FC2ブログ
新着記事

お知らせ

更新予定日を月木から水曜 +不定期に変更します。

只今長期更新してないためHPに鬱陶しい広告が表示されてしまってます。
ソフトが起動できなくなり更新作業が出来ません。しばらくご迷惑をおかけします。

そうきたか!・・・そうくるか!?

いや~、思わず笑っちゃいましたね。

ウイングキットコレクション VS12(エフトイズ 1/144)

いや、失礼。素晴らしいですよ!このチョイス!

1/144の食玩でブロンコって・・・よくやった!エライ!F-TOYS!
ほんとう、よくやったよ~。 そこ、いく?(笑)

普通はA-10 VS Su-25だよね。なぜにブロンコ・・・
そもそも攻撃機っていってもCOIN機だし・・・用途は全然違うように思うんだけど。
確かにどちらも観測機として使用されてたから繋がりがあるといえばあるけど、こうやって並べるというのはなかなかアレだね(笑)

でも、好きですよ!よくやったよ!
もうさ、このチョイスの時点で勝ちだね。売れる売れないは別にして、マニアはざわつくでしょ。
こういう機体チョイスって素晴らしいよね。

A-10も1/144だとドラゴンとレベルから出てるけど、どっちも一長一短で微妙なキットなんだよね。
さすがに食玩だから決定版というわけにはいかないかもしれないけど、3コイチで作るとなればパーツチョイスの幅が広がっていいのではないかと。


しかし・・・ブロンコ。もちろん私は大好物な機体ですよ。マイナーエアフォースでもいつかやりたいと思ってますし。
だが一般的にはどうなんだろ?ツイッター上では結構喜ばれてるから、隠れた人気機種なのかな?

とりあえず楽しみだね!2~3個は買ってみたい。

大人買いは・・・・・しないかな(笑)
関連記事

F-20タイガーシャーク(ハセガワ1/72)製作記スタート

じゃあF-20タイガーシャーク始めます!

まずは大まかな方針からということで、72展の規格に合わせてサイズを決めときましょうかね。

f20_191111a.jpg
さすが小型機だけにA5サイズで十分収まります!
(下の紙がA5サイズ)
これならちょっとしたジオラマでもいけそうね!

こういう小さいサイズの機体も楽しめるようにという企画なのでこの機体チョイスはぴったりだったね。
ジオラマにするか綺麗に作るかはこれから考えるとして、とりあえずはこのサイズ感で収まる様に考えていきましょう。

引き続き72展参加者募集中です!



では工作開始!まずはコクピットね。
スタンダードな構成だけど、なんとなくシートが大きいような気がする・・・。

f20_191209a.jpg
f20_191209b.jpg
F-5のシートと比べてみてもちょっとだけ大きいかな?許容範囲ではあるが・・・どうしよ?
まぁ形は悪くないし、ちょっと手を入れてみましょうかね。

f20_191209c.jpg
計器板はデカールなので、立体にすべく複製品を用意。
形としてはF-5のをベースにディスプレイが2個付いたような感じ。

なのでF-5のものにフジミのホーネットのディスプレイを付けてみようかと。


F-20は試作だけのせいか、この機体に限った資料というのがあまりない。
大体F-5系の本にまとめられちゃっててそんなに多くないんですよね。

とりあえずコクピットは開けたいので最低限立体化はさせるけど、あまり正確じゃあありません。

個人的には1/72に過度な正確さを求めるのはどうなんだろ?と思ってます。
このスケールでスイッチのレイアウトがどうのとかいうのはナンセンスな気がするんですよね~。F-14AとDのエッチング持ってますが、正直どっちでもいいじゃんていうくらいよくわかんない。
ディフォルメを効かせつつポイント抑えて精密感を出せればいいんじゃないかなと。

どこにポイントを持ってくるかが人によって違ってるのが面白いんじゃないかな。

ギチギチに正確さを求めるなら1/48以上でやろうよってね。
関連記事

72展に向けて新規製作!

年内の模型はF-4ファントムをいこうと思っておりましたが。
・・・ツイッターのTLに次々流れてくるファントム(模型&実機)を見てたらお腹いっぱいになっちゃったかも・・・

昔好きだった人、新鮮に見えてる若者たちがファントムで盛り上がってるの見てたらちょっと作る気なくなってしまいました。
やっぱりね、私はマイナー空軍の人だから(笑) 人がやってるとやる気なくなっちゃうのよ。「もう見たからいいや」って。
凄い作品が流れてくるのにあえて自分で作る必要ないかなと。

まぁ1/144で依頼品を製作中ではあるので、ファントム欲はそちらで満たすとして1/72は別のものを行こうかなと。
(あ、F-4Gはゆっくりいじってはいきます)

なに作ろうかな~と在庫を眺めていて、これがいいかとなったのはこれです。

F-20 タイガーシャーク(ハセガワ 1/72)

みんな大好き悲運の傑作戦闘機、F-20タイガーシャーク!
こいつを作ってみようと思います。

ポイントは
・マイナー空軍では使えない:試作機のみで採用すらされてませんからね~
・イメージが決まっている:実機も数機しかないし、塗装も3種類くらいしかないのでみんなが同じイメージでしょう。

かっこいいのは間違いないけどこれを面白く作るというのはなかなか難しいのではないかと思います。
ありがちのものをどう見せるか。最近いろんな展示会で作品を見てきて、どう見せるかというのが大事だなと改めて気づかされました。
だから今回はありきたりなものを見てもらえるようにする、”見せ方”というのを考えながら作ってみようかと思います。
72展参加される方もちょっと一緒に考えてみません?せっかくの”ラボラトリー”ですからね!

さて、どう目立たせましょうかねぇ。
関連記事

松戸迷才会お邪魔してきました。

先週までのAFV攻勢は思いのほか疲労が多かったようで・・・先週はしばし放心しておりました。
やはり慣れって大事だね。作りなれてるとあまり考えずに面倒な作業も進む。初のAFVはいちいちわかんなくて精神的に疲弊してたようです。
(AFVの会の記事に頂いたコメントの返信がちょっとやさぐれ感がでてたようで失礼しました!本当に打ちのめされちゃってまして・・・軟らかめに修正しておきました。改めてコメントいただいた方々ありがとうございました!)

そんなところにタイミングよく週末には老舗クラブの松戸迷才会の展示会が開催されてました。
距離的にちょっと遠いんですが、お誘いいただいたので気分転換に見に行ってきました。

diary191202a.jpg
私が千葉に住んでた頃は一度は見たいと思ってた迷才会の作品展。
憧れのクラブでもあります。

diary191202b.jpg diary191202c.jpg
広々した会場でゆっくりと作品を堪能できました。先週のAFVの会とは大違い!(笑)

diary191202d.jpg diary191202h.jpg
お誘いいただいた大京寺さんの作品たち。
”パブラ”の”ブラックバーン ロック”と聞いただけでゾッとするような(笑)キットを繊細に作られてました。
しかしよくこんな機体を作りこみましたな~。

diary191202e.jpg diary191202i.jpg
会長さんのソリッドモデル。新作の1/32の九九双軽
ハッキリ言って超絶工芸品です。すべて手作りですが精度が素晴らしい。
甘いところが一切ない。それでも実質60日ほどで作ったとか。

これも次元の違うところの方ですな~・・・。

diary191202f.jpg diary191202g.jpg
そして佐竹さんやノブさんの絵を見れるのもいいですね!
こういう絵が描けるのって楽しいんだろうなぁ。

diary191202j.jpg diary191202k.jpg
ギミックを仕込んだ作品の数々や今人気のF-4とか見どころの多い作品が沢山ありました。


先週の場違い感半端なかったAFVの会からホームグラウンドに帰ってきたようで、なんだかホッとしました。
会員さんたちの人柄が出てるような和やかな雰囲気で、短時間ながらすごくゆっくりと出来た感じがしました。

おかげでなんかようやくムズムズしてきましたよ。
72展に向けてまた気持ちを盛り上げていきましょうかね!



引き続き72展参加者募集中です!
会場スペースが限られてますので、参加をご予定の方はお早めにお申し込みください。
関連記事

東京AFVの会2019参戦してきました!

週末に行ってまいりました、東京AFVの会!

diary191125c.jpg

今回参加のきっかけを作ってくれた極東工廠さんをはじめとするグループの展示。
私もはじめはバルバロッサものを作ろうとしたんですが、そもそも何が使用されたのかもわからんので・・・・早々に諦めたテーマでしたw
でも、やらなくてよかったよ。ここに並べられちゃった日には脇汗がえらいことになってたことでしょう。


そして私。「間に合わないーざんねんー」って言ってたな。

あれは嘘だ。
diary191125b.jpg
前日徹夜して何とか最低限形にして持ってったわ!!
これが何か?知らん!名前もわからん!
ネットで見つけた4~5枚の写真だけを元にでっち上げたキューバのT-55にSA-2を乗っけちゃったやつ。

どうよ?私っぽいでしょ?
マイナー空軍なんかやってるセイヘキ(製癖)を持った人間がAFVを作るとこうなっちゃうのさ!

あ、実車の解説とか感想とかいいっす。
とりあえずこいつの解説はまた後日に。割とどうでもいいんで。


今日は初めてのガチAFVについての感想を。

考えてみたらトップレベルのガチAFVに触れるのは初めてかも。
もうね、すごかったっすよ。何がすごかったって、何がすごいのかもわかんないくらい全作品がすごかった。

もうこれって皆本気で狙いに来てるんだね。普通の展示会だと「初めて作りました~」的なのが必ずあって和むんだけど、そういう作品が一つもないのね。
あ、一つあったか。私の。(*ノェノ) ミノホドシラズデチョーハズカシイ

そして私、AFVを見る目がないのがよくわかった。各部門投票とか言われても何で判断していいかわかんなかったですよ。
極東さんに解説してもらっていろんな作品見て回ったんだけど、全然すごさに気が付いてなかった。
あ~、そういうところを見るのか~ってそこからだったんで、いろいろ教えてもらってすごく勉強になりました。
(極東さんが目を付けた作品がことごとく賞を受賞してたのでさすがの鑑定眼です!)

勝手に載せていいもんなのかわかんないので、ご挨拶できた方の作品をちょっとだけ。

diary191125e.jpg
キンちゃんさんのターミネーター。
一目ぼれした架空の戦車だそうで。ターミネーター等とてもお金のかかった作品だそうです。(笑)

課題部門(ソ連)に出されてたんで、これでいいならと私も急遽課題部門に変更。

diary191125d.jpg
個人的には1,2を争う作品だったVKさんの3号戦車。
つや消しが基本なAFVの印象でしたが、こちらは若干ツヤありでそのツヤ加減が素晴らしい。
金属感があるツヤは今回私もやってみたかったことなんで「これだよ!」って感じで見入っちゃいました。

もちろん両作品とも受賞されてました。



今回私も初めてAFVを作ってみましたが、”塗装にかける時間が圧倒的に少ない”というのがよくわかりました。
飛行機は基本塗装が結構塗り分け多くて手間がかかるけど、そこから退色等で深みを出していくことをほとんどやってないな~と実感しました。
まぁ私の目指してる方向が汚しとかあまりしたくないというのもありますが、それでももうちょっと質感を出すようにはしないとなと。

私的には模型は”工作”という感じで作ることがメインなんですが、こういう作品を見てると”絵画”なんですね。
正直そうなると絵が苦手な私としては模型あってないのかなと思い始めたりして(今さら!?)
根本からいろいろ考えさせられる。非常に勉強になった会でした。

diary191125f.jpg
最後に極東工廠さんの作品と記念撮影!
このためだけでも作っていった甲斐がありました。


極東工廠さんをはじめいろいろお話を聞かせていただいた方々、ありがとうございました!非常に勉強になりました。
今後の模型製作に大きな影響を受けたことは間違いないです。

次に作る飛行機は考えながら作ることになりそうだな!さて、なに作ろうか!

あ、その前に作らなきゃいけないのを急いでやらないと!

・・・そうしてこれまでと変わらぬ作品をヒーヒー言いながら急いで作っていくのであった・・・。
関連記事