FC2ブログ
新着記事

お知らせ

更新予定日を月木から水曜 +不定期に変更します。

只今長期更新してないためHPに鬱陶しい広告が表示されてしまってます。
ソフトが起動できなくなり更新作業が出来ません。しばらくご迷惑をおかけします。

スケビ2019年11月号読んだ?:Mig-19(F-6)補足解説

大変な週末でしたね。皆さんは無事に過ごせましたか?

私はまだ土地勘がなかったので、ニュースの地図を見てもいまいち自分の家がどこなのかもよくわからず、警報で流れてくる地名もどの辺なのか、近いのか遠いのかわかんなくてちょっと緊張の一日でした。

災害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。


さて、スケールアビエーション2019年11月号出ましたね。
Scale Aviation 2019年 11 月号

個人的には作例が少なくて寂しかったですね。内容は濃かったですが前半1機だけというのはどうなんだろ。


とりあえず今回も私は頑張りました。

Mig-19(KP 1/72)
mig19_191012b.jpg
ぱっと見はいつものようにただ丁寧に作ってあるだけ。
と見えるでしょう。

しかし、作ったことがある人ならわかってくれるはず。いかに手を入れているかを。

mig19_191012c.jpg
全面凸モールド、パーツは最小限で合わせも雑!
明治時代のキットか?と思えるもの。

mig19_191012d.jpg
ディテールがとか精度がどうとかいう以前のレベル。
”形は悪くない”という評判だけが唯一の救いです。確かに形は悪くはなかった。・・・ような?

mig19_191012e.jpg
パイロットはバスタブにすら入れず、シートのみの”フリーフォール状態”
パイロットは緊張でガチガチです。

mig19_191012f.jpg
mig19_191012g.jpg
仕方なくコクピットはプラ板等で自作。
キャノピー閉めたらほとんど見えないけど!

mig19_191012h.jpg
脚も手を入れたら何とかなるというレベルではない。
そもそも左右で型がズレてるのか、ホイールの位置がズレてる。
なのでQ-5ファンタンから流用です。

mig19_03.jpg
エンジン回りも知らなかったらこんなもんかと思えるくらい堂々とした厚さ!


こんなキットをひたすら下処理をして何とか最低限見れるレベルまで持っていきました。
今までで一番つまんない出来だけど、一番苦労した作品となりました。

もし、作例見て「自分もMig-19作りたい!」と思われた方は、それなりに覚悟を持って取り掛かることをお勧めします。
というかこれを作ることはオススメしません!w

今回も作るにあたって資料を探し始めたくらいなので、ディテールはちょっとあやふやです。
手に入りやすい資料も少なくて作りこみに苦労しましたが、それはみんなも知らないってことなんで適当にやってOKってことで!

Mig-19、意外とカッコいいよ!作って好きになった機体がまた一つ増えたね。
新キット早く出ないかな。AZあたりやってくれないだろうか。出来のいいキットでリベンジしたい1機となりました。


使用キット
Mig-19(KP 1/72)
MIG-19(KP/1/72)
箱絵も一緒だからセマーも中身は一緒かな?

ミコヤンMiG-19S ファーマー(セマー 1/72)

参考資料
世界の傑作機No.151 MiG-19ファーマー
手に入りやすい資料はこれくらい。だけどあまりモデリングには役に立たなかったです。

まじめに作るならこの辺の資料もあったらよかったかな?
Mikoyan Mig-19: Famous Russian Aircraft
このシリーズは内容濃いはず。

それにしても不遇な戦闘機だねぇ・・・。
関連記事

今さらながらの初体験。:T-55(タミヤ1/35)

幼稚園くらいにはアニキの影響でプラモを作ってたんですよ。だからもう40年近く模型を作ってきたわけですが。

そんな私が生まれて初めて戦車買っちゃいました!
diary191010a.jpg

これまでガンプラはもちろん、戦艦、車とか乗り物系は一度は作ってきたんですが(バイクはまだだな・・・)、実は戦車のプラモは作ったことがないんす。
というか買ったこともなくて本当にこれが人生初めての戦車プラモ。

戦車、もちろん興味ないわけじゃなくて、これまでにも何度か作るタイミングはあったんです。
でもどうもね・・・一歩踏み出せず・・・もっと作りたい飛行機もあったりして、なかなかね・・・
それと戦車を飾るって気がしなくて。完成してもなぁ・・・みたいのがあって手を出せずにいたんです。

あと何となく小さい頃の思い出で、戦車はお兄ちゃんたちがラジコンで走らせて最後は爆竹!みたいな”高価な遊ぶモノ”って印象があったのかも。(そのころ私ゃバンダイの1/2000の戦艦やらLSの1/144やら安いのばっかり作ってた)


いやぁ、先日の飲み会でAFVの人と話してたら一度やっとかにゃならんなと思いまして。何にしようか悩んだ末にこいつになりました。
なぜにT-55か?・・・なんででしょ?

そんなに詳しいわけじゃないけど、一番カッコいいと思うのは4号戦車なんですよ。それも短砲塔の方。
IV号戦車 F1型(ボーダーモデル 1/35)
でも、いま私みたいなシロウトが「4号戦車が好きなんです!」なんて言ったら。
(*´v`)ニヤニヤ :フフ~ン♪ハイハイ、4ゴウセンシャネ。ハイハイ。
みたいに言われそうじゃないですか。某アニメのせいで。だから言いませんけど本当は4号戦車好きです。

じゃあ他にと見ていくと、どうもしっくりこなくて。何か物足りない。
そしてなんだかんだで現用に目がいっちゃうんです。やっぱり私は戦車も現用のほうが好きなのかも。
でもT-55はないね(笑)せめてT-72だよな。
T72M1(タミヤ 1/35)

まぁ初めては大体失敗するから安く手に入ったもので練習しようというわけです。

でも無謀にもこれで東京AFVの会に参加したいと思ってたりもします!お誘いいただいたので行ってみようと思ってますが、どうせお邪魔するなら手土産あった方がいいでしょ?ってことで急遽作ることにしました。
たぶん間に合わないけど・・・。

ということで急ぎT-55をスタート!でも製作記は載せません!恥ずかしいから!
完成しても載せません!恥ずかしいから!
間に合えば展示会には偽名で出します!探してみてね!
関連記事

やる気はある!時間はない!

先週末の展示会で大いに刺激をもらってやりたいことがムラムラと沸いてきてます!

モデフェスでの展示では小さい飛行機でも参加できるということをアピールすべく小型ジェットを中心に持って行ったんですが、改めてこれまで作ったもの見返してみたら大型機がほとんどない!
スケビに出したイランのF-14くらい。自分、本当に小型機が好きなんだな~と改めて実感しました。

まぁ昔F-4も作ったりしたし全くというわけじゃないけど、本当小型機ばかりなんだよね。せいぜいF/A-18くらいまで?

ということでちょっと大きめの機体を作りたいなと。作ろうとしてたF-15を本格的に始めようかなぁ。
そういやF-4Gが作りかけなのを思い出した。とりあえずこの辺を再開しようか。
などなど思案中。

でも展示会に向けてA5サイズの小さいのも作りたい!

ヨンパチのスピットも作りたい!

どうしよ?どうしよ?
関連記事

引き続き翼の整形中 :Me323 Gigant(pitroad 1/144)製作記

尾翼の薄々攻撃は完遂したので次は主翼を整形。
1/144のくせにデカいから片方ずつしっかりやってきます。

Me326ギガント(1/44)主翼
ひとまず一体にして整形。

me323_191003b.jpg
気にしなけりゃ気にならないんだけど、私は最近気になっちゃうのよね。翼の厚み。
こちらも一部のモールドを削って整形したった。

me323_191003c.jpg
窓クリアパーツを取り付けたら隙間が出来たので、瞬間流したら中が白化しちゃった・・・
どこか開口して綺麗に拭きますよ・・・。


とにかく主翼が長いから、胴体との接着前に整形作業終わらせとかないと取り回しが大変そうなんですよ。

細かなタブやらがいろいろ付くんだけど、どこまでつけておくか思案中。
出来るだけ一体にしちゃいたい。パーツも減るし。でも途中で取れて無くなっちゃったら嫌だからな~。
関連記事

展示会に向けて勉強の週末

関東近郊の飛行機モデラーは忙しい週末だったんじゃないでしょうか。

ホビーショーに大激作展、モデフェスなどなど、模型のイベントが目白押しの週末でしたね。
しかも皆微妙に距離がある・・・回られた方は大変お疲れ様でした!

私も珍しく足を運んできました。
まずは自身参加のモデフェス。

diary190930a.jpg
雑誌掲載作を客寄せパンダに「72展」の告知をしてきました。
まぁ特に売り上げ目標とかあったわけじゃないのでフラフラしながら楽しんできました。
一応持って行ったチラシも配り切ったのでそれなりに目的は達成!あとは如何に効果があるか?

diary190930b.jpg
合間を縫っての戦利品。私ゃモデラーなんで箱潰れとか全く気にしない、安けりゃイイ!
カットラスは意外と大きいのね。


でも今週末それ以上に勉強になったのは土曜に行った大激作展です。
diary190930c.jpg
ずっと来てみたかったのがようやく念願叶いました。
ちょっと遠かったけど自身のイベントの勉強にと脚を運びました。

diary190930d.jpg
diary190930e.jpg
やはり老舗クラブの展示会だけに、1/32や1/48の作りこまれた作品が沢山!
やっぱ大きい作品は見栄えがいいですなぁ。

diary190930f.jpg

しかし私は1/72の存在が気になりチェック。

diary190930g.jpg
ブロ友のあずまさんの作品
プラッツのキットいいらしいっす!

物量で大スケールに対抗してるような感じもありました。
それでも1/32単品には存在感がかなわない印象。

これらの作品も一点一点はしっかり作られてて、”作品の出来”ということでいえば1/48にも決して負けてはいなかったと思うんです。
むしろ大量に並べたことで目が散っちゃって印象が薄くなっちゃう気がしました。

この辺は72展へ向けての課題になりそうです。

そんな1/72作品の中で私が気に入ったのはこれ。

diary190930h.jpg

1/72はジオラマに最適だと思うんです。全体的にきれいに仕上がってて私の好きな雰囲気でした。


今回沢山の作品を見てみて、1/72の見せ方って意外と難しいなと思いましたね。ちょっとやり方を変えたほうがいいんじゃないかなというのがよくわかりました。
1/48みたいに単品でポンとおいてもアピール力は弱いので、ベースまで含めたトータルの作品の出来がポイントかなと。
そこにストーリー性が加わったらさらに楽しい作品になりそう。

72展まであと半年。その辺を考えながら展示会に向けて私も一つ作ってみようかと思います。
1/72の見せ方という研究課題に取り組んで何かしら答えが出せることを目標にやってみよう。
関連記事