144)


ki84疾風 (ウイングクラブコレクション1/144)

Ki84 四式戦闘機 疾風 ”第104戦隊”
(ウイングクラブコレクション 1/144)


ki84_1404a.jpg ki84_1404b.jpg ki84_1404c.jpg
ki84_1404d.jpg ki84_1404e.jpg ki84_1404f.jpg

疾風3部作の第2弾。
一番メジャーな褐色系に続いて、シルバー系塗装の疾風です。

これまで疾風はスケール問わず褐色系で作ってきていたので、違う色でも作ってみたいという気持ちがありました。
疾風を装備した部隊は結構多いので、マーキングのチョイスは悩むところ。

今回は翼端も色が入っている派手めな104戦隊機としてみました。

*依頼製作品のため出品予定はありません。

疾風(WCC1/144) 細部解説


ki84_1404l.jpgシルバー単色なので、いつものようにグラデーションをかけて雰囲気を出しています。

今回からシルバー塗料を新しいものにしたのですが、Mrカラーのシルバーが質感がギラギラになっててびっくり!

これまでのような雰囲気を出すため、艶消しを入れたりして調整しました。


ki84_1404k.jpg防空帯も入っていないとてもシンプルな塗装。こういうのは塗るのは楽ですが、見栄えを考えるとちょっと物足りません。

そこで動翼部はシルバーに少し白を足した色にして、材質の違いを出しています。

角度によっては違って見えるくらいの控えめな塗り分けですが、わかった上で見ればその控えめな感じが大人っぽいでしょ?


ki84_1404g.jpg下面は赤青黄色と原色がそろっててなかなかカラフル。

この機体は翼端も赤に塗っているので、シンプルすぎず個性も出ていていいですね。

タンクがついてないのがWCCの疾風の残念なポイント。



製作:2016年05月

その他の疾風の作品
ki84_1403ttl.jpgki84 四式戦闘機 疾風”第47戦隊 波多野大尉機”


ki84_1402ttl2.jpgki84 四式戦闘機 疾風”第47戦隊「旭」隊”


カレンダー
<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
製作中キット
サイトマップ

総合案内トップページ


1/72以上の作品掲載


1/144作品一覧


F-5戦闘機特集ページ


おすすめリンク集


製作データの備忘録

フライトシミュレーター
たまに出てくるフライトシミュレーターはこれです


Xプレイン10 日本語版 価格改定でお求め安くなりました!

メーカーHPはこちら
(デモムービーあり)

最新トラックバック
プロフィール

kurage

Author:kurage
飛行機メインのモデラー
急に製作をやめたり、
他のものへフラフラする癖アリ。

(=゚ω゚)ノ  :ガンコ先生(♀)
たまに手伝ったり邪魔したり。
気ままなパートナー。


Twitterアカウント
@kurage_mokei
です。

1/144製作依頼承り中。詳細は以下のメールフォームでお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1/144作品

イエサブ1/144コン2016出品作品


1/144作品の一覧は「VFA144」ページからご覧ください。
CM
FC2ブログランキング
ポチっとしてもらえるとランキングUPするみたいです。

FC2Blog Ranking

飛行機模型の地位向上&やる気UPにご協力ください!
打倒ガンプラ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
48位
アクセスランキングを見る>>